こんにちは
実は親しい友人(30代女)が実父死亡に伴う遺産相続でもう1年ほど悩んでおります。私は事あるごとに相談に乗っていたのですが、先月一応の決着を見た後も問題に悩まされているようなので、どなたか詳しい方にお知恵を借りたいと思います。
彼女は二人姉妹の次女なのですが、亡父の妻は後妻さん、亡父が会社経営者だった為、跡取りとして亡父の弟を養子としており、つまり相続人は長女、次女、義母、義兄(彼女にとっては叔父)と言う複雑な状況です。只でさえ複雑なのに、葬式のどさくさに紛れてか義母が「相続の件は私に・・・」と、擦り寄ってきた亡父が経営していた会社の顧問税理士に依頼してしまったのです。直接の依頼者が義母で、自分が顧問をしている会社の新社長が義兄、残るは世間知らずの女二人。どう思います?冒頭で決着したというのは「それはだめ!」「こうするしかないんだから!」と押しきられた結果です。そして先日報酬の支払いを兼ねて納得出来ない事に判り易く説明して欲しいと税理士に求めた所、「金も払わないクセに何を言ってる。あんたとはもう話す事はない!」と、電話を切られ、以降取り次いで貰えないそうです。違法かどうかはともかく、人間性の問題と思います。この税理士に彼女に謝罪と納得いくまで説明させる良い方法はないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

何で、税理士とトラブルしているか良くわからないのですが


通常、相続には、遺産分割協議書を作ります。との時に自分が相続する土地・建物
有価証券・現金預金等が記載されているとおもいますが、当然目を通して、印鑑を押したのだと思うのですが、その相続財産についてトラブルになっているのですか?それとも、計算根拠等を教えてもらいたくてトラブルに・・・・
相続税の申告書のコピー等をもらっていると思うので、納得が出来ないなら法廷で争うしかないと思います。
まさか、白紙の委任状に印鑑を押したり、印鑑を渡したりしていないでしょ?
税理士が申告の業務等をする場合には、委任状が必ず必要です。もし印鑑を勝手に使って税理士が申告したなら、その辺から話を持っていってみたらいかがですか?
相続の申告がどうしてもなっとくいかないなら、申告の取り下げだってできない訳ではないですよ。
出来ればトラブルの内容や娘さんの何で悩んでいるのか教えてくれれば、ちょっとは力になれると思いますが・・・・同じ税務の仕事をしている人間として
    • good
    • 0

何ともひどい税理士ですね。



一度、税理士会に相談されたらいかがでしょうか。

税理士会の所在地は、参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nichizeiren.or.jp/03map/map.asp
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続のためのいい税理士さんのさがし方

相続税のため税理士に頼もうといい税理士をさがしています。どうやってさがすのがいいのでしょうか?さいたま市付近でいい税理士さんいないでしょうか?

Aベストアンサー

個別紹介は、税務署でも市役所税務課でもしてませんので、行っても無駄ですよ。
斡旋行為となるのでして禁止されてます。
税理士会に名簿がありますが、いい税理士と云われても「みんな有資格者なので、そういう紹介はできない」が建前です。
税理士会に、税理士の条件を伝えて紹介してもらいましょう。
「年齢がいくつぐらいの男性で、家の近くに事務所のある人」等です。
個別税理士の斡旋にはなりませんので、この先生と、この先生と、、と教えてくれるはずです。
その情報に従って、一件一件事務所に行き、税理士の顔をみて判断するしかありません。
会ったとたんに「こいつ、嫌だ」と感じたら、失礼しましたと事務所を出れば言いだけです。
自分よりも相続税についてはベテランだという税理士を紹介しましょうかと言ってくれるような方なら、喜べばいいです。
裏で紹介料を取ってるかもしれませんが、変なところから紹介を受けるよりましです。

変なところ、といいました。
それは、ネットで「貴方にぴったりの税理士を紹介します」「全国の税理士さんを紹介します」という税理士紹介サイトのことです。

仕組み
サイトを作ります。税理士を捜してるという連絡が入ります。住所と氏名とどんな相談を税理士にしたいかを聞き出します。
貴方のご住所の近隣の税理士に電話します。「わが社は税理士紹介センターです。先生に何処何処に住んでる○○という方を紹介します。一度本人と連絡をとってください」。
貴方は「私の要望にぴったりの、税理士の中でも一番才能があってベテランの人で、報酬も安くしてくれる最高の人を捜してくれ紹介してくれた」と思います。そう思うように騙されます。
税理士は仕事が欲しいので貴方と会います。ですが、紹介センターに貴方から貰う税理士報酬の50%を支払わないといけません。これは契約成立した際に税理士がセンターに支払います。
ここがみそですが、卑しくも税理士ですから、人品卑しく飛んでもない人を紹介したなというケースはありません。倫理規定がありますので、それなりに紳士・淑女です。いくらなんでも「あんな人間を紹介しやがって、どうしようもない紹介センターだ」と云われることはないのです。
それをいいことに「住所のそばの税理士を紹介しておけ」となります。無資格の人間が税理士と名乗ることはできませんので、電話帳で税理士と書いてるひとを無差別に選んでるだけの話です。
貴方が払う税理士報酬の半分は「紹介センター」に行きます。

