半年くらい前に右目がよく見えなくなり、
眼科にいったところ、眼底出血だと言われました。
が、たいした治療をされたわけでもなく
眼圧を下げるという飲み薬を処方され、
しばらくたったら、出血がひき、眼はもとどおり
見えるようになりました。

しかし、結局、眼底出血の原因は、医者にきいても
「よく分からない」
と言われてなぜ眼底出血がおこったのかは分からないままです。

原因が分からないため、また起こるのではないかと不安ですが
一方で医者が勧める「造影剤を入れて写真をとる検査」
というのは、気がすすみません。
なぜかというと、造影剤の検査は、ネットで調べた結果
「医療事故」があったとのことなのです。

医者に聞けば、「造影剤」の検査をしなさいと言われるのは
分かりきっているのてすが。

症状がないなら、ほっておいてもいいですか?
それともやはり造影剤の検査をうけるべきでしょうか。
造影剤によるリスクというのはどの程度のものでしょうか。
よいアドバイスがありましたらお願いします。

ちなみに健康診断をうけたばかりですが
高血圧や糖尿病はありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

眼科医です。


原因不明の眼底出血というのは時々見られますが、基礎疾患があることが多いです。
この場合は、また繰り返すことがままありえます。

原因の検索と次の出血の予防のために、蛍光色素を静脈に注射しながら眼底写真を連続して撮影する『蛍光眼底造影検査』は、一般に良く行われている検査です。

確かにショック死の重大な副作用の報告はありますが、大変稀です。
以前10万件に一人くらいと言われてましたが、腎臓機能障害や特殊なアレルギー体質の方が報告されていますので、実施前には腎機能を調べたり、アレルギーテストをしていますので、最近はまず報告を聞きません。

私も眼科医になってもう20年経ちますが、その間もう何百人の患者さんにこの検査をしたか数えられないほどです。
たまに空腹時や、逆に食事した直後に検査に来られた為に、検査中に気分が悪くなり吐いてしまった患者さんを経験してますが、意識をなくすようなショックを起こした人は皆無です。

また検査後は、しばらく注射した蛍光色素が尿中に排泄する為に、尿の色が赤ッぽく見えたり、顔色が黄色ぽく見えたりすることは誰にでもありますが一過性で心配ありません。

では、これで何が判るかというと、私たち医師が見ることの出来る網膜の下にある、医師からは見ることの出来ない”脈絡膜”という網膜を栄養している大切な組織の血液の流れがわかるのです。
まだ網膜に現れていない病気や今後起こりうるだろう出血の予想、さらには必要に応じてレーザー光線で治療する光凝固術には欠かせない検査です。

でも現在特に視力に不自由していらっしゃらないのなら、今無理に受ける必要はないでしょう。
もし万一再び眼底出血を起こした時は、ぜひ心配せずに受けてくださいね。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

リスクについての大変詳しい説明、感激しています。
あまり説明もなくただ「大丈夫だから」とか
「事故なんてめったにないから」とか
言われても、現在、特に症状がないだけに、
どうしたらいいのか迷っていました。
ご説明で、迷いが晴れた気がします。
とりあえず当面は生活に支障はないので大丈夫なんですが、
また、何か症状があったらこの検査を受けてみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/05 10:51

回答は出ているようですが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「蛍光眼底血管撮影」
この中で特に「検査方法」「検査に伴う危険」「検査を行う理由」「異常値の意味」と関連リンク先を参考にしてください。
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(検眼鏡検査)

ご参考まで。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 10
この回答へのお礼

早速、ご紹介いただいたURL先、確認させていただきました。
大変分かりやすい説明があり、参考になります。
インターネットで、自分で調べてもなかなか、
ちゃんとした知識にヒットしないのが実状なので、
情報をいただけて大変助かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/05 10:58

眼底は、目を角膜側から覗いたときに見ることができます。


まず、網膜があり、視神経乳頭から血管がそのなかを網のように赤く見えます。その手前には、硝子体という透明な寒天状のものが眼球の腔を埋めています。
眼底出血とは、その、網膜から、硝子体までの出血を広く差します。

