技術評価申請って具体的にどんなことですか?特許・実案の申請時に必要なものですか?よかったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

技術評価書は実用新案のみに存在するものです。


現行の実用新案は無審査登録となっており、出願時に所定の方式を満たしていれば、技術的内容に関する審査を行わずに登録されます。
しかし、その無審査登録された実用新案権を基に権利行使を行う場合には、予め技術評価書を特許庁から発行してもらう必要があります。その手続きが技術評価書の申請です。
これは、実質的には技術的内容についての審査を受けることを意味し、無審査登録された実用新案権が権利として実質的に有効か、否かを含めて評価されたものが技術評価書です。
特許の場合、審査を受けて特許査定となったものだけが登録されますので、このような制度はありません。

この回答への補足

とてもわかりやすいご回答有難うございます。素人では調べる事自体が難しかったので、とっても助かりました。もう少し補足の質問があります。例えば、実用新案登録済みだけど技術評価申請を受けていない商品Aと実質的な機能が似たような商品Bがあったとして、商品Aの販売元などが商品Bを売るなと言うことはできますか?技術評価申請をしていれば言えるとかあるのですか?お忙しいところ申し訳ございませんが、ご回答頂ければ幸いです!宜しくお願いします。

補足日時:2000/12/11 18:04
    • good
    • 0

 補足です。



 参考URLは特許庁のページなのですが、その中の「制度紹介」に
「よくある質問」というコーナーがあります。
 そこに
「Q.実用新案の設定の登録を受けたが、その権利を行使する場合に注意
しなければならないことは?」
という質問があり、そこには次のように書かれています。(抜粋)

>  実用新案技術評価書には、その考案の新規性や進歩性などについて
> 評価されていますので、評価書に記載されている事項等をご自分でよ
> く吟味して権利を行使するように注意していかなければなりません。
>  自らの権利の有効性について、十分に吟味せずに権利を行使し、又
> はその警告をした後に、行使した自己の実用新案権が無効となった場
> 合には、権利者は相手方に与えた損害を賠償する責任が生じます
> (実用新案法第29条の3)ので、権利の濫用には十分に注意しなけ
> ればなりません。

 このように、権利行使をした後に実用新案権が無効となった場合、逆に
「損害を賠償する責任」が生じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が大変遅くなって申し訳ありません。物を作るって本当に難しいですね。ホームページよく読んでおきます。有難うございました。

お礼日時:2001/04/14 10:38

> 例えば、実用新案登録済みだけど技術評価申請を受けていない商品Aと


> 実質的な機能が似たような商品Bがあったとして、商品Aの販売元などが
> 商品Bを売るなと言うことはできますか?

 実用新案権の行使にあたっては実用新案技術評価書の提示が義務づけられています。(実用新案法第29条の2)
したがって、「売るな」ということはできません。

 商品Aと実質的な機能が似た商品Bとありますが、そもそもこの比較は間違っています。
 実用新案法により保護されるのは、「実用新案請求の範囲に記載された考案」であり、商品Bが実用新案の請求の範囲に記載の考案の技術的範囲に属している場合に権利を行使することができます。

> 技術評価申請をしていれば言えるとかあるのですか?

 技術評価書の申請をし、技術評価書を「提示」すれば言うことはできます。
 ただし登録性がない(新規性、進歩性等を有していない)とされた技術評価書を提示して権利行使するは難しいと思います。
 この場合も、商品Bが実用新案の請求の範囲に記載の考案の技術的範囲に属している場合に権利を行使することができます。

 資料が手元にないので適切な回答ができませんでしたが、だいたいこんな感じかと思います。

参考URL:http://www.jpo.go.jp/indexj.htm
    • good
    • 0

技術評価書を提示して警告してからでないと権利行使できませんよ。


つまり、売るなと言うのは勝手ですが権利者として認められている権利を行使できない。(損害賠償や差止め)
しかも、売るなと言う事が権利として認められていない人が言うと逆手を取られると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAi技術の発展で人間は勉強する必要がないと思いました。つまりこれからは資本主義をやめ共産主義に移行す

Ai技術の発展で人間は勉強する必要がないと思いました。つまりこれからは資本主義をやめ共産主義に移行すべきだと思いますがいかがでしょうか?

