ゴダールの59年から66年までの作品では
一般的に物語性が欠如していると言われています。
現代の映画でも、古典的な映画と比べると
物語性が軽視されているとも言われています。
映画にとって、物語性の有無は、どういう影響を
与えたのでしょうか?
それは良いことなのか、悪いことなのか。
どなたか、教えてください。お願いします。

A 回答 (2件)

再登場です。



混乱しなくても簡単なことですよ。
先にも回答しましたが、「良い悪い」ではなく、「好きか嫌いか」なんです。
そして、好きな人がどれだけいるのか、ですね。
好きな人がいっぱいいれば、当然興行収入が増えるので成功となりますよね。
資本主義の社会では、当然成功して儲かるものをつくっていきますよね。
それが物語性を重視した作品だったんです。

でも、ゴダールの作品がつくられないなんてことはありません。
それは芸術として認められたからですね。
売れないものが二度とつくられないなんてことは、ハリウッド映画にはあっても、芸術にはありません。

そう考えると、娯楽作品と芸術作品の共存と言うことは、それぞれの性質が違うために、ほぼあり得ませんね。

わたしから言わせると、ゴダールこそ娯楽作品だと思うのですが、また混乱させるといけないので、この辺にさせていただきます。
    • good
    • 0

以前聞いた話ですが、テレビや映画を見ているときの人の脳波は、夢を見ているときと同じだそうです。



わたしは、映画は視覚に訴えるものが好きで、あまりにも物語物語している作品は、わざわざ映画にしなくても、テレビドラマか舞台かなんかでやればいいのにと思うときがあります。
(もちろん舞台は舞台で別の良さがありますが)
ゴダールは舞台ではできないですね。
夢のようにイメージの断片や、文字の多用でも映画は成り立つと思います。
以前は実験映画といわれていたような作品も、ゴダールの出現で一般作品として評価されるようになりました。

それにしてもゴダールは難しいと思います。
何本か彼の作品を見ていますが、毎回首をひねりながら映画館から出てきていました。
彼の作品の中でも、後期(後期じゃないかもしれませんが)の『パッション』や『カルメンという名の女』などは、物語性があるからまだ分かりやすい方ですね。
物語性がある方が作品に移入しやすいんでしょうね。
あの役者が何の役で、他との関係とかがわかりますからね。
彼の作品を見慣れていない人にとっては、イメージ的なシーンなどは、それが何を意図しているのかわからないと思います。

良いか悪いかではなく、好きか嫌いかぐらいの差だと思います。
ただ先に言ったように、映画の可能性は広がりましたね。

わたし自身は、ゴダールは嫌いです。
でも、新作やリバイバルなどがあると悔しくて観に行っちゃいますけど…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答、ありがとうございます。
ゴダールは特に物語性よりも映像を重視しています。
確かにそうした表現方法の自由は認めています。
ただ、それが芸術という観点から見ると
どのような可能性を広げたのか、またこの表現は
芸術に対して良い影響を与えたのか、分かりません。
このような抽象的な質問では、答えようがないのかも
しれませんが・・・。
やはり「大衆的な観客重視の映画」と「映画のための
映画」が共存すればいい、という結論に
達するのでしょうか・・・?あぁ、混乱してきました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゴダール映画について

ゴダールの「気狂いピエロ」と「ゴダールの決別」を見たのですが、
さっぱり理解できませんでした。
まず、物語のすじがわからない。
そしてテーマがわからない。
(「決別」の場合はパッケージの裏に、ギリシャ神話のゼウスの話を元にした・・・と書いてありましたが、一体どのへんが?!と思いました。)
極めつけは、誰が誰だか区別がつかない!!

ゴダールの作品は一体どこが面白くて評価されているのでしょうか?
こういう類の映画は感覚でみる映画なのかな、とも思いますが、
解説をしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すいません、歯痛のため、レスが遅くなりました。

>芸人が時事ネタを用いるとき、私がその事柄を知らなければ、「何をいってるん
>だ?さっぱりわからーん、面白くない。」となってしまうようなものでしょうか。>(例えが単純かつ俗で、すみませんっっ)

そのとおりです。ですからフランス人はあれほど大胆に有名な詩やら絵画を“引用”したフィルム・ノワールに初めて出会った時、その場面で笑ったのではないか、と思われます。まあ、これは推測ですが。

> > 娯楽小説に対する純文学といったところでしょうか。
> うーん、よくわかりません・・・。大変申し訳ないのですが、詳しく教えてく
> ださると嬉しいです。

本題から少々外れますが……。

純文学については前回の回答の「映画に何が……」以降の文章の“映画”の部分を“文学”に替えていただければよいかと思います。
それに対し、娯楽小説は、何を描けば、どう描けば読者は喜ぶか、を第一義にかかれたものである。

