出願人本人が特許取得後、自分の特許を異議申立てや無効審判請求してもいいのですか?
また、できたとして、そのとき出願人本人にメリットはあるのでしょうか?
教えて下さい。よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 えーと、まずは、「特許無効審判は利害関係人しかできない」という根拠について。



 現行法では、確かに請求人は限定されていません。が、特許庁の審判便覧には、「現行法の立法主旨から、民事訴訟法の場合と同じく、「利益なければ訴権なし」と解釈する」と明言されています。No.6の「請求適格をあまり厳格に言わないことにした」というのは、「利害関係の有無を調べはするが、そのためだけにいたずらに多くの時間は費やしない」という主旨のようです。

 次に、第97条の放棄について

>「特許権に質権が設定されていたり、通常実施権者や専用実施権者がいたりする場合でも、その者の承諾を得れば放棄ができる。」

 その通りです。では、そんな人達がいなければどうなのか? 当然に自由に放棄できるわけですが、その根拠は、特許法ではなく民法になると思います(私見ですが)。
 権利者が自分の占有しているもの、所有しているものを自由に処分できることは、民法第203条、第206条に規定されています。特許権は無体物ですが、多分、この規定に該当すると思います。

 とはいえ、他に実施者がいる場合には、特許権者からそんなことをされてはたまったもんではありません。そこで、「そんなときは許可なく放棄してはいけません。承諾を得なさい」というのが第97条だと思うのです(私見ですよ)。

 あと、これは余計な付け足しですが、
 私たちのやり取りは、ご質問者の疑問をクリアにするためと、その過程で派生した疑問をクリアにするために情報を交換しているのであり、コミュニケーションを図っているわけでも回答者同士で議論しているわけでもないので、削除される心配はないと考えています。
    • good
    • 0

ごめんなさい。

間違えました。
やっぱりkawarivさんがおっしゃっている通り(そして私も最初に思っていた通り)、特許無効審判は利害関係人しかできないようです。
(根拠がいまいちわかりませんが。)
    • good
    • 0

keikokeiko0514さん、ちょっと失礼します。



#5の回答は#4のkawarivさんのご回答を読まずに投稿してしまいました。keikokeiko0514さんの疑問点については、kawarivさんがおっしゃる通りです。

なお、#3のkawarivさんのご回答もよく読んでいませんでしたが、改めて読み返してみて、確認させて頂きたいことがあります。

> 無効審判は、特許権者と利害関係がなければ提起できません。

私もこれまではそう思っていたのですが、この質問があってから青本を見てみたら、問題点1で「請求適格をあまり厳格に言わないことにした」と書いてあったので、第三者の名前を借りれば不可能ではないと書きました。間違ってますか?
(いつも勉強不足で申し訳ありません。)
    • good
    • 0

keikokeiko0514さん、こんばんは。


お礼の欄、読みました。
でも、なんだか無理矢理こじつけているというような気がしますが・・・

拒絶理由通知って、見たことありますか? 審査官が出願を拒絶するのに足りる証拠を提示して「拒絶理由がありますよ」と出願人に通知するものです。

異議申立てや無効審判の請求をするためには、拒絶理由の通知と同様に、証拠を提示して異議申立て(取消し)の理由や無効理由を詳細に述べなければなりません。自分で取消し理由や無効理由の根拠となるような先行技術を提示したりするんですか? 特許査定や登録になった後に取消し理由や無効理由を自分で探すんですか? そんな馬鹿なことをする人はいないでしょう?

無効になるかどうかなどということは、実際にB社から無効審判の請求をされたときに考えればいいのではないでしょうか?

専門家の観点からすると、どうもこのご質問の真の意図が見えてきません。
正直言って、keikokeiko0514さんは前向きに(例えば弁理士の資格を取りたいとかお考えになって)特許の勉強をしているのではないのではないかという疑問さえわいてきてしまうようなご質問なんです。

ただ単にちょっと奇抜な観点からレポートを書いて教授を驚かせてやろうとお考えになっているのではないか?と思えてしまいます。

非難しているわけではありません。それはそれで構わないとは思いますし、何らかの役に立つ情報を提供できることもあると思います。

本心をお聞きしたいんです。正直なところをご説明願えますでしょうか。

このカテゴリーでわからないことを簡単に聞けるというサイトはあまり見当たりません。従って、kawarivさんも私もこのカテゴリーの質問に対しては本当に親身になって回答させて頂いています。(私の場合はそれほどでもないですが。(^^;))
そのことを是非心に留めておいて下さい。

また、回答された他の方並びにもう一つのご質問の方へもお礼なり補足なりもしていただけると、積極的に回答しようという意欲もわいてくるのですが。

* kawarivさんへ
私は第97条は「特許権に質権が設定されていたり、通常実施権者や専用実施権者がいたりする場合でも、その者の承諾を得れば放棄ができる。」という意味も含んでいると思ったのですが。(第98条との関係からの解釈です。他に特許権の放棄ができるという条文って、ありましたっけ?)

