ここ10年以内に親戚の家で見たファンタジー映画か、ドラマです。多分ビデオでみたような・・・。
覚えてる内容は、

主人公が、指輪物語のドワーフくらいの身長、そういう種族?の青年。魔法使いの弟子?
近代的な建物は登場しない。木でつくられた原始的な建物がでてきたような・・・。

だれかの使いで主人公が、鳥を助けにいく。
鳥が、青年に向かって、「○○がこんな未熟者をよこした!」みたいに文句をいう。
この場面しか覚えてないのですが、主人公はだれかの弟子なのかな?と思いました。

これだけですが、よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

こんにちは。



ルーカスの『ウィロー』かな?

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000B84 …

違ってたらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

これです!!画像みたら思い出しました。
あのルーカス製作総指揮でしたか~。さっそく借りてきます。

ありがとうございました!!

お礼日時:2005/11/26 00:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画「エネミーライン」の後半部分で主人公クリスとセルビアの青年が2人し

映画「エネミーライン」の後半部分で主人公クリスとセルビアの青年が2人して逃げて行く時にバックで流れる曲名とミュージシャンを知っている方おられましたら教えて欲しいと思います。どなたか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ずいぶんと前に見たっきりなのではっきりわかりませんが、下記に使用された既成曲のリスト(全部掲載されている訳じゃないと思いますが)があるので見てみてください。

http://www.imdb.com/title/tt0159273/soundtrack

もしもインスト曲だと入手は困難です。サントラは作曲者のプロモーション盤が作られましたが、けっきょく市販のCDとして商品化はされませんでしたので。

Qドワーフとか賢者とかミスリルの服とか・・

前から不思議だったんですけど、ドワーフとかエルフとかホビットとかゴラムとか賢者とかミスリルの服とか他にも色々な独特な名前が映画とかゲームでよく出てきますよね。

ロードオブザリングとかあんな感じの映画によく出てくるし、色んなゲームにも出てきます。

ああいうのって最初どこから出てきたんですか?
誰かが最初に作ったのをみんなが真似して出したりしてるのですか?
元が知りたいです。

Aベストアンサー

ゲームやファンタジー映画、小説などに出てくるものについては、多くが「ロード・オブ・ザ・リング」の原作のトールキン著「指輪物語」の影響だと考えていいと思います。
ドワーフやエルフなどは、欧州の神話や伝説などに古くから出てきますが、神話や伝説に出てくるエルフは、どちらかというと小さな妖精(フェアリー)のようなもので、ゲームや映画などに出てくる「とんがり耳のエルフ」というのは、トールキンが独自に考え出したエルフが大元だと考えて間違いないと思います。
ドワーフについても基本的にトールキンが「ホビットの冒険」や「指輪物語」で描いたドワーフが継承されていると思いますが、このドワーフについては、トールキン自身「ホビットの冒険」の中で「白雪姫」に出てくるドワーフと同種族だというようなことを書いていますので、こちらは大元は欧州の神話や伝説に由来すると考えていいかもしれません。
ホビットについては、他の方も書いているように、トールキンが独自に考え出した種族です。ちなみにトールキン自身はホビットの語源にRabbitが関係しているというのは否定していたようですが。
ゴラムというのがトールキン作品以外に出てくるというのは知りませんでしたが、ゴラムもトールキンが独自に考え出したキャラクターのはずですので、もし他で出てくるのであれば間違いなくトールキンが大元だと言っていいと思います。
賢者という言葉自体は色々な起源がありますが、ゲームに出てくる「賢者」というのはやはり「指輪物語」に出てくる賢者=魔法使いが大元になっていると思います。ただ、賢者と魔法使いを区別するようなことはトールキンの作品ではありませんでしたが。
ミスリルも、トールキンが独自に考え出した金属だったと思いますので、これも大元はトールキンの「指輪物語」や「ホビットの冒険」なはずです。

他の方も書いてらっしゃいますが、そもそも異世界ファンタジーというジャンルが生まれたのは、「指輪物語」がベストセラーになり(特にアメリカで)その模倣作品が作られるようになったことから始まっています。今ゲームや映画などで普遍的に知られている世界観は、ほとんどがトールキンの「指輪物語」に由来しているものと考えていいと思います。
現在では「指輪物語」から直接影響を受けないで異世界ファンタジーを作る人たちも多いようですが、そういう人たちが影響を受けた作品の大元をたどれば、最後には「指輪物語」に行き着くはずです。