と、これはあくまでわたしの見解で、実はこの問題に関しましてはこれまでにも文壇で何度となく議論が繰り返されてきましたので、以下にそこで提示された仮説を紹介します。

1) 娯楽小説は商品であり、純文学は芸術である。
2) 文章の質が高く、テーマが高尚なものが純文学、そうでないものが娯楽小説。3) 「オール読物」などの小説雑誌に掲載されるものが娯楽小説、「新潮」などの  文芸誌に掲載されるものが純文学。
4) 直木賞にノミネートされるのが娯楽小説、芥川賞にノミネートされるのが純文  学。

 ……などなど。

以上は文芸評論家の福田和也氏が著作「作家の値うち」(飛鳥新社)の中で解説されています。またそこで、以上のものとは別の氏の見解が提示されていますが、著作権に触れるといけませんので、興味がございましたら是非ご一読を。

横レスですが……。

> なんだかゴダールは広義の「映画」というものに、ものすごーくこだわっている
> ようなので。ichienさんが評価しておられる「中国女」も、(私は観ていないの
> で恐縮ですが)「映画」の可能性を試しているところ、という感じがします。
> でもそれは「映画」の何たるかを考える人でないと面白くないんじゃないかな
> ぁ?

そうですね。まあ「映画」に限らず「表現」の何たるかを考える人でないと退屈なだけ、だと思われます。

以前友人宅にあったゴダール作品(何かは忘れました)のLDのライナーにゴダールが“フィルム”と“シネマ”という言葉を使っての自身の考え方を述べた文章が載っていました。この二つのフランス語は通常日本語に訳す場合、どちらも“映画”になるのですが、ゴダールはそれを区別して使っていました。残念ながら詳細は忘れてしまいました、ichienさん、御存知でしたら御教示くださいませ。

すいません、歯痛のため、レスが遅くなりました。

>芸人が時事ネタを用いるとき、私がその事柄を知らなければ、「何をいってるん
>だ?さっぱりわからーん、面白くない。」となってしまうようなものでしょうか。>(例えが単純かつ俗で、すみませんっっ)

そのとおりです。ですからフランス人はあれほど大胆に有名な詩やら絵画を“引用”したフィルム・ノワールに初めて出会った時、その場面で笑ったのではないか、と思われます。まあ、これは推測ですが。

> > 娯楽小説に対する純文学といったところでし...続きを読む

Q至急心配性です 映画館のポップコーンと飲み物について 今日映画を見に行くのですが 映画館でポッ

至急心配性です
映画館のポップコーンと飲み物について



今日映画を見に行くのですが
映画館でポップコーンと飲み物買ったら両手塞がってしまいますよね?
なのでいつも買おうか迷うのですが
両手塞がっても支障ないですかね?
塞がってしまった場合の対処などありましたらよろしくお願いします

Aベストアンサー

どういう映画館なのかわからないですが、トレーを借りられるなら借りてみては?
大型映画館なら、ドリンクホルダーにはめられるタイプのトレーを渡してくれたりします。
あとは、持ち込みできるなら、ペットボトル飲料にするとかです。

Qゴダール映画のおすすめをお願いします!

ジャン=リュック・ゴダールの映画をたくさん観ていこうと思います。
いっぱいあって、どういう順序で観ようか迷っています。
とりあえず「気狂いピエロ」を観ようかなと思っているところです。

ゴダール入門に適している作品、
また「これだけは観ておけ」という作品、教えて下さい。
主観で構いませんので、おすすめポイントなども
ひとこといただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。m(_ _)m

Aベストアンサー

下でお書きの通り、「勝手にしやがれ」をまず観て、次に「気狂いピエロ」がいいと思います。
「軽蔑」「ウィークエンド」「ゴダールのリア王」が、個人的にお勧めです。入門編としては、だらだらしていなくて、とっつきやすいかな、と思います。
(ほんとうに一番好きなのは、「アルファヴィル」なのですが、変な近未来SFなので、入門編には向かないと思います)

トリュフォーは、「大人は判ってくれない」が、デビュー作なので、まずこれから。次は「突然炎のごとく」、「恋のエチュード」「トリュフォーの思春期」と言うのが、入門編かと思います。
ストーリーがしっかりしていて、とっつきやすく、心理描写もたくみです。
(ほんとうに一番好きなのは、「華氏451」なのですけれども、これまた奇妙な近未来SFなので、入門編ではないと思います)^^;

ご参考になれば幸いです。

Q物語が次回に「続く」映画

マトリックス・ハリーポッターを筆頭に、私が知る限り、「ロードオブザリング」が初めて、「次回に続く」という形である映画だと思っています。

それ以前にも、次回の映画に続くような映画というモノはあったのでしょうか?

