最近の実験でほうれん草を使った
ペーパークロマトグラフィーによる葉中の色素の分離定性
を行ないました。
 その際、テキストをもらったのですが、その準備する器具の欄に
「キャピラリ」という単語が・・・
 これはいったい何なのですか?

どなたか教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

キャピラリとは毛細管のことです。


ペーパークロマトに使うものなら、外径7-10mmくらいのガラス管の一部をガスバーナーで赤くなるまで熱し、一気に左右に引っ張ると細ーいガラス管ができます。
やけどをしないように、しばらくさました後、細くなった部分をヤスリやアンプルカッターで適当な長さに切って使います。

クロマトに試料をスポットする時はキャピラリを試料溶液につけて吸わせ、スポットします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご説明ありがとうございました。
お礼が遅くなってしまってすいませんでした。

お礼日時:2001/12/07 21:49

 既に回答は出揃っているようですが,参考 URL のペ-ジに「ほうれん草を使ったペーパークロマトグラフィーによる葉中の色素の分離定性」の実験が出ていますので,ご紹介しておきます。



 この中で,「緑葉色素の薄層クロマトグラフイ」の中で『ガラス毛細管に抽出液を吸い上げ,TLCシートに抽出液を点状につける。』とある『ガラス毛細管』がキャピラリ-です。

 ところで,「分離定性を行ないました。」との事ですので,既に実験を行われたと思うのですが,その際にキャピラリ-が何かは確認されなかったのですか?

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~hispider/biojikken …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
実験するのにばかり気をとられていて、確認不足でした。
他の生物学の本を見ても、ガラス毛細管ばかりだったので、不安になってしまったんです。使用したのがガラス製ではなかったもので…
お礼が遅くなってすいませんでした。

お礼日時:2001/12/07 21:59

回答は出ているようですが、市販品もあります。



ペーパークロマト、薄層クロマト関連の成書には記載があります。

ほうれん草から抽出あるいは分離(?)したサンプルの少量をキャピラリー(毛細管、ガラス製)に吸収して、ペーパークロマトあるいは薄層クロマトの開始点に添加(スポット)する為に使用します。

蛇足ですが、化学実験で溶媒の蒸留等にキャピラリー管というものもあります。

でも、実験書に記載がないのですか・・・???

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
実験書にも名前以外の説明がないので困っていたんです。
使ったキャピラリーがガラス製ではなかったので、少し不安だったもので…
お礼が遅くなってしまってすいませんでした。

お礼日時:2001/12/07 21:53

とっても細い管のことです。

ストローでも頭に描いてみてください。あれの、もっと細くて長いものです。

ちなみにこれは単語なので、辞書とかでも載っていると思いますよ。

capillary = 毛状の、毛細管現象の
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とってもはやいアドバイスありがとうございました。
お礼が遅くなってしまってすいませんでした。

お礼日時:2001/12/07 21:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキャピラリーの作り方

大学の有機化学の研究室に在籍しています。

TLCを行う際にキャピラリーを使うのですが、
私の作り方が悪いのか、中の詰まったキャピラリーばかりできてしまい
目的の物質を吸い上げることができません。

作り方としては、1cm程度の太さのガラス管をガスバーナーで熱し、
軟らかくなったところで左右に引っ張って作っています。

元のガラス管の太さや、ガスバーナーでのあぶり方等、
キャピラリーを作る時の何かコツのようなものはないでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

有機化学の研究室なら先輩に手本を見せてもらって、自分のやり方を見てもらって解決しそうな気がしますが。

中が詰まる、ということから炎から出さずに引いているのではないかと思います。TLC用のキャピラリーなら大して細い必要もないので、あえて加熱不足で引くようなことを試してみてください。どのぐらい加熱するとどのぐらい伸びるかの感覚がつかめるようになると思います。

難しいのであればガラス管はもう少し細い方がいいでしょう。
また、パイレックスは長く加熱しないといけないので軟質ガラスが簡単です。ガラス管の穴を覗き込む方向から見てガラスが青みがかっているのが軟質ガラスです。パスツールピペットがあればそれを使う方が簡単でしょう。

Qペーパークロマトグラフィーによる色素定性について

大学の実験で植物中の色素の分離定性をペーパークロマトグラフィーによっておこなった時に、食品中の色素も定性できるということを聞いたので、イチゴジャム中の色素についてもやってみたのですが、うまく抽出できていないのか抽出液を濃縮するとドロドロしちゃうし、濃縮もなかなか乾固しないし、妥協してそのままスポットして展開させても色が薄いために目で確認が困難です。どうやったらうまくいくのでしょうか?