網膜の出血には、いろいろな原因があります。
代表的なのが、糖尿病や高血圧、老人性黄班変性症や高度近視の眼底、外傷も原因となります。貧血、白血病といった代謝血液疾患でも生じます。

蛍光眼底造影検査は、眼底の血管造影検査です。通常の眼底検査では発見が難しい、網膜の無血管野や新生血管などを調べることができます。
造影剤の検査での医療事故…眼底検査ででしょうか?
一般にいわれる造影剤検査との混同はないでしょうか?
リスクについては疑問点を眼科医師に相談くださればおそらく納得いただけるはずです。

網膜疾患の場合の蛍光眼底造影の有益性は、私のような部外者でも学生時代からうるさく言われておりましたので忘れることはありません。特に新生血管は、脆く、出血しやすいのです。無血管野には新生血管が入りやすい状況でもあります。レーザー凝固などを検討するのに、ほぼ必須と考えてよい検査ですよ。

以上専門外の医師からでした。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「けいこうがんていぞうえい」と言われても、「けいこう」が「蛍光」ということさえ分からずにいたので、
詳しい説明、本当に嬉しいです。ありがとうございました。
考えすぎなのかも知れませんが、リスクとかって、なかなか担当医には聞きにくいですね。
「君は私を疑っているのか!」って怒られそうで・・・(^^;)
そういう意味でもこういう場でご回答いただけてとても大変参考になりました。

お礼日時:2001/12/05 10:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q眼底出血の原因について

こんばんは、眼底出血についてで質問させていただきました。
血糖値も高いのですが、眼底出血は全くないといったような状況でした。
ここ、1,2ヶ月ほど目にあてて低周波治療器をかけても良いといわれるマッサージをしておりました。
眼底出血を起こしていた右目が未だに目の奥の方がいまだに瞬きをすると引っかかるような少し痛みを感じるような状態です。
それが原因で眼底出血が起こったと考えにくくはないでしょうか?
詳しい方がおられたらアドバイス願えたら幸いです。
宜しく御願いします。

Aベストアンサー

大学病院の眼科医です。

体重、身長のバランスは現在の数字でちょうど宜しい。
体重を減らし事を考えていると、筋肉量が減って逆に血糖値が下がらなくなってしまいます。
食事を考える事と運動に留意してください。

ヘモグロビンA1c と言う血糖値を表す数値はどれくらいでしょうか?
眼科の先生が眼底出血の事をどの様におっしゃっていますか?

Q眼底検査で左眼乳頭陥没の疑いが

先日、健康診断を行ったところ、
眼底検査の結果が『左眼乳頭陥没の疑いを認めます。
精密検査をお受け下さい。』とありました。

眼の病気も、今まで特に大きな病気もなく、
健康診断で引っかかったこともなく、
驚いています。

しいて言うならば、
お裁縫が趣味で、健康診断をした頃、
作品の作成の追われていて眼をよく使ったと言えばそうかもしれません。

ネットで調べたら、あまりピッタリと検索できなかったのですが、
緑内障と何か関係があるのでしょうか?
明日は日曜日、眼科に行けるのは月曜日なので、
どなたかお分かりになる方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

大学病院の眼科医です。

眼底検査で乳頭陥凹と診断されましたが、
緑内障の検査には、視野検査、眼圧検査それに今回の眼底検査をして
判定しますが、集団検査では視野検査は時間も掛かり一般的ではありませんし、
眼圧では正常値でも緑内障の可能性を残しています
それで最終診断ではこれら3つの結果で総合的に診断をします。
眼底検査でも写真画像の写りで正常か乳頭陥凹で異常かの見極めが出来ない場合があります。
それで少しでも疑わしい場合は再検査にまわしますから、
今回の様に判断される場合が多く殆どの場合、異常無しで心配ない事が大半です。

Q眼底出血の治療法

糖尿病の65歳になる父に眼底出血がおこりました。今、いつ失明するかビクビクしています。
 このままでは眼底出血→糖尿病網膜症→失明 の流れで悪化していくと認識しています。
 お医者さまは「様子を見ましょう」の一点張りではっきりした答えをくれないようで、本人が一人で焦っています。
眼底出血を防ぐ方法、食べ物や手術など、療法がありましたら、教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

糖尿病からの、発症ではないでしょうか。
 食べ物で薬草の「シマカンギク」が在りますので、これを食べて下さい、短期間で改善が出来ると思います。
 眼底の出血は、「日々草」で止まりますので、朝食時に2枚から4枚位食べて下さい、良い結果が出ます。
 一応、血糖値を測つて診て下さい。

Q眼底検査について

明日眼科に行くのですが
もし眼底検査を受けた場合には
どの程度まぶしさが残るのでしょうか?