Aベストアンサー

回答は既に出ているので補足ですが。

映画で「次回に続く」とするにはその作品のヒットが確かでなければ出来ません。
かつて映画が最大の娯楽メディアで確実に興業収入が見込めたころ連続活劇等で見られた続き物は、TVの登場で下火になります。ヒット作の続編は作られても1本ごとの完結が原則でした。
この流れを変えたのは既出の「SW帝国の逆襲」です。1本目の大ヒット後、全9部作の構想を発表したのです。(後に6部に変更)
「マトリックス」「バックトゥザフューチャー」等もこのパターンです。(「バック…」のto be continued は映画上映時にはありませんでした)
原作ファンが見込める「指輪物語」のような例を除いて、1本目の完結はやはり必要なのでしょう。

#「バック…2」はto be concluded(次回完結)ですね。「マトリックス2」にも出てました。

Qゴダールの、フィルムとシネマの違い?

教えてGOO内の、「ゴダールについて」の質問を興味深く読んでいました。(他の方が質問したものです)
そこですごく気になったことがあり質問させていただきます。
以下そこでの回答の一部です。引用失礼します。

「以前友人宅にあったゴダール作品(何かは忘れました)のLDのライナーにゴダールが“フィルム”と“シネマ”という言葉を使っての自身の考え方を述べた文章が載っていました。この二つのフランス語は通常日本語に訳す場合、どちらも“映画”になるのですが、ゴダールはそれを区別して使っていました。残念ながら詳細は忘れてしまいました」

もしこれについて分かる方がいたら教えていただきたいです。

Aベストアンサー

シネマは映画という芸術一般についてです。絵画や写真ではなく映画という種類です。
フィルムは個別具体的な一本一本の作品です。

Q冬物語のCMで映画の話が出るのですが

ほのぼのして最近よく見るのですが
何の映画か解りません
元映画ってあるのでしょうか?
御存知の方教えて下さい

冬物語のサイトです
http://www.sapporobeer.jp/fuyu/

Aベストアンサー

すてきなCMですね。

はっきりとした回答ではなくって、個人的な印象なのですけれども、
「ラストの救出シーン」「主人公の神父さん」と言う言葉からは、『ポセイドンアドベンチャー』を連想します。もともとは、70年代の作品ですけれども、最近リメイクされました。(私は、リメイク版は見ていないのですが、確かリメイクでは、主役は神父さんではなくなっていたと思います。)
ただ、ポセイドン・・・では、「恋人のフリーター(?)」も「ふわぁ~」もないので、ここは、イメージ的に『タイタニック』の船上の名シーンを連想させます。

CMのコンセプトとして、『ポセイドンアドベンチャー』と、『タイタニック』を足して2で割ったような、「パニックものと恋愛ものの混ざり合ったタイプの映画」を、この二人はデートで観に行った、と言う設定なのかな、と感じました。
オクテな二人の10回目のデートとしては、いい感じの選び方・・・なの、ではないでしょうか。

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=21504

ポセイドンアドベンチャー、面白いですよ。恋愛要素はないですけれども。

すてきなCMですね。

はっきりとした回答ではなくって、個人的な印象なのですけれども、
「ラストの救出シーン」「主人公の神父さん」と言う言葉からは、『ポセイドンアドベンチャー』を連想します。もともとは、70年代の作品ですけれども、最近リメイクされました。(私は、リメイク版は見ていないのですが、確かリメイクでは、主役は神父さんではなくなっていたと思います。)
ただ、ポセイドン・・・では、「恋人のフリーター(?)」も「ふわぁ~」もないので、ここは、イメージ的に『タイタニック』...続きを読む

Qキューブリックやゴダール作品

こんにちは。
キューブリックやゴダールの映画に興味があります。
そこで質問です。
まずは何を観たら良いでしょう。
回答待ってます。

Aベストアンサー

どちらも鑑賞者によっては好き嫌いがはっきりとするタイプの映画監督だと思います。
ですので、作品としての評価が高く、またストーリーや表現的にもわかりやすい映画から入ったほうがいいんじゃないかと思います。

キューブリックだと米ソの冷戦構造をブラックユーモアで描いた「博士の異常な愛情」や、ベトナム戦争ものの「フルメタルジャケット」あたりが無難なんじゃないかと思います。
でもって代表作の「時計仕掛けのオレンジ」や「2001年宇宙の旅」、初期作品の「突撃」や「現金に体を張れ」といった具合に制作順に見るのがいいんじゃないかと。

ゴダールは名を知らしめた「勝手にしやがれ」、「軽蔑」「気狂いピエロ」等、比較的わかりやすい作品から鑑賞するのがベストだと思います。
で、イケるなぁと思いましたら「男性・女性」「女と男のいる舗道」、はたまた「ウイークエンド」「中国女」などゴダールならではの作品を見るのがいいのでは。