*運営者様へ
これは回答者同士のコミュニケーションとは取らないで頂きたいと思います。今後もより一層よい回答をするための勉強会と見なして、お見逃し下さい。
    • good
    • 0

 Yoshi-P さんへのお礼に書き込まれていたことに出しゃばってしまいますが・・・。



 警告しただけでは、何の罪にも問われません。特許権者の正当な権利ですので。実用新案権なら、権利者は先行技術を充分に調査する責任がありますが。

 警告を受けたB社は、不服なら、「いや、おたくの特許はこれこれこういう理由で無効事由を含んでいるから、特許侵害にはなりません」と返答するでしょう。その理由をAさんが納得すればおしまい。納得できなければ、「いや、その論理はここがおかしい。この特許はその理由をもってしても無効にはできない」とやり返し、このようなやりとりが数回続いても双方が歩み寄れなければはじめて裁判となります。その過程で、B社が無効審判を請求するかもしれません。

 もしAさんが逆提訴されるなら、裁判となる前に、Aさんが、例えば、「B社の製品は、ウチの特許侵害品だから納入しない方がいいですよ」などとお客さんに言い回っていたときですね。通常は、名誉毀損ではなく、「そういうデマを言うのは止めなさい」ということと、「謝罪広告を出しなさい」という命令を裁判所から出してください、ということが多いです。ただし、B社の品がホントに侵害品なら、この提訴は却下されます。

 なお、No.3で回答したように、特許権者本人は、自分の特許に対して異議申立も無効審判も起こせません。そもそも、大抵の特許権者は、「審査を経て特許になったのだから、無効事由などあるわけがない」と確信しています(笑)。
    • good
    • 0

 えー、別質問での「お礼」によりますと、勉強途中で生じた疑問とのことですが、それならば、Yoshi-P さんが仰っているように、ご自分の考えをまず述べて頂けるとアドバイスし易いです。



 さて、異議申立は、条文上は「何人も」とはなっていますが、この制度は、特許庁がなした特許査定に対し、第三者に対して「異議はありませんか?」と問うものです。したがいまして、出願人が異議申立人になることはできません。また、その出願を審査した審査官も異議申立人にはなれません。
 無効審判についても同様です。なお、無効審判は、特許権者と利害関係がなければ提起できません。

 特許となっても必要がないと思ったなら、Yoshi-P さんがご回答なさっているように、登録料や維持年金を収めなければ権利が消滅します。また、放棄しても構いません。ただし、放棄する場合、特許庁への届け出が必要です。

*Yoshi-P さんへ
 第97条は、「放棄する場合、特許権に質権が設定されていたり、通常実施権者や専用実施権者がいたりする場合には、その者の許可が必要である。勝手には放棄できない」という制限規定だと思います。
 あ、それから、別質問ではフォローありがとうございました。 
    • good
    • 0

確かに第三者の名前を借りて異議申立てや無効審判請求することは不可能ではありませんが、keikokeiko0514さんがご自分でお考えになってメリットがあると思いますか?



まずご自分の意見を述べて頂けるといいのですが。

権利が必要なくなったのならば特許権の放棄(97条)ができるし、登録料を納めなければ消滅します。わざわざお金を払って無効審判を請求する奇特な人はいないと思いますが? (いたりして・・・(^^;))
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。

たとえば・・・
B社がAさんの特許侵害のようなことをAさんは発見しました。Aさんは特許侵害を理由にB社に差止請求などの警告しようと考えていますが、Aさんは自分の特許に無効原因があるような気がして、このままB社に対して警告すると、B社から逆に無効理由のあるような特許で警告したことを名誉毀損(?詳しくないのでよくわかりませんが、そのようなかんじのもの)で訴えらるかも知れないと思いました。
このとき自分のもっている特許をみすみす権利放棄するのもいやなので、ほんとうに無効原因がないのかどうか確認したい、といったときです。

こんなときはメリットないでしょうか?
それともこんなときには他に無効原因の有無を確認する方法があるのでしょうか。

お礼日時:2001/12/06 20:52

>出願人本人が特許取得後、自分の特許を異議申立てや無効審判請求してもいいのですか?


