今、会社でLANを組んで数台のパソコンをつなげています。
ISDNでルーターを使っています。今月中にでも、フレッツADSLを導入しようと考えているのですが、2階の自宅のほうにもADSLをひこうと思います。
セキュリティーの問題から、自宅のPCはLANにいれずに別個にと考えています。この場合、会社にアナログの回線をひき、自宅には、今の回線をそのまま使用しようと思いますが、プロバイダのほうも名義を二人分契約しないといけないのでしょうか。それとも、ひとつのプロバイダで両方から接続できますか?
今のところ、プロバイダはOCNに使用と思っているのですが
どなたかご教授お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

OCNのフラットプランは1契約で複数の同時接続は不可能となっています。


フラットプラン以外(料金従量制)なら複数同時接続は可能です。

そもそも、ADSLとISDNで使いたいなら2契約しなければいけません。
ADSLとISDNではプランが違うからです。
ADSL→フラットプランGOLD
ISDN→フラットプランBASIC、ナチュラル etc…
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QYahoo!ADSL→「softbank回線利用・他社ADSL」へプロバイダ変更する場合、回線はどうなる?

現在Yahoo!ADSLを利用しております。
仮に今後「softbank回線利用・他社ADSL」を利用するとした場合、回線はそのままでいいのですか?
それとも、一旦解約に伴い撤去、そしてまた回線を敷くということになるのですか?
(後者だと「何のためにこんな手間を?」と思ってしまいますが)

実際のところどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

日本のADSLは、次の(1)~(3)の様に大きく3つのグループに分かれます。
(1)と(2)は、ADSLの規格・方式が違うため、互換性がありません。
つまり、(1)と(2)の間の、ADSL回線の契約を変更すると、一旦解約に伴い撤去、モデムルータの変更になります。
(1)と(2)が二大勢力で、(3)が小さいために(3)の規格等については、私も詳細がわかりません。


互換性のない原因の発端は、ADSLが出始めた10年ほど前の2000年頃、ヤフーADSLとNTT東(西)との間での、それぞれの会社のメンツと、NTT独占禁止・通信網開放とのすれ違いから発生したものです。
ADSL規格が違うままで、互換性がないまま、現在まで来ています。


>仮に今後「softbank回線利用・他社ADSL」を利用するとした場合、回線はそのままでいいのですか?

ヤフーADSLでは,プロバイダもヤフーのみですので、ヤフーADSLでは、他社ADSLでの契約は出来ませんね。
他社ADSLにするならば、フレッツADSLにするか、イーアクセスADSLにするかです。




(1) ヤフーADSL → プロバイダもヤフーのみで、ヤフー以外の選択肢なし
  つまり、ADSL回線業者と、接続業者(プロバイダ)が同じ。


(2) フレッツADSL → 回線業者はNTT東・西のADSL
     プロバイダは、お客自信が別途契約。
  
  ☆ フレッツADSL対応のプロバイダ
 NTT東日本 http://flets.com/adsl/pbd.html
 NTT西日本 http://flets-w.com/adsl/provider/index.html


(3) イーアクセスADSL
http://www.eaccess.net/
旧アッカADSL(イーアクセスに吸収合併)
http://www.eaccess.net/acca/

 ☆ イーアクセス対応のプロバイダ
http://www.eaccess.net/service/provider/index.html
  旧アッカ(現イーアクセス)対応のプロバイダ
http://www.eaccess.net/apply/index.html

---------------------------------
例えば、プロバイダのサイトで乗換えを探すなら、フレッツ対応とか、withフレッツとか、フレッツの文言が付いていれば、フレッツADSLへ乗換え可能です。


(2)と(3)のADSL対応プロバイダは、契約するとプロバイダから、接続用IDと、接続用PWが郵送で来ます。(このID/PWは、メール用とは別です)
このIDとPWを、PCやメータへ設定すると、契約のプロバイダと常時接続となります。
ID/PWは、プロバイダによって呼び方が違います。たとえばログインIDとか・・・・・
---------------------------------
(1)と(2)と(3)のADSLモデムルータは、互換性が無いことは、すでに書きましたが、もし、接続して動作しても、通信の品質保証はしません。
ID/PWの設定方法や、速度低下・通信断や、点検修理等々、サポート/アフターサービスを依頼しても、モデムルータの型式名と、ADSL回線の組合せから、断られます。

日本のADSLは、次の(1)~(3)の様に大きく3つのグループに分かれます。
(1)と(2)は、ADSLの規格・方式が違うため、互換性がありません。
つまり、(1)と(2)の間の、ADSL回線の契約を変更すると、一旦解約に伴い撤去、モデムルータの変更になります。
(1)と(2)が二大勢力で、(3)が小さいために(3)の規格等については、私も詳細がわかりません。


互換性のない原因の発端は、ADSLが出始めた10年ほど前の2000年頃、ヤフーADSLとNTT東(西)との間での、そ...続きを読む

Q価格.comからADSLのプロバイダの契約をしようとして、OCNが値段

価格.comからADSLのプロバイダの契約をしようとして、OCNが値段的にもお得だと思い、NTT固定電話を引いていない方向けのタイプで契約しようと思いました。

引越し先などの住所の情報など質問に答えて行き、最後に支払方法を振り替え方法にしてOCN単独での支払いにしようとしてボタンをクリックしたのですが


OCN単独でのお支払いは、OCNご利用電話番号のマイラインへのご登録がNTTコミュニケーションズの方のみの受付となります。マイラインへのご登録がNTTコミュニケーションズ以外の方は、クレジットカードでお申し込み頂くか、カスタマーズフロント0120-506506[営業時間:午前9:00~午後9:00(土日祝日含、年末年始は除きます)]へ電話でお申し込み下さい。

と注意書きが出ていました。

いまいち意味が良く分からず検索エンジンで検索してみたのですが、今ひとつ良く分からなかったので、質問させてもらいました。

マイラインとは電話の関係の話だと思うのですが、引っ越し先では固定電話を使う予定もないので、いまひとつ理解できない状態です。

NTT固定電話を引いていない方向けのタイプで契約する場合にも必要な事柄なのでしょうか?
回答お願い致します。

価格.comからADSLのプロバイダの契約をしようとして、OCNが値段的にもお得だと思い、NTT固定電話を引いていない方向けのタイプで契約しようと思いました。

引越し先などの住所の情報など質問に答えて行き、最後に支払方法を振り替え方法にしてOCN単独での支払いにしようとしてボタンをクリックしたのですが


OCN単独でのお支払いは、OCNご利用電話番号のマイラインへのご登録がNTTコミュニケーションズの方のみの受付となります。マイラインへのご登録がNTTコミュニケーションズ以外の方は、クレジットカードで...続きを読む

Aベストアンサー

マイラインは、固定電話(回線)に関するものです。
NTT固定電話を引いていない方向けのタイプで契約する場合は、
マイラインへの登録がNTTコミュニケーションズ以外の方と同様の手続きになるかと思います。
クレジットカードか、カスタマーズフロントへ電話でしょう。
カスタマーズフロントで口座振替の手続きか用紙でも送付するのでしょう。

NTT固定電話番号に(マイラインでの)電話通話料金とOCNの利用料金を合算して請求するので
OCN単独での支払いは、マイラインへの登録がNTTコミュニケーションズの方のみの受付となるのでしょう。

Q複数の光回線で同じプロバイダを使用できますか?

現在フレッツ光+プロバイダのネット環境ですが、
別宅にフレッツ光回線を用意して、現在契約しているプロバイダを使って
別宅でネットができるでしょうか?

フレッツ光にプロバイダ情報がどこに書き込まれているのか、
いまいち分からないので質問しました。

同様な経験をお持ちの方、教えて下さい。

Aベストアンサー

1つのプロバイダIDを、複数の光回線で使うことは出来ません。

おそらく、後からログインした方が有効になり、前から繋がっていた方は切断されます。
お互いに接続を繰り返せば、お互いにインターネット接続が交互に切断されてしまうことでしょう。

フレッツ光を使用してプロバイダに接続する時には、「PPPoE」のIDとパスワードが必要になります。
フレッツ光のプロバイダセットで申し込んだときには、ONU兼ルーターの内部設定に、契約プロバイダのIDだか識別コードだかが設定されているので、電源ONだけで接続でき、すぐにインターネット接続が使えるようになります。

PPPoEのID/Passwordはプロバイダの開通書類に書いてありますので、移転する際にはその情報を移転先ルータに設定します。

しかし、複数箇所で同じIDを設定してしまうと、最初に書いたとおり、落とし合いになってしまうことでしょう。

別宅というのは近いのでしょうか?
十数mの距離であれば、無線LAN中継器などで、本宅のLANエリアを延長するのが良いと思います。
http://www.amazon.co.jp/dp/B003QCIXO4


光回線そのものを別に引くならば、プロバイダも新たに用意しなければなりません。

1つのプロバイダIDを、複数の光回線で使うことは出来ません。

おそらく、後からログインした方が有効になり、前から繋がっていた方は切断されます。
お互いに接続を繰り返せば、お互いにインターネット接続が交互に切断されてしまうことでしょう。

フレッツ光を使用してプロバイダに接続する時には、「PPPoE」のIDとパスワードが必要になります。
フレッツ光のプロバイダセットで申し込んだときには、ONU兼ルーターの内部設定に、契約プロバイダのIDだか識別コードだかが設定されているので、電源ONだけで接続で...続きを読む

Q格安のフレッツADSLプロバイダ(セカンドプロバイダ)

現在使用しているプロバイダにネットワーク障害が発生し、接続できない状態となってしまいました。

ようやく復旧したのですが、これを教訓に、非常時に繋げるフレッツ対応のセカンドプロバイダに契約しようか検討しております。

緊急時のみ使用するので、とにかく安ければよいのですが、お勧めのプロバイダがございましたら教えていただきたい次第です。

今は、月額500円のBB.exciteを検討しております。
これ以下のものはあるものでしょうか。

プランは、フレッツ・ADSL モアIII(47Mタイプ)です。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

> 今は、月額500円のBB.exciteを検討しております
確か、POPメール代は別料金ですよね?

料金は、735円ですが
asahi-netだと7ヶ月無料です。
https://asahi-net.jp/service/fletsadsl/

無料期間で選んでも・・・ と思ったんですが
BB.eciteも年内無料ですね。
POPメールが必要なければ、BB.exiteが1番安いかな?
http://bb.excite.co.jp/service/campaign/adsl3/

Q私のプロバイダに対する用件(自宅サーバーからプロバイダに移行)

以前、自宅サーバーしていたのですが、夜がうるさいので現在プロバイダーに置くことを検討しております。

XEONのデュアルサーバーで Perl, MySQL Apacheという環境でホームページを公開しておりました。
なにぶん自宅サーバーなので環境は自分で勝手に変えられるので不満はないのですが、うるさく安眠できないので良いプロバイダを探しています。

現在、さくらインターネットのスタンダードのお試し期間中ですが、データベースが1個しか作れない(しかもIDの名前)なので、いきなりパンチをくらましたが、他のプロバイダもそんな感じでしょうか?

できれば自分に合った良い条件にホームページを置きたいのです。

さくらのスタンダードは年額にすると5000円+1000円(初期費用)の6000円で、MySQLとPerlなどのCGI容量は1GB使えて、コントロールパネルが使いやすくてPerlのモジュールも十分使えてしかも価格的に安い方なので、よいプロバイダと思いますが、データベース1個はキツイです。

私の優先順位

価格
・レスポンスの良さ
・データベースが使え(MySQL) (PostgreSQLでも良い)てデータベースが複数使える2個以上
・環境が整っている(コントロールパネルその他Perlモジュールの自由度)開発しやすい
・ドメイン+リダイレクト・エリアス機能がある
・電話サポートがある
----- 以上は必須 ----
・SSLが使える

です。


お勧めのプロバイダがございましたら教えてください。

以前、自宅サーバーしていたのですが、夜がうるさいので現在プロバイダーに置くことを検討しております。

XEONのデュアルサーバーで Perl, MySQL Apacheという環境でホームページを公開しておりました。
なにぶん自宅サーバーなので環境は自分で勝手に変えられるので不満はないのですが、うるさく安眠できないので良いプロバイダを探しています。

現在、さくらインターネットのスタンダードのお試し期間中ですが、データベースが1個しか作れない(しかもIDの名前)なので、いきなりパンチをくらましたが、...続きを読む

Aベストアンサー

プロバイダではなくレンタルサーバー(ホスティング)ですよね?

参考URLで探してみてはいかがでしょうか。

専用サーバは高いので、仮想専用サーバとかであれば、
ソフトウェアの追加や設定は好きに変えられます。

共用サーバであればどうしても条件は厳しくなってしまうでしょうね。
青い表紙のレンタルサーバ完全ガイドというムックが書店に並んでますんで、そういう本を見てみるとか。

参考URL:http://internet.impress.co.jp/rs/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報