また、図書館なのどで借りて解説書を読んでみるのも、鑑賞の手助けになると思います。どうして作品が世界的に評価され、熱狂的なファンも多いかということがよりわかると思います。

どちらも鑑賞者によっては好き嫌いがはっきりとするタイプの映画監督だと思います。
ですので、作品としての評価が高く、またストーリーや表現的にもわかりやすい映画から入ったほうがいいんじゃないかと思います。

キューブリックだと米ソの冷戦構造をブラックユーモアで描いた「博士の異常な愛情」や、ベトナム戦争ものの「フルメタルジャケット」あたりが無難なんじゃないかと思います。
でもって代表作の「時計仕掛けのオレンジ」や「2001年宇宙の旅」、初期作品の「突撃」や「現金に体を張れ」といった...続きを読む

Q物語の冒頭から一気にベクトルが貫かれている映画を教えてください

黒澤の「野良犬」のように物語の冒頭から一気に重要な問題が提示され、それが太いベクトルで貫かれ最後まで見せきってしまうような映画を教えてください。
できればレンタルビデオで見れるものがよいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ブローンアウェイ、トミー・リー・ジョーンズがいい具合にキレてます。

狼、香港映画ですが大好きです。

スピード、これは見られてますよねー。

ペイバック、メル・ギブソンが痛いめにあい過ぎ。

マッドマックス、古っ。

レザボアドッグ、いい役者が勢ぞろい。

ブロークンアロー、トラボルタ好き~。

ピースメーカー、クルーニー好き~。

ザ・ロック、コネリー、ハリス、ケイジ好き~~。

(こればっかりや)

し、しつれいしました。

Q昔の映画「冒険者達」の情報とゴダールの映画の情報

昔の洋画「冒険者達」のタイトルの英語名、監督、主演俳優などを教えて下さい。
またフランスのゴダール監督の映画で「きちがいピエロ」という作品がありますが、その英語名も教えて下さい。そのほかのゴダールのタイトルとその英語名も教えて下さい。

アメリカに留学中の娘が昔のヒッピーに興味を持ち、英語版の映画ビデオを買いたいらしいのですが、タイトルやその英語名がわからなくて、困っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「冒険者たち」
英語タイトル:The Last Adventure
監督:Robert Enrico
主演:Lino Ventura,Alain Delon,Joanna Shimkus
※現在アメリカでのビデオ発売なし
http://us.imdb.com/Title?0061376

「気狂いピエロ」
英語タイトル:Crazy Pete とか Pierrot Goes Wild というのが当時使われたようですが、原題の"Pierrot le fou"でビデオは流通しているのではないでしょうか。
http://us.imdb.com/Title?0059592
その他では
「勝手にしやがれ」→"Breathless"※リチャード・ギアのと間違えないように。
「女は女である」→"A Woman Is a Woman"
「軽蔑」→"Contempt"
「女と男のいる舗道」→"My Life to Live"
「彼女について私が知っている二、三の事柄」
 →"Two or Three Things I Know About Her"
「恋人のいる時間」→"A MARRIED WOMAN"等々
以下のURLでも確認できます。
http://us.imdb.com/Name?Godard,+Jean-Luc

「冒険者たち」
英語タイトル:The Last Adventure
監督:Robert Enrico
主演:Lino Ventura,Alain Delon,Joanna Shimkus
※現在アメリカでのビデオ発売なし
http://us.imdb.com/Title?0061376

「気狂いピエロ」
英語タイトル:Crazy Pete とか Pierrot Goes Wild というのが当時使われたようですが、原題の"Pierrot le fou"でビデオは流通しているのではないでしょうか。
http://us.imdb.com/Title?0059592
その他では
「勝手にしやがれ」→"Breathless"※リチャード・ギアのと間違えないように。
「女...続きを読む

Q映画館には一人で行きますか?私は最近は映画館にはいけませんが、映画館に映画を観に行きたいと思っていま

映画館には一人で行きますか?私は最近は映画館にはいけませんが、映画館に映画を観に行きたいと思っています。友人はよく一人で観に行くらしいのですが、私は勇気がありません!どうした、良いでしょうか?家族は違う映画だったりするので、困っています。

Aベストアンサー

周りの人と都合が合わなければ、一人で行きますね。

遊園地などと違って一人客も結構いますから、一人で行くハードルは低いと思いますよ。土日や夏休みなどの昼間の回は作品によっては一人客が少数派でしょうけど、混んでない回であれば大丈夫です。混み具合も映画館のサイトから分かったりしますし。心配なら平日に行かれてはどうでしょうか。


人気Q&Aランキング