凍結防止剤に使われている塩化カリウム、塩化カルシウムが河川に流出したとき、PHや塩素イオンの増加等の影響があると聞いたのですが、実際にこれらが、河川中の藻類などの生物にどのような影響があるのか、また、それはどの程度で影響がでるのかということをお聞きしたいのです。
本当に一般的なお話でかまいませんので、
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

先日の回答が不十分だったようで、新たな疑問を感じられ


たようで、誠に申し訳有りません。
そこで、少し補足を交えて書いてみます。

まず、全ての凍結防止剤(融雪剤)がpHを変動させる
訳でもありませんが、代表的なものですと、塩化カルシ
ウム系の物は水に解けるとpH8~10程度になります。
また、こいつが水中の炭酸ガスと反応したりしますと
カルシウムが炭酸カルシウムという形で沈殿する可能性
がありまして、そうなるとpHは酸性側に移行する可能性
があります。
ここまでは基礎の部分として非常に簡単に。

で、例えば珪藻などですとpHが5.6前後を境にして
繁殖性が非常に落ち、5.0前後ですと死滅が始まると
いう文献があります。
また、メダカなどですと、塩化カルシウム300-400ppmで
死滅したという実験結果(これは私がやったことで、
誤差が含まれている可能性があります。)もあります。

正確には、水中の栄養素等の濃度、酸素濃度等によって
も変化しますし、手元には十分な量のデータがありませ
んので、目的として居られる予測には不十分な可能性が
ありますから、参考となるURLを掲載しておきます。

参考URLは国立環境研究所(茨城県つくば市)でして
そちらの水環境質研究室および土壌環境研究室は、この
種の研究における権威といいますか、各種の協会の研究
を具体的に実施している場所でもあります。
また、国内外の文献についても相当量保有しております
から、一度問い合わせをされたらよろしいかと。
(敷居が高く感じられるかもしれませんが、理由等を
 明確に示せば、資料等を提供してくれるでしょう。
 ましてや、現在は法人改革のプレッシャーもあり
 ますしね。)

参考URL:http://www.nies.go.jp/index-j.html
    • good
    • 0

こんばんは


以前も融雪剤の質問をされていましたね。
何か文献を紹介しようと思っていたのですが、手元に無くて失礼しました。
さて、塩化カルシウムなどの融雪剤は河川に流出しても中性で、pHが下がることはありません。pHが下がるのは土壌です。
融雪剤が流出したとき、河川でのそれぞれの物質濃度がどれくらいになるのかは色々なケースがあり、一概には言えません。理想的には採水して分析してみるべきでしょう。分析が無理であれば、電気伝導度を測るだけである程度の推定は出来ます。
水産生物に与える水質についてはついては水産用水基準(以下のURL)が最も権威ある基準値です。参考にして下さい。一般的には殆ど影響は無いと思います。
以前北海道開発局の研究所のレポートで検討した文献を読んだことがあります。そちらもお調べのになってはどうですか。

参考URL:http://www.wafoo.gr.jp/ordinary/water/hou/water1 …

この回答への補足

ありがとうございます。
影響があるとすればPHぐらいだろうとは思っていたのですが、それすらないとすると、融雪剤は水質に影響がないものと考えてよいのでしょうか?
早速文献を取り寄せてみたいと思います。
ありがとうございました。

補足日時:2001/12/06 09:54
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「pH.KHとカルシウム」

さらには文献検索された方が早いのではないでしょうか・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/mc/minatomachi/phkhandca. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございました

お礼日時:2001/12/06 09:52

では、間単に一般レベルで・・・



塩化・・は水に溶けると
中学でも使った塩酸になります。
人間に塩酸をかけるとどうなるかご存知と思いますので、
あとはイメージができると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/06 09:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチオ硫酸カリウムは塩素中和に用いることができるか?

 ライフ>ペット>その他ペットで質問したのですが、回答が得られなかったので、このカテで改めて質問させていただきます。

 水道水を熱帯魚及び水草の飼育水槽の換水に用いる際、水道水を塩素中和するためにチオ硫酸ナトリウム(各社塩素中和剤の原料も同じ:Na2S2O3)が使われていますが、チオ硫酸カリウム(K2S2O3)を用いても中和できるのではないかと考えています。
 この考えは、チオ硫酸ナトリウムよりもチオ硫酸カリウムを用いた方が、反応により生成された硫酸カリが水草の養分になり、余計な無機塩(Na+)の蓄積が少なくなると考えたことによるものです。
 つきましては、
 1:塩素中和にチオ硫酸カリウムを用いてチオ硫酸ナトリウムと同様の即中和反応が得られるものなのか、
 2:生成された反応物は魚体・植物(過剰なカリ分として)に影響がないかご存じ・推察できましたらご教示くださいますようお願いします。

