薬師寺僧形八幡神像についてですが、受験参考書には平安時代の本知垂迹説の例として記載されています。
しかし、本知垂迹説は [仏=本体 / 神=仏の仮の姿]と習いました。薬師寺僧形八幡神像は、僧侶(仏)の形をした神像ということですが、これでは理屈があわないように思います。だって、薬師寺僧形八幡神像の外観は仏で、中身は神像ってことですよね。本地垂迹説は、仏像は神の形をしているってことだから。。。。紛らわしいです。

それとも、薬師寺僧形八幡神像はただの神仏習合なんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

」に関するQ&A: 「神」の顔を描いた絵

A 回答 (3件)

 こんばんは。



 いま手元の成書(『仏像図典』佐和隆研編 吉川弘文館)を見ました。「本地垂迹説」に基づく作例で、、八幡神の本地とされているのは、「岩清水八幡曼荼羅」の中に示されている「阿弥陀如来」だけでした。
 また、本地垂迹の作例は、絵図が多く、神-仏の対象が、はっきり描いてあるものか、神形の作例がほとんどです。

 薬師寺像は、どうみても阿弥陀様じゃない。

 それと、薬師寺像は、平安時代初期のもので、僧形八幡の最古の作例であり、「純然たる神仏習合の所産」と説明されています。「神仏習合」的思想傾向から、「本地垂迹説」が現われるのが、平安時代、となってます。まあ、上記のこととも考え合わせると、ぎりぎりでかすってない、といえると思います。

 よって、薬師寺像は、本地垂迹説に基づいた作例とはいいがたいでしょう。ご説の通り、広く「神仏習合」の作例と考えた方がいいかと思われます。

 ご参考になれば。
    • good
    • 0

僧形八幡は


>僧侶(仏)の形をした神像
ではなくて、八幡の神さんが仏教に帰依して剃髪し、坊さんの姿になったものです。ちょっとややこしいですが、「僧侶の形をした神像」じゃなく「僧侶の姿をした神さんの像」が正解です。八幡さんの本地仏は主に阿弥陀さん(違うのもあります)ですから、僧形八幡の本地仏も多分阿弥陀さんかなんかでしょう。

本地垂迹説は絵画では本地仏曼荼羅などで表されていますが、仏像では非常に表し難く、薬師寺僧形八幡神像=本地垂迹説の例とするのはマチガイではないけど・・・と思います。
ただ、個人的には本地垂迹説があったからこそ生まれてきた仏像だとは思います。
あと、いろんなサイトや適当な書物では 本地垂迹説=神仏習合 と勘違いしている様な記述が多く見受けられますね…
    • good
    • 0

八幡神は、もともと農耕神であったものが奈良時代に東大寺の鎮守となり、さらに平安時代になると「神仏習合」の影響で菩薩と結びつきます。

その過程では、応神天皇との結びつきや、清和源氏の氏神として武人の守護神ともなります。俗に言う「南無八幡大菩薩」ですね。

ところで、菩薩とは「如来の境地に達しようとして悟りを求めて修行する者」ですので、厳密にいえば、仏(如来)とは異なります。したがって、「薬師寺僧形八幡神像はただの神仏習合なんでしょうか」が一番近い解釈ではないかと思います。

蛇足ながら、質問文の「本知垂迹」は「本地垂迹」の変換ミスかと思いますが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『薬師寺僧形八幡神像』について

薬師寺僧形八幡神像についてですが、受験参考書には平安時代の本知垂迹説の例として記載されています。
しかし、本知垂迹説は [仏=本体 / 神=仏の仮の姿]と習いました。薬師寺僧形八幡神像は、僧侶(仏)の形をした神像ということですが、これでは理屈があわないように思います。だって、薬師寺僧形八幡神像の外観は仏で、中身は神像ってことですよね。本地垂迹説は、仏像は神の形をしているってことだから。。。。紛らわしいです。

それとも、薬師寺僧形八幡神像はただの神仏習合なんでしょうか。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 いま手元の成書(『仏像図典』佐和隆研編 吉川弘文館)を見ました。「本地垂迹説」に基づく作例で、、八幡神の本地とされているのは、「岩清水八幡曼荼羅」の中に示されている「阿弥陀如来」だけでした。
 また、本地垂迹の作例は、絵図が多く、神-仏の対象が、はっきり描いてあるものか、神形の作例がほとんどです。

 薬師寺像は、どうみても阿弥陀様じゃない。

 それと、薬師寺像は、平安時代初期のもので、僧形八幡の最古の作例であり、「純然たる神仏習合の所産」と説明されています。「神仏習合」的思想傾向から、「本地垂迹説」が現われるのが、平安時代、となってます。まあ、上記のこととも考え合わせると、ぎりぎりでかすってない、といえると思います。

 よって、薬師寺像は、本地垂迹説に基づいた作例とはいいがたいでしょう。ご説の通り、広く「神仏習合」の作例と考えた方がいいかと思われます。

 ご参考になれば。

Q本地垂迹 の意味

本地垂迹の意味がわかりません。仏のが古来からの神より上とする考えはどうもよく理解できません。神は本来は形のないもの?仮の姿とするのなら姿(仏像)がある仏の方では??

Aベストアンサー

 多くの方がもうすでにお答えになっていますが、そのお答えに触発されました。私が思うに仏教界では「神仏習合(本地垂迹説)」の問題はあまり議論されないように感じています。ですから私も、
>>本地垂迹の意味がわかりません。仏のが古来からの神より上とする考えはどうもよく理解できません。
 という疑問には共感を覚えます。
 これに関して私は歴史的なもので説明ができると思います。まず、仏教伝来の時期についてですが、いくつか説ありますが538年か552年ということで落ち着いているようです。そして、日本の古来の説話等をまとめて現在神道と呼ばれる体系の基本になる書物である『古事記』はその序文によれば712年に成立したそうで、また『日本書紀』は720年ということになっているようです。こう見てみますと仏教伝来のほうが日本古来の信仰の体系化よりも早いことになります。(もちろん民間伝承として、古事記に書かれている物語は語り部などによって伝えられていたでしょうが。)
 つまり、日本古来の信仰を神道として体系化していく草創期において、すでに仏教の影響下にあったと考えらるわけです。
 たとえば、「山川草木悉有仏性」という言葉がありますが、中国では本来「主体である衆生(有情)が成仏し仏様になると、その周りの環境として存在する植物や山や川などの無情のものも成仏した仏のように光り輝いて見える」というような意味で捉えられてたようです。ところが、日本においては「山川草木のような無情のものであっても、仏になる意思を起こして(発心)仏となることができる」という解釈になります。これは仏教が日本化しているのと同時に、仏教思想が自然に神という有情が存在するという神道の根拠となっているということがいえます。
 あくまで今挙げたのは一例ですがこう考えますと、日本土着の信仰を神道として体系化していく手助けを仏教がしていたということがいえます。しかし仏教が神道の体系化を手助けしていく中で、やはりインド・西域・中国・朝鮮半島で体系的に整えられた仏教のほうが、体系的にまだ未熟な神道よりも優位に働いたと考えれば、本地垂迹説がとなえられたのも歴史的な必然であったのかもしれません。
 ただ、ここで言いたいの本地垂迹説は多くの場合仏教が外来の強力な文化を背景に、土着の神々を征服し服従させたものと見られがちです。確かにそういった側面もありますが、単純に仏教に神々が服従させられたというわけではなく、神々も仏教を受容することで次第に力をつけていったということがいえるでしょう。つまり、仏教という強力なモデルでありライバルがあったからこそ、日本土着の信仰が神道という体系化に成功できたともいえると思います。


>>神は本来は形のないもの?仮の姿とするのなら姿(仏像)がある仏の方では??
 確かに神道はアミニズムの流れを汲んでいますから、石や木をご神体にしている神社も数多くあり、神は自然そのものであり本来形のないものということもできるかもしれません。しかし、『古事記』や『日本書紀』などに記されている神の姿は具体的で固定的です。
 それに比べますと日本に伝わった大乗仏教の仏・菩薩は、相手によって姿を自在に変化させます。これはお釈迦様が「対機説法」という相手によって仏教の説き方を変えていたことが起源と思われますが、代表的なのは「観音菩薩」ですね。観音菩薩は千手観音、如意輪観音、馬頭観音等々と数々の姿を持っています。
 つまり、どちらかといえば神道の神々は個性というものを持って存在しています。それに対して仏教の仏・菩薩達は、仏教で言えば「執着を離れる」ということになるのでしょう、本来は無個性で教化する相手に合わせて姿を変化させるという特徴を持っています。ということは、神道の神々が仏となるよりも、仏教の仏達が神となって現れるというほうが自然だったのではないでしょうか。たしかに、追々逆(反)本地垂迹説というものも現れますが、ちょっと無理があったのか定着という所まではいっていませんからね。


