半年くらい前に右目がよく見えなくなり、
眼科にいったところ、眼底出血だと言われました。
が、たいした治療をされたわけでもなく
眼圧を下げるという飲み薬を処方され、
しばらくたったら、出血がひき、眼はもとどおり
見えるようになりました。

しかし、結局、眼底出血の原因は、医者にきいても
「よく分からない」
と言われてなぜ眼底出血がおこったのかは分からないままです。

原因が分からないため、また起こるのではないかと不安ですが
一方で医者が勧める「造影剤を入れて写真をとる検査」
というのは、気がすすみません。
なぜかというと、造影剤の検査は、ネットで調べた結果
「医療事故」があったとのことなのです。

医者に聞けば、「造影剤」の検査をしなさいと言われるのは
分かりきっているのてすが。

症状がないなら、ほっておいてもいいですか?
それともやはり造影剤の検査をうけるべきでしょうか。
造影剤によるリスクというのはどの程度のものでしょうか。
よいアドバイスがありましたらお願いします。

ちなみに健康診断をうけたばかりですが
高血圧や糖尿病はありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

眼科医です。


原因不明の眼底出血というのは時々見られますが、基礎疾患があることが多いです。
この場合は、また繰り返すことがままありえます。

原因の検索と次の出血の予防のために、蛍光色素を静脈に注射しながら眼底写真を連続して撮影する『蛍光眼底造影検査』は、一般に良く行われている検査です。

確かにショック死の重大な副作用の報告はありますが、大変稀です。
以前10万件に一人くらいと言われてましたが、腎臓機能障害や特殊なアレルギー体質の方が報告されていますので、実施前には腎機能を調べたり、アレルギーテストをしていますので、最近はまず報告を聞きません。

私も眼科医になってもう20年経ちますが、その間もう何百人の患者さんにこの検査をしたか数えられないほどです。
たまに空腹時や、逆に食事した直後に検査に来られた為に、検査中に気分が悪くなり吐いてしまった患者さんを経験してますが、意識をなくすようなショックを起こした人は皆無です。

また検査後は、しばらく注射した蛍光色素が尿中に排泄する為に、尿の色が赤ッぽく見えたり、顔色が黄色ぽく見えたりすることは誰にでもありますが一過性で心配ありません。

では、これで何が判るかというと、私たち医師が見ることの出来る網膜の下にある、医師からは見ることの出来ない”脈絡膜”という網膜を栄養している大切な組織の血液の流れがわかるのです。
まだ網膜に現れていない病気や今後起こりうるだろう出血の予想、さらには必要に応じてレーザー光線で治療する光凝固術には欠かせない検査です。

でも現在特に視力に不自由していらっしゃらないのなら、今無理に受ける必要はないでしょう。
もし万一再び眼底出血を起こした時は、ぜひ心配せずに受けてくださいね。
    • good
    • 19
この回答へのお礼

リスクについての大変詳しい説明、感激しています。
あまり説明もなくただ「大丈夫だから」とか
「事故なんてめったにないから」とか
言われても、現在、特に症状がないだけに、
どうしたらいいのか迷っていました。
ご説明で、迷いが晴れた気がします。
とりあえず当面は生活に支障はないので大丈夫なんですが、
また、何か症状があったらこの検査を受けてみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/05 10:51

回答は出ているようですが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「蛍光眼底血管撮影」
この中で特に「検査方法」「検査に伴う危険」「検査を行う理由」「異常値の意味」と関連リンク先を参考にしてください。
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(検眼鏡検査)

ご参考まで。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 13
この回答へのお礼

早速、ご紹介いただいたURL先、確認させていただきました。
大変分かりやすい説明があり、参考になります。
インターネットで、自分で調べてもなかなか、
ちゃんとした知識にヒットしないのが実状なので、
情報をいただけて大変助かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/05 10:58

眼底は、目を角膜側から覗いたときに見ることができます。


まず、網膜があり、視神経乳頭から血管がそのなかを網のように赤く見えます。その手前には、硝子体という透明な寒天状のものが眼球の腔を埋めています。
眼底出血とは、その、網膜から、硝子体までの出血を広く差します。

