平成7年式中期GTO・NAに乗っている者です。
現在フルノーマルで乗っていますがホイールを最終型の純正メッキホイールに替えたいと思っています。
GTOはブレーキキャリパーが大きい上17→18インチになる為、そのまま装着できるのか心配しています。
仮に履けたとしてハミタイなどになりませんかね?違法な弄り方はしたくありません。周りにGTO乗りがいないので、くわしい方教えていただけませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 GTOの後期型ホイールであれば、問題なく付きます。

これは前期型であっても付きます。
 ホイールで重要なのは、PCDとリム幅、オフセットですが、これはGTOは前期~後期で共通のようです。

 心配されているキャリパーの件に関しては、MRは大径ブレーキシステムを装備したように思いますので、18インチで無いと入らないかもしれませんが、
それ以外のグレードなら17インチ以上のホイールなら心配はいらないでしょう。

 純正ホイールなら、ハミタイの心配もないですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
前期~後期は共通なのですね。これから購入を検討したいと思います。

お礼日時:2005/11/23 01:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三菱GTOが不振だった理由は?

今から10年以上前販売されていた三菱GTOは結構街で見かけたものの、自動車雑誌などの評価はさほど高くなく、販売面でも好調とはいえなかったように思えます。
トヨタのスープラ、日産のZやスカイラインに比べどの点が劣っていたのでしょうか?

私が思うに、
(1)ディアマンテがベースで4WDであったとは言え純粋なスポーツカーの成り立ちではなかった。
(2)車重が重すぎた。確か2トンあったような・・・。
(3)メーカーの販売力の差。
が挙げられるのですが、他に何かあるのでしょうか?

当時販売店で真っ赤なGTOを見て、何となくイタリアの高級スポーツカーのように見え「欲しい」と思ったのですが、経済的面と家庭の事情で断念した経緯があります。当時はミニカに乗っていました。

Aベストアンサー

僕も当時の事よく覚えてますけど、申し訳ないけど全く好きでは無かったですね(質問者さんがお好みのようなのであえて回りくどい言い方しましたが、はっきり言えば□△イでした)。

理由は、大方質問者さんの挙げていることと同じで、もっと根本的なこと言うなら、先の他車種は各々それなりの理念やコンセプトの下でそれに沿って開発している(開発した)のが、先代からの流れや雑誌(ほかメディア)からの情報でちょっとしたクルマ好きなら感じられると思うのですけど。
申し訳ないが、GTOにはそれが全く感じられなかったからです。
たしか同時期に三代目RX-7やNSX(これはちょっと特別だけど)もあったと思います。

僕がGTO発表時に感じたことは、何でこんなに適当に作るんだろう?でした。
もちろん、大メーカーが工業製品を適当に製造しているとか欠陥品とかいった意味では全くありません。とても考え方がまとまって開発されたとは思えなかったのです。
GTOを発売する理由があったとしたら、ライバル他メーカーが出したから(あるいは開発していたから)、自分らもラインナップに並べよう、ではないでしょうか。
だから、大型セダンをベースにカタチだけスポーツカー風にして、確かベース車が横置きFFのNAだから、ターボにしてイージーにパワーアップして、でも当時のライバル車と同等の280馬力・40kg/m以上の大トルクを前輪だけでは無理があるから4駆にして、でも大型セダンの横置きFFベースにターボ・4駆でどんどん車重増えてしまっても軽量化するだけの本気度も無く(予算無く?)、同じく本気で足回り開発した訳でなく使いまわしなので、フロントはセダン用ベースのストラットでボンネットをスポーツカー風に低くしてしまったので、それに対応すべくボンネット上のキャビンよりの左右に粘度を付けたような不自然な付加物があり、#1さんも言われているようにサイドのエアインテークはダミーで穴が空いてなく、後付後付だからウエイトバランスも悪いという。だけども技術はあるから、なんとか工業製品として成立していて、4駆でハイパワー・大トルクだから直線はばかっ速い!

申し訳ないが、これではクルマ好きの心が動かせないのでは?と思ってしまいました。

これはもちろん僕が、質問者さんの問うGTOはなぜ同時期の他メーカーライバル車に比べて専門雑誌等で評価が低かったか、を個人的に分析しただけなので、またクルマはそれぞれの好みで他人がどうこう言う事では無いので、もしGTOオーナーの方や大好き方が気を悪くしたら、大変申し訳ございません。お許しください。

僕も当時の事よく覚えてますけど、申し訳ないけど全く好きでは無かったですね(質問者さんがお好みのようなのであえて回りくどい言い方しましたが、はっきり言えば□△イでした)。

理由は、大方質問者さんの挙げていることと同じで、もっと根本的なこと言うなら、先の他車種は各々それなりの理念やコンセプトの下でそれに沿って開発している(開発した)のが、先代からの流れや雑誌(ほかメディア)からの情報でちょっとしたクルマ好きなら感じられると思うのですけど。
申し訳ないが、GTOにはそれが全く感...続きを読む

QGTOとディアマンテの共用部品

GTOとディアマンテの共用部品

GTOはディアマンテ(初代?)をベースに作られたそうですが…
この2台、スタイルが全然違いますよね!!そこで気になったのですが
プラットフォームはどこまで共用しているのでしょう?

ボディやインパネは当然、専用設計として、
エンジン、ミッション、デフ、ドライブシャフト、
クロスメンバー、サスペンションアーム、アクスル
などなど、どうなんでしょう?

例えばGTOの純正ショックアブソーバー(フロント、リヤ)は
そっくりそのままディアマンテにも取り付けることが
できるのでしょうか??
(車高や乗り心地などのセッティングはもちろん別物でしょうが)

Aベストアンサー

No2です。再度申し訳ありません。そういう意味でしたか。
そういう意味であればフロントのロアーアーム・リヤの各アーム・フロント・リヤのメンバー(ただし各ラバーブッシュは専用設定で別物)、リヤ4WSの油圧シリンダー、リヤデフケース(中身は違う)位でしょう。
フロントストラット・ナックルもGTOではキャンバー調整が可能な別物でしたし、ツインターボではエンジンブロックもピストンへのオイルジェット回路が付いた別物でしたよ。勿論ミッションはゲトラグ特注でしたし。
そういう意味で言えば同時期の「スカイライン」GT-Rも量産スカイラインと基本設計は同じ、NSXでさえエンジンブロックの基本設計はレジェンドのはず(?)で、一から全て新規設計などの車は国産車では無かったのではないでしょうかね。
何をもってスポーツカーと定義するかにもよるでしょうし、重箱の隅をつつけばきりはないとは思いますが、当時の性能を考えるとGTOも立派なスポーツカーだったとは思いますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報