友達の事なのですが、
仕事に行っていて、突然辞めてくれと,会社に言われて何の理由もなく,説明もなく,辞めるように追い込まれてしまったのですが,法律的にどうなる,教えてください。【訴える事など出来るのでしょうか】

A 回答 (4件)

 労働基準法では、第20条に「解雇の予告」が規定されていて、労働者を解雇しようする場合は少なくとも30日前にその予告をしなければならない、と規定されています。

30日前に予告をしない場合は、30日分以上の賃金を支払うこととされています。

 法には明記されてはいませんが、当然、理由の説明があるべきですし、求めるべきでしょう。その理由によっては、不当解雇になる場合もあります。理由の説明がなく納得できない場合は、労働基準監督署、又は、都道府県の地方労働委員会事務局で無料で専門の弁護士などが解決に当たってくれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事有難うございました。早速友達に連絡してみます。

お礼日時:2001/12/04 14:17

文面からは、解雇予告が行われたのか、相談がされたのか、既に解雇された(違法であっても)のか判断がつきません。



取り急ぎ「No」と返事しておいて、これからは誰とどのような会話をしたのかメモしておいてください。あとで役に立つかもしれません。解雇されるのが複数人であれば、まずは団結してください。

「はぁ....」などと曖昧な返事をすると承諾したととられかねないので注意してください。とりあえずしっかりと状況を把握するまで一切の返事はしてはいけません。何か言われたら「考えておきます。」と答えましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。二人だけ解雇を言われたようです。地方労働協会へ行くように言いました。

お礼日時:2001/12/04 17:30

 文面を読む限りでは典型的な不当解雇のような思えますが、まずは会社の就業規則を参照する必要があります。

この就業規則内に解雇事由についての記載があるはずです。これに従った解雇である場合、その条項が違法でない限り解雇されても致し方ありません。もしこの就業規則に従った解雇でなかった場合あるいはこの就業規則が違法であった場合、この解雇は法律上認められませんから、解雇の無効を争うことが出来ます。また、仮に有効な解雇事由に基づく解雇であったとしても、突然の解雇は許されません。解雇予告手当を請求することができます(労基法第20条)。

 解雇に納得が行かない時は、まず使用者側に対して解雇事由の説明を求め、これが不当で合った場合(あるいは説明すらしてくれない場合)、まずは労働基準監督署へ相談されることをお勧めします。なお、訴訟は最終手段です。今のところは考えなくても良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事有難うございました。早速友達に連絡いたしました。

お礼日時:2001/12/04 14:16

下記のアドレス(法律相談)の「労働条件・人事・組合」をクリックすれば、解雇という項目があります。


そこにいろいろな解雇による例があります。
参考になれば良いのですが。

参考URL:http://www.isize.com/houritsu/c_08.html?EZISI=[GIH]11
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごく参考になりました有難うございました。

お礼日時:2001/12/04 14:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【退社時の扱い】自主退社?解雇?メリット・デメリットは?

このたび、会社を退社することになりました。

会社が傾いて経営が厳しくなり、退社するか残るか選択を迫られたことを機に、自分の将来のことを考えて退社を決めました。

特に強制的に解雇になったというわけではありませんが、会社の都合による退社であると言えないこともない状況です。

という状況なのですが、経理の方から
「失業保険が早く支給されるように、名目上は解雇っていう扱いにすることもできるけどどうしますか?」
と聞かれました。

もし次の就職に不利になるようなことがなければ解雇扱いにしてもらうことを考えているのですが、なにかデメリットがあるのではないかと不安です。

次の就職先に「前職の退社理由が解雇である」と知れてしまうとか、その他デメリットあれば教えてもらえないでしょうか。

Aベストアンサー

退社して失業保険の適用を受けるには、会社側が雇用保険喪失届けをハローワークに提出します。
失業保険の支給を受けるには、離職票も必要となります。
その時、会社が提出する届けには離職理由の確認できる書類も同時に提出します。
その確認理由に何種類かあって(下記サイトを参照ください)、自己都合だと待機期間が長く保険の支給まで時間がかかりますが、会社都合(解雇)ならすぐに手続きが取れます。
懲戒解雇でなければ、前職の退社理由は会社都合による解雇(早期退職とか人員整理とか規模の縮小など)であれば知られてもデメリットはないはずです。
経理の方とその辺をよく確かめられればいいと思います。
また、すぐに再就職して失業保険を受けないなら自己都合で退職するのも一つの選択です。
会社都合による解雇(退職)なら一般的に次の就職には不利にはならないはずです。
次の就職用の履歴書には単に退職と記載して、面接時に事実を説明されれば問題ないと思います。