どのような意図からの質問でしょうか・・・?

その特許が今後出願予定の特許にとって邪魔なのでしょうか・・・?

補足お願いします。

この回答への補足

わたし自信がそのようなことを必要しているわけではありません。
そのようなことができるのかできないのか?
できるとしたら、どんなメリットがあるのか?
もし、あるのなら何かに使えるかな?とおもっています。
特許のことなど勉強したてなのでいろいろと教えていただけたらとおもいます。
よろしくおねがいいたします。

補足日時:2001/12/05 21:22
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカ特許の検索 Pending Application Patent

アメリカ特許の検索でPending Application Patent US02-11/774,393とあります。この特許を検索して内容を見たいのですが、検索時にUS特許庁の検索ページでどのように入力すればいいのでしょうか。あるいは、特許が成立していないものは見ることができないのでしょうか。成立してるものは、7桁の特許番号を入れるとでました。

Aベストアンサー

参考のアメリカ特許商標局(USPTO)の検索ページから「Patent Application Information Retrieval」に入り、ゆがんだ2つの単語の画像を読んでスペルを「Type the two words:」の欄にタイプします。

そうすると、「Search for Application:」という画面があるので、「Application Number」を選び、「* Enter number:」に 検索したい番号(11/774,393)を入力して Search します。

すると、その出願に関する情報(手続きの日付や出願した人間、審査状況など、「書誌情報」と呼ばれるもの)が表示されます。

「Published Documents」では、それに関連して公開された書類を見ることができます。これで公開番号や特許番号もみられます(先の「書誌情報」でも番号はわかりますが)

「Transaction History」では特許庁の中で取り扱った書類が一式リストとして表示されます(いわゆる包袋=File Wrapperというやつです)

参考URL:http://patft.uspto.gov/

参考のアメリカ特許商標局(USPTO)の検索ページから「Patent Application Information Retrieval」に入り、ゆがんだ2つの単語の画像を読んでスペルを「Type the two words:」の欄にタイプします。

そうすると、「Search for Application:」という画面があるので、「Application Number」を選び、「* Enter number:」に 検索したい番号(11/774,393)を入力して Search します。

すると、その出願に関する情報(手続きの日付や出願した人間、審査状況など、「書誌情報」と呼ばれるもの)が表示されます。
...続きを読む

Q特許異議の申立てと特許の無効の審判の関係

弁理士目指して勉強中なのですが、すこし困っています。
特許法113条特許異議の申立てと、123条特許の無効の審判についてよくわかりません。
113条各号は123条1項各号は、「特許掲載公報の発行の日から六月以内」を除けば重複しているように思えるのですが、何が違うのでしょうか?
どうして、異議申し立てと無効審判に分けるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

補足しますね。
来年の弁理士試験では、平成19年4月1日現在の法律に基づいて出題されます。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S34/S34HO121.htmlは現行法なので、来年4月1日現在だと、今年6月1日に国会で成立した「意匠法等の一部を改正する法律」が施行されていて、変わりますから注意してください。
特許庁HPの特許庁の取り組み→法改正のお知らせもあわせて見といてくださいね。
特許法関係の改正だけでも、分割出願の期間の追加、侵害行為に輸出を追加、etc.、お持ちの参考書とは全然違う内容がありますよ。

異議申立ては無効審判より簡便な手段として制度化されましたが、異議申立ての後、無効審判してってな事になり、結論を長引かせるだけだという反省から、削除されました。
でも簡便な手段が無くなったわけではなく、特許法施行規則の情報提供の道があります。

Q特許電子図書館の検索について

特許電子図書館の検索について教えてください。

公開特許公報フロントページ検索よりキーワードで検索すると、
出願中のものもヒットします。
そのキーワードで【特許を取得しているもの】だけを絞り込みたいのですが、
どういう風に検索したらいいのでしょうか。

教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「公開特許公報フロントページ検索」ではなく、そのいくつか上にある「公報テキスト検索」で検索して下さい。公報種別で特許公報を選択すれば、特許されたもののみから検索できます。尚、特許された後に、権利が消滅しているものも検索の対象となりますので、もし、現在有効に権利が存続しているか否かを知りたいということであれば、別のところで確認する必要があります。

参考URL:http://www7.ipdl.ncipi.go.jp/Tokujitu/tjkta.ipdl?N0000=108

Q特許権消滅後にも特許無効審判の請求が可能なのはなぜ?