Aベストアンサー

AIが支配者・為政者になる共産主義がよいなら、勉強しないでもいいでしょう。すべての人間は平等にAIの管理の元で平和に幸せに平等に暮らすのです。

私は嫌だな。

だから勉強はもっと必要になります。もっとも「暗記」は重要ではなくなります。暗記ものはAIが答えてくれるでしょうから、それよりも世の中を洞察し判断力を身に着け、創造的な価値を生み出す能力を身に着けるために勉強が必要になりますよ。

Q上司に却下された特許案を、個人で特許申請して売っていいか?

会社で業務として開発をしていましたが、そこで提案した特許になりそうな案を上司に”特許に出来るはずがない”とさんざん貶されて却下されました。

すでにその会社を退職後ですが、業務の中で提案して会社に拒絶された案を個人で特許として申請して他社に売る場合、提案を拒絶した会社に訴えられた時に負ける可能性はありますか?
提案は却下されましたが、資料は前記会社に残っている可能性があります。

その案を申請しても特許として認められない可能性についての回答は不要です。

できれば知的財産権に詳しい弁護士さんか、弁理士さんの回答が欲しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ミスミス特許登録されない国益の損害か?

業務のなかで開発したものなので、
帰属は会社になります。
ただ、法改正の影響が
時期によりありますので注意です。

Q工事担任者事件 AI・DD総合種の受験について

本日解禁の回答発表で自己採点した結果
AI第1種合格しました!

そこで総合種を目指したいと思っているのですが
総合種を取得するには

(1)総合種の試験に合格する
(2)AI第1種、DD第1種を取得し申請する

この2通りの方法があると考えていいのでしょうか?
(ちなみにAI1種の技術法規、DD1種の技術法規があれば総合種の技術法規を免除できるのですか?)


この2通りの方法だとすれば、それぞれのメリット・デメリット等々あれば教えて頂きたいです。
一般的にはどちらが多いのでしょうか。


ちなみに技術はAI、DDそれぞれ内容が違うのは分かりますが、基礎・法規はAI、DDで内容に違いはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

DD第一種に合格して、総合種の資格者証を取得することが一般的だと思います。
メリットはDD第一種の範囲に学習を集中出来るということになると思います。

ちょっといやらしい方法になりますが、お金と時間があればこんなことも可能です。

総合種とDD第一種は試験時間が重ならないので同じ試験日に両方とも受験できます。
学習はもちろんDD第一種の範囲だけします。
AIを合格してから間隔が空かない受験になりそうなのでAIの知識も残っていると思いますので。

これですとどちらかが合格すれば総合種が取得できますし、両方不合格でも科目合格の組み合わせで総合種が取得できる場合もあるため
総合種取得の確率が上がることになります。

http://www.shiken.dekyo.or.jp/charge/exam/manual.html#p19

>(ちなみにAI1種の技術法規、DD1種の技術法規があれば総合種の技術法規を免除できるのですか?)

この問いは上の参考Webサイトを見てください。
免除になるという回答になると思います。

今回はどちらを受験する場合でも基礎は免除になりますので、技術と法規の受験になります。

実際に私がやったんですけどね。(そのときは両方とも試験は合格しました)

DD第一種に合格して、総合種の資格者証を取得することが一般的だと思います。
メリットはDD第一種の範囲に学習を集中出来るということになると思います。

ちょっといやらしい方法になりますが、お金と時間があればこんなことも可能です。

総合種とDD第一種は試験時間が重ならないので同じ試験日に両方とも受験できます。
学習はもちろんDD第一種の範囲だけします。
AIを合格してから間隔が空かない受験になりそうなのでAIの知識も残っていると思いますので。

これですとどちらかが合格すれば総合種が取得できま...続きを読む

Aベストアンサー

> あたしがじぶんでやったら、漫画になってしまうと思います。(笑)
> それでも大丈夫でしょうか?