Aベストアンサー

>水道水を塩素中和
 化学のトピではないのですが、化学的には、この反応は酸化還元反応です。中和反応ではないので、中和という表現は、厳密には不適当です。といって、適当な単語もないのですが、人なら中和ではなく、解毒でしょうか。

> 1:塩素中和にチオ硫酸カリウムを用いてチオ硫酸ナトリウムと同様の即中和反応が得られるものなのか、

塩素は、殺菌剤としていれられています。それは、塩素の反応性が高い、すなわち、反応性しやすいので、瞬間的、と考えてよろしいかと。

>2:生成された反応物は魚体・植物(過剰なカリ分として)に影響がないかご存じ・推察できましたらご教示くださいますようお願いします。

 水道水中の塩素濃度は、1ppmと定められています。すなわち、100万分の1以下です。1リットルだと、1mg以下、ということになります。
 化学反応式を調べる木にならないのでずか、必要なチオ硫酸に含まれるカリウムのレベルも100万分の1でしょう。ですから、水草の栄養の補給になるようなレベルではないでしょう。

 それより、塩素を消去する必要があるのかどうか。その熱帯魚は、塩素にそれほど弱いのですか????
 それほど弱いのなら、チオ硫酸ナトリウムも危ない感じがします。活性炭など浄水した方が現実的では。

>水道水を塩素中和
 化学のトピではないのですが、化学的には、この反応は酸化還元反応です。中和反応ではないので、中和という表現は、厳密には不適当です。といって、適当な単語もないのですが、人なら中和ではなく、解毒でしょうか。

> 1:塩素中和にチオ硫酸カリウムを用いてチオ硫酸ナトリウムと同様の即中和反応が得られるものなのか、

塩素は、殺菌剤としていれられています。それは、塩素の反応性が高い、すなわち、反応性しやすいので、瞬間的、と考えてよろしいかと。

>2:生成された反応...続きを読む

Q質問させていただきます。 河川の生態系における富栄養化の影響についての

質問させていただきます。 河川の生態系における富栄養化の影響についての論文を読んでいるのですが、「nutrient input」「variables」「nutrient output」などの単語は、どのように訳すのが適当でしょうか?参考にさせていただきたいので、ご回答の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前後の文にもよると思いますが、下記のような和訳になるでしょうか。

nutrient input:(どこかの地域・水域への)栄養塩の流入・投入(量)
nutrient output:(どこかの地域・水域からの)栄養塩の流出・排出(量)
variables:変数

Q残留塩素と塩素イオンについて

水の水質調査の実験で塩化物イオンの定量を行い、比較のためにか水道水などと水質基準と比較しようと思ったのですが、どこの水質も残留塩素と記されており塩素イオンの含有量は、掲載されていませんでした。

そこで残留塩素と塩素イオンの違いを教えてください。
また換算方法などありましたら教えてください
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

残留塩素と塩化物イオンは性質が異なる物です

ここに書いてありますよ

参考URL:http://www.meisui.com/files/contaminants.htm#塩素

Qオキシダントの増加による影響について、

気温の上昇に伴いオキシダントの濃度が高くなると聞きました。そのメカニズムを教えてください。
また、オキシダントと光化学スモッグの関係についても教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

こんにちは。
専門家ではないので詳しいことは説明できませんが、用語集レベルで記述します。
>光化学スモッグ
NOX、HCおよび紫外線によるフォトケミカル反応※で、オゾンを主成分としたオキシダントとよばれる強酸物質ができ、これが光化学スモッグの原因といわれています。
フォトケミカル反応でできるスモッグが「光化学スモッグ」とよばれています。
※フォトケミカル(光化学)反応:紫外線を吸収して進行する反応。
私で分かるのはこの程度で、気温との因果関係やメカニズムについては分かりません。

蛇足ですが、光化学オキシダント(OX)には、「環境基準」が設けられており(1時間値が0.06ppm以下)、1時間値が0.12ppm以上であり、かつ気象条件からその状態が継続すると認められると、「注意報」が発令されます。
環境基準の達成率は低く、平成13年度の注意報等発令延日数は193件のようです(H14°環境白書より)。

Q藻類からのバイオ燃料

最近ではトウモロコシやサトウキビ以外にも新たなバイオ燃料として藻類を原料にしたものが研究されています。ところで、藻類から、どうやって燃料を作るのですか?詳しい過程が知りたいです。
どなたか詳しい方、教えて下さい。また、参考になるサイトがあれば、教えて下さい。

Aベストアンサー

N0.4です。
済みません。一部考え違いをしていました。訂正させてください。(アセアセ)
海藻からのエタノール製造はリグノセルロースからではなく、アルギン酸から細菌によって製造するものです。
つまり、ホンダワラなどの大型の藻類からアルギン酸を抽出し、これに特殊な細菌を使ってバイオエタノールにするものです。なお、ボトリオコッカスのような微細藻類からはバイオディーゼルが作られます。
アルギン酸を使ってエタノールを作る方法の参考サイトを載せておきます。済みません。

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110428_1.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報