紹介センターに50%ピンはねされた税理士が、それはいけないと思っていても、どうしてもサービスが落ちます。
すると貴方はセンターに、あの税理士はサービス悪い、だめだと不満を言います。
税理士は「いやならいいですよ」と顧問契約をきります。
紹介センターはまた別の税理士を紹介します。
初めにもどって、繰り返します。紹介センターとの付き合いは、ぐるぐる回る可能性大で、一番の被害者は貴方になります。
以上が仕組みと、仕組みにはまった被害者のことです。

尚税理士本人が「相続税の専門家です」と宣伝してるのもあります。
それを信じるかどうかは、自己責任です。
真実相続税に精通してる税理士は、他の税理士から評価依頼をうけたり、講演等依頼があったりで、ネットサイトを使って「おれが相続税の専門家だ。おれにまかせろ」と宣伝しなくてもいいですし、そんな暇もない人が多いです。
自分自身で評価する物件の現場に行き、現地測量をして、キャドを使って図面を作ってという作業をされるので、他税理士から「これ、頼みます」と云う依頼がくるので、ネットで「おれが専門家だ。相続はまかせろ」などと言ってわざわざ仕事を多くして苦しむようなことはしません。

「税理士です。所得税、法人税、相続税もやります」という程度の自己紹介がされてる人でいいのです。
そうすると「年齢、性別、自分が気楽に話せる相手か」を見切ればいいだけです。

個別紹介は、税務署でも市役所税務課でもしてませんので、行っても無駄ですよ。
斡旋行為となるのでして禁止されてます。
税理士会に名簿がありますが、いい税理士と云われても「みんな有資格者なので、そういう紹介はできない」が建前です。
税理士会に、税理士の条件を伝えて紹介してもらいましょう。
「年齢がいくつぐらいの男性で、家の近くに事務所のある人」等です。
個別税理士の斡旋にはなりませんので、この先生と、この先生と、、と教えてくれるはずです。
その情報に従って、一件一件事務所に行き、税...続きを読む

Q相続にかんしてなんですが、被相続人の住民票のある市区町村によって相続に

相続にかんしてなんですが、被相続人の住民票のある市区町村によって相続に有利、不利などなにか違いがでてくるものなのでしょうか?
おおざっぱな質問で申し訳ないですが、どんな些細なことでもいいので教えて頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

専門家じゃないので、『そうなんだ~』くらいで
お読みいただけると幸いです。

質問の意図がちょっと読みきれませんので、
勝手に書き込みますが、相続に関して被相続人間で
話がまとまらず、調停にかかるようになれば、
故人が住民票を置いていた市区町村の裁判所での
話し合いになります。
なので被相続人が他市区町村にお住まいの場合、
調停毎にその市区町村まで出向く形になりますし
提出書類(住民票など)は自分のお住まいの役所で
取得⇒提出となってました。

他市区町村に住んでいるから、複数人の被相続人が
いる相続で不利になるということは、ありませんでした。
手間がよそに住んでいるとかかる、くらいでした。

Q相続税を支払って相続した不動産から生じる収入の所得税の計算で相続税額を経費として計上できますか?

賃料収入の発生する不動産を、相続税を支払って相続した場合に、
所得税の確定申告に於いて、その相続税の額を、経費?として控除することはできますか?
原価償却資産みたい?に。

例えば、相続税を500万円支払って相続した不動産で収入が毎年100万円生じる場合に、
支払った相続税額を、20年間に分けて、毎年25万円ずつ、所得税の確定申告で経費として計上する、
というようなことができるでしょうか?