それで大丈夫です。特許図面は、アートではないので、発明の説明に必要なことが伝われば十分です。
みてくれが良いかどうかなんて特許図面としてよいかどうかには無関係です。
もし最終的に誰かに清書してもらう(例えば、弁理士さんなんと打ち合わせしているうちに絵を清書させましょう、ってなることはあるかも)
としても、絶対に元絵は発明者本人が描いたほうがいいですよ。
結局の所、他人には発明者の頭の中身はわかりませんから、いくら専門家と言えども発明者の本当の意図通りの絵は絶対に描けません。

特許というのは、クレームで明確に言及されているもの以外にも、
発明者本人がきちんと認識していなかったor重要だと思っていなかった(当然だと思っていた等)の隠れた発明がひそんでいて、
実はそっちのほうが重要だった、なんてことはよくあるんですが、
この場合でも明細書や図面にその隠れた発明が表現されていれば、後から分割出願して権利を主張できます。
で、図面には、文の10倍くらいの情報がつまっています。
また、文は書いた人が書いた時点で重要だと思っている部分しか書かれないのにたいして、図には頭の中で当然視している事柄も含めて図示されますから、
基本的には、発明の本質は図面に表れることになります。

> あたしがじぶんでやったら、漫画になってしまうと思います。(笑)
> それでも大丈夫でしょうか?

それで大丈夫です。特許図面は、アートではないので、発明の説明に必要なことが伝われば十分です。
みてくれが良いかどうかなんて特許図面としてよいかどうかには無関係です。
もし最終的に誰かに清書してもらう(例えば、弁理士さんなんと打ち合わせしているうちに絵を清書させましょう、ってなることはあるかも)
としても、絶対に元絵は発明者本人が描いたほうがいいですよ。
結局の所、他人には発明者の頭の...続きを読む

Qなぜ最近急にAIが話題なのですか?

Googleとか、音声認識とか、ブラウザのCOOKIEとか、AI的なことは昔からあったと思うのですが、
どうして最近急にAIが流行してるのでしょうか?

AIにかんして、なんかの革新的な技術が発見された?あるいは発達した?のでしょうか?


よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>>どうして最近急にAIが流行
多分囲碁・将棋ソフトがAIを駆使していてプロを負かす位に発達して来たからだと思います。

昔のAIはif then else型のプロジェクションとか、フレームワークで構成されていて、大した事は無く廃れました。

今はもう少し発想を変えた「ディープラーニング(特徴表現学習)」の研究結果・過程を応用したものになっています。

但し、今も、人間の脳との決定的な機構差が以下に表れています。
人:情報量を多く蓄える程、アウトプットまでの処理時間は短くなる
AI:情報量を多く蓄える程、アウトプットまでの処理時間が長くなる

未だ未だ、決定的な機構の違いがある証拠です。

Q実案から特許出願への変更

実用新案から特許出願への変更について、
実用新案が共同所有の場合、共有者全員での変更出願しないといけないのでしょうか。

実用新案出願から特許出願への変更は特許法14条に記載があるようですが。(特許の変更 と記載されているのが気になりますが)
また、特許法9条には実用新案から特許出願への変更が不利益行為に入っているのですが14条には記載がありません。

Aベストアンサー

実用新案登録出願から特許出願への変更(特許法46条1項)については、実用新案法第2条の5において特許法14条の規定が手続きに準用する旨が記載されていることと、及び特許法14条に列挙された不利益行為として特許出願の変更(実用新案登録出願と読み替える)が挙げられていることから共有者全員で手続きを行う必要があると解されます。

なお、蛇足かもしれませんが、同じく特許法14条に不利益行為として列挙されていない実用新案登録に基づく特許出願(特許法46条の2)についても特許出願に変わりないので共有者全員で出願をする必要があります(特許法38条)。
実用新案登録に基づく特許出願が14条に列挙されていない理由は、14条の冒頭に「二人以上が共同で手続きをしたときは、」とあることから、最初の手続きである「特許出願」が入るのはおかしいからです。

QAIを作る事は何故難しいんですか?

AIを作る事は何故難しいんですか?