網膜の出血には、いろいろな原因があります。
代表的なのが、糖尿病や高血圧、老人性黄班変性症や高度近視の眼底、外傷も原因となります。貧血、白血病といった代謝血液疾患でも生じます。

蛍光眼底造影検査は、眼底の血管造影検査です。通常の眼底検査では発見が難しい、網膜の無血管野や新生血管などを調べることができます。
造影剤の検査での医療事故…眼底検査ででしょうか?
一般にいわれる造影剤検査との混同はないでしょうか?
リスクについては疑問点を眼科医師に相談くださればおそらく納得いただけるはずです。

網膜疾患の場合の蛍光眼底造影の有益性は、私のような部外者でも学生時代からうるさく言われておりましたので忘れることはありません。特に新生血管は、脆く、出血しやすいのです。無血管野には新生血管が入りやすい状況でもあります。レーザー凝固などを検討するのに、ほぼ必須と考えてよい検査ですよ。

以上専門外の医師からでした。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「けいこうがんていぞうえい」と言われても、「けいこう」が「蛍光」ということさえ分からずにいたので、
詳しい説明、本当に嬉しいです。ありがとうございました。
考えすぎなのかも知れませんが、リスクとかって、なかなか担当医には聞きにくいですね。
「君は私を疑っているのか!」って怒られそうで・・・(^^;)
そういう意味でもこういう場でご回答いただけてとても大変参考になりました。

お礼日時:2001/12/05 10:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 外傷性視神経症<眼の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    外傷性視神経症とはどんな病気か  主に、眉毛部外側の打撲によって、視神経管(視神経が頭蓋内に入っていく際に通るトンネルのような細い骨の穴で、視束管(しそくかん)ともいう)で視神経が障害されることによる同側の視力・視野障害のことをいいます。重症の場合では光覚(こうかく)を失うこともあるため、緊急に眼科的検査、診断および治療が必要になります。 原因は何か  多くは、外傷の衝撃による視神経管内での視神経線維...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q眼底出血しました。今後気を付けることは?

7月1日朝。左目視界がI薄いカーテンと髪の毛が下がったようになり、眼科医院での診察・検査で、眼底出血と判明しました。現在 高血圧・初期糖尿病で服薬中です。血圧早朝血圧H130~140、  L80~90 HA1C 5.3~5.5  空腹時血糖110mGです。    眼科医からは、3週間推移を見ましょうと 血管ぞきょう増強剤3週間分をを投与されました。
今後の日常生活で、特に注意が必要なことを教えていただけませんか?

