小さな子がいるんだけど、オイルヒーターってヤケドの心配とかないかな?表面温度ってやっぱり高くなるのでしょうか。電気ストーブとか他の暖房機具と比べてどっちがいいのでしょう。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

3児の父です。

英国製だったと思いますが
「ディンプレックス」というオイルヒーターを使っています。
やはり温まるまでに結構時間がかかってしまいますが
一度暖機が終わるとじんわりと暖かくなりとても良いです。
エアコン暖房は、自分のところに温風が届くまでに
少し冷える気がするので一度も使ったことがありません。

ご心配されている表面温度と低温やけどですが、
温度設定を最高にしていても、数分触りっぱなしとか
でなければ低温やけどの心配はないと思います。
うちもそうですが、寝返りをし始めた赤ん坊や
ハイハイするくらいのお子様がいる場合は
そばに近づけないように注意する必要があると思いますが
安全性から言えば一番なのではないか、と思っています。

#私が赤ん坊の頃からもう30年以上も使っていますが、
#いまでも重宝しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとございます。でも、30年?もつかってるなんて、なんだかすごいぞ!そんな耐久性って家電で存在するんだー。ってなんだかすこし感動してしまいました。よい参考になります。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

低温やけどになるにはかなり長時間同じ場所に当てる必要があると思いますが、オイルヒータに長時間直接触れることって多分無いんじゃないでしょうか?


オイルヒータはやけどするほど高温にはなりませんし、ホコリを巻き上げる事もありません、更に音もしませんから、小さなお子様には最適かと思います。

他の暖房機と比べると、即効性が無いのがデメリットですかね?本体にドライヤーみたいな温風装置がついているものも有ります。
    • good
    • 0

我が家は全館暖房にオイルヒーター使ってますが、結構熱くなる時がありますよ。

(mi-eさんのとは構造が違うのかしら?)まあ、他のストーブのようにはなりませんけど、逆に低温やけどが心配ですね。
構造の問題もあると思うので、導入の際にはその辺を確認されたほうがよいのではと思います。
    • good
    • 0

家でも使ってます。


表面温度は高くなりません。触れても大丈夫です。
ファンヒーターだとあの風が不快感ありません?
私は嫌いで・・・すぐに気持ち悪くなってしまって、
エアコンの暖房も同じ気持ち悪くなっては消してでも
消すと寒くて・・・といった具合につけたり消したり
しています。電気ストーブや普通のストーブだと子供
がうっかり立つ時に触ってしまって火傷になんて
事もありそう・・・。
オイルヒーターの表面温度は高くならないので
ついつい半乾きの物をかけて乾かしたり・・・
説明書にはするな!!って書いてあるんですけど・・・
高熱費も全然他のとは違いますよ。
家は安くなりました。
今回、家購入のため家の暖房器具は全室オイルヒーター
にしようかなと思ってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ファンヒーターの温風って確かにあまり好きではないな、、、。半乾きの物を干しても大丈夫なんだ。って本当はだめなんですよね。
裏技までありがとうって気分です。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小さなお子さんがいて、オイルヒーターを使っている方に質問です。

こんばんは。

現在1歳2ヶ月の子供がいます。
肌寒くなってきたので、そろそろ昨年購入して大活躍したオイルヒーターを出そうかと考えています。

昨晩、何気なく通販のカタログをながめていたところ、「オイルヒーターガード」なるものを見つけました。
スチール製の網目状のもので、オイルヒーターにすっぽりかぶせるような構造になっています。

「おお、これは便利そう!」と思う反面、「あんまり必要ないかも・・・?」とも思います。
歩き回るくらいの小さな子供がいる場合、オイルヒーターには何らかの防護設備が必要でしょうか?

