最新閲覧日:

建坪率ってどこまで含まれるの?というところで悩んでいます。
建坪率って基本的にはその土地に対して建物を建ててよい割合で、土地を真上から見て建物のスペースは何%かってことだと思っています。ここまでは間違いないですよね?
で、建物の庇(屋根のでっぱり)の部分は建坪率に含まれるのでしょうか?
建坪率ギリギリの建物(間取り)で建ててしまうと、庇のない建物にしなくては
いけないのでしょうか?

A 回答 (2件)

>土地を真上から見て建物のスペースは何%かってことだと思っています。



そうですね。
建坪率=建築面積/敷地面積 ですのでそう言うことになります。

>建物の庇(屋根のでっぱり)の部分は建坪率に含まれるのでしょうか?
令2条1項2号によりますと
『軒・庇・はね出し縁等外壁または柱の中心線から水平距離が1m以上突き出ている場合
その先端から1m後退した線までの部分は建築面積に算入しない』
と、なっています。

簡単に言うと「とび出している庇が1m未満の場合には建築面積に入れない」って事です。

あまり大きな庇でなければ、とび出してもOKって事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答をありがとうございます。
あまり大きな庇でなければ大丈夫なのですね。

お礼日時:2001/12/04 22:58

kahoppe さん、こんばんは~☆♪



> 庇のない建物にしなくてはいけないのでしょうか?

大丈夫ですよ、ご安心をして下さい。

『建蔽率・けんぺいりつ』

建築物の外壁または、これに代わる柱の中心線で囲まれた部分の
水平投影面積のことです。
わかりやすく言えば、上空から見た時の投影面積のことです。

面積の算定では、屋根の庇やバルコニーで「奥行き1m以下」の
場合は、建築面積から除かれます。
また、地盤面より上1m以下の地階部分も建築面積から除かれます。


ではでは☆~☆~☆        - by パピヨン -
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