日本経済は ニッチもさっちも行かなくなっているようです。増税も無理、インフレ政策も無理、財政は破綻状態でも国債は発行し続けなくてはならない。
 となると、残された方法は 昭和21年に実際に実行され、そのときの法律がまだ残っている、新円切替・預金封鎖しかないと思います。
しかし、現在のように、インターネットバンキングや、クレジットカード、その他現金以外の取り引きが多い中で、この政索を実際に54年前のように実施することが可能でしょうか?[技術的に可能かどうかを教えていただきたく存じます]

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

やはり為替が変動相場である以上無理ではないでしょうか。


昭和21の時点では金本位制なので、言って見れば政府が自由に貨幣の価値を決められた訳です(それでもヤミ価格が横行したわけですが)。
現在は円の価値は海外通貨との相対で決まりますから、円が自由に流通できない状況を作ったりすればハイパーインフレになってしまうと思います。
具体的にどうなるかは予測しがたいですが、国内に外貨が流通してしまい、外資系を除く全産業が壊滅というどこかの最貧国のような状況になるのではないでしょうか。

どうしてもやるなら、昭和21年時のように固定相場制(ドル本位制ですかね)に戻して、資本・為替の移動に厳重な統制をかけて国内市場を海外市場と完全に切り離す施策が不可欠だと思います。たぶん”それが可能かどうか”がご質問の趣旨かと思います。
国内の銀行と証券市場まで押さえれば、ネット取引やカードも所詮は銀行口座が介在しますから軒並み機能停止するでしょう。だからお金の動きは案外止められるかもしれませんね。
ただ一方肝心の個人預金は回りまわって相当量が外銀の預金を含む在外資産となっていると思われるのですが、これが相手国政府によって凍結されるでしょうから、結局銀行は軒並み経営危機に陥って国債の償還どころではないかもしれませんね。
まぁ国債の帳尻がどうであれ、個人消費と輸出の両方にブレーキがかかって国内の産業はぐちゃぐちゃになるでしょうし、外貨の流出を押さえるためには貿易や海外渡航まで統制をかけざるを得ないでしょうし、それでも密輸や闇ドルが横行し治安まで悪化するという、それこそ昭和21年の状況が再現されるような気がします。

戦後の新円切り替えは、国全体がもはや失うものが無い状態でインフレと戦時中の債務を切り捨てる”新規巻きなおし”策であって、現在の日本で適用するのは相当無茶があるように思えます。増税の方がまだしもではないでしょうか。

yohsshiさん同様、これまた推論ですが(しかも素人の)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
少し、素人離れしたお答えに思わずうなずいてしまいました。よく理解できます。
まさか heichan は竹中平蔵さんではないでしょうね。

確かに、為替が変動していれば大変なことになりそうです。ちょっとおいそれと実行できる政策ではないですね。とすれば、どうすれば日本の経済はよくなるのでしょうか?増税のほうがましですか・・・、ますます答えがなくなります。

お礼日時:2001/12/05 17:32

アルゼンチンでは現在、御質問のケースのように預金封鎖が行われ、国債のモラトリアム(返済猶予)が行われようとしています。

同じようなことが日本でも可能かどうかということが御質問の真意ではないかと考え以下、回答させていただきます。

結論としては可能だと思います(立法作業は必要でしょうが)
銀行→個人の資金の流れのベースはおっしゃられるように規制することはできません。しかし、国が全ての債務の返却を行わないというスタンスを取った場合に銀行も支払い難に陥ります。結果的には、銀行自身が国と同じく全ての債務の返却を行わないということになると考えます。このように、国が結果的にモラトリアムの連鎖と言われることを発生させると思われます。
勿論、カードなどがあることから事が発生して速やかに、預金の回収を計ればある程度の預金を取り戻すことは可能になっているとは考えます。
(この手のことは夕方か夜に発表して翌朝から銀行もモラトリアムというような流れになると思われます)

以上、推論です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。しかし、
少し私の質問の仕方が悪く、真意が伝わっていないようですので、もう少し補足いたします。

モラトリアムというのは現在の通貨の流通を認めた上で、債権の償還を猶予するものだとおもいます。私の質問は、預金を封鎖し、預金の一部を政府の借金の額にあたる分だけカットする。現金を強制的に預金させるために、旧円は一定期間ご無効となり、新円に切り替える。という、S21年にとられた政策が、今でもできるかということです。
 インターネット取引等は、現金がなくてもできますし、証券市場も発達しています。預金(現金)を封鎖しても、これらを通じて、金が動けば(今では、抜け道が多すぎて)この政策が有効にならず、結局政府はこの政策をとることができないのでは?というのが私の質問の趣旨です。
 立法は昭和21年のものがそのまま残っているので、政府のやる気次第でいつでもできるはずです。

