はじめまして。
 少し前にふとしたことから、『閃光のハサウェイ』というガンダム系の小説を読みました。その中で主人公のハサウェイは「地球連邦政府を粛清するため」という大義で閣僚たちに対するテロ攻撃を仕掛けました。
 小説の中では主人公の視点に立って物語が進行していくので、主人公の主張が随所にちりばめられていて、主人公は最後に処刑されてしまいますが、その場面が悲しい場面になるような設定になっています。

 それを読んで、今回起きたテロについて考えてみました。ビンラディン氏の主張は、(テレビの演説などを聞いた感じでは『アメリカが憎い』の一言に尽きるような気がして、ちょっと幻滅気味ですが)大国による支配をどうにかしたいということなのではないでしょうか?
 国連では一カ国に一票ずつの投票権があるということで、平等だといいますが常任理事国の拒否権や、G8首脳会談のようにたった一握りの先進国によって世界の舵取りが行われている感じも受けます。
 これだけ巨大な組織を前にしたら、ビンラディン氏(?)をはじめとした、世界中にたくさんあると思われるとてつもなく小さいけれど、その一つ一つに自分の命がかかっているような声をどうやって世界に届けるようにできるのでしょうか?
 こんなことを言っている僕も、あの事件が起こるまでは、どれだけ必死にがんばってもその日その日を暮らすのが精一杯の人たちのことも真剣に考えませんでした。
 断っておきますが、無差別テロは絶対に反対です。亡くなられた方には心からお悔やみ申し上げます。ただ、毎日貧困が原因で死んでいくと思われるたくさんの子供たちはどうなのでしょうか?彼らに何の罪があるというのでしょうか?彼らもまた間接的に僕たちは自覚もないかもしれませんが、われわれ先進国に生きる人たちの無差別テロに合っているというのはいいすぎでしょうか?ご意見をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ご意見には一理も二理もあると思います。

同様の主張は、ベシャワル会の中村哲氏も講演会の中でされていましたし、先日行われた「平和のためのティーチ・イン」で東京外大講師の西谷修氏も言っておられました。
今では平和の象徴的存在である南アのネルソン・マンデラ氏も、長いこと「テロリスト」と呼ばれてきたんですよね。
テロというのは追いつめられた人間の最後の自己主張である、という意味では次の詩はいかがでしょうか。石川啄木の詩です(著作権消滅・念のため)。
ココアのひと匙 石川啄木

われは知る、テロリストの
かなしき心を-----
言葉とおこなひとを分かちがたき
ただひとつの心を、
奪われたる言葉のかはりに
おこなひをもて語らんとする心を、
われとわがからだを敵に擲げつくる心を-----
しかして、そは真面目にして熱心なる人の常に有つかなしみなり。

はてしなき議論の後の
冷めたるココアのひと匙を啜りて、
そのうすにがき舌触りに、
われは知る、テロリストの
かなしき、かなしき心を。

あとは、それが社会的に見ても確かに抑圧された、他にどうしようもない状況であるのかどうか、ということでしょう。
もう少し大きく見ると、平和と人権の為の武力行為は認められるか、という問題になります。
これについては先頃発売された「人道的介入」最上敏樹・岩波新書がとても刺激的でした。
NGO関係者ですが、テロの専門家ではないので一般人としておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

 ブッシュ大統領の「テロリストもテロをかくまう集団も犯罪者だ」という言葉は個人的には違和感を感じていたので、石川啄木の詩も素直に分かる気がします。

 『何が正しくて、何が間違っているのか』なんて所詮後から判断されることであるんだなぁ、とマンデラ氏の話を聞いて感じました。

 ただ、自分で質問しておきながら後から思い直してみたことは、『僕の言っていることは仮に正しいとしても、それがなんになるのだろう?』ということです。
 僕が言っているのは、ただ理想論を振り回しているだけで、「お前が貧困に苦しむ人のために何かやっているのか?」と尋ねられても何も言えないような気がします。
 