できるのであれば、税法?か何か、その解説みたいなものを調べる手がかりをご教授頂けますでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

税金は、控除対象(経費等)にはなり得ません。

Q税理士への相談料について

よろしくお願いします。

昔から懇意にしている税理士さんがいらっしゃるのですが、以前は仕事上のお付き合いがありませんでした。

ところが最近、税理士として相談したいことがいろいろ出てきたので、相談に行こうと思っております。

そこでお聞きしたいのですが、相談の報酬をいくら支払えばいいのでしょう?(時間あたり)

懇意にさせてもらっておりましたが、友人という間柄ではなく、人間的にも尊敬に値する、私にとっては大変立派な方なので、どうも「おいくらですか?」とは聞きづらいので質問しました。
相談内容は、特にこの件というものでなく、また直接的には私の仕事に関係ないのですが、その辺りも含めた、世間一般のことです。

税理士の方、経験者の方、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「東京税理士会」
http://www.tokyozeirishikai.or.jp/

↑こちらの「情報コーナー」→「税理士について」→「税理士に頼むといくら?」

で「税理士の報酬に関する実態調査アンケート」の結果が御覧になれます。
参考になるのではないでしょうか。

参考URL:http://www.tokyozeirishikai.or.jp/

Q税理士報酬、払うべきか?

 税理士さんからの請求額を払うべきか、何らかの交渉を行うべきかを悩んでいます。
 土地の贈与を受ける事になり贈与税の申告を税理士さんにお願いしました。しかし、事前に税理士さんから説明された土地区分では税務署に受け付けてもらえず、当初説明された10倍以上の額を税金として納める事になりました。
 どうも税理士さんの見込み違いだったらしく、税理士さん側からはこの件の税理士報酬は頂かない旨、申し出がありました。ただ、土地の評価に不動産鑑定士を使ったので、その分の代金は支払って欲しいと言われています。
 この件の前にもこの税理士さんに依頼した事があり、その際かなりの報酬を払ったばかりなのと、事前の説明と全く税額が異なっていた点で、今ひとつ納得出来ない感があります。
 こうした場合、誠意を示したという事で納得すべきなのでしょうか?それとも何らかの交渉を行うべきなのでしょうか?皆様のご意見頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは。
思ったより回答が集まらないようなので、お邪魔して失礼します。

論争の場でないのは承知の上、失礼ながら、説明を省くためNo.1の方の記入をお借りしますことをお許しください。

質問者の方の場合、ことの後先によって、考え方がまるで違ってくるのだと思います。

(1)No.1の方の考え方が通る場合。
「贈与」の事実がまずあって、その申告を事後的に税理士に依頼した場合。

この場合であれば、すでに決定した事実に付き、有利な申告となるように手を尽くし、その結果是認が受けられなかったと言うことになり、税理士に責任はおそらくないことになります。

ただし、その場合でも、「aの方法とbの方法があり、aとなるように手を尽くすが、否認された場合、bになります」との事前の説明責任は、果たすべきです。
税理士はあくまでも「税務代理」であり、主体は納税者本人であるからです。
普通の商売であっても、事前の説明がなければ、顧客は納得しないですよね。「取り寄せてみたら黄色だったので、これを着てください」なんて。

(2)
もし、税理士からの助言に基づき、納税額の目安も立てた上で今回の贈与が行われ、しかし結果として10倍以上の税額になったのであれば、全面的に税理士の責任でしょう。この場合であれば、報酬はおろか、なんら資料的価値のない結果となった鑑定額も、質問者の方が負担する言われはないと言いたくなりませんか。
逆に、損害賠償を請求したいくらいですよね。

(3)
No.1の方がお書きになっているような税理士がもしいるとしても、質問者の方が受けた(かも知れない)不利益とは、何も関係のないことです。
比べるのであれば、色々な税理士のサイトを除いてみて、「節税」に貢献した優れた事例とだけ比較すればよいのですから。

(4)
これは単なる推測で申し上げてしまいますが、県レベル、所轄単位で税理士会が組織されていますよね。そこに、「依頼した税理士の責任を問いたい」とおっしゃって、専門家の客観的な判断を仰ぐのも、一つの方法ではないでしょうか。

(5)
まさか本税以外に、延滞税等は発生していませんよね。

以上、最初に述べましたように、贈与から申告、納税までの経緯が分からないまま、「意見を」と仰る質問者の方に甘えさせていただきました。
実際の進行状況によっては、参考にならない部分があるであろうことは、お詫びとともにお断りさせていただきます。

こんにちは。
思ったより回答が集まらないようなので、お邪魔して失礼します。

論争の場でないのは承知の上、失礼ながら、説明を省くためNo.1の方の記入をお借りしますことをお許しください。

質問者の方の場合、ことの後先によって、考え方がまるで違ってくるのだと思います。

(1)No.1の方の考え方が通る場合。
「贈与」の事実がまずあって、その申告を事後的に税理士に依頼した場合。

この場合であれば、すでに決定した事実に付き、有利な申告となるように手を尽くし、その結果是認が受けられな...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報