お礼日時:2001/12/05 13:55

一般に通貨切り替えはインフレ対策であって、デフレの現状でこれを行うメリットはないように思います。

具体的にどのようなシナリオをお考えなのでしょうか、結構興味があります。
詳しい趣旨が不明なままですが思いつくままに書くと、この手の政策は為替相場が固定されているのが前提になるように思われます。それと証券市場ですか。仮に国内のネット銀行やカード会社には統制をかけられても証券の流通自体を制限することは不可能でしょうね。国債・株券によらず証券は世界中に流通していますし、もし国債の流通や換金にまで制限をかければ実質的にデフォルトのようなものですから。
あくまで素人考えですが、こういう対外的に市場が開かれた現状でご質問のような政策を実行しても、円に代わって国内に外貨が流通してしまい、一方資本は国外に逃げて、結局ただ混乱とインフレを招いて終わりのような気がします。
(実行可能かと言えば、それは可能かも知れませんが)

この回答への補足

言葉が足らず申し訳ありませんでした。私が言いたかったのは、

政府が預金を封鎖した後、一定額を除いた残りの預金の何分の一かを、カットして国庫に収めさせるという政策しか残されていないのではないかということです。その後、新しい通貨に切り替えて新円のみ有効とする。(旧円を現金で蓄えさせないようにするため)そして、カットした預金と政府の債務を相殺する。デフレ、インフレに関係なく1400兆の金融資産の何分の一かをカットするだけで政府の債務を帳消しにできるというメリットがあります。これで将来のインフレを防ぐことができれば、預金をカットされた小金持ちの方にもメリットがあると思います。
 実際、昭和21年には行われた政策です。そのときは、あまり混乱が起きなかったようですが。いまだと、クレジットカードや、インターネット、等現金取引以外のものも多いので、昔と同じ政策が、技術的に可能かどうかお尋ねいたしたかったのです。

補足日時:2001/12/05 13:21
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昭和21年の預金封鎖のときはどのように

 近い将来 預金封鎖があるかもしれないという話を
たまに聞きます。
 昭和21年にも預金封鎖が行われたそうですが、
このときは、どのように切り抜けたのでしょうか?
もし 昭和21年の預金封鎖経験した方がいらっしゃったら
体験談をお聞かせください。

Aベストアンサー

体験者ではありませんが、お答えさせていただきます。
 
預金封鎖に襲われた庶民は仕事を休み近隣農村へ食料の買出しにでかけたが、インフレにより(現金買いが難しくなり)物々交換をした。

つまりは必要な物資を求め農村に出かけたり、闇市に行列を作ったりした。
 
この時代に強かった人はいわゆる「実物資産」をもっていた人たちなのです。

Q海峡封鎖について

そもそもが、何故、イランの方の国ってフォルムズ海峡封鎖を、やりたがるのですか?
参考文献でも良いです。良さそうな本有りますか?
Amazonでも売っていると思うし。
歴史的な件を知ってらっしゃる方。
結局は、石油・お金という事になると思うのですが。
日本も、関係ありですよね?

Aベストアンサー

世界の原油流通の生命線を人質にとって、自分の主張を通そうとするためです。 添付「物語 イランの歴史」でも参考にしてください。 ちなみに、ペルシャ語の発音は分かりませんが、英語表記は「Hormuz」ゆえ、カタカナで書く場合、フォルムズ海峡ではなく、「ホルムズ海峡」の方が正しいでしょう。 

Q国はハイパーインフレか預金封鎖を狙っているのですか?

このところの日銀の動きやマイナンバーの施行などからみて

国はハイパーインフレか預金封鎖を狙っているのですか?

そうやって国の借金を減らそうとしているとしか考えられません。

何か自分でできる対策があれば教えて下さい。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

いいえ。ハイパーインフレも預金封鎖も狙っていません。

だって、超インフレになりそうだったら、日銀は今持っている膨大な国債を売って、資金を回収できますから。むしろ、まだまだ、デフレが問題で、むしろ国債買取額を増やすのが良いと私は思います。

経済が良くなれば、税収が増え、国の借金は減ります。きわめて正攻法です。2013年はそれで国債発行額も減りました。

>何か自分でできる対策があれば教えて下さい。

ハイパーインフレに対してはゴールド、外貨でしょう。

Qグローバルニッチ企業

昨日の質問の回答から技術戦略についてはそれなりに見えてきましたが、その途中で「グローバルニッチ企業」というものが出てきました。ある企業が持つ一つの特化した技術を利用して活動するということらしいんですが、「グローバルニッチ企業」として名のある企業があれば教えてください。国は問いません。