ゲームやファンタジー映画、小説などに出てくるものについては、多くが「ロード・オブ・ザ・リング」の原作のトールキン著「指輪物語」の影響だと考えていいと思います。
ドワーフやエルフなどは、欧州の神話や伝説などに古くから出てきますが、神話や伝説に出てくるエルフは、どちらかというと小さな妖精(フェアリー)のようなもので、ゲームや映画などに出てくる「とんがり耳のエルフ」というのは、トールキンが独自に考え出したエルフが大元だと考えて間違いないと思います。
ドワーフについても基本的にトー...続きを読む

Qブラウン管テレビの頭部をした原始人が出た映画のタイトル

映画のタイトルを教えて頂きたく質問を致します。

何十年前かのテレビで3分程度しか観ていないので今となってはそんな映画が本当にあったのか自分自身でも半信半疑なのですが。

それは外国の映画である。多分アメリカ製。テレビ映画か映画なのかはっきりしない。
それは20年前か30年前に観た。その時点でも映像のニオイに古くささは感じていました。
映像のニオイとしては「猿の惑星」(チャールトンヘストンの方)が近いイメージです。
それは異世界冒険ものだった。荒涼とした岩山にどこまでも広い空、と言う光景に取り残される主人公(達?)。
最も強烈に憶えているのは頭がブラウン管型テレビで、身体はステロタイプな原始人と言う異様な集団が登場した事。
棍棒を構え警戒をしつつ威嚇を掛けてくるその集団の「絵」は異世界にまぎれ込んでしまったと言うインパクト十分なシーンでした。

以上たったこれだけの記憶で申し訳ないのですが、もしこの作品のタイトルが分かる方がいらっしゃれば教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

これじゃあないですよね?

アイダホ・ポテト・ライブ
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/104009397

Q魔法使いの弟子という映画が上映中ですが、

魔法使いの弟子という映画が上映中ですが、
ディズニーらしさはどのあたりにありますか?
ディズニーの新キャラクターなのでしょうか。
どなたか詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

 「ファンタジア」という70年まえのアニメを観たことがありますか?
これはクラシックの名曲をディズニーが解釈してアニメ化しているものです。

 どのような曲が使われたかというと

1:「トッカータとフーガ ニ短調」(9:22) - J.S.バッハ
2:組曲「くるみ割り人形」 - チャイコフスキー(13:30)
3:「魔法使いの弟子」 - デュカス(9:17)
4:「春の祭典」- ストラヴィンスキー(22:28)
5:「田園交響曲」 - ベートーヴェン(22:00)
6:「時の踊り」 - ポンキエッリ(12:13)
7:「はげ山の一夜」 - ムソルグスキー(7:25)
8:「アヴェ・マリア」 - シューベルト(6:27)

 この中の3曲目「魔法使いの弟子」が、いわばこの映画の原点なんですね。
ミッキーが魔法使いの弟子となり、いろいろ修行していくうちに、ほうきとバケツ、雑巾に魔法をかけて掃除をさせるんですが・・・

 今公開中の「魔法使いの弟子」にもこのオリジナルにオマージュを捧げた場面が出てきます。

 お話自体はオリジナルです。どの世代でも楽しめるファミリー映画ってことが一番のディズニーらしさだと思いますよ。

 「ファンタジア」という70年まえのアニメを観たことがありますか?
これはクラシックの名曲をディズニーが解釈してアニメ化しているものです。

 どのような曲が使われたかというと

1:「トッカータとフーガ ニ短調」(9:22) - J.S.バッハ
2:組曲「くるみ割り人形」 - チャイコフスキー(13:30)
3:「魔法使いの弟子」 - デュカス(9:17)
4:「春の祭典」- ストラヴィンスキー(22:28)
5:「田園交響曲」 - ベートーヴェン(22:00)
6:「時の踊り」 - ポンキエッリ(12:13)
7:「はげ山の一夜」 -...続きを読む

Q黒人青年と元小説家の交流

質問タイトルのような内容の映画、ご存知の方いらっしゃいますか?
一週間ほど前の深夜にNHK衛星第1(?)で放送されていました。
今日友人に薦めようと思ったのですが、タイトルがわからずに断念しました↓↓

また、二人が出会った経緯についても教えていただけたら嬉しいです。
私が観始めたのは、主人公の青年がBMWの社史について語っているシーンからだったので。。

Aベストアンサー

ショーン・コネリー主演の「小説家に出会ったら」ですね。あらすじは、ニューヨーク、ブロンクスに住む貧しい16才の黒人少年は、バスケットの才能と希にみる文才を持っていた。町の青空バスケットコートの横にある5階建てのアパートには、もう20年来殺人を犯したとも噂される謎の人物がいた。少年は好奇心からその部屋に入りこみ、彼と出会う。もちろんこの時は不法侵入であるから逃げて帰ったのであるが、忘れたバッグの中にノート5冊分の作文が入っていて…とまあこんな感じです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報