初心者です。特許法上の「無効審判」に関して質問です。特許法123条3項に、特許権消滅後でも特許無効審判の請求が可能である、との規定がありますが、なぜ消滅後の特許権にも無効審判を請求することができるのでしょうか?
これは、甲さんがかつて所有をし、現在は既にその権利が消滅している特許権Aを有していたとして、(甲さんは原特許権者(?))乙さんが現時点で無効審判を請求し、審決が確定した場合、そもそも甲さんは特許権を所有していなかった、とみなされるということでしょうか?
また、この場合、甲さんが本特許権を実施して得た利益(消滅前の実施により)なども、何らかの処分の対象になってしまうのでしょうか?

どなたか詳しい方、ご回答いただけると助かります。

Aベストアンサー

>ちなみに、損害賠償請求の他には、どのような例があるのでしょうか?

損害賠償しか聞いたことないですね。
消滅してしまっているので差し止めはできませんし。

>また、損害賠償は、民法の規定を元にしていますが、消滅後のものであっても過去の侵害について請求ができるというのには、その根拠になる条文などがあるのでしょうか?(民法?特許法?)

侵害時には権利として有効であり損害を受けていた以上、民709条の規定で十分だとおもいますが。

ただし消滅時効が知ってから3年または発生から20年だからそれ以上あとに無効審判を請求することは利益がないため許されないと思います。

Q特許検索

特許庁の「特許電子図書館」で検索した特許情報は
私はてっきり、全て特許として成立したものだとばかり
思っていました。
ところが最近そうではないことを知りました。
特許申請した(1年半?)内容がそのまま特許になっても
ならなくても公開される資料と特許となった資料とが異なる
というのです。
この特許となった資料を検索したいのですが、どうしていいのか
やってはみたのがまったくわかりません。
どなたかご教示いただけないでしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

文書種別をBの特許または特許公告で検索してください。
公報テキスト検索の場合は、特許公報(公告、特許)で検索してください。(デフォルトでは公開特許公報となっています。)

Qアメリカ特許出願の審判請求について

最後の拒絶理由への応答として、意見書提出すると同時に審判請求(Appeal)をしていました。

現地代理人レターには、審判請求が必要な手続と書いてありましたが、この時点で何故必要なのでしょうか?

何度か意見書提出の期間延長をしていましたが、
審判請求の期限は、最後の拒絶理由への応答後、拒絶の決定がでてからではないのでしょうか?

私の立場上、国内代理人には問い合わせることができませんので、よろしく御願いします。

Aベストアンサー

米国のAdvisory Action は、我国の拒絶査定に対応するものではありません。

米国の実務では、Final Office Actionから3ヶ月の応答期間があり、それを更に3ヶ月延長することができます。この3ヶ月延長をした応答期限のぎりぎりにresponseを提出すると、審査官は6ヶ月の応答期限内にAdvisory Action又はNotice ofAllowabilityを発送することができず、6ヶ月の期間満了後に米国特許出願は放棄とみなされます。

そこで、特許出願の放棄を防止するために、Appealを提出したのでしょう。Notice of Appealを提出すると、6ヶ月の応答期間満了後も、特許出願の係属を維持することができます。

多分、Appeal Brief(審判請求理由補充書に相当する)は提出しないと思います。

Q特許番号による特許検索方法

こんにちは.

先日,ある製品の特許について調べていたところ,
「この商品は特許を取得しています。特許第1875483号。」
とあったので,詳細を知ろうと思い,特許庁のHPのIPDLから検索をしようとしました.

しかし,いくら調べても特許第1875483号についての記述が見つかりませんでした.
そこで皆様に,正しい特許番号による特許検索方法を教えていただければと思います.

ちなみに,「この商品は特許を取得しています。特許第1875483号。」は
http://www.facetedpearl.com/what%27s-j.html
このサイトに載っていました.

よろしくお願いします

Aベストアンサー

1.
特許・実用新案文献番号索引照会 で、種別を「登録」にしてから、文献番号に「1875483」を入力し、「照会」をクリックする。
http://www.ipdl.inpit.go.jp/Tokujitu/tjbansaku.ipdl?N0000=110

2.
文献番号一覧が表示される。
出願番号 特許出願平02-160094
公開番号 特許公開平04-051906
公告番号 特許公告平05-085163
審判番号
特許番号 特許1875483

3.
そのページの下の部分で、文献種別を選択し(例えば「公告」)、「リスト」をクリックすると、その文献番号が表示される。

4.
左欄の文献番号(公告の場合は「特公平05-085163」)をクリックすると、その文献が右欄に表示される。

5.
下欄のコントロールで、ページ送りや拡大、PDFファイルなどが可能。

6.
「文献単位PDF表示」をクリックすると、次に表示される認証用番号(4桁)を入力すればPDFファイルでダウンロードできるので、文書のコピーを保存できる。

Q弁理士本人が発明し特許出願

弁理士って職業あるじゃないですか。普通は一般人の依頼者(別人の顧客)が居て、依頼者の考えた発明を見て代理で弁理士が特許出願の手続きします。飽くまで出願者の名義は依頼者です。

ですが、弁理士が自ら何か発明すると、自分で特許出願したりするのでしょうか?出願者の名義が弁理士本人の特許出願って、時々あるのかしら?