 理想を掲げるというのはいいことだと思います。それが、たくさんの人に信任してもらえるものであるならば、なおさらです。
 ただ、世の中というのは理想で回っているわけでなくて、現実で回っています。
 僕がやっていることは、現実に目を向けず理想を追い求めている現実逃避的なことなのかもしれません。
 
 頭の中で考えるよりも、行動を起こす段階に入ったのかな?と考え始めているこのごろです。

 ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/06 11:24

「貧困が原因で死んでいく子ども達は、先進国に生きる人たちの無差別テロに合っている」という論理の飛躍が見事です。


1.テロとは何か? 2.貧困で死んでいく人たちへの責任が、なぜ先進国にあるのか? 3.なぜ論理の飛躍をしてしまうのか、を考えてみることをお勧めします。
アラブ問題を考える場合、イギリスやアメリカの責任を云々できても、他の先進国の責任を問うのは難しいでしょう。特に遠く離れた日本はなおさらです。どうしても結びつけて語りたい、という人はテロリストと同じことをしていることに気が付かないのでしょうね……。原因と結果を考えずに、安易に責任転嫁する方法(多くは政治運動)を私は好みません。ただ、貧困を世界的な課題と考える上で、先進国(だけではありませんが)の協力を考えるのは賛成です。以上、意見でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

1.テロとは何か?
 字義的な定義はとにかに、僕は『旧体制を壊そうとして失敗した時、もしくは旧体制を壊しきれなかったときに、旧体制側が嘲笑を含めていう言葉』だと考えています。
 ご存知のように、歴史は勝者が作ります。言い換えれば、どんなテロ行為にしても勝利さえすれば『歴史的勝利』とテロが変わります。今回のテロにしても、ビンラディン氏側が勝利すれば、『先進国優位になっている現在の世界情勢を覆す歴史的な勝利』として、語り継がれるでしょう。

2.貧困で死んでいく人たちへの責任が、なぜ先進国にあるのか?
 ずばり『世界の構造が先進国に有利なようにできているから』です。
 中国やアメリカのように自分の国をどんどん開拓していって、経済が豊かになっていった国は別ですが、イギリスやフランスなどの欧州のたいていの国は植民地を搾取することで、その経済力を強めてきました。そして、その結果植民地には一次産品を無理やり生産させてきたことはご存知のとおりです。
 そして、その結果こうした植民地の国々では工業化が遅れました。もちろんASEANNのように工業化に成功した国々も知っていますが、それ以上にうまくいっていない国のほうが多いのも事実です。
 そして、現在にしても大国の発言のほうに重きをおかれていることからもそれはわかると思います。

 だいたい、どうしてテロや戦争がおこると思いますか?どうして発展途上国の治安はたいてい悪くて、先進国の治安はよいと思われますか?
 個人的には、人は経済が安定していればテロや戦争などの過激な行動にでるとは思えません。彼らの国を貧しくさせているのは誰のせいですか?彼らが一生懸命働いていないからでしょうか?そうではないと思います。

 ですから、僕が一番言いたいのは、常に繰り返されているであろう、小さいけれど必死に助けを求めている声をどうやって世界が耳を傾けるようにするかということで、それが行われなければ、無差別テロはとにかく、テロはこれからも起こるでしょうし、それを行うのは彼らをある意味で踏み台にしてきた先進国の義務ではないのかということです。

 ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/07 21:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜビンラディンらアルカイダは同時多発テロを起こしたのか?