Aベストアンサー

 私は現在40歳の男性ですが、あなたと同じように糖尿病で悩んでいます。

過去に5年前くらい大田区のとある病院で緊急入院をしてインスリン治療を始めました。

その後、手足に痺れが出てきて現在もその痛みで毎日が憂鬱でたまりません。

他の病院で医者にインスリン治療(副作用)による低血糖障害で手足の痺れが出ていると言われ

インスリン治療をやめジャヌビア錠朝1錠だけです。

この後2年位は治験の検査にもかかった事がなく医者もびっくりするくらい普通の人と同じくらいだそうで

す。その間の話ですがあなたと同じように左目にカーテンがかかったような症状になり目が見えなくなりま

した、そして慈恵大病院の眼科(白内障外来で)検査を受け白内障と診断され緊急に手術を受けました・

現在はめがねをかけていて日常生活には支障はないです。

たぶん、あなたも眼科に行っていると思いますが一度白内障外来を受けた方が良いと思います。

最初は私も眼底出血があるといわれていましたが白内障外来に行って白内障と診断されたときには

びっくりしました。あなたは幸いに初期の糖尿病ですが血圧が少し高いのが気になります。

糖尿病は怖い病気ではなくその三大合併症が一番怖いです。

抹消神経障害、透析、失明です。

やってはいけない事は、けして砂糖が入ったものを食べてはいけません。甘いものは禁物です。

飲み物やお菓子などパン類は絶対に避けるべきです。

最近テレビで放映していましたが、日本人は食事をして小腸に行ってからインスリンを出すそうで

確率的に糖尿病にかかりやすい傾向にあるそうです。やはり食文化が変わった事があげられると思いま

す。食事は三食取りますが朝食は、なるべくおかずを多めに取った方が良いです。

例(味噌汁、温野菜、卵は一個、あとハムなど、ヨーグルト、納豆(発酵食品)キムチなど、とにかくおかず

を多めに取る事をお勧めしますが適量で良いと思います。

そしてここからがポイントでご飯(炭水貨物)雑穀米などが良いです。味噌汁お茶碗のいっぱい程度が

適量です。一番最後に米などは取るようにしてください。

お昼は自分の好きな食べ物で良いと思います。

夕飯は少しカロリーを落とし早めに取り早めに寝るその方が良いと思います。

後、適量の運動はした方が良いです。

以上ですが何か気がかりな事があれば又、メールください。

糖尿病は治らないといわれていますがそれはうそでちゃんと方法さえ間違わなければ治るといわれまし

た。私は現在タイの漢方を取り寄せていますすごい実績を上げている漢方だそうです。

とにかく、糖尿病は怖い病気です。ほっとくと冷え性、便秘、睡眠障害などになります。

 私は現在40歳の男性ですが、あなたと同じように糖尿病で悩んでいます。

過去に5年前くらい大田区のとある病院で緊急入院をしてインスリン治療を始めました。

その後、手足に痺れが出てきて現在もその痛みで毎日が憂鬱でたまりません。

他の病院で医者にインスリン治療(副作用)による低血糖障害で手足の痺れが出ていると言われ

インスリン治療をやめジャヌビア錠朝1錠だけです。

この後2年位は治験の検査にもかかった事がなく医者もびっくりするくらい普通の人と同じくらいだそうで

す。その間の話...続きを読む

Q眼底出血の治療

はじめまして、私は神戸市に住む50代の女性です。
1ヶ月前から眼底出血によって視界が暗くなり、視力が低下してきました。
そのため、様々な病院に行ってみたのですが、
原因は高血圧と腎不全による症状の発生であることがわかりました。
しかし、これ以上は専門医でないと対処できないと言われてしまいました。

その眼科の話では、腎不全を治せば自然に治ってくると言われたのですが、
そんな簡単に治せる病気ではありませんし、日に日に視界が暗くなっていうく一方です。
さらに薬もいただいたのですが、副作用で体に合わず断念しました。
それで、レーザー治療なら治る可能性があると思い、医師に相談したのですが、症状を治さなければ…という一点張りで聞く耳を持たない現状です。

暗い状態が続き、どんどん落ち込んできて、そのうち失明するのではないかと思うと心配で夜も眠れません。この場合は、どのような対処を取ればいいのでしょうか?
また、関西地区(兵庫県)の方で、きちんとした治療のできる眼科をご存知の方があれば
教えていただければと思います。

長文、乱文で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

はじめまして、私は神戸市に住む50代の女性です。
1ヶ月前から眼底出血によって視界が暗くなり、視力が低下してきました。
そのため、様々な病院に行ってみたのですが、
原因は高血圧と腎不全による症状の発生であることがわかりました。
しかし、これ以上は専門医でないと対処できないと言われてしまいました。

その眼科の話では、腎不全を治せば自然に治ってくると言われたのですが、
そんな簡単に治せる病気ではありませんし、日に日に視界が暗くなっていうく一方です。
さらに薬もいただいたのですが...続きを読む

Aベストアンサー

小生の祖父が糖尿病で似たような症状を患っていました。
糖尿病で毛細血管が脆くなっているので、糖尿病の治療と平行してレーザー治療を行わないと、止血した傍から出血するので意味ないとか…