Aベストアンサー

>抽出液を濃縮するとドロドロ
専門ではありませんが、ジャムの中のペクチン等は処理されているのでしょうか・・・?
ペクチン分解酵素等で処理が上手くいけば、濃縮は可能なのではないでしょうか・・・?
それ以外の方法もあるとは思いますが・・・?

ご参考まで。

Q電気泳動の際の、キャピラリーの利点について

ゲル電気泳動で、キャピラリーを使うと、分離能が大きくなると聞きました。なぜ、大きくなるのでしょうか?単に、ゲルの密度があがるからですか?

Aベストアンサー

最大のメリットは拡散が防げることと展開中に層が乱れないことです
次は口径が小さいので使用する電流が小さくて済むことです。

Qペーパークロマトグラフィーに使用する色素抽出液

生物の授業でペーパークロマトグラフィーの実験をしました。
最初に色素を抽出するのに、アセトンを使用しました。
この色素抽出液は水には代用できないのでしょうか?
できれば理由も知りたいです!
また、アセトンのどんな性質により、色素が抽出されるのでしょうか?

Aベストアンサー

アセトンは両親媒性分子で,水や脂質など様々な物質を溶かします。そのため様々な種類の色素を溶かすのに適しているといえます。
一方で色素によっては水に溶けにくい(疎水性の)ものも多数あったはずですので,水ではうまくいかないでしょう。

Qキャピラリー電気泳動のオンライン濃縮法

ストレスマーカー(8-ヒドロキシデオキシグアノシンなどのDNA付加体)をキャピラリー電気泳動法で分析をしています。試料を濃縮する方法として、スタッキング法とスウィーピング法というオンライン濃縮法があるのですが、これらの方法の原理が分かりません。大至急教えてください。

Aベストアンサー

「大至急」とありますが日が経っているようですのでもう不要かも知れませんが、一応…。

スウィーピング法はMEKC(ミセル導電クロマトグラフィー、分離剤として界面活性剤を入れる。)モードに限った濃縮法ではないでしょうか?。DNAの分析のことは全く知りませんが、モードが違って適用できないかも知れないのでお調べください。
私の理解では、
・スタッキング法
試料ゾーンに電解質を入れず、伝導度を低くしておきます。すると、試料ゾーン内の電場が他の部分より高くなります。(キャピラリー内は至る所電流値一定の条件から。) その結果、試料ゾーン内のみ泳動が速くなり、泳動溶液との界面に物質が蓄積されます。
・(MEKCでの)スウィーピング法
試料物質は電荷を持たないという前提があります(すなわち、界面活性剤があって初めて泳動するとします)。
試料ゾーンには界面活性剤を入れないでおきます。電気泳動を始めると、泳動溶液中の界面活性剤が試料ゾーンに進入し、横切って行きますが、この「横切って行く界面活性剤」の領域の先頭に物質が濃縮されます。ちょうど、「箒で掃いたときに、箒の先頭にゴミが溜まっていく」イメージです。
ただし、ミセルへの分配比が低いと濃縮の程度が下がります。

※単に話として知っているだけで、装置には触ったこともないので、「自信なし」とします。(ウソの可能性あり。)

「大至急」とありますが日が経っているようですのでもう不要かも知れませんが、一応…。

スウィーピング法はMEKC(ミセル導電クロマトグラフィー、分離剤として界面活性剤を入れる。)モードに限った濃縮法ではないでしょうか?。DNAの分析のことは全く知りませんが、モードが違って適用できないかも知れないのでお調べください。
私の理解では、
・スタッキング法
試料ゾーンに電解質を入れず、伝導度を低くしておきます。すると、試料ゾーン内の電場が他の部分より高くなります。(キャピラリー内は至...続きを読む