このたび、中学の公民の模擬授業で紛争のことを扱うことになりました。
そこで、同時多発テロのことを取り上げようと思っているのですが、当時の新聞を読むと、アメリカが一方的な被害者なように書かれている気がして、どうしてもアメリカの肩を持つような授業になりかねません。それでは生徒に偏った価値観を押し付けてしまうことになります。

私は、きっとテロを起こしたアルカイダもそれなりの理由があってあのような大規模なテロを起こしたと思うのです。しかし、当時の新聞や本ではアルカイダ側の言い分がはっきりとはわかりません。
彼らはいったい何をしたくて同時多発テロを起こしたのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

この問題を単純化する事は、極めて危険な事です。
イスラムに起因する問題。
キリスト教諸国とイスラム諸国の対立。
アラブ諸国の富の偏在の問題。
パレスチナ問題。
発展途上国の貧困の問題。
米ソの冷戦の問題。
イラン・イラク戦争問題。
湾岸戦争問題。
アメリカの自己勝手な国際常識の運営。
反グローバリズム。
他のアルカイダ支持組織の事情。
東チモール問題。
フィリピンのモロ族追討作戦。
民族意識の高まり。
東アジア・東南アジア諸国の経済発展に遅れをとった事に関して。

などなど色々な問題がからんでいます。
現在の世界常識として、情報を制した側が必ず勝者となります。
事実よりも、メディアの支配をした側が必ず勝者となるため、当時の国際報道を握っていたアメリカを始めとする西欧諸国の価値観が優先されてしまったのです。
そのため、アラブ系のアルジャジーラが現在積極的に拡大活動を行い、情報戦に遅れまいとしています。

Qキチ害テロ と 反日テロ と 国際政治テロ   テロに対応できる憲法含む法改正は可能か?否か?

先日起きた19人を殺傷したキチ害テロを安倍総理は再犯防止を促したとの報道があったが、可能なんだろうか?そもそも靖国爆破の反日テロにしても、ISのような国際政治テロも未然に防ぐことは人員的にも予算的にも法律的・憲法的にも不可能なように思う。
ここで、クリア出来そうな問題点は、予算だが政治力で何とか出来そうに思うが、人員・法律・憲法が問題、人権派なる左巻きのクルクルパー(共産・民進・朝日・毎日・プロ市民)どもが、議論ズラシで100%反対するから無理!?…

国内の治安維持に自衛隊(人員)を使えない今の法規制(法律・憲法)
爆弾や小銃を持ってる相手に警察官が持ってる38口径で対応せよとは無理があるだろ。
しかも、警官が発砲したらしたで問題に取り上げる左巻きのクルクルパーども!
日本の左派リベラルは、日本人が殺されるのを待っているのか!?
また、靖国爆破の容疑者に懲役4年!?はぁ~!?トラップの第1弾が爆発し、第2弾目の釘入り殺害目的の爆弾が破裂しなかっただけで、十二分に殺害目的はあったはずだ!それも大人数!!
こんなに刑が軽ければ、また反日テロは起こるよきっと…

東京5輪が近づく中で、与党も野党も関係なく超党派であらゆるテロに対応策を考えて実行して頂きたいが、実現可能なんだろうか?
治安維持に尽力してもらう方々の生命を守る装備品の支給と重火器を持つ相手に対応できる自衛隊の投入は実現可能か?
国際テロと言っても過言でない北朝鮮による拉致を防げなかった今の憲法含む法規制だが今後、全てのテロに対応できる憲法含む法改正は可能か?否か?

先日起きた19人を殺傷したキチ害テロを安倍総理は再犯防止を促したとの報道があったが、可能なんだろうか?そもそも靖国爆破の反日テロにしても、ISのような国際政治テロも未然に防ぐことは人員的にも予算的にも法律的・憲法的にも不可能なように思う。
ここで、クリア出来そうな問題点は、予算だが政治力で何とか出来そうに思うが、人員・法律・憲法が問題、人権派なる左巻きのクルクルパー(共産・民進・朝日・毎日・プロ市民)どもが、議論ズラシで100%反対するから無理!?…

国内の治安維持に自衛隊(人員...続きを読む

Aベストアンサー

基地外活動家がいうには、
憲法に「戦争放棄」とさえ書いておけば戦争には巻き込まれないらしいので
「キチ害テロ放棄」「反日テロ放棄」「国際政治テロ放棄」
と憲法に書くだけで、あら不思議?すべて解決します

Qビンラディンやテロについて、子供に説明したいです

小学二年の娘との会話です。

娘:ビンラディンって、何?
私:人の名前。テログループの一番偉かった人。もう死んじゃったけどね。
娘:テロって何?
私:自分のしたいことを、関係ない人にまで暴力をふるって、無理やりやろうとしている人たちの事。
娘:じゃあ、ビンラディンは何がしたかったの?
私:イスラム過激派って言うのがあってね・・・。
娘:??????

ここで私が説明するのには限界が来ました。小二の娘にも分かるように説明するために、どうぞ力をお貸しください。難しい事を難しいまま説明するのは何とかなりますが、難しい事をやさしく説明するのって、なんと難しい事か。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

娘さんにこう話すといいと思います。

私たちは、どこに住んでいるか知っている?日本だよね。日本とかアメリカとかは「国」っていうの。
国の中は、偉い人がいて警察とか悪い人を取り待ってくれる人たちがいて、安全になっているのね。

ところが、国と国が喧嘩したときには、誰も止めてくれたり警察が「やめろ!」って言ってくれないの。だから、実はたくさんの国同士で喧嘩があるの。これを「紛争」とか「戦争」って呼んでいるの。

でも、戦争をするとその国のなかに住んでいる人が不幸になることもあるから、昔と違って今はいろんな国が集まって「やめなよ」って仲裁できるようになったのね。もちろん仲裁する人も戦争に出て行くわけだから、命がけだよね。

そしてその仲裁ができる国の中で一番力が強くて、誰でも言うことを聞くしなくなっちゃうのが、アメリカっていう国なの。
日本はアメリカととても仲良くしている国だけど、世界中にはアメリカが嫌いな国もたくさんあるのね。なんで嫌いかというと、考え方が合わないから、宗教が違う、っていうことでもあるんだけどね。

で、さっき言ったように本当の戦争と言うのは、世界中のみんなが「やめな」って止めるからなかなかできなくなってきたんだけど、どうしてもアメリカが気に入らない国や人たちが「何とかして、こまらせてやろう」って考えるのね。
それが「テロ」っていうの。

クラスにも意地悪な子がいて、靴を隠したり教科書を隠したりっていう、悪いことをする子がいないかな。でもそういう子って、すごく上手くやって「知らない。俺じゃない」って言い張るから、なかなか先生も叱れなかったりするでしょう。

テロって言うのは、そういうすごくずるい方法で困らせることなの、でも靴を隠す程度では「国」は困らないから、飛行機を落としたり建物を壊したりするの。そうすると、怪我をする人もでて、すごく困るのよ(国は、国民の安全を第一に考える責務がありますので、テロを防げないことは国の責任になります)

で、ビンラディンというひとは、そのテロの親分でアメリカのビルを壊した人だと言われているの。でも、絶対そうなのか、というとむずかしいのね。
悪いことする子と同じで「僕がやりました」とはいわないからね。

ポイント
・国と国の考え方の違いは戦争によってしか解決できない
・国同士の戦争は、比較的少なくなってきたため、不満分子は民族思想を過激化させる(日本の右翼も同じ、時々新聞沙汰になりますね)
・イスラム教はキリスト教と敵対しやすい
・不満分子にそれを煽って、自爆テロや国外テロを起こす組織が存在する
・国はテロを正式な戦争とは認めないので、かえって対策がしにくい(テロ組織を国と同等と認めると、イスラエル・パレスチナ問題などに「国家主権」正当性を与える)
・ビンラディンはテロ組織の指導者と言われており、その通りだが9.11に関係しているかはいまだに不明

を簡単に説明してみました。

娘さんにこう話すといいと思います。

私たちは、どこに住んでいるか知っている?日本だよね。日本とかアメリカとかは「国」っていうの。
国の中は、偉い人がいて警察とか悪い人を取り待ってくれる人たちがいて、安全になっているのね。

ところが、国と国が喧嘩したときには、誰も止めてくれたり警察が「やめろ!」って言ってくれないの。だから、実はたくさんの国同士で喧嘩があるの。これを「紛争」とか「戦争」って呼んでいるの。

でも、戦争をするとその国のなかに住んでいる人が不幸になることもあるから、...続きを読む

Qイスラム国(ISIL国)のテロは何が達成できたら終わるのでしょう。

イスラム国は、何が達成できたらテロをやめるのでしょうか

全世界の人がイスラム教に改宗することをめざしているのでしょうか
例えば、今、全世界の人がイスラム教に改宗すれば
納得するのでしょうか。

敵を攻撃するためのテロですが、何を達成する為の
敵への攻撃しているのでしょうか。

Aベストアンサー

最終目的は世界のイスラム化ですが、それは
建前でしょう。
いくらイスラム国でも狂人じゃないんですから。

遠い将来の目的は、第一次大戦前の、イスラム
全盛の状態に戻すことです。

直近の目的は、イスラム国樹立です。
もう樹立している、と言われそうですが、誰も
認めていないので不安定です。

世界に認められ、国連に加盟して、ようやく
一段落、ということになると思われます。

Qビンラディン?がテロをした理由とは

あの頃はまだ幼かったので 理由がよく分かりませんでした。

昔 テレビでおぼろげに聞いたんですが、アメリカがビンラディンを裏切ったから~ みたいなことを聞いたような気がするんですが・・・
何が発端でこのよう(イラク戦争?)になったのでしょうか?

アメリカの天然資源ほしさの圧力にキレたとか・・・

Aベストアンサー

そのに行くまでに、アメリカのベトナム戦争後も他の国や場所で戦争してます。
そしてソ連が無くなり戦争がしたい場所や国に民主国家の実現など言って他国の内政干渉をして来た。
その時、犯罪者だけで無く一般人(子供や老人とか)関係なく爆撃など大量に殺してきた。
そして、この名前サダム・フセイン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%B3

イラン・イラク戦争→湾岸戦争
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B9%BE%E5%B2%B8%E6%88%A6%E4%BA%89
この時、全世界で一部映像配信や空爆などしました。
その後に誤爆や関係ない施設など情報や相手の位置なども確認できる衛星も使っているが、
爆撃後の映像やどんな施設や一般の家の現状の報道で、誤爆??と疑問だらけでした。
関係も無い一般市民など多大な犠牲を出しながら「クエート制圧」
その後も市民の犠牲者と軍の犠牲者も出しつつ周辺制圧
これだけでもアメリカ主体の弾圧・抑制・宗教などされて行き、

9.11 が起こる
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%8C%E6%99%82%E5%A4%9A%E7%99%BA%E3%83%86%E3%83%AD

その主犯が 「ビンラディン」と発表
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%B3%EF%BC%9D%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3

そして イラク戦争に
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AF%E6%88%A6%E4%BA%89

湾岸戦争・イラク戦争でも多国籍軍が一時的に参加してますが、
その時、核を隠しているやテロをやっているから一時的参加して早期に解決!!
ですが、実際今も戦争やってます。
それに各国が疑問が出たり国のお金や資金を出してまで、こんな長期に出す事も問題が出て、
他の国の脱退が出ています。 日本じゃ給油に金額水増しなどです。

それで、なぜ?ビンラディン(イラク周辺か)
1.政治や治安など内政干渉 
2.30年以上の武力制圧
3.アメリカが世界1の武力社会(民主国家)
4.油田や天然資源が無くなる
5.アメリカ領土にされる
7.一般人などの虐殺
8.長年子供から植付いたアメリカの恐怖

たぶんこれ以上有ると思う、考えるとね。
テロもするだろうとか?

そのに行くまでに、アメリカのベトナム戦争後も他の国や場所で戦争してます。
そしてソ連が無くなり戦争がしたい場所や国に民主国家の実現など言って他国の内政干渉をして来た。
その時、犯罪者だけで無く一般人(子供や老人とか)関係なく爆撃など大量に殺してきた。
そして、この名前サダム・フセイン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%B3

イラン・イラク戦争→湾岸戦争
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B9%BE%...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報