参考URL:http://www.hachioji.hello-work.jp/hoken_tekiyou_sousitu.htm

退社して失業保険の適用を受けるには、会社側が雇用保険喪失届けをハローワークに提出します。
失業保険の支給を受けるには、離職票も必要となります。
その時、会社が提出する届けには離職理由の確認できる書類も同時に提出します。
その確認理由に何種類かあって(下記サイトを参照ください)、自己都合だと待機期間が長く保険の支給まで時間がかかりますが、会社都合(解雇)ならすぐに手続きが取れます。
懲戒解雇でなければ、前職の退社理由は会社都合による解雇(早期退職とか人員整理とか規模の縮小な...続きを読む

Q共犯者を訴えても受理されない法律

ぐたらない質問ですいません。ずっと前に何かで見た記憶があるのですが例えば二人組で泥棒をして盗んだ金を山分けにする約束をしていたのに共犯者に全部を持ち逃げされた場合とか、覚醒剤の売人が同じように売った金を共犯者に持ち逃げされたとか…そのような場合、被害者?と言うのも変ですが持ち逃げされた人が警察に被害届けを出しても、なんとかって名前の法律で受理されないんでしたよね?まぁ一緒に犯罪をした時の金や物を共犯者に持ち逃げされたとしても警察に被害届けを出したら、その人が捕まるしそんなマヌケはいないんでしょうけど…その法律の名前が思い出せずなんとなく気になりまして、知ってるかた教えてください(^∀^)ノ

Aベストアンサー

前者については、「盗んだ金を山分けしない罪」という法律はありませんので、犯罪が成立する可能性自体がなさそうです。強いて言えば2人とも窃盗罪です。

後者については、横領罪が成立する余地はありますね。もちろん覚醒剤取締法違反もですが。

で、恐らく質問者さんが何となく覚えていたのは、民事の訴訟のことでしょう。一般社会で許されないような約束に基づいて「お金を払え(返せ)」と訴えることは出来ません。民法708条 不法原因給付といいます。民事ですので、逮捕や処罰とは別です。金を払うか払わないかだけの話です。

Q解雇したことによる企業側のデメリットについて

日本では解雇が難しい、と言われていますが、本当のところはどうなのでしょうか?

解雇する上で、その要因となる事由を記録として残し、その事実をその都度本人と話をし、
30日前に予告をする、というステップを踏めば問題ないように思えるのですが、違うので
しょうか?

もちろん、解雇したことにより助成金等の制限を受けることは知っていますが、それ以上
何か企業側にデメリットはあるのでしょうか?

あと考えられるのは、「解雇した」という事実が周りの社員に伝わる風評的な側面も
あろうかと思いますが。

理論に穴がある点をご教授いただきたいです。

Aベストアンサー

解雇された人が「解雇を撤回しろ、だから給料を払え」と裁判所の仮処分命令を寄越したら
給料を払わなければなりません。
この仮処分を無視したら、間接強制といって、「原告に対して1日あたりいくら支払え」
という命令がまた出されます。
銀行口座等の資産差し押さえの命令も出されるかも知れない。

で、仮処分命令から半年ぐらい経って裁判本番が始まったとして
会社が敗訴したとしたら(出廷しなかったら原告が不戦勝)
「(仮処分命令上)社員の立場にあるはずの人に給料を払わなかったから払え」となり
仮処分命令で言われた金額、
無視していた場合の間接強制で言われた金額、
本裁判で払えと言われた金額、
この全部、本来の給料の2倍や3倍を払わなければなりません。
後で申請したらダブった分は戻ってくるらしいが、その場で相殺みたいな事はしてくれないらしい。

こんな人が何人もいたらどうなるか?出て行く金が果てしない。
金が余ってる大企業ならここは問題ないとしても、大企業だからイメージダウンが激しい。
金がない中小企業ならイメージダウンは知れているとしても、会社の運転資金がなくなる。