おそらくreiji80さんの症状も、それに近しい物があるのだと思います。
不安があるかとは思いますが、医者も多くの症例を元に治療方針を決めているでしょうし、その医者が治ると保証したのであれば、信じても良いのでは…とも思います。

レーザー治療は言い換えれば、出血部分の毛細血管をレーザーで焼いて止血する方法ですので、そう頻繁に行える治療法ではないそうです。
一箇所の症状を治すのに、1回施術したら一週間あけて検査して、また施術して…を繰り返すようです。
悪くすれば網膜や視神経にダメージが残りかねないという事で、祖父もだいぶ怖がってました。

兵庫界隈の眼科には心当たりは無い(小生は中部地方なので、特に)のですが、もし眼科を受診される場合は他の病気の合併症だと言われた事を伝えた上で治療を受けられた方がいいと思います。

慢性病は治り難い上に、目という感覚器の中でも8割の情報を得ている物が不調という事で、不安が大きいかとは思いますが、それだけにじっくり腰を据えて治療して行かれた方が良いとは思います。
工芸などを始められて、クサクサした気分を晴らされてみては如何でしょうか。

余りお役には立てませんが、順調な回復をお祈り申し上げます。

小生の祖父が糖尿病で似たような症状を患っていました。
糖尿病で毛細血管が脆くなっているので、糖尿病の治療と平行してレーザー治療を行わないと、止血した傍から出血するので意味ないとか…

おそらくreiji80さんの症状も、それに近しい物があるのだと思います。
不安があるかとは思いますが、医者も多くの症例を元に治療方針を決めているでしょうし、その医者が治ると保証したのであれば、信じても良いのでは…とも思います。

レーザー治療は言い換えれば、出血部分の毛細血管をレーザーで焼いて止血する...続きを読む

Q眼底出血の治療法

糖尿病の65歳になる父に眼底出血がおこりました。今、いつ失明するかビクビクしています。
 このままでは眼底出血→糖尿病網膜症→失明 の流れで悪化していくと認識しています。
 お医者さまは「様子を見ましょう」の一点張りではっきりした答えをくれないようで、本人が一人で焦っています。
眼底出血を防ぐ方法、食べ物や手術など、療法がありましたら、教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

糖尿病からの、発症ではないでしょうか。
 食べ物で薬草の「シマカンギク」が在りますので、これを食べて下さい、短期間で改善が出来ると思います。
 眼底の出血は、「日々草」で止まりますので、朝食時に2枚から4枚位食べて下さい、良い結果が出ます。
 一応、血糖値を測つて診て下さい。

Q目薬で瞳孔開く検査後、どれくらいで元に戻りますか?

お世話になります。

今日ひぶんしょうの検査をするために
目薬で瞳孔を開いて検査しました。
問題はありませんでした。

病院では3,4時間くらいは目が瞳孔ひらきっぱなし
になるときいてたのですが12時間たった今も
ほぼ戻ってはいますが右眼より目薬した左眼のほうが
ふた周りくらい大きいです。

このまま元に戻らないとかあるんでしょうか?
朝まで心配です。

Aベストアンサー

過去何回も瞳孔を開く検査を受けていますが、3~4時間は瞳孔がMax全開でピントが合いづらく、それ以降は徐々に瞳孔が縮まって行き、同時にピントも合うようになってきますね。
12時間経っても多少瞳孔が大きいそうですが、私も同じような感じです。
戻らないことはありませんので大丈夫です。
完全に大きさが戻るのは翌朝ですね。

ところで、ひぶんしょうの検査は片目しかしなかったのですか?
どっちかといえば、そっちのほうが気になりました。

Q網膜裂孔でレーザー手術をしました

2週間前に、右目を網膜裂孔のためレーザー手術(光凝固術)をしてもらいました。その後、手術前にしっかり見えていた距離がボヤけてしまいます。仕事で、30cmから60cmくらいの距離で100分の1mmの調整をしているような仕事なのですが、ほんの一瞬だけ焦点が合うのですがすぐにボヤけてしまいます。その影響で頭痛・こめかみの痛みもひどいです。医師に伝えたのですが、「手術によって視力に影響はない。仕事による眼精疲労」との返事でした。どなたか、私の視力の低下は一時的なものなのでしょうか?また、本当に眼精疲労なのでしょうか?手術前と後でこんなに眼精疲労とは変わるものだのでしょうか、、、。ご教授頂きたく存じます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考になれば、よろしいのですが・・・ (*^。^*)