Aベストアンサー

「グローバルニッチ」と言えば日東電工ではないでしょうか?自ら、「Global Niche Top」と謳ってますしね。日東電工といえば、以前、鈴木隆行選手が所属していた、ベルギーリーグのサーカークラブチーム「ゲンク」のスポンサーでしたね。

参考URL:http://www.nitto.co.jp/

Q預金封鎖、ハイパーインフレ

よく、日本経済は破綻寸前で今後預金封鎖やハイパーインフレが起こる可能性があるということを聞くのですが、具体的にはどういうことなのでしょう?
何故そのような経緯になるのでしょうか?
預金封鎖とは一体どういう事態なのでしょうか?
あまり経済に明るくないので、どなたかわかりやすく解説してください。。。

Aベストアンサー

今に始まった事ではないのですが、大変な時代です(^^)
ハイパーインフレは非常に解り易い回答があるので
その可能性や経緯と封鎖の絡みでおはなしを。

==ハイパーインフレの可能性は?==
ありますが、単純には選択できないのです。
現在のように莫大な借金約700兆円(実は正確に測りようがなく880兆円の債務超過≒国の資産額-負債額ともいわれ)で、しかも その内国債が約450兆円【シ団制度≒国内銀行による売れ行き(引き受け)援助があり、需要供給とはかかわりなく国債は発行を消化され続け、昭和50年の赤字国債発行の時から 国家税収の歳入よりも公債によるお金の調達額の方が大きいと言う状態が約30年も続いています】
の状況では、ハイパーインフレに導いたときに予測される事態
1.インフレ時は金利も大きく上昇し、インフレと借金の返済処理が同時にできなければ、自分の払う金利負担でまた借金(高金利で自分の首をまたまた絞める)
が増え、インフレを繰り返し・借金をまた借金で埋める
2.元来、国家歳入より歳出が大きい(家庭では支出が収入を上回る状態ですね)限り、誰かに借りなければならない状態は変わらないので、借りればその金利がインフレで高いのでますます赤字が増える構造のままになるのです。
だから、ハイパーインフレが簡単には起こせないし、起こしても根本(年単位の収支が赤字)が変わらなければ同じことの繰り返しなのです。

但し、収支が黒字になるめどがあればハイパーインフレが大胆な手術(国民の痛み)成功で、その後が健康な暮らし(徐々に国民経済や文化の再向上)へつながるかも知れません。

==収支が赤字のままなら!==
もう一度、莫大な国の借金を考えてみると、借りたお金はいつかは清算するしかないので、
支払方法は
・また借金で埋める(これは今の国債・公債状況)
・寄付してもらう(ありえないので、実際は無理やり国民の資産約1400兆円の一部のお金を取り上げる)
しか、短期的な解決は不可能でしょう。

==そこで預金封鎖は==
取り上げるは過激でしたが、この環境で大胆な政策(我々にとって悲しい決定)を決定した際に、とにかく不足しているのは資金ですから預金封鎖(預金凍結)により、お金の居所を捕まえておき、決めた対策にあてがう(たとえば、ハイパーインフレと通貨交換)のがやり易くなりますね。

==ある意味では==
現実には社会主義が成功しなかったように、今の資本主義が資源の最適な配分でなく・富は加速(金持ちはますます増えて)≒貧も加速(ますます貧しく)の側面が強調される仕組みにあるのです。
悲しい言い方でしたが、不当な利潤と行き過ぎた利己主義を、他人事として見過ごしてきた私たち大衆の意識や監視機能の不足にもあったのでしょうね。

==夢を捨てないで==
・人は愚かな面もあります(私も筆頭愚か者?ですが)が考えて行動できます。
・自分が楽しくありたい様にきっと皆も同じです。
・自分と子供たちと全員のために。
・物言わぬ大衆が個人主義による主張がたくさんいるに変わるのでなく
・自立と協調のある、物申せる集団に変わり
・残念ながら今は多数の忍耐とこれからの正しい視野を持つ努力で、日本人(または日本に暮らす)と言う逃げられない事実ならば、
maddy-kz23さんのように考える努力を惜しまぬようにすれば、少しの変化の総和が大きくなりますよね!