AIはタイムマシンに並ぶ程の究極の発明の一つですよね。
もし人間並みのAIが出来れば、研究をAIに任せて恐ろしい速さで科学技術が進歩すると考えられるからです。
タイムマシンの作り方さえAIが教えてくれるかも知れません。

ゴキブリ並みの知能をもったAIを作ってもノーベル賞もらえるらしいですね。

宇宙の創生や、ガンの治療法等いろいろな議論がされてますが、知能をもったAIの作り方に関しては検討も付いていないイメージがあります

Aベストアンサー

現在のコンピュータは、記号化された情報を、プログラムした規則に従って高速で演算するものです。
この半世紀の間で演算速度もメモリ量も飛躍的に拡大しましたが、この基本的原理は今も変わっていません。
情報が記号化されてさえいれば、猛烈な速さで計算することは出来ますが、問題はその「記号化」です。

> AIを作る事は何故難しいんですか?
現実の様々な膨大な(しかもほとんどが無駄・無関係な)情報の中から、必要な情報だけを選び出して意味を持つ概念・記号に変換することが、現在のコンピュータにはとてつもなく難しいからです。

例えば大勢の人間が写った映像情報の中から特定の人間を記号として選び出すことを考えて見ます。
人間なら幼児であっても大勢の中から親の顔を見分け「ママー!」と意味を持った概念に結びつけることが、無意識にいとも簡単に出来てしまいます。
しかしこれをコンピュータに行わせようとすると、ビットパターンの画像情報の中から必要な情報だけを抽出し判定して「特定の人物」という記号に変換する作業には、非常に複雑で難しい演算が必要になります(しかも完全には出来ていません)。

同じようなことは、例えば不完全な言葉から意味を推察する場合などをはじめ、人間がごく普通に行っている殆どの活動について言えます。

人間がどうやって脳内で必要な情報を抽出・整理して知的活動をしているのか、そのメカニズムは未だ殆ど解明されていませんが、たぶんコンピュータの演算方法とは全く異なったやり方で行われている事だけは間違いないでしょう。

そのメカニズムが解明されれば、コンピュータでその真似をさせることで、AIは一気に実用化され発展することでしょう。
その意味でタイムマシンとは比較にならないくらい、実現可能性は高いと思いますよ。

なお未だにAIそのものは実現していませんが、人工知能研究の過程で「エキスパート・システム」など、限定された分野ではありますが一部実用化はしています。

お薦めの入門書:
「ロボットにつけるクスリ---誤解だらけのコンピュータ・サイエンス」星野 力、アスキー出版局(2000年) ISBN4-7561-3312-6

現在のコンピュータは、記号化された情報を、プログラムした規則に従って高速で演算するものです。
この半世紀の間で演算速度もメモリ量も飛躍的に拡大しましたが、この基本的原理は今も変わっていません。
情報が記号化されてさえいれば、猛烈な速さで計算することは出来ますが、問題はその「記号化」です。

> AIを作る事は何故難しいんですか?
現実の様々な膨大な(しかもほとんどが無駄・無関係な)情報の中から、必要な情報だけを選び出して意味を持つ概念・記号に変換することが、現在のコンピュータにはと...続きを読む

Q特許事務とは具体的にどんな仕事?

教えてください。特許事務とは、具体的にどのような仕事のことを言いますか?
現在、企業の知的財産部の法務グループで一般事務をしていますが、同部の特許グループの仕事も、データインプットのみ手伝っています。わずかに特許の世界に触れているだけですが、この世界に魅力を感じており、特許事務所か企業の特許部へ転職したいのですが、大概が特許事務の経験要とあります。特許事務とは具体的にどのような、どこまでの仕事を指すか、知りたいのです。私がやっている程度の仕事は特許事務の経験とは呼べませんか?また私は英検1級は取得済みですが、英語の能力プラス知財の知識(独学で勉強中です。)だけでは特許事務員になることは無理でしょうか?(派遣でもなんでも構いません。)どうかどなたかご教示ください。

Aベストアンサー

「企業」が求める人材と、「特許事務所」が求める人材は、少し異なります。
企業の場合
1.自社の特許出願関連のマネージメント
2.特許調査や鑑定:自社の製品が第三者の特許を侵害しないかを調査・鑑定すること
3.特許のライセンス交渉

ogatonさんは、英語力があるので、アメリカなどの外国特許出願の仕事や、外国特許の調査、外国企業とのライセンス交渉などで活躍できそうですね。

特許事務所の場合、特許出願関係の仕事がメインとなります。
海外出願の翻訳や、海外の特許事務所との応答などのお仕事になるでしょう。

QAIは人類を滅亡させませんか?

