不課税や非課税がよくわかりません。
印紙や証紙は非課税ですよね?
切手も購入時は非課税ですが第一種定形でおくる場合も非課税扱いでしょうか?
不課税や非課税が(例えば印紙→非課税、手数料→・・などのようなもの)一目でわかる一覧とかはないのでしょうか?
教えて下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考にさせて頂きます

お礼日時:2001/12/10 13:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q印紙税過誤納付返還を受けたときは、非課税処理ですか?不課税処理ですか?

印紙税過誤納付返還を受けたときは、非課税処理ですか?不課税処理ですか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

不課税です。

印紙という有価証券に類するものが郵便局の窓口で販売される場合は非課税ですね。これが非課税なので還付の場合も非課税がありうるのではとの疑問からのご質問ではないかと思います。

まず、消費税の課税の対象は次の4条件すべてを満たす場合です。
(1)国内において行われる取引
(2)事業者が事業として行う取引
(3)対価を得て行う取引
(4)資産の譲渡、貸付又は役務の提供
しかし、印紙税の還付は上記(4)の要件を満たしていないので、不課税となります。

また、印紙税は収入印紙という媒体を用いて納付されることが多いのですが、印紙税という租税自体は課税対象ではありません。この場合の還付はその不課税である租税の戻りに過ぎず、当然不課税です。

Q印紙と切手が非課税になる根拠は何ですか?

収入印紙と切手は消費税法の別表第一に掲げられている為、非課税項目とされています。


印紙と切手の譲渡は国内において、事業者が事業として、対価を得て、資産の譲渡を行っているように思うので、消費税は課税されるべきなのではないですか?

なのになぜ非課税なのでしょうか?
非課税とされる根拠理由を教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

収入印紙を国税の前払いと限定したのは、少々舌足らずでした。
収入印紙は、納税手段のみならず、行政への支払い手段としても使用されます。

この場合、切手と同じで現金を印紙に換えることは非課税、印紙を使用するときな課税の可否を判断することになります。

とはいえ、収入印紙で支払う登記、登録、特許、免許、許可、検査、検定、試験、証明、公文書の交付などはやはり非課税とされていますので、結果として収入印紙に消費税は課されないことになります。

都道府県証紙で支払うものの中に課税取引となるものがあるかどうか詳しくありませんが、もしあるとすれば切手と同じように、買うときは非課税、使うときに課税取引となります。

Q証紙は課税?非課税?

証紙は非課税だと思い込んでいましたが、課税対象なのでしょうか?

用途は土木事務所にて発行してもらう「建築士事務所登録証明書」の証紙金です。

色々検索してみたのですが、いまだ分かりません。
教えていただけませんか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

地方公共団体や売りさばき人から購入する場合は「非課税」です。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.yodacpa.co.jp/info/syouhizei-stamp.htm

Q課税仕入れした証紙で非課税の役務提供を受ける場合

県の手数料を支払うのは、そこで収入証紙を購入してそれで支払うことが多いと思いますが、消費税では、この収入証紙は「非課税」、県の行政事務手数料も「非課税」なので、どのみち、課税仕入れにはなりません。

一方、チケットセンターで購入した収入証紙は消費税「課税」なので、課税仕入れになります。

では、チケットセンターで購入した収入証紙で県の手数料を支払った場合、課税仕入れのままでいいのでしょうか?

仕訳でいうと

(1)証紙購入時
貯蔵品(課税) / 現金

(2)事務手数料支払時
支払手数料(課税対象外)/ 貯蔵品(課税?or 課税対象外?)

どちらになるのでしょうか?

ちなみに切手の購入は
【厳密には】
(1)切手購入時
貯蔵品(課税対象外) / 現金

(2)郵送時
通信費(課税)/ 貯蔵品(課税対象外)

で、便宜上購入時に
通信費(課税)/現金

でよいとの話ですが、この場合はどうなるのでしょうか?

わかりにくい質問で申し訳ございませんが、お詳しい方よろしくお願いいたしますm(_ _)m

Aベストアンサー

おっしゃるとおり、金券ショップ等で購入した切手や印紙、証紙は消費税の課税仕入になります。

税込経理ですと、
(1)購入時
貯蔵品(課税仕入)200/現金200
(2)使用時
支払手数料(非課税仕入)200/貯蔵品(課税対象外)200
(3)決算時
未収消費税10/雑収入(課税対象外)10

税抜経理ですと、
(1)購入時
貯蔵品190/現金200
仮払消費税10/
(2)使用時
支払手数料(非課税仕入)200/貯蔵品190
              /雑収入(課税対象外)10
(3)決算時
未収消費税10/仮払消費税10


というようなことになると思います。
(なお、上の決算時の仕訳は課税期間中に売上ゼロ、仕入は印紙200円分だけ、という極端な理屈的な例です。実際にはあり得ないです。)


※切手や商品券は自己使用するものについては購入時に課税仕入とすることができますが(消費税法基本通達11-3-7)、証紙についてはそのような通達はありませんね。

Q課税・非課税・不課税について

課税・非課税・不課税について分からず困っております。

商品は課税になることは分かりますが、
送料・代引手数料はどうなるか分かりません。
また、不課税という言葉もあり、通販の処理に
どういう項目を使えば良いか悩んでいます。

消費税は課税される商品の税という意味でしょうか?
基本的に小数点以下の処理(四捨五入?)など
決まりがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

消費税の課税要件は、

(1) 国内の取引。
(2) 事業者が事業として行う取引。
(3) 対価を得て行う。
(4) 資産の譲渡、役務の提供等。

です。これら4つがすべて満たされれば課税されます。

>送料・代引手数料はどうなるか…

すべて課税されます。一般にこれらは消費税を含んだ価格が設定されています。

>不課税という言葉もあり、通販の処理に…

「不課税」とは、上記の4つのうちどれか1項目でも欠ける取引です。例えば、
・輸出入取引
・個人が家庭の不要品を売買
・見舞金や香典
などです。
通販を職業としている限り、原則としてすべて課税対象になります。
ほかに「非課税」という言葉もあります。詳しくは国税庁の『タックスアンサー』をご覧ください。

>消費税は課税される商品の税という意味…

消費行動に対する税です。

>小数点以下の処理(四捨五入?)など…

四捨五入、切り捨て、切り上げのいずれでもかまいません。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/shou301.htm

消費税の課税要件は、

(1) 国内の取引。
(2) 事業者が事業として行う取引。
(3) 対価を得て行う。
(4) 資産の譲渡、役務の提供等。

です。これら4つがすべて満たされれば課税されます。

>送料・代引手数料はどうなるか…

すべて課税されます。一般にこれらは消費税を含んだ価格が設定されています。

>不課税という言葉もあり、通販の処理に…

「不課税」とは、上記の4つのうちどれか1項目でも欠ける取引です。例えば、
・輸出入取引
・個人が家庭の不要品を売買
・見舞金や香典
など...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報