>事由を記録として残し、その事実をその都度本人と話をし、
30日前に予告をする、というステップを踏めば問題ない
その通りです。お互いの同意さえあれば良し。

話し合いで喧嘩になって「明日から来るな!」等と言ってしまったり
解雇するとかやっぱり解雇はやめ とか無茶苦茶言ったり順当でない事を会社がしたら
上記のようになっても仕方ない という話。

解雇された人が「解雇を撤回しろ、だから給料を払え」と裁判所の仮処分命令を寄越したら
給料を払わなければなりません。
この仮処分を無視したら、間接強制といって、「原告に対して1日あたりいくら支払え」
という命令がまた出されます。
銀行口座等の資産差し押さえの命令も出されるかも知れない。

で、仮処分命令から半年ぐらい経って裁判本番が始まったとして
会社が敗訴したとしたら(出廷しなかったら原告が不戦勝)
「(仮処分命令上)社員の立場にあるはずの人に給料を払わなかったから払え」となり
仮処分...続きを読む

Q逮捕寸前まで追い込まれた事の理不尽さを、裁判で争えるか?

ある女性と軽いトラブル(彼女の暴言に対して、私がメールで暴言を返した)となり、彼女の経営する店に入店拒否とされ、和解しにお店へ行ったものの、私は何もしていないのに警察に連行され、後日、任意での事情聴取を受け、供述調書を取られ、悪くなくてもこれ以上彼女にかかわると迷惑防止条例違反で逮捕されると言われました。
恋愛感情はないのでストーカー規制法には該当しません。しかし、私は彼女を追っている訳ではないのに反復した付きまといと疑われています。

逮捕寸前まで追い込まれた事が非常に理不尽であり、彼女に対して名誉棄損の民事事件として起訴し、損害賠償を請求することは可能でしょうか?
警察の方も、私は何も悪くはないが申告された限りは動かざるを得ない、と言っています。
勿論、弁護士の方にも相談しますが、賠償金を取ることは可能でしょうか?詳しく述べていないので、判断材料が欠けているかと思いますが、ご回答の方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私は、法律家でも何でもありませんが、理不尽なのはわかります。

今回の警告で、次に何かあれば逮捕されるかもしれません。たまたま道ですれ違っても、彼女が追われたといえば逮捕されるかも知れませんよね。

ただ、賠償金はとれません。彼女としても、追われていると思って、警察にまじめに相談したまでです。

なので、理不尽に感じるべきは、彼女のとった行動ではなく、未確認の一方的な情報に基づき警告をだした警察ではないでしょうか。警察としても、あなたがトラブルに巻き込まれるのをさけてもらいたいために「警告」したのだとおもいますが、後々、「一回警告した」と逮捕されかねませんよね。

Q解雇予告と手当について

・30日前の解雇予告、出社しなくても一月分の給与の保証はする
・即日解雇、30日分の解雇予告手当を支払う
この2つについて、会社側、労働者側にメリット、デメリットはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

最初に確認しておきますと、解雇の際会社に法律上義務付けられているのは、
・30日以上前に予告をする
・30日分の平均賃金(解雇予告手当)を支払う
の、どちらかです。

●30日以上前の解雇予告
・メリット
会社側……労働者を出勤させず休業手当を支払えば、費用は 平均賃金の6割×30日のうち労働日の日数 で済む、労働者が解雇予定日以前にやめれば「解雇」にならないので費用負担をしなくてよい
労働者側……解雇に備えて対策を取れる(次の職を探す、残った有給休暇を消化するなど)
・デメリット
会社側……やめさせたい労働者と縁を切るのに時間がかかる
労働者側……解雇されることがわかっている会社に拘束され、次の職探しなどに支障が出る

●予告手当を払って即日解雇
・メリット
会社側……労働者とさっさと縁を切ることができる
労働者側……いきなり解雇されてもすぐにはお金に困らない、労働しなくてもお金がもらえる
・デメリット
会社側……労働力の提供を受けていないのにお金を払わなければならない
労働者側……有給休暇が残っていても消化できない

最初に確認しておきますと、解雇の際会社に法律上義務付けられているのは、
・30日以上前に予告をする
・30日分の平均賃金(解雇予告手当)を支払う
の、どちらかです。

●30日以上前の解雇予告
・メリット
会社側……労働者を出勤させず休業手当を支払えば、費用は 平均賃金の6割×30日のうち労働日の日数 で済む、労働者が解雇予定日以前にやめれば「解雇」にならないので費用負担をしなくてよい
労働者側……解雇に備えて対策を取れる(次の職を探す、残った有給休暇を消化するなど)
・デメリット
会社...続きを読む

Q法律を知らない相手を民事訴訟で訴えても慰謝料は、取れないんでしょうか?