って思いたい私でした。
(とは言え何かと厳しいですねぇ今)
*御覧の方で、一部不正確な表記は解りやすく省略のためと言うこと、かつ私見と言うことでご容赦を(^^ゞ

今に始まった事ではないのですが、大変な時代です(^^)
ハイパーインフレは非常に解り易い回答があるので
その可能性や経緯と封鎖の絡みでおはなしを。

==ハイパーインフレの可能性は?==
ありますが、単純には選択できないのです。
現在のように莫大な借金約700兆円(実は正確に測りようがなく880兆円の債務超過≒国の資産額-負債額ともいわれ)で、しかも その内国債が約450兆円【シ団制度≒国内銀行による売れ行き(引き受け)援助があり、需要供給とはかかわりなく国債は発行を消化され続...続きを読む

Q国家破産と預金封鎖について

現在の日本の借金は、1000兆を超えていますが、
このままだと何時頃、国家破産と預金封鎖が行われるのでしょうか?

Aベストアンサー

「2008年問題 国債」で検索されたらどうでしょうか。

Q【ギリシャの銀行預金封鎖。あなたならどうする?】もし日本でも銀行預金封鎖が起こるという報道がなされた

【ギリシャの銀行預金封鎖。あなたならどうする?】もし日本でも銀行預金封鎖が起こるという報道がなされたらあなたは何をしますか?

テレビで長蛇の列を見て笑ってたら、翌日に銀行の預金封鎖が行われて、笑えなくなりました。

日本だとATMだと1日30万円でしたっけ?銀行窓口に長蛇の列が出来ているところで全額日本円で引き出してもデフォルトしたら円の価値は紙くずなので銀行から引き出せたとしても数日だけ人より買い物が出来るだけであとが預金封鎖を食らった人と同じになると思います。

かといって、預金額全部を米ドルに換金して引き出したいと言って銀行が応じるとは思えません。

銀行窓口で円預金を全額米ドルにして引き出したいと言って米ドルにして貰えるものなんでしょうか?

あなたならもし日本でデフォルトが起こるとギリシャ危機のような事態に陥ったらどうするか教えてください。

Aベストアンサー

今のギリシアなら引き出す通貨単位はユーロなので、引き出せるだけ出します。ユーロ脱退でドラクマに戻るにしても、それはユーロにとっての好条件で、より価値が上がるので。

仮に円であれば、円の強さのみに依存するので、外貨か金にします。もちろん、間に合えばですけど。
そういう状態であれば、窓口に並んでいる間に円の価値は目に見えて下がるでしょうから、窓口で提示されたレートに「ちょっと考えてから、また来ます」なんてことを言い、列に並びなおすという愚挙は避け(だって、更に下がりますから)、円を手放すでしょう。

Q預金封鎖について、

大前研一氏が「政府、日銀は2004年春に新札に切り替えるとし、預金封鎖のXデーは今年12月か今年度末の3月に設定される可能性が高いだろう、これにより預金が現在の8割に目減りする」とsapio 2003.6.25で書かれています。
まず、第一に、本当にこのようなことがおこるのでしょうか?
第二に 具体的にどのような対策(現在の銀行預金をどのようにするか?)をうてばもっともダメージをへらすことができるのでしょうか?

御意見をどうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あり得ない話、という点で#1さんと同意見です。
そういうデマを流す人が多いのは事実ですが、踊らせられてはいけないと思います。

#1の方のご紹介のHPを見ましたが、
>新札に切り替えても、新規需要は銀行のATMや自販機の改修に限られる。経済効果は数千億円規模にとどまるかもしれない。ところが、デノミであれば、コンピュータプログラムの改訂が必要になるため、1ケタ大きい経済効果が期待できる。

と述べて、銀行にムダな投資を強いるデノミを肯定しておきながら、次の段落では

>第三の疑問は、新札切り替えが銀行に大きな負担をかけるということだ。不良債権処理もままならぬほど弱体化した銀行になぜ財務省が新たな負担を課すのだろうか。

と続け、両方とも「政府の新札導入にはウラがある」という自説の根拠にしています。
この自己矛盾に気づかないんでしょうか。

新紙幣導入を機に「財産税」を課税するためには、1晩にせよ預金封鎖をして、「勘定を締める」必要が
あります。24時間流動している円の流れを止めるなんて非現実的です。
そもそも政府は、公的資金を注ぎ込んで銀行を保護しようとしているのに、確実に銀行を破綻させる
ような政策を実施するでしょうか?
国民の猛反発で、自民党政権は確実に崩壊するでしょうしね。消費税の値上げさえ、選挙が怖くて
できない政治家たちが、「自分は政治生命を失っても日本のためなら」と信じて実行するでしょうか?
(私は決して日本のためにはならないと思います。念のため。)