私も2週間前の、6月6日にレーザー手術(光凝固術)をしてもらいました。

そのときもらった説明書に、次のように書いてありました。


   網膜光凝固について

・糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔などの疾患に対し網膜光凝固が行われることがあります。

 糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症では網膜毛細血管が閉塞し、そのため新生血管が眼内に生じ大きな出血を引き起こすことがあります。この予防のため網膜に光凝固をおこない、不良な網膜を焼き固める必要があります。
 網膜裂孔は、放置すると網膜剥離という疾患を引き起こし入院しての手術治療が必要になることがあります。網膜剥離がまだ起きていなかったり小さな範囲である場合は、裂孔周囲を光凝固して瘢痕化させることで網膜剥離の進行を防ぐことができます。

・網膜光凝固は、病気そのものを治して視力を回復させるような効果はありません。あくまでも疾患の進行をくいとめるのが目的です。

・短所として、光凝固をしたところは網膜機能が減弱しますので光凝固施工後は暗く感じるようになります。たいていは数ヶ月すると徐々に暗いのが軽くなります。

参考になれば、よろしいのですが・・・ (*^。^*)

私も2週間前の、6月6日にレーザー手術(光凝固術)をしてもらいました。

そのときもらった説明書に、次のように書いてありました。


   網膜光凝固について

・糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔などの疾患に対し網膜光凝固が行われることがあります。

 糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症では網膜毛細血管が閉塞し、そのため新生血管が眼内に生じ大きな出血を引き起こすことがあります。この予防のため網膜に光凝固をおこない、不良な網...続きを読む

Q強度近視による眼底出血の治療法はないのでしょうか?

1年半ほど前に左目に眼底出血が起こり、病院で強度近視による眼底出血と診断されました。
先生には自然治癒しか治す方法はないと言われ何の薬も出ないまま半年後に自然治癒しました。
しかし治ってすぐ今度は右目に同じ症状がおき8ヵ月経った今も治っていません。この時も病院での診断は前回と同じものでした。(2つの病院にかかりました。)
なのに今日また左目にも起こり両目とも視界の真ん中がすっぽり見えない状態になってしまいとても困っています。
インターネットで検索するとレーザー治療や手術ができるようなことを見かけるのでもし治療法があるならすがりつきたい思いです。
それとも高血圧や糖尿病の合併症による眼底出血にしか当てはまらないのでしょうか?
どなたか詳しい方、同じような経験をされた方がみえましたらぜひお話を聞かせてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

レーザーは、病気を治すというより病気を焼き潰すものなのです。

糖尿病などは血管が弱って充分な血液を網膜に届けられないので、周辺の視力にあまり影響しない網膜を焼き殺すことによって酸素や栄養の需要を減らし、下がった供給に吊り合わせる、という理屈です。

黄斑部(視野の真ん中)の辺りの出血に対しても、場合によってはレーザーの適応があります。
例えば、出血点がはっきりしてる場合、そこにピンポイントでレーザー照射し、出血してる血管を焼き潰すことによって出血しなくすることが出来ます。
ただ、焼いた部分の網膜は死にますので、見えなくなります。
視野の真ん中が見えないのを治すために、視野の真ん中を潰してしまっては意味がないので、ホントのど真ん中にはレーザー出来ません。