ご教示のほど、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

子供が生まれた時にオイルヒーターを購入して冬場は利用しています。
1歳2ヶ月のお子さんだったら、そろそろ危ないとか教えることの時期ですよね?
うちの子は12月生まれだったので、1歳の誕生日にはオイルヒーターが出ていた状態。触ろうとすると、熱くは無いのですが、「熱いから触っちゃ駄目」と教え続けて結局ガードは用意しませんでした。
ファンヒーターも使用していますが、こちらは風のでる部分だけのガードを購入してつけていますが、やはり触ろうとすると、「熱いから触っちゃ駄目」と教えて危ないことを教える道具として両方とも活躍してくれました。
オイルヒーターではよほど長時間同じ部分に触っていない限り低温やけどの心配も無いですから、特にガードは必要ないと思いますよ。
それより、危ないことを教える道具として利用してみてください。

Qオイルヒーターとパネルヒーターとハイブリッドヒーター

九州の福岡市で築30年程の木造家屋に住んでいます。
暖房器具について質問させて下さい。

6畳の部屋なのですが、うちでは石油ファンヒーターは空気が汚れるのと乾燥が嫌でホットカーペットと大きめのハロゲンを使っていました。(部屋を暖め始める時には補助にエアコンのヒーターをつけたりも)
他に良い暖房器具があるかと調べていて、デロンギのオイルヒーターやエレクトロラックスのパネルヒーター、ディンプレックスのハイブリッドヒーターなど見たのですが、どれがうちに良いタイプなのかよくわかりません。

オイルヒーターでは強く暖めるのは無理という意見が多いかと思うのですが、中には築100年近い木造のお宅で使ってる方でなかなか良いですという方もいらっしゃるようです。
パネルヒーターはハロゲンと変わらないのでしょうか?今ひとつわかりません。
ディンプレックスのハイブリッドヒーターは、オイルとパネルの両方を備えていて便利なような感じでした。

上の暖房器具をお使いの方の使用感想やご意見をお聞かせ頂ければと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現在は石油の価格が高騰して省エネエアコンの暖房に移行する方が
多いように感じます。最近、電気代も値上がりすると報道されていまし
たが石油の値上がりに比べると微々たるものです。
エアコンも石油ファンヒーターと同じく温風暖房ですので乾燥に注意し
加湿器は併用するようになされると良いと思います。

他のオイルヒーター、パネルヒーター、ハイブリッドヒーターなどは間
に合わせで使うもので、このようなモノで部屋を暖房するなど無謀な事
は考えない方が良いです。維持費が幾ら掛かるか判りませんし、その割
りには部屋はお寒い状況です。

Qオイルヒーターのガードについて

オイルヒーター(ユーレックスのFX12EHという機種です)の購入を検討しているのですが、乳幼児がいるためガードも検討しています。
調べた限り純正のガードなどはあまり見当たらないのですが皆さんどのようにされているのでしょうか。
オイルヒーターが安全といっても小さい子供のいる家庭はガードはやはり必要でしょうか?
2種類ほどネットで検索できた一般的なオイルヒーター用ガードはサイズが小さすぎるようです。
ストーブのように全体を囲ってしまわないといけないのかと考えたりしております。何か他にいい商品がありますでしょうか?
すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

瞬間的に触ってもヤケドすることはありません。
温かいな~、ぐらいのものです。

ただ、ず~っと触っていればヤケドするかもしれませんね。
すごく心配であればガードがあった方がまぁ無難でしょう。

やるなら囲ってしまうのが一番です。
ストーブガードを流用しましょう。
「ストーブガード」で検索すればたくさん出てきますし、
ホームセンターにもおいてあると思います。

ユーレックスFX12EHのサイズは 63W×20D×61Hcm なので、
それを参考にして購入するとよいでしょう。

ただ、オイルヒーターは基本的に丸一日つけっ放しで使う暖房。
スイッチオンから暖まるのに1時間以上かかります。
電気代は相当の覚悟が必要ですのでご注意ください。

ヤケドしにくく空気も汚れず風も出ないので、
健康面・安全面は暖房器具の中で最も優れていると思います。
(逆に言うとそれ以外メリットは無いです。)

http://plaza.rakuten.co.jp/kafunkaden/diary/20051116/

Qオイルヒーターを買いますがブレーカーが心配です

デロンギのオイルヒーターの購入を検討しています。
部屋の大きさから考えて1500Wのものが欲しいのですが、
我が家はオール電化で全てを電気で動かしています。
こういう家庭でいきなり1500Wのオイルヒーターを動かすのは
無謀でしょうか?それともオール電化の家庭はブレーカーが落ちにくくなっていたりするのでしょうか?
関西電力なのですが、契約容量は6KVAとなっています。またマイコンは4KVAと書いてありますが意味がわかりません。
オイルヒーターと同時に使うものとしてIHクッキングヒーターや電子レンジ、テレビ、パソコンなどです。