法律を知らない相手を民事訴訟で訴えても慰謝料は、取れないんでしょうか?

Aベストアンサー

法律を知らないのは「関係ありません!」
要は、勝訴するかです。
往生際のわるい相手は、「控訴」「上告」をして時間を掛けて嫌がらせをしたりします。

その為に、「地裁判決」でも強制執行ができるようになっていましす。
預貯金・給料・不動産・動産
上記の財産に「強制執行」ができます。

Q自主退職か解雇か・・・

会社を事情により退職しますが『解雇』という形を
とろうと考えています。(雇用保険がすぐにでる為)。『解雇』という形は次の転職に影響はあるのでしょうか?前会社からは『退職』か『解雇』を選択してよいと言われてますがメリット・デメリットが知りたいです。

Aベストアンサー

失業手当(雇用保険)をすぐに支給してもらうためには、退職理由が「会社都合」である必要があるため「解雇」という形を選択する・・・ということですよね。「解雇」による就職活動時のデメリットは、既に他の方も回答されていますので・・・。

退職理由ですが、解雇でなくても、退職せざるを得なかった問題があった場合は、会社都合と判断される事があります。私は、結婚して遠方に引っ越す必要があったのですが、会社からの離職票は当然「自己都合」です。でも面接で具体的に聞かれた時に「本当は続けたかったけれど主人の職場の関係で辞めざるを得なかった」というと、職安のほうで会社都合と判断されました。つまり「自分は辞めたくなかったのに辞めなければならなかった」という状況であれば、解雇でなくても会社都合と判断されることがあります。もちろん「証明」できることが必要となります(私の場合では主人の在職証明書や夫婦の住民票などの提出)。ただしこのような「自分の都合だけど辞めざるを得なかった」という状況では、給付制限(3ヶ月の待機期間)はなくなりますが、受給額は自己都合のままです。質問者さんの退職理由がどういったものなのかは分かりませんが、「自己都合」でも即支給されるケースがありますので、ご参考までに。

余談ですが「本当は自己都合だけど解雇という形にしてもらった」というのは、職安の知るところとなると不正受給になります。その選択をOKした会社も、不正受給の手助けをしたこととなり、それなりの処分があるはずです(本人は手当の3倍返しです)。万が一、不正がバレなかったとしても、会社は解雇者を出すと助成金がもらえなくなったり、というペナルティが色々あったはずで、極力出さないようにするのが普通だと思うので、それをOKする会社にも「?」なのですが・・・。もう少し、会社とよく相談されてみてはいかがでしょうか?

個人的には、就職時のデメリットよりも、不正受給のほうがバレないか心配です。本当の理由を書くべきだと思いますが・・・。

失業手当(雇用保険)をすぐに支給してもらうためには、退職理由が「会社都合」である必要があるため「解雇」という形を選択する・・・ということですよね。「解雇」による就職活動時のデメリットは、既に他の方も回答されていますので・・・。

退職理由ですが、解雇でなくても、退職せざるを得なかった問題があった場合は、会社都合と判断される事があります。私は、結婚して遠方に引っ越す必要があったのですが、会社からの離職票は当然「自己都合」です。でも面接で具体的に聞かれた時に「本当は続けたかっ...続きを読む

Q自殺に追い込んだ業者を訴えることはできるのでしょうか

先日、お世話になっていた人が自殺してしまいました。
小さな会社をやっていた人で、不景気でお金に困ってはいたようですが家庭内の仲もよく、「お金はなんとかなる」と日ごろから言っていたそうです。
その方が突然自殺し、残された遺書には取引業者に騙されてしまったと書かれていたそうです。
また、その業者の名前も書いてあったようです。

「騙された」ことの詳細や経緯等、詳しいことは現時点では分からないのですが、質問をさせてください。

(1)この業者を何らかの形で訴えることはできるのでしょうか?
(2)訴えた結果、勝訴する可能性はどれぐらいあるのでしょうか?
(3)訴訟をすることで家族にはどのぐらい負担(精神的・肉体的・金銭的)がかかるものなのでしょうか?