納得し難い、受け容れ難いかもしれませんが、セカンドオピニオンを取っても、おそらく今の主治医と同様の結論になるのではないでしょうか。

Q眼底の点状出血というのはどんな危険があるのでしょうか

今日送られてきた人間ドックの結果を見ましたら、眼底検査の結果、点状出血があったので眼底フイルムを送るので、これをもって眼科受診をするようにとの書いてありました

ドックを受けて一ヶ月もたっているのですが、緊急性や危険度等考えられるものを教えていただけますでしょうか

明日にでも行くべきか、来週でも良いのか迷ってます

Aベストアンサー

 眼底の点状出血で、一番最初に考えられるのは「糖尿病性網膜症」です。これは病状がすすむと、失明につながりますので、早めの措置が必要です。
 もう一つは、「高血圧性網膜症」です。これは失明に至ることは少ないですが、高血圧に伴う他の合併症がないか検査を受けておいた方が良いと思います。
 「糖尿病性網膜症」の場合は取り返しのつかないことにもなりかねませんので、明日にでも病院へ行くようにして下さい。
 
 

Q眼底出血の治療費

昨年12月に右目の視力が一部欠けていることに気付き眼科に行ったところ、眼底出血をしていると診断されました。その際「レーザーを使っての治療をしなければならないが、レーザーは保険が利かないので4万円かかります。但し2度目以降のレーザー治療は費用がかかりません」と先生から説明され、レーザー治療を受けました。先日保険組合からかかった医療費の明細が届き、その中でその眼科に組合から16万円が支払われていることが分かりました。ということは保険が利いているということになるのではないですか?同じように眼底出血でレーザーを使って治療をされた方で、大まかで結構ですのでかかった(レーザーのみ)治療費と、保険が利いたか、利かなかったか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

かって私も同じ治療を東京と名古屋(転勤で)で受けました。

両病院で保険がきかないと言われたことはありません。

いくらかはもう記憶してませんが・・・。

話しの内容から見ると保険がきかないは変ですね。

Q硝子体手術後の見え方について

4月5日に糖尿性網膜症で、硝子体手術をしました。
術後2週間経ちますが、ほとんど視力が戻りません。
主治医の話では、ガスが抜けてくると徐々に見えてくると言われましたが、まだ見える気配がないです。
一般的に手術でガスを入れた場合、どの様にガスが抜けて、視力が戻ってくるのでしょうか??
教えてください。

Aベストアンサー

両目に同じ手術を受けました。

術後2週間でまだガスが抜けていないということは、六フッ化硫黄(SF6)ではなく八フッ化プロパン(C3F8)を入れたのでしょうか。とするとかなりしっかりと網膜を押さえつける必要があったのかもしれません。C3F8の場合は、自然に抜けるまで待つ場合もあるし、網膜からの出血が治まって状況が落ち着いたのが確認できたら水に置き換える処置をする場合もありますが余談です。

さて、硝子体手術を受けてガスを入れた場合、最初は気体100%ですが徐々に房水によって眼内が満たされ、同時に気体は血液などに吸収されていきます。
水は眼の底からたまっていきますが、網膜の見え方はご存じの通り上下左右が逆ですので、上の方から水の線が降りてくるように見えます。眼の中の水が60%から70%近くなったら、水の線がちょうど視界の半分くらいにくるイメージです。水が90%位になると、水の線はほぼ消えて、今度は気体の残りが黒い丸の形となって見えます。(泡のようなものです)黒い泡は徐々に小さくなり、数日で気づかないうちに消滅します。

さて、視力の戻りですが、これは症状によって様々です。
単に網膜剥離での手術の場合だと、満水になってガーゼを取り、退院許可が出る時点で結構クリアに見えることが多いです。
ただし、あなたや私のように網膜症で手術を受けた場合、少量ながらも新生血管からの出血が完全には止まっていないことが多いです。従って、満水になっても白く曇った感じで濁りがあることがままあり、その場合視界がクリアとはいかないこともあります。この時は出血が引いて濁った水が置き換わるにつれて徐々に視界はクリアになっていきますが、期間は数週間から1、2ヶ月程度と様々ですので一般的なことはいえません。