弁理士って、発明の基礎知識に長けた人でしょうし、色々な依頼者の相手をしてアイデアを沢山知っていると思います。依頼者のアイデアをパクると守秘義務違反ですが、業務経験から発明のコツというかツボを体得していて、自分が発明するに有利な職業なのかと思います。

弁理士が特許を出願する、これを何かに例えるなら、、、
・タクシードライバーがタクシーを呼ぶ
・医者が病気になる
・消防署が火事になる
・教師が授業を受ける
・警察官が罪を犯す

こんな感じでしょうか。

Aベストアンサー

発明はそんなに難しいことじゃないです。
技術的に解決したい課題があって、それに対する解決手段を思い付き、そしてそれがこれまでに知られていないことならば、それで発明はできあがりです。

弁理士はそういうことに習熟した人たちだし、もともと技術者あがりだったりすることも多いので、自分が発明者になって出願することはよくありますよ。

そしてそうやって習得した特許を大企業相手に権利行使する事例もあります。こういう場合、大企業は困り果ててしまいます。そしてどういう発明なら、将来使える特許になるか、ということも、経験のある弁理士ならよく分かっています。

>>・タクシードライバーがタクシーを呼ぶ
>>・医者が病気になる
>>・消防署が火事になる
>>・教師が授業を受ける
>>・警察官が罪を犯す

どれもマイナスイメージのものばかりですね。違うと思います。
例えていうなら、証券会社に勤めている人が、将来性のある株を自分で見つけて顧客には紹介せずに自分で買い占めてがっぽり儲ける、というイメージですかね。

Q特許検索・無料と有料の違い。

お世話になります。
特許検索についてお伺いいたします。

有料のパトリス(PATORIS)と無料の特許庁電子図書館などがあります。
利用するなら当然、無料のほうがいいのですが特許を検索する上で何が違ってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。

例えば、特許電子図書館の特許の「公報テキスト検索」の検索ページにある「検索可能範囲」のボタンを押すと、検索可能なデータの一覧が出てきます。例えば、特許公開公報は、平成5年以降のもののみが検索可能であることがわかります。

なお、有料のパトリスなどでも、CD-ROM公報発行前の出願について全文検索できるわけではなく、抄録検索であったり要約検索であったりします。その詳細は各データベースのオンラインヘルプや、仕様書などをご覧ください。

Q生産工場で方法の発明の特許出願するメリットってありますか?

 以前は質問にお答えいただきありがとうございます。
 
 以前の会社で同僚が弁理士を介さずに自力で会社の製品の生産過程の一工程の特許出願をしていたことがあったのですが、この件について質問させてください。

 工場での製品生産過程の一工程に相当する製造方法の発明は「物を生産する方法の発明」にあたるのでしょうか。それとも、「方法の発明」にあたるのでしょうか?

 また、工場での生産方法に関する「方法の発明」の場合特許出願するとどういうメリットがあるのでしょうか?
もし、その発明が特許を得たとして、その方法が同業他社の工場で行われているとしても、その工場で行われていることは部外者が知りようがないから、それを止めさせることもできないと聞いたのですが。
結局、元同僚のしたことって、自社の製造方法を同業他社に教えただけなのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1のご回答の通りです。
この種の出願を多数取り扱った(代理人として)経験から申し上げますと、そのほとんどが、他社に権利を取られて、将来その方法が実施できなくなる可能性(実際にはNo.1のご回答の通り権利者は当方の工場内でのことは知り得ないのですが)をなくしておくためです。要するに、典型的な日本企業の発想である、疑心暗鬼型出願の一種です。
ただ、目的物が、その発明に係る方法でしか製造・生産されないことが明白である場合は、この種の出願は意味をもってきます。
いずれにせよ、No.1のご回答の通り、出願によってその方法の、いわゆる手の内を他人に公開してしまう訳ですから、出願すべきか否かは慎重に検討すべきと思います。


人気Q&Aランキング