Q光合成色素のクロマトグラフィーの順番

今高校生物の勉強をしてて不思議に思ったことがあります。クロマトグラフィーで求める光合成色素のRf値の大小関係がペーパークロマトグラフィーの場合と薄層クロマトグラフィーの場合とで異なるのは何故ですか。使用する溶媒と関係があるんでしょうか。

Aベストアンサー

ペーパークロマトの固定相であるセルロースは「中性」です。
薄層クロマトに多く使われるシリカゲルの水酸基は酸性と考えた方が適切です。
もちろん溶媒にも依存します。
薄層クロマトでも固定相がセルロースのものがありますので、多少高価ですが試されてはいかがでしょう。

Qエアコンフル充填

ガスの充填の仕方を教えてください。
フル充填のやり方をですが、
真空引きした後に、ポンプをボンベに付け替え高圧、低圧バルブ(六角)を空けエアコンのスイッチを入れてガスのバルブを開けて充填するのでしょうか?全量のガス充填の仕方がいまいち分からないのです。
補充の場合だとエアコンを動かして充填しますが、フル充填の場合だと
エアコンのスイッチを入れてもコンプレッサーが動かないと思うのですが、それでも充填していたらコンプレッサーも動きだしてそのまま充填できるのでしょうか?

Aベストアンサー

真空ポンプよりホースを取り外しボンベ側に取り付けそのホース内のエアーパージをし、エアコンのスイッチは切ったまま高低圧のバルブを緩めて自然充填します。
自然充填で規定量に達しないときは、補充時運転方法(低圧側バルブのみ開)で規定量まで充填します。

Qペーパークロマトグラフィーの応用

ペーパークロマトグラフィーの応用が、
意外と一般的なものと聞いたのですが、
どういったものがあるのですか??

Aベストアンサー

質問の意図にあうかどうか?ですが、私が初めて体験したのは葉っぱの緑色をスポットして、キシレン(だったと思うのですが)で展開し、クロロフィル(緑)とキサントフィル(黄)に分離したのが最初です。

障子紙を張ったままサンの所に水を吹き付けると汚れが広がっていくのもペーパークロマトといえるでしょうか?

Qキャピラリー粘度計について教えてください。」

キャピラリー粘度計の原理がわからなくて困ってます。
どなたか詳しい方がいましたら教えください。
(ちなみにW社製ーGPCV2000に詳しい方
いましたらお願い致します。あの装置がよくわからないもので・・)

Aベストアンサー

 ずばりの装置操作方法は分かりませんが、原理は下記URLで、

毛管粘度計、ウベローデ、キャノンフェンスケとかの名前で検索すると、いろいろ参考となる文献に行き当たりますので、そこら辺が参考になるかと思います。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/8845/buturi/nendo.html

Qペーパークロマトグラフィーについて

学校で実験をやりました。
レポートをかいているのですが
わからない箇所があるので
質問させてください。

*各色素RF値の差は何によって生じるか
*ポプラやイチョウの葉が秋に黄色になるのは
 葉の中でどのような変化が生じたか
 クロロフィルやキサントフィルなどを考慮して答えよ
*赤じそを使った実験で原点付近に残っている紫色の色素は何か
 また紫色の色素が原点付近に残るのはなぜか


よろしくお願いします

Aベストアンサー

高校生でしょうか。

(1)Rf値は各試料の担体(濾紙・セルロース)への吸着の強さと、移動相の展開溶媒への溶解性の違いにより差が生じる。
(2)ポプラやイチョウの紅葉は主に黄色の色素であるキサントフィルやカロテンによるものである。
夏の間、これらの葉が緑色に見えるのは、光合成で光エネルギーを吸収するクロロフィルが青と赤の光を、補助色素であるキサントフィルやカロテンが青緑と青の光を吸収するためであるが、クロロフィルはキサントフィルやカロテンに比べ分解されやすく、秋になりクロロフィルが合成されなくなると、葉の中にはキサントフィルやカロテンが多く残り、葉は黄色に変化する。

(3)展開溶媒は何を使用したのでしょうか。その紫色の色素をアントシアニン系のシソニンと仮定すると、アントシアニンの性質と、使用した展開溶媒について考察すれば良いかと思われます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報