もう一つ、硝子体手術が必要なほどの網膜症なので、手術中にたくさんレーザーを打たれたと思います。これはさらなる悪化を防ぐためにどうしても必要な措置ですのでしょうがないのですが、術前と同じ視力が出るとはあまり期待しない方が良いです。また、術後の視力が安定するには数ヶ月から1年ほど見ておいた方が良いです(これは説明を受けたはずです)

今はうつぶせや横向きを指定されている時期だと思いますが、しっかり指示を守って気体を網膜に押し当てるようにがんばってください。

両目に同じ手術を受けました。

術後2週間でまだガスが抜けていないということは、六フッ化硫黄(SF6)ではなく八フッ化プロパン(C3F8)を入れたのでしょうか。とするとかなりしっかりと網膜を押さえつける必要があったのかもしれません。C3F8の場合は、自然に抜けるまで待つ場合もあるし、網膜からの出血が治まって状況が落ち着いたのが確認できたら水に置き換える処置をする場合もありますが余談です。

さて、硝子体手術を受けてガスを入れた場合、最初は気体100%ですが徐々に房水によって眼内が満たされ、同...続きを読む

Qレーザーによる眼科手術について

父(69歳)が網膜静脈分枝閉塞症の診断を受け、レーザーによる手術をすすめられています。現在のところ自覚症状は全く無く、視力の低下も認められておりません。本手術を受けたことでむしろ症状が悪化したりするリスクはどの程度あるのでしょうか? リスクとベネフィットのどう考えればよいのでしょうか?
ご存知の方ぜひお教えください。

Aベストアンサー

眼科医です。
下の方がおっしゃっていらっしゃるように、このレーザー光凝固術は視力を改善する為の治療ではなくて、合併症の予防が主な目的です。

このまま放置した場合、いずれ今ある眼底出血は吸収しては来るでしょう。
ただし、詰まった血管に栄養されていた網膜の一部は、無血管帯野となり、しだいに病的な新生血管を呼び起こすことがしばしばあります。
この新生血管は大変厄介なもので、いきなり大出血を起こし、ある朝起きたら、いきなり目の前真っ暗という”硝子体出血”を引き起こします。
その上、虹彩(茶目)にも入り込み、眼圧を上げる出血性緑内障、さらには増殖膜の発生による網膜はく離と、本当に失明に直結する合併症へと進みます。

このレーザー治療のなかった頃は入院で、網膜の裏側から直接冷凍凝固の手術をしていたそうです。
2週間以上の入院が必要だったのが、現在はレーザーの登場で痛くなく、日帰りで行われるようになりました。

デメリットは、これまで20年間施行して来ましたが、私の場合は特に問題ありませんでした。
方法は、点眼麻酔の後、角膜に3面鏡と呼ばれるコンタクトレンズを装着して、レーザーを打っていきます(スイッチを押すだけ)。
医者と患者がお互い座った状態で、向き合う姿勢で行われます。
BRVO(網膜静脈分枝閉塞症)なら、10分と掛からないでしょう。
60発くらいかな。

間違って、物を見る中心(黄斑)を焼いてしまうことなどが文献には出ていますが、まずありえない事故です。
起こしたら眼科医は、医療裁判で勝つ見込みはないです。

下のURL、日本眼科医会の『高血圧・糖尿病の眼底』をご参照ください。
私が外来で患者さんにお渡ししている小冊子と同じ内容です。
子の中に14.光凝固の欄があります。
ご参照ください。

お大事に・・・。

参考URL:http://www.gankaikai.or.jp/health/10/index.html

眼科医です。
下の方がおっしゃっていらっしゃるように、このレーザー光凝固術は視力を改善する為の治療ではなくて、合併症の予防が主な目的です。

このまま放置した場合、いずれ今ある眼底出血は吸収しては来るでしょう。
ただし、詰まった血管に栄養されていた網膜の一部は、無血管帯野となり、しだいに病的な新生血管を呼び起こすことがしばしばあります。
この新生血管は大変厄介なもので、いきなり大出血を起こし、ある朝起きたら、いきなり目の前真っ暗という”硝子体出血”を引き起こします。
その上...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング