最近温暖化について色々議論されていますが、いくつか知りたいことがあります。
 
(1)平均気温の概念

(2)平均気温の計算方法

(3)温暖化は本当に証明されているのか?  

自分自身環境について大変興味があり、地球のためにできることを探しています。
まずは根底から出発したいので参考URLなども載せていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ここからは、いくつか有る方法の一つであろうという


観点でお読みください。

まず、参考文献を列記しますが、お求めのURLでは十分
な物がありません。

【環境白書】
 http://www.env.go.jp/policy/hakusyo/
 国内に限ってですが、環境の基礎をデータを踏まえて
 経時的に見ることが出来ます。
【IPCC地球温暖化第二次レポート】
 IPCC[気候変動に関する政府間パネル]編、中央法規
  基礎的な動きが解ります。要約版は1900円弱で
  売っていると思います。
【地球サミット資料集】
 地球環境と大気汚染を考える全国市民会議
 06-941-3745
 NGOベースの資料で、一部には疑問点も感じますが
 全般的には納得性の高い資料です。
 【環境情報ガイド】
 http://www.eic.or.jp/eig/b00_0034.htm
 ここの文献等から色々調べても面白いでしょう。
 どの文献も、納得性を持っています。
 【概要を知るためのURL】
  http://mech.gifu-u.ac.jp/~wakailab/thermal/index …
  私から見て概略を(概ね)正しく評価できる
URLです。 但し、あくまで私と同じく技術屋が
  見た観点という事にはご注意。
 【地球温暖化にどのように対処すべきか
  -日本学術会議主催公開講演会における記録-】
  日学双書 28 平成11年4月発行,
  1,100円
  温暖化防止を経済面等からも解いています。


色々上げてみましたが、最後に書籍やHPを見られる上で
の注意点を老婆心ながら。

地球環境問題の解決策は、今や恐ろしくすそ野の広い
分野でして、環境に直接関連するであろうという工学
(気象、化学、物理学等)だけでなく、正しく知るには
経済学・社会学まで必要です。
で、これは非常に注意が必要なんですが、これを正しく
踏まえて読まないと、世に多い「ゆがんだセミプロ」と
いう穴に陥る事になります。
例えば、環境というグローバルな問題を基礎として、個
人の具体的活動(例えば節約でも良し、ここの様な掲示板
での発言でも良し)をする場合に、どうもトンチンカンな
方向に行く人が多いということが有りまして、それ故に
ある種の市民運動が(専門家や政治家から)無視されると
いう事に繋がっております。

また、専門家の文章を読むときにもご注意。
語尾等で騙されることが多いからです。
それ故に、論理的に説明している文章を読む、海外文献
については翻訳が良い物を読むという事が大切です。


雑ぱくに書きましたのでご理解していただけないかも
しれませんが、不足をお感じならその部分を詳説いたし
ますのでお申し付けください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。これから頑張っていきたいと思います。

お礼日時:2001/12/11 13:14

先ずは平均気温に関する部分から。



実測が可能な年代について、計算式自体は簡単で、定点
定時観測の結果を算術平均して求めます。
ここまでは恐らくご存じで、知りたいことは「基礎となる
データが正しいか検証したの?」という部分に関連した
所でしょうが、これは紙面では書ききれないほどの事で
して、気象学でも基礎分野というより、各国での気象
観測の歴史的背景という文献分野に入りますから、一度
ご自分で見られることをお勧めします。

で、「温暖化は本当に証明されているか?」の部分です。
これは議論がいくつもに分かれております。
ある学者は「証明されている」と言いますし、ごく一部の
学者は「将来の可能性としては否定できないが、現在まで
の部分は(定量的に)十分証明されたとまで言えない」と
いう立場です。
しかし、この意見の相違が重要とされていないのは、両者
とも将来の可能性については否定していない為で、この分
野の研究については、目的が「温暖化による破滅的な地球
環境(及び経済)の悪化防止」であるためです。


>自分自身環境について大変興味があり、地球のために
>できることを探しています。

と、これは素晴らしい姿勢と感服しました。
で、浅学ですが、この分野を専門とする人間として
勉強される上での方向性等を書かせていただきたいと
思いますが、これまた長くなりますので別発言で
書かせていただきます。
    • good
    • 0

まずは「レスター・R・ブラウン氏」の著書をお読みください。


参考URLに紹介しておきます。

>自分自身環境について大変興味があり、地球のためにできることを探しています。まずは根底から出発したいので・・・
大変喜ばしいことです。
是非応援したいと思います。
紹介した著書を読んでいただくことがまず手始めですが、問題に取り組む際の姿勢についてアドバイスしておきます。
「視野はグローバルに、行動はローカルに」です。
意味はだんだんとわかってくると思いますので、頭の片隅にでも入れておいてください。
過去の質問にも「環境」をキーワードにしたものがありますので参考になるでしょう。
この問題は人間の生命、人生のあり方をも問う、重要なものです。
じっくりと学習されて、問題解決の方策を見つけてください。
私の考え方は過去の良回答などを見ていただければ判断できると思います。影ながらご協力いたします。

参考URL:http://www.sakuhokusha.co.jp/chosha/chosha.htm#r …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2001/12/11 13:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