Aベストアンサー

「眼底検査」をする為に「散瞳」と言って、薬で瞳孔を開いて、そして「眼底」を医師が診察し、場合によってはカメラで写真を撮ることもあります。

その「散瞳」の為の薬のせいで、元の瞳孔の状態に戻るまで2~5時間(人によって、かなり差があります)は「ものがぼやけて」見えます。
「まぶしい」という人もいますが、私は今迄何度も眼底検査を受けていますが「まぶしさ」を感じたことはありません。

ただ、間違いなく「視界はぼやける」ので、絶対に病院に自家用車では行かないで下さい。
危険です。
自転車もダメです。
徒歩、電車、バス、タクシーなどを利用して下さい。

薬の作用が切れてしまえば、又、何ともなく元の通りにものは見えます。
御心配は要りませんよ。


以上、私の経験も踏まえて書かせて頂きました。
何かのお役に立てれば幸いです。

Q強度近視による眼底出血の治療法はないのでしょうか?

1年半ほど前に左目に眼底出血が起こり、病院で強度近視による眼底出血と診断されました。
先生には自然治癒しか治す方法はないと言われ何の薬も出ないまま半年後に自然治癒しました。
しかし治ってすぐ今度は右目に同じ症状がおき8ヵ月経った今も治っていません。この時も病院での診断は前回と同じものでした。(2つの病院にかかりました。)
なのに今日また左目にも起こり両目とも視界の真ん中がすっぽり見えない状態になってしまいとても困っています。
インターネットで検索するとレーザー治療や手術ができるようなことを見かけるのでもし治療法があるならすがりつきたい思いです。
それとも高血圧や糖尿病の合併症による眼底出血にしか当てはまらないのでしょうか?
どなたか詳しい方、同じような経験をされた方がみえましたらぜひお話を聞かせてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

レーザーは、病気を治すというより病気を焼き潰すものなのです。

糖尿病などは血管が弱って充分な血液を網膜に届けられないので、周辺の視力にあまり影響しない網膜を焼き殺すことによって酸素や栄養の需要を減らし、下がった供給に吊り合わせる、という理屈です。

黄斑部(視野の真ん中)の辺りの出血に対しても、場合によってはレーザーの適応があります。
例えば、出血点がはっきりしてる場合、そこにピンポイントでレーザー照射し、出血してる血管を焼き潰すことによって出血しなくすることが出来ます。
ただ、焼いた部分の網膜は死にますので、見えなくなります。
視野の真ん中が見えないのを治すために、視野の真ん中を潰してしまっては意味がないので、ホントのど真ん中にはレーザー出来ません。

納得し難い、受け容れ難いかもしれませんが、セカンドオピニオンを取っても、おそらく今の主治医と同様の結論になるのではないでしょうか。

Q眼底出血について

僕の彼女(25歳)が、依存型糖尿病(IDDM)になって13年目ですが、最近眼科に行ったら眼底出血があると言われました。(半年前の検査には眼底出血は無し)
これから、ひどくならないようにするには血糖コントロール以外に具体的にどうすればいいでしょうか。
また、出血痕が消えることはありますか?
血管にいい?食べ物、栄養素は何かありますか?