 長々独断と偏見で書き連ねましたが、急ごしらえの文章ですので誤字脱字乱文はどうぞご容赦ください。最後に、参考文献を挙げさせていただきますと、
●『日本人と仏教』阿満利麿 筑摩書房
●『仏教VS倫理』末木文美士 筑摩書房
なんかに、神仏習合についてわかりやすく(特に前者)書かれていたかと思います。
 合掌 南無阿弥陀佛

 多くの方がもうすでにお答えになっていますが、そのお答えに触発されました。私が思うに仏教界では「神仏習合(本地垂迹説)」の問題はあまり議論されないように感じています。ですから私も、
>>本地垂迹の意味がわかりません。仏のが古来からの神より上とする考えはどうもよく理解できません。
 という疑問には共感を覚えます。
 これに関して私は歴史的なもので説明ができると思います。まず、仏教伝来の時期についてですが、いくつか説ありますが538年か552年ということで落ち着いているようで...続きを読む

Q薬師寺

奈良の薬師寺に御朱印帳は売られていますか?
もし売られているなら、値段を知りたいです。

それから、薬師寺まもりと、薬師寺の絵馬の値段も教えていただきたいです。

Aベストアンサー

こんばんは

あるようです
¥1000ぐらいのようです
¥1500ぐらいになっているかもしれません

お守りと絵馬はわかりませんが
東京別院に聞いてみますか?
http://www.yakushiji.or.jp/

Q神仏習合を知る手段。

神道に興味を持つ友人を見ているうちに、神仏習合に関して興味を持ちました。
日本人の現在に至る宗教観や、宗教史を神仏習合の観点から見てみようかな・・・と思うのですが、視点がずれているでしょうか・・・。

古書店等を巡るといろいろな興味深そうな本が目に付くのですが、高価な物も多く、いきあたりばったりで購入するのも躊躇われますので、何かおすすめの本がありましたら教えて頂けないでしょうか?

「心の支え」としての宗教というよりは、学術的な視点から説いた本を希望します。全くの門外漢ですので、読み易い本だと嬉しいです。(段階的なお勧め本を何冊か挙げてもらうと助かります。)

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 私がが読んだ本では、「村山修一『本地垂迹』1974,吉川弘文館」が一番良かったと思っています。史料の扱い方や論考の内容に説得力があったと思います。神仏習合研究の一つの到達点と言える書ではないかと私は思っております。但し、引用している史料は慣れない方にはちょっと読みにくいかもしれません。絶版にはなっていないようです。
http://www.bk1.co.jp/product/1088734

 少し視点を変えて、明治の神仏分離を扱った安丸良夫著「神々の明治維新」岩波新書もお勧めです。名著だと思います。神仏分離という当寺の強引な政策を検証することを通して、日本人にとっての神とは何か神仏習合とは何かといいうことを論じている書です。史料をそのまま載せた部分はあまり多くなかったと思いますので、初心者でも比較的読みやすいと思います。

 日本人の神観念を理解する上では、堀一郎博士の「日本のシャーマニズム」講談社現代新書が良いと思います。また、堀一郎博士が編者となった「日本の宗教」太明堂も日本の宗教の流れと枠組みがうまく整理されて解説されていると思います。

 簡単にわかりやすく解説されている本はあまり無いと思います。最初のうちは内容の理解するのに苦労されるかもしれませんが、面白いテーマですので頑張って下さい。

 

 私がが読んだ本では、「村山修一『本地垂迹』1974,吉川弘文館」が一番良かったと思っています。史料の扱い方や論考の内容に説得力があったと思います。神仏習合研究の一つの到達点と言える書ではないかと私は思っております。但し、引用している史料は慣れない方にはちょっと読みにくいかもしれません。絶版にはなっていないようです。
http://www.bk1.co.jp/product/1088734

 少し視点を変えて、明治の神仏分離を扱った安丸良夫著「神々の明治維新」岩波新書もお勧めです。名著だと思います。神仏分離と...続きを読む

Q奈良の薬師寺について。

 薬師寺に大津皇子が祀られていると聞いたのですが、薬師寺の公式ホームページを見てもよくわかりません。

 ご存知の方、情報をお待ちしております。

Aベストアンサー

大津皇子坐像が安置されているようです。

薬師寺 大津皇子 で検索されると、ありますよ。公式ホームページでは分かりませんね。アサヒネットでは写真もありますよ。

Q天皇=朝鮮よりの渡来人=弥生人説をとっている本はありますか?

弥生人が渡来人であること、また天皇が朝鮮から来たという説を語る歴史検証書は多くあるようですが、寡聞にして、この二つを組み合わせて、天皇自体が弥生人であり、縄文人を侵略(又はゆるやかな統合)した、という説の本はあまり読んだことはありません。

そうした主張をしている本がありましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>弥生人と天皇一族を結びつける説って少ないんでしょうね

同様の考えで
古代朝鮮民族そのものも中国から侵略(又はゆるやかな統合)されていると考えるべきなんで、日本以外から見た日本古代史は無きに等しくなりますよねぇ~
説の裏付け資料がほとんどない状態なんで、新たな発掘しかないでしょう。ただ、朝鮮、韓国では歴史は政治の部品なので見せてはくれないでしょうから…望みは日本の古墳だけでしょうねぇ~
実際、朝鮮半島の古代史は秀吉が焼いてないそうです。(ほんまかいな)

それでは…
井沢氏も松本清張氏もぶっ飛ぶ本。

「古代史の真相」
  著者:黒岩重吾
  出版社:PHP文庫

「古代史を解く九つの謎」
  著者:黒岩重吾
  出版社:PHP文庫
  
「古代史への旅」
  著者:黒岩重吾
  出版社:講談社文庫

『「日出づる処の天子」は謀略か―東アジアと聖徳太子』
  著者:黒岩重吾
  出版社:集英社

まだ、上の2冊しか読んでいませんが、読みやすくて読み応えあります。先に紹介した古代史より、さらにぶっ飛んでいますよ(^―^)

>弥生人と天皇一族を結びつける説って少ないんでしょうね

同様の考えで
古代朝鮮民族そのものも中国から侵略(又はゆるやかな統合)されていると考えるべきなんで、日本以外から見た日本古代史は無きに等しくなりますよねぇ~
説の裏付け資料がほとんどない状態なんで、新たな発掘しかないでしょう。ただ、朝鮮、韓国では歴史は政治の部品なので見せてはくれないでしょうから…望みは日本の古墳だけでしょうねぇ~
実際、朝鮮半島の古代史は秀吉が焼いてないそうです。(ほんまかいな)

それでは…
井沢...続きを読む

Q本薬師寺、平城薬師寺は全く別のものですか。

本薬師寺、平城薬師寺は全く別のものですか。

Aベストアンサー

天武天皇が鵜野讃良(うののさらら/後の持統天皇)皇后の病気平癒を祈願して薬師寺を創建されました。
698年ごろにはほぼ完成したと考えられています。

これが現在の藤原京跡にある本薬師寺です。

710年の平城京遷都にともなって、薬師寺は飛鳥から西ノ京に移転しました。

これが現在の薬師寺です。
730年には東塔が完成したようです。

平城京への移転したのちも、藤原宮の薬師寺(本薬師寺)はしばらく存続していたようです。

本薬師寺跡には金堂・東塔の礎石、西塔の心礎が残っています。

詳しくは下記を参照ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%96%AC%E5%B8%AB%E5%AF%BA

Q神様?仏様?

子供に「神様と仏様は何が違うの??」と聞かれ答えられませんでした。教えてください。

Aベストアンサー

神様はこの世界を作られ、私たちの住んでいる世界を守っておられる方です。
土地には土地の神、空には太陽の神、月の神、天国には天国の神さまがおられます。

仏様はむかしインドにおられたお釈迦さまのことです。お釈迦さまの教えられたことを
今に伝え、人々に教えているのがお寺であり、お経です。仏像はお釈迦さまの
姿を映したものです。

子ども向けの古事記や風土記を分かりやすくした絵本がありますので、
イザナミイザナギの国産み神話やアマテラスの天の岩戸神話を読み聞かせて
あげるといいと思います。

また本願寺(京都の東本願寺など)へ行かれればジャータカ(仏教説話)を
子ども向けに分かりやすくした絵本が売っています。人間ブッダ(ゴーダマ
シッタルッタ)の物語はお子さんには難しいですが、動物主人公のジャータカなら
お子さんにもぴったりだと思います。

Q10月23日の奈良国立博物館、法隆寺、薬師寺、東大寺の回り方

10月23日の奈良国立博物館、法隆寺、薬師寺、東大寺の回り方
正倉院展が始まる奈良国立博物館と法隆寺とその夢殿、薬師寺東塔と東大寺(できれば春日大社と興福寺)の、回り方を教えて下さい。当日は京都駅から出発し、電車を使って朝から1日中観光する予定です。
時間があれば春日大社と興福寺も行きたいのですが、、、。
必ず行きたいものは博物館、法隆寺、薬師寺、東大寺で、その後に≧春日大社>興福寺、です。メインは博物館です。昼食でこの途中で寄れるおすすめの場所がありましたら是非教えてください。
行きたいところが多すぎて無駄のない回り方が分からなくなってしまいました。御回答のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

奈良県民です。

まず正倉院展は時間がたてばたつほど混みますから
朝イチから行きましょう。

興福寺は五重塔初層の特別拝観があるのですが、
順番低いですか?高ければこちらも混むので、真っ先に行くべきなんですが。
なければ、帰りにちょっと寄る程度でいいでしょう。
http://www.kohfukuji.com/event/detail.cgi?event_seq=00000010

院展から東大寺はすぐですから、東大寺へ。
帰りに興福寺から猿沢池経由で帰りましょう。

興福寺はパスして春日大社へまわり、
近鉄奈良までバスで帰ってもいいです。

ここらのあいだでだいたいお昼です。

近鉄奈良から西大寺で乗り換えて近鉄橿原線で西の京下車。
薬師寺が目の前です。

法隆寺に行くとかなり効率が悪いのでお勧めしませんが、
(あきらめたら他にもいけるし、もう少しゆっくりもできます)

近鉄橿原線で筒井へ。バスで乗り換えて法隆寺前へ
筒井でさえ1時間に2本しかないのです。
http://jikoku.narakotsu.co.jp/Jikoku_pdf/gene2/pdf/00786_00786_00001.ps.pdf
もしくは薬師寺からダイレクトでパスと言う手もあります。
こちらは1時間に1本。おまけにいつも混雑する道路を走るので時間がかかります。
http://jikoku.narakotsu.co.jp/Jikoku_pdf/gene2/pdf/00340_00340_00000.ps.pdf

お昼は東大寺前に夢しるべ風しるべという施設があり
さまざまなお店が並んでいます。
http://www.yume-kaze.com/

春日からバスなら夢しるべ・・・は使いにくいので、
奈良駅周辺で適当に。。

奈良県民です。

まず正倉院展は時間がたてばたつほど混みますから
朝イチから行きましょう。

興福寺は五重塔初層の特別拝観があるのですが、
順番低いですか?高ければこちらも混むので、真っ先に行くべきなんですが。
なければ、帰りにちょっと寄る程度でいいでしょう。
http://www.kohfukuji.com/event/detail.cgi?event_seq=00000010

院展から東大寺はすぐですから、東大寺へ。
帰りに興福寺から猿沢池経由で帰りましょう。

興福寺はパスして春日大社へまわり、
近鉄奈良までバスで帰ってもいいです。

こ...続きを読む

Q【歴史・日本史】大阪城を豊臣秀吉が建立を命じた時に城を建てる前にその土地の神様、仏様を祀る神社仏閣を

【歴史・日本史】大阪城を豊臣秀吉が建立を命じた時に城を建てる前にその土地の神様、仏様を祀る神社仏閣を城を建てる前に建てたと思いますがその神社仏閣は現在も残っていますか?

それはどこの神社仏閣ですか?

Aベストアンサー

神社は、生國魂神社です。(大阪府大阪市天王寺区生玉町)
仏閣は、石山本願寺ですが、こちらは再建されていません。
石山本願寺攻めの時に同時に焼失した四天王寺が豊臣秀吉によって再建されています。(四天王寺は大阪府大阪市天王寺区四天王寺)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報