Aベストアンサー

契約容量が6KVAと言う事は100V×60A=6000VAです。

同時に使う機器のアンペア数を足して60を超せば、メインのブレーカが落ちます。

1500Wは一応1500÷100=15Aと考えてください。

マイコンの4KVA(100V×40A)は大きすぎる気もしますが、レーザ
プリンタなどは起動時に強力な熱ヒータが電気を食います。
またCPUの高速化によって使用電力も増えてきています。
まー、4KVAは瞬間最大電力でしょうけどね。

Qオイルヒーター用後付タイマー

タイマー無しのオイルヒーターをタイマー制御したいのですが
ホームセンターなどで販売しておる
タイマー 1000円から4000円ぐらいまでのもの
すべてにオイルヒーターには使用できませんとの記述があります。
オイルヒーターにもつかえるタイマーはございませんでしょうか?

Aベストアンサー

オイルヒーターは最大1500W(15A)も消費する製品です。
ヒーター使用中に電源コードをさわると微熱を持つのが判ると思います。
電源コードは当然抵抗値が小さいのですが、15Aという電流はそれでも熱するほどの大電流です。


簡素なタイマーで15Aも流すと内部が発熱して溶解、発火の原因となります。
1500Wまで対応を謳ったタイマーでなければなりません。

一応1500Wに対応した製品を紹介します。
 デジタルプログラムタイマーII グレーPT50DG
 http://www.amazon.co.jp/dp/B002YWD0ZE

アマゾンのレビューでもオイルヒーターに利用している方がいるようです。

QオイルヒーターVS灯油ヒーター

主人がオイルヒーターを欲しがっています。かれこれ2年騒いでいます。
主人はオイルヒーターのほうが光熱費も安く暖まる!と根拠もなしに断言!

私は今使っている石油ファンヒーターのほうは絶対に経済的で暖かい!と口論になり、こちらでご意見を頂こうと思いしつもんしました。

実際どちらが、光熱費も安く、より暖かいでしょうか?
宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

うちにあります。オイルヒーター。
無風、無音でほんのり暖かく、安全なのが気に入ってます。

電気代は、ケチって使って月に2000円くらい、使っていない時期に比べて上がります。
(寝る前に寝室を暖める程度)
石油ストーブと同じ暖かさまで室温を上げたら、ブレーカーが落ちるでしょう。(笑)

Qオイルヒーターの電気代は安いの?

皆様、こんばんは。

オイルヒーターで気になるのは電気代です。「1日わずか○○円で電気代を節約!」などをうたい文句にしている通販もあります。実は私も以前、オイルヒーターを使っていたのですが、その時期は驚くほど電気代が高かったと記憶しております。400ワット、500ワット等の切り替えスイッチもありますが、これは単に電気ストーブと同じではないでしょうか?エアコンやファンヒーターと比べてオイルヒーターの電気代は安いのでしょうか(ファンヒーターは灯油代も含めます)?

Aベストアンサー

No1です。
もう少し詳しく書きます。
築30年木造9畳の1階洋室(断熱はいい)の実績
厳冬期、運転時間は1日14~16時間
4.5~6畳用石油ファンヒーターの実績は実測室温23~24℃、1日1~1.2リットル消費 金額で80~100円です。
エアコン(冷暖房平均エネルギー消費効率7の高級機種、消費電力やコストが分かります)実測室温20~21℃1日120~180円。

室温も考えると石油ファンヒーターはエアコンよりかなり経済的ということが分かります。最高気温が5℃以下の日とか雪の日はエアコンは効率が下がり運転コスト差が大きいですね。

都市ガスは発熱量と価格から灯油より割高になるのは計算からわかりますが少しややこしいので省略します。
エアコンは別名ヒートポンプといいます。水を汲み上げるように熱を電気の動力で移動させ、電気エネルギーをそのまま熱に変換するオイルヒーターや電気ストーブ、カーボンヒーターより何倍も暖房能力が高いのです。オイルヒーターや電気ストーブ、カーボンヒーターがなんとなく暖かく感じるのは輻射熱を発しており体に当たると日光のように暖かく感じるのです。

輻射熱による暖かさ
電気ストーブ、カーボンヒーター > オイルヒーター > 石油ファンヒーター > エアコン

オイルヒーターや電気ストーブ、カーボンヒーターは暖気が天井に行くのでサーキュレーターで空気を循環させ部屋全体の温度を上げる必要があります。

No1です。
もう少し詳しく書きます。
築30年木造9畳の1階洋室(断熱はいい)の実績
厳冬期、運転時間は1日14~16時間
4.5~6畳用石油ファンヒーターの実績は実測室温23~24℃、1日1~1.2リットル消費 金額で80~100円です。
エアコン(冷暖房平均エネルギー消費効率7の高級機種、消費電力やコストが分かります)実測室温20~21℃1日120~180円。

室温も考えると石油ファンヒーターはエアコンよりかなり経済的ということが分かります。最高気温が5℃以下の日とか雪の日はエアコンは効率...続きを読む

Qデロンギ オイルヒーターと遠赤ヒーター

デロンギのオイルヒーター:DRAGON3(4~10畳用)かダブルフェイス遠赤ヒーター:サロスデロンギのどちらかを購入しようと考えています。使用するのは、鉄筋コンクリートのマンションの13畳のリビング・ダイニングです。
店頭では、ファンヒーターやハロゲンヒーターなどはスイッチを入れて暖かさを体験できるのですが、オイルヒーターなどは体験できないので、実際に使用された方のご意見をお聞きしたいと思います。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

デロンギのオイルヒーターを使っています。
ご存知だとは思いますが、オイルヒーターはスイッチをつけてから
部屋を暖めるまでにかなり時間を要します。
また、部屋全体をぼんやり暖めるのには効果的ですが、
リビングダイニングのように広くて人間の出入りの多い場所には
あまり向いていないように思います。

使ったことはないですが遠赤も同じだと思います。

うちでは寝室用に使用しています。寒い日の寝る前や、
夜中、朝方起きる前にタイマーでオンオフしています。

リビングダイニング用なら、灯油やガスのファンヒーターや
対流式のストーブのほうが向いているようにも思いますがいかがでしょう。
http://www.aladdin-aic.com/

Qオイルヒーターに取り付けるガードは熱くならないの?

今年から家に猫がいるので、オイルヒーターに取り付けるタイプのガードを買おうと思ってるんですが
あのガード自体は熱くならないのでしょうか?
触っても大丈夫なくらいで、そんなに熱くはならないですか?
でないと、ガードとしての意味がないような気がするんですが
普通に考えて結構熱くなりそうなんですが、実際に使っている方どうですか?

Aベストアンサー

そーんなに熱くはならないですよ

 

Qオイルヒーターか石油ファンヒーターか

今年こそは、どちらかを購入しようとかんがえていますが、悩んでいます。
石油ファンヒーターはあったかいですが、灯油を毎回購入する金額や
手間を考えると億劫な感じが。
あと、空気も汚れるし。
オイルヒーターは空気は汚れないですが、電気代がはんぱないとか・・・しかし、最近のは改善されてそうでもないのでしょうか?
購入金額は置いておいて、ランニングコストなど考えた場合、どうなのでしょう?
我が家は今、冷暖房クーラーでしのいでいますが、それならオイルヒーターも変わらないようなと気がしてます。
どなたか利用者の方いらっしゃいましたら、アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

>オイルヒーターか石油ファンヒーターか

           ↓
思い付くままに使用体験を述べてみます(順不同)
すこし、技術的な解説が必要なので、難解な部分や結論は?・・・最後の所を参照して頂きたく存じます。



商品の違いやランニングコストについて

◇オイルヒーターは電気パネルヒーターであり、石油暖房機ではありません。

不燃性の鉱物油(オイル)を密封したタンクに電気ヒーターで加熱し、タンク内のオイルを暖めて、そのタンク表面のパネル部分に室内の空気が接触して暖められて比重が軽くなる為に自然対流が起こり上昇し、代わりに低い(比重が重い)空気が熱交換される事を繰り返す暖房です。

従って、基本的に音なし・風なしの電気熱源による自然対流式の快適暖房です。
しかし、1.2kwタイプとすると1日に12時間使用では・・・
1.2(kw)×1時間(h)×23円/kwh(平均的な電気料金単価)=27.6円/時間当たり
1日では→27.6円×12時間=331.2円/日となり
1ケ月では→331.2円×30日=9,936円→約一万円が掛かります。
(多少は、温度過昇防止装置や温度サーモにてOFF機能が働くので下がる)

此れをエアコンとの比較で見ると(温風の不快感や吹き出し位置による暖感の違いは除き、ランニングコストの対比)
エネルギー消費効率COP=出力(kw)/消費電力(kw)が
オイルヒーターはCOPが1です。
エアコンは省エネ性能のグレードによって差はあるものの、COPは約3~6です。
つまり、同じ電気消費によって得られる暖房出力が3~6倍もあるという事です。

それに、電気暖房の欠点としてブレーカー&コンセント容量の問題があります。
W=V×A→つまり、100V電源でコンセント容量が15Aだとすると1.5KWまでの機器しか使えず、他の製品や共通ブレーカーからの同時使用の可能性がある場合は通常1.2kw未満の商品(畳数表示が出来ない程度の小能力)しか使えず、長時間の運転で連続使用していないとお部屋は暖まらない。

◇石油ファンヒーターは石油(厳密には白灯油)を方式によって違うが(電気ヒーターで加熱orファンによって霧化)灯油をガス状にしてバーナー部に送り込み空気と混合して燃料とする。
燃焼室で燃料に点火加熱して、そこを通過する空気を暖め温風として室内に送る石油熱源の強制対流式の暖房機です。

灯油の価格の変動(年々上昇)があり、以前のように経済性を訴えられないが
オイルヒーターや電気ストーブと比べると、ランニングコストは依然として割安であり、ブレーカー容量の心配も無いので、お部屋の広さ・暖房負荷に合わせた暖房能力の商品が選べる。

さらに、温風の温度が高く、送風ファンにて送り出されるので、お部屋を暖めるスピードも速く、必要な時に運転する、必要能力に可変が出来る、石油の燃焼によって水蒸気が含まれる為、相対湿度の低下(乾燥)も起こり難い。
一方で、30分間に一度位の換気をしないと、燃焼に伴う室内空気の汚れ(酸素不足の改善)を必要とする。
空気中に21%程度含まれる酸素(O2)と窒素(N2)が、石油(CnHn)の燃焼によって、一酸化炭素(CO)や二酸化炭素(GO2),窒素酸化物(NOx)を含んだ排気・温風を放出するから、放置すると酸欠状態になるからです。

結局、私の意見としては

オイルヒーターは安全安心を求める、赤ちゃんやお年寄りの部屋・深夜電力料金制度の夜間電力(昼間の約1/3)を利用する家庭の夜間使用の寝室・
小部屋の気密度の高いマンション・病院やホテル等の業務用電源の利用以外には、ランニングコストの問題と、ほぼ24時間暖房をしていないと部屋の暖房には不向きです。

能力面の制約ときめ細かな温度調節が出来ない(室温感と機械の連動の難しさ)、維持費がべらぼうに掛かる事から、用途用法は無音無風を望まれ、維持費は目を瞑っても良い方にしかお薦め出来ません。
<ex,室内飼いのワンちゃんの為に使用中の友人宅では、冬場には1ケ月で2万円超のオイルヒーター1台の維持費が懸かっているそうです>

石油ファンイーターは経済性でオイルヒーターに優り、暖房能力も最適商品を選べるが、お部屋の空気の汚れや安全性、燃料供給&保管の煩わしさがネックになる。

私なら、超省エネエアコンの暖房をメインにしながら、必要な場合には床暖房や電気セラミックヒーター、電気カーペット等を併用したり補完すれば、安全安心や快適性とランニングコストの両立が可能だと思います。
<何れにしても、暖房以外の空調要素:冷房・除湿・換気・空気清浄を1台の機械で年間使用出来るのはエアコンしかない)

話が余り逸れるとややこしいと思いますが・・・
エアコンをメインに、扇風機&サーキュレーターによるお部屋の温度の均一性や離れた場所への暖かさのお届け、オール電化契約に成っていたり、計画される時への備えと家計に優しい暖房プラン&使い分け等を検討される事を、お薦めいたします。

>オイルヒーターか石油ファンヒーターか

           ↓
思い付くままに使用体験を述べてみます(順不同)
すこし、技術的な解説が必要なので、難解な部分や結論は?・・・最後の所を参照して頂きたく存じます。



商品の違いやランニングコストについて

◇オイルヒーターは電気パネルヒーターであり、石油暖房機ではありません。

不燃性の鉱物油(オイル)を密封したタンクに電気ヒーターで加熱し、タンク内のオイルを暖めて、そのタンク表面のパネル部分に室内の空気が接触して暖めら...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報