Aベストアンサー

軽い低血糖発作は、インシュリン治療中の患者さんにはよくあることです。
いつも飴等を持ち歩くようにして、倒れそうになる前になめて調整します。
このくらいの低血糖は、そんなに気にしなくてもいいのですが、しょっちゅう意識をなくす寸前か、一人で立っていられなくなるほどの発作を起こすのは、眼科的にも網膜症の増悪因子なのです。

インシュリンの量にあった定期的な計算されたバランスの良いお食事を心がけて、過激な運動等で汗やエネルギーを使う時は、こまめに自分で血糖の状態を感じ取れるように慣らしていきます。

大リーグの有名な投手で一時日本の巨人にも在席したことのある選手もIDDMでしたが、立派にプロの選手としてやっていました。
何事もやって出来ないってことはないんですよ。
結婚はもちろん、出産も可能です。
もっとも医師の丁寧な管理が必要ですが・・・。

あなたのような暖かい、大きな愛に包まれていれば、大丈夫だと私は思いますよ。
二人三脚で頑張ってくださいね。
お大事に・・・。

Q眼底出血と手術

1月10日、テニス中に急にボールが見えにくくなり、翌日、街の眼科医にかかったところ、眼底出血との診断でした。そして、眼科医より、指示された薬を欠かさず服用し、酒そして大好きなテニスも全く止めて、治療に努めたのですが、左眼の視力は全く回復しません。2月に入り、その眼科医にお願いして大学病院を紹介してもらい、そこで検査をして貰ったのですが、眼底出血という診立ては同じで、先の街の眼科医で頂いた薬を、そのまま継続して飲んで様子を見ようという事でした。その大学病院の指示どおり、2週間後に再診して貰ったところ、血液は止まっているが、血痕が広がっているとの診立てで、早く直すには手術が良いと勧められました。来週火曜日に手術の決断をせねばなりません。
今まで59年間、入院した事、手術した事も全く無かった物ですから、眼の手術となると、手術中の痛さ、リスク等から、なかなか決断できません。麻酔するにしても、眼に注射するなんて、とても信じられません(全身麻酔の可能性は?)。このような事を含めて眼底出血の手術に関する情報をお教え下さい。
眼底出血の原因も眼科医がハッキリした事を言いません。この2月に別の病院で定期健康診断をしたのですが、その医師の話しでも血圧、糖尿等に異常はなく、眼底出血に繋がる内臓疾患はないとの事でした。一方では、昨年の12月中旬頃、テニスのボールを眼に当てた事があります。チョット痛かったのですが、医者に行く事もない程度で、その後はすっかり忘れていました。これも何か遠因になっているのでしょうか?又、昨年春、会社を設立し、年齢(59歳)の割にパソコンを操作する機会が非常に多くなりました。これも眼底出血と繋がるでしょうか?
手術の痛さはどの程度か?リスクはないか?私の場合の原因は何か等に関してお教え頂ければ幸いです。

1月10日、テニス中に急にボールが見えにくくなり、翌日、街の眼科医にかかったところ、眼底出血との診断でした。そして、眼科医より、指示された薬を欠かさず服用し、酒そして大好きなテニスも全く止めて、治療に努めたのですが、左眼の視力は全く回復しません。2月に入り、その眼科医にお願いして大学病院を紹介してもらい、そこで検査をして貰ったのですが、眼底出血という診立ては同じで、先の街の眼科医で頂いた薬を、そのまま継続して飲んで様子を見ようという事でした。その大学病院の指示どおり、2週間後に...続きを読む

Aベストアンサー

回答が遅くなりました。もう手術の決断はされたのでしょうか?
眼底出血の原因はおそらく何らかの血管の脆弱性によるものではないかと考えます。テニスボールの受傷や疲れの件は特に関係ないのではないでしょうか。
手術に関してですが、おそらく硝子体手術を受けられるのだと思いますが、痛みに関してはまったくといっていいほど心配要らないと思います。眼球に3箇所ほど小さな穴をあけてするものですが、麻酔も点眼だけですし・・・。手術中眠っておられる方もいらっしゃいますよ。本当はいきなり動かれる危険性がありやめていただきたいのですが・・・。
ただ手術を受けても視力が回復するかどうかはやってみないとわからないところがあります。主治医の先生に納得いくまでお話を聞いてください。もし不明な点がございましたらいつでもこちらでお答えいたします。