とてもお世話になった方だった上にご家族のショックは見ていられないほど大きく、自殺に追い込んだ業者がのうのうとしているのが許せません。

自殺に追い込んだ業者の社会的制裁、ご家族の心の救済、賠償金による今後の安定が見込めそうであるならば、ご家族に提案して遺書や経緯の詳細を聞いて弁護士さんを探してみようと思います。

よろしくお願いいたします。

先日、お世話になっていた人が自殺してしまいました。
小さな会社をやっていた人で、不景気でお金に困ってはいたようですが家庭内の仲もよく、「お金はなんとかなる」と日ごろから言っていたそうです。
その方が突然自殺し、残された遺書には取引業者に騙されてしまったと書かれていたそうです。
また、その業者の名前も書いてあったようです。

「騙された」ことの詳細や経緯等、詳しいことは現時点では分からないのですが、質問をさせてください。

(1)この業者を何らかの形で訴えることはできるのでしょ...続きを読む

Aベストアンサー

騙された内容が把握できなければ、訴えようがありません。

違法なことをしていたのかどうか、違法でなくても、常識をかけはなれた行為だったのかどうか、全くわかりません。

違法性があれば、その部分については訴えることはできます。
自殺との因果関係も、内容によりけりです。

勝訴の可能性も、内容次第です。
違法性がなければかなり難しいです。
職場での過労による自殺でさえ、なかなか認められません。

訴訟による負担ですが、請求金額により、変わります。
通常、最初に二・三百万円を用意しなければならないでしょう。
また、知られたくないような内容(借入だの、世間にあまり公表したくないことまで)をすべて明らかにしなければなりません。
長引く上に、思い出したくないことまで証言することもあります。

そして、負けた時には、一層の出費と悔しさが残ります。

勝訴しても、誤らせることはできません。金額が、法律の判断です。
そして、相手が支払わなければ、差し押さえしなければなりません。差し押さえるものがなければ、それまでです。


まずは、事実の把握をしないことには、話の判断ができません。

騙された内容が把握できなければ、訴えようがありません。

違法なことをしていたのかどうか、違法でなくても、常識をかけはなれた行為だったのかどうか、全くわかりません。

違法性があれば、その部分については訴えることはできます。
自殺との因果関係も、内容によりけりです。

勝訴の可能性も、内容次第です。
違法性がなければかなり難しいです。
職場での過労による自殺でさえ、なかなか認められません。

訴訟による負担ですが、請求金額により、変わります。
通常、最初に二・三百万円を用...続きを読む

Q退職と解雇

今、会社から退職を勧められています。
辞めたくはないのですが、会社としては解雇まで考えているようです。

退職を勧められた面談の中で、「次の就職に不利だから解雇される前に退職したほうがいい」というニュアンスのことを言われました。

退職と解雇、どちらにどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

> 失業保険の制限とはどのようなことなのでしょうか?

自己都合退職の場合、失業保険は7日の待機の後、
更に3ヶ月間の待機を経て、初めて受給できます。
しかし、解雇の場合、7日の待機の後、すぐに受給できます。


> 会社の事情ではなく社員として不適ということで
> 退職を勧められているわけですが、
> 具体的にはどのような違いがあるのでしょうか?

能力を欠いたということであれば、
解雇はやむを得ないことでしょう。
しかし、能力を欠く社員に対して会社は教育する責任があります。
ですから、即座に解雇できないのが実状ではないでしょうか。

Q虚偽告訴で訴え、冤罪に追い込んだ真の悪人犯○者や、ぐるになって不当逮捕

虚偽告訴で訴え、冤罪に追い込んだ真の悪人犯○者や、ぐるになって不当逮捕した悪徳警○官や、ぐるになって不当起訴した悪徳検○官や、ぐるになって恣意的に故意により重く実刑冤罪にした悪徳裁○官や、投獄中に人権蹂躙しまくった悪徳刑○官らを、民事訴訟で訴えられますか。

証拠が必要ならどうやって証拠を見つけ出せばいいのでしょうか。

刑事事件として告訴した後、一旦大阪地検特捜部の検○官に不起訴処分にされたものを、再度証拠もなく再告訴することはできますか。

詳しくは『寄附を募ってます』で検索してください。

Aベストアンサー

>詳しくは『寄附を募ってます』で検索してください。
「寄付を募ってお金をだましとろうとしている」というようにしかみえませんが・・・・?
きちんと何があったのか書いて質問をしていただかないと意味不明です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報