既に囲碁とかの世界では人類を超えていますし、時期に数学の世界で人類を超えるのではないでしょうか?人類には解けない命題を一瞬で解いてしまうとか・・・
そのうちにAIが新技術を開発するようになるでしょう。その時、人類はその技術を理解できるのでしょうか?危険を含んでいたとしても予測できるでしょうか?AIにインプットするデーターがほんの少し間違っていただけで地球滅亡・・・というのを回避できるのでしょうか?AIが悪意を持つことはないのでしょうか?人間がなぜ悪意を持つのか人間は理解しているのでしょうか?人間が悪意を持つ以上、人間と同じように思考するに至ったAIも悪意を持って人類を滅ぼすのではないでしょうか?

Aベストアンサー

その可能性は高いですね。 ホーキング博士他世界の著名人も同じ心配をしています。 一方、心配する必要はないという人もいるようですが。

http://www.huffingtonpost.jp/2014/12/03/stephen-hawking-ai-spell-the-end-_n_6266236.html

Q特許事務所に勤務している方(主に弁理士、特許技術者)、相談に乗ってください

私は現在修士課程の学生で、一つの選択肢として弁理士を考えています。そこでみなさんに私の考え方の賛否、またなぜそう思うかについてお聞きしたいと思っています。
具体的に弁理士を目指そうと思う理由です。

私が弁理士を目指す理由

1.一つの分野(機械、化学等)にとらわれることなく幅広く仕事をすることができるから。
 私は、ものづくりそれ自体にあまり興味はありません。しかし、ものづくりを通して何かを知る(最新の技術動向等)ことには興味があります。

2.法律に興味があり、特に英語に対する学習意欲は高いと思っている。また、生涯を通じて勉強することは大変だと思うが、苦にはならないと思う。
 弁理士として働くには語学力、特に英語は必須だと聞きました。また常に最新の法改正等にも対応する必要があるため、勉強し続けることは重要で、自分はそれができると思っています。

3.勤務地が固定されている。
 私は家庭の事情で、実家に近い範囲で就職することを希望しています。ちなみに、今すぐそうする必要はなく、できれば30歳頃にはそのような就職をしたいと考えています。これは特許事務所に就職したいと思う決め手でもあります。

よろしくお願いします。

私は現在修士課程の学生で、一つの選択肢として弁理士を考えています。そこでみなさんに私の考え方の賛否、またなぜそう思うかについてお聞きしたいと思っています。
具体的に弁理士を目指そうと思う理由です。

私が弁理士を目指す理由

1.一つの分野(機械、化学等)にとらわれることなく幅広く仕事をすることができるから。
 私は、ものづくりそれ自体にあまり興味はありません。しかし、ものづくりを通して何かを知る(最新の技術動向等)ことには興味があります。

2.法律に興味があり、特に英...続きを読む

Aベストアンサー

向上心と覚悟は完璧です。
そこまで理解されているならば、弁理士を目指すのにふさわしい見識をお持ちだと思います。
また、事務所に勤めるのならば、実家から通勤可能範囲の特許事務所に勤務地をほぼ固定できます。

あえて言わせて頂くならば、想像と現実は違うということです。
私自身、弁理士試験の勉強を始めて1年であきらめた人を数多く見ていますし、10年以上勉強している人も何人か知っています。
決して楽な試験ではありませので、弁理士だけを目標にして人生を棒に振らないようにしてください。
まだ学生さんということですので、まずは試験勉強を始めてみて、それから決めるのでも遅くはないと思います。

なお、個人的には、数年間企業で経験を積むのも良いと思いますが、それはmanami0926さんの好きになさればいいと思います。

参考URL:http://dotcom.versus.jp/all/,http://benrishikoza.web.fc2.com/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報