Q眼底出血

両目とも眼底出血になりました。右目はそんなにひどくないのですが
左目の出血が激しく、白目が全部真っ赤になってしまいました。
病院で検査した結果悪い病気などではないとの事だったのでよかったのですが
目をよく休める事、貧血気味なので栄養をよく摂る事、お酒を控える事などの
注意をうけ、点眼薬をもらっただけで済みました。
で、病院で聞き忘れてしまったのですが運動等はしばらく控えた方が
いいのでしょうか?激しい運動でなければ構わない、という場合は
どの程度の運動なら構わないのでしょうか?
詳しい知識をお持ちの方、教えて下さい。

Aベストアンサー

 外から見える白目が赤いという症状から、結膜下出血、あるいは結膜炎と考えます。
 眼底出血は、目の奥の網膜に出血しますから、外から観察することはできません。特殊な器械を用いて観察するしか見ることができません。
 結膜下出血は、よく起こるもので、何もしないで放置しても、1週間ほどたつと、徐々に血液が吸収されて、だんだんきれいになってきます。また、血圧が高いなどとの関連はありません。多くは物理的な刺激で起こるものです。
 結膜炎は、ウイルス、ときに細菌の感染症です。この場合は点眼薬の治療が有効です。他の人に感染させるので、タオル等を別にすることを勧めます。

Q眼底出血があったのですが。

半年くらい前に右目がよく見えなくなり、
眼科にいったところ、眼底出血だと言われました。
が、たいした治療をされたわけでもなく
眼圧を下げるという飲み薬を処方され、
しばらくたったら、出血がひき、眼はもとどおり
見えるようになりました。

しかし、結局、眼底出血の原因は、医者にきいても
「よく分からない」
と言われてなぜ眼底出血がおこったのかは分からないままです。

原因が分からないため、また起こるのではないかと不安ですが
一方で医者が勧める「造影剤を入れて写真をとる検査」
というのは、気がすすみません。
なぜかというと、造影剤の検査は、ネットで調べた結果
「医療事故」があったとのことなのです。

医者に聞けば、「造影剤」の検査をしなさいと言われるのは
分かりきっているのてすが。

症状がないなら、ほっておいてもいいですか?
それともやはり造影剤の検査をうけるべきでしょうか。
造影剤によるリスクというのはどの程度のものでしょうか。
よいアドバイスがありましたらお願いします。

ちなみに健康診断をうけたばかりですが
高血圧や糖尿病はありません。

半年くらい前に右目がよく見えなくなり、
眼科にいったところ、眼底出血だと言われました。
が、たいした治療をされたわけでもなく
眼圧を下げるという飲み薬を処方され、
しばらくたったら、出血がひき、眼はもとどおり
見えるようになりました。

しかし、結局、眼底出血の原因は、医者にきいても
「よく分からない」
と言われてなぜ眼底出血がおこったのかは分からないままです。

原因が分からないため、また起こるのではないかと不安ですが
一方で医者が勧める「造影剤を入れて写真をとる検査」
...続きを読む

Aベストアンサー

眼科医です。
原因不明の眼底出血というのは時々見られますが、基礎疾患があることが多いです。
この場合は、また繰り返すことがままありえます。

原因の検索と次の出血の予防のために、蛍光色素を静脈に注射しながら眼底写真を連続して撮影する『蛍光眼底造影検査』は、一般に良く行われている検査です。

確かにショック死の重大な副作用の報告はありますが、大変稀です。
以前10万件に一人くらいと言われてましたが、腎臓機能障害や特殊なアレルギー体質の方が報告されていますので、実施前には腎機能を調べたり、アレルギーテストをしていますので、最近はまず報告を聞きません。

私も眼科医になってもう20年経ちますが、その間もう何百人の患者さんにこの検査をしたか数えられないほどです。
たまに空腹時や、逆に食事した直後に検査に来られた為に、検査中に気分が悪くなり吐いてしまった患者さんを経験してますが、意識をなくすようなショックを起こした人は皆無です。