大前氏らの予言が仮に実現したとします。政府はそれを秘密裏には実行できません。金融機関の協力と
コンピュータ関係の準備が不可欠だからです。
で、その話が世間に伝わったら、国民はどうしますか?
みんないっせいに預金を解約して全額引き出し、金地金や外貨に換えますよね。円が暴落します。
銀行は手元資金が足りなくて払い出しができず、取り付け騒ぎになります。
世界第2の経済大国が金融パニックに陥れば、世界中に金融恐慌が広がるでしょう。

いくらなんでも、政府にそれがわからないとは思えません。

あり得ない話、という点で#1さんと同意見です。
そういうデマを流す人が多いのは事実ですが、踊らせられてはいけないと思います。

#1の方のご紹介のHPを見ましたが、
>新札に切り替えても、新規需要は銀行のATMや自販機の改修に限られる。経済効果は数千億円規模にとどまるかもしれない。ところが、デノミであれば、コンピュータプログラムの改訂が必要になるため、1ケタ大きい経済効果が期待できる。

と述べて、銀行にムダな投資を強いるデノミを肯定しておきながら、次の段落では

>第三...続きを読む

Q外貨投資の質問(預金封鎖)

外貨投資にドル、ユーロ、オーストラリアドル、ニュー
ジーランドドルが話題になりますが、なぜスイスフラン
が取り上げられないのでしょうか?

スイスは現在世界で一番安定安心でき信頼できる
国で上記の通貨よりスイスフラン投資の方が
安全だと思います。

日本が破綻して円安になた時にスイスフラン紙幣を
持っていれば投資額の10倍~30倍儲けることが
できると思います。

外貨預金は預金封鎖されると下ろせなくなるから
だめで、スイスフラン紙幣を自宅で保管すれば
預金封鎖されても大丈夫で、毎月の生活費を
スイスフラン紙幣から円に替えて生活できると
だと思うのですが、どうでしょうか?

スイスのプライベートバンク(日本支店は預金封鎖されるのでだめです)に預ける方法もありますが、外国語
がわからないし、日本の代理人の世話になるのも自分で管理できないので不安でだめです。

スイスフラン紙幣を自宅で保管するのが
ベストな方法だと思うのですが、どうでしょうか?


教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>外貨投資にドル、ユーロ、オーストラリアドル、ニュー
ジーランドドルが話題になりますが、なぜスイスフラン
が取り上げられないのでしょうか?

金利の絶対水準が低いからです。やはり金利が高くないと「投資」という話題にはなりにくいですね。
金利が低いということは、銀行も取れるサヤが少ないですから、宣伝もしないでしょう。
でも外貨預金は普通にできるはずです。


>スイスフラン紙幣を自宅で保管するのがベストな方法だと思うのですが、どうでしょうか?


キャッシュ保管は手数料が高すぎます。
いちばん安い米ドルでも、仲値に対して片道2.66%、お考えになっているスイスフランは5.45%、ちなみに豪ドル・ニュージーランドドルに至ってはほぼ12%です。
(11/15の東京三菱銀行レート)
しかし、「日本が破綻して円安になった時に」という場合に備え、片道5.45%、往復10.9%の手数料を払ってでも、その価値があるとお考えならばひとつの手段ではあります。
tuiteru7さんが恐れているシナリオの可能性と確実にかかる手数料とのトレードオフですね。


でも「スイスフラン紙幣を持っていれば投資額の10倍~30倍儲けることができる」状況であれば、ドルやユーロでも何倍にもなっていると思いますが。
また「儲ける」ことと「円安に備えて資産を保全する」ことは違うと思います。

>外貨投資にドル、ユーロ、オーストラリアドル、ニュー
ジーランドドルが話題になりますが、なぜスイスフラン
が取り上げられないのでしょうか?

金利の絶対水準が低いからです。やはり金利が高くないと「投資」という話題にはなりにくいですね。
金利が低いということは、銀行も取れるサヤが少ないですから、宣伝もしないでしょう。
でも外貨預金は普通にできるはずです。


>スイスフラン紙幣を自宅で保管するのがベストな方法だと思うのですが、どうでしょうか?


キャッシュ保管は手数料が高す...続きを読む

Qインフレターゲットについて

明日テストでこのインフレターゲットが出るんです。賛成意見と反対意見を各三千字以内ずつにまとめないといけないんです。急ぎですいませんがいいサイト、答えお願いします。

Aベストアンサー

 下記URLを、参照してください。

参考URL:http://www.math.tohoku.ac.jp/~kuroki/keijiban/b0035.html#b20011224094719


人気Q&Aランキング

おすすめ情報