また検査後は、しばらく注射した蛍光色素が尿中に排泄する為に、尿の色が赤ッぽく見えたり、顔色が黄色ぽく見えたりすることは誰にでもありますが一過性で心配ありません。

では、これで何が判るかというと、私たち医師が見ることの出来る網膜の下にある、医師からは見ることの出来ない”脈絡膜”という網膜を栄養している大切な組織の血液の流れがわかるのです。
まだ網膜に現れていない病気や今後起こりうるだろう出血の予想、さらには必要に応じてレーザー光線で治療する光凝固術には欠かせない検査です。

でも現在特に視力に不自由していらっしゃらないのなら、今無理に受ける必要はないでしょう。
もし万一再び眼底出血を起こした時は、ぜひ心配せずに受けてくださいね。

眼科医です。
原因不明の眼底出血というのは時々見られますが、基礎疾患があることが多いです。
この場合は、また繰り返すことがままありえます。

原因の検索と次の出血の予防のために、蛍光色素を静脈に注射しながら眼底写真を連続して撮影する『蛍光眼底造影検査』は、一般に良く行われている検査です。

確かにショック死の重大な副作用の報告はありますが、大変稀です。
以前10万件に一人くらいと言われてましたが、腎臓機能障害や特殊なアレルギー体質の方が報告されていますので、実施前には腎機...続きを読む

Q眼底出血?

こんにちは。今回ご質問させていただきたいのは、目の症状と失明についてです。
94歳になる義祖母が、高齢の為か(もしくは何か別の理由か)よく分からないのですが、目の奥の血管が破裂して、最近目が見えにくくなってきています。
病院で見てもらったところ、手術や目薬などで対応できないという診断結果だったようです。(ちなみに、日本ではありません・・・)
すごく家族でショックを受けています。
実は、その義祖母(にこれからなる)が、私と彼の結婚を楽しみにしてくれていて、私たちもぜひ二人の結婚式を見てほしいと思っていますが、病院の先生からは「徐々に失明に近づいていくでしょう」と診断されてしまい、それでは早く結婚式を挙げなくては、その姿を見せてあげられないのではと二人であせり始めています。
詳しい病名は分からないのですが、眼底出血に似ているとのこと。
もちろん個人差があるとは思いますし、失明を免れることもあるとは思いますが(そして、もちろん、そうであってほしいのですが)、
でも、万が一と言うことを思うと、早く結婚をして式を見せてあげたいと思います。
そこで、今回の質問なのですが、
「徐々に失明に近づいていくでしょう」ということは、いったいどれくらいの時間をかけてそうなってしまう可能性があるのでしょうか。
そういう診断を受けた場合、たとえば半年後、平均的には、どういう状態であることが多いのでしょうか・・・。
漠然とした質問で申し訳ございません。
どうしても、不安で、こちらで質問を書かせていただきました。
どうぞよろしくお願いします。

こんにちは。今回ご質問させていただきたいのは、目の症状と失明についてです。
94歳になる義祖母が、高齢の為か(もしくは何か別の理由か)よく分からないのですが、目の奥の血管が破裂して、最近目が見えにくくなってきています。
病院で見てもらったところ、手術や目薬などで対応できないという診断結果だったようです。(ちなみに、日本ではありません・・・)
すごく家族でショックを受けています。
実は、その義祖母(にこれからなる)が、私と彼の結婚を楽しみにしてくれていて、私たちもぜひ二人の...続きを読む

Aベストアンサー

眼底出血の有無は眼科医が特殊なレンズと光源を使う事で見つける事が出来ます。
また、眼底付近での毛細血管の出血が原因で、硝子体がにごってしまったり、網膜の組織を壊疽させたりして見える範囲がせばまっていくこともあります。
糖尿病の有無などで、かなり進行範囲やスピードも変わってきますが、視野は徐々に欠損していき、たまたま視野の中央部分の網膜が壊れてしまうと、かなり見えづらい状態になります。

未来の事については、私は門外漢でもあり、ここでお話する事は出来ませんが、お医者さんが「徐々に」というのならば、多量の出血が起きない限りは、いきなり失明する可能性は低いと思います。
ただし、かなり高齢でいらっしゃるので、血管膜の強さはかなり期待できない状態にあるはずです。
血圧を高くしないことを心がけておいたほうが良いと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報