秀丸のマクロをアンインストールしたいのですが
できなくて困っています。

マニュアル(そのマクロの)には

1) マクロメニューの「(C) 各種設定の変更」->「(H) 高度な設定の変更」->「(U) マクロのデータベースの消去」を実行して下さい。


と書いてあるのですが、私の秀丸のマクロのメニューのところには
「各種設定の変更」がありません。
どうすればいいんでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

秀丸サポートで聞かれたてみてはいかがですか?



よかったら、こちらのページを参考にしてください。
http://hidemaru.xaxon.co.jp/support/index.html

参考URL:http://hidemaru.xaxon.co.jp/support/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/07/08 22:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q秀丸マクロについて

秀丸マクロをバッチファイルや他のプログラムにて
起動させることは可能でしょうか?

とはいうものの、私は秀丸マクロを起動させる際、
手動にて秀丸を起動後、メニューバーにある「マクロ」→「マクロ実行」による実行で
しか起動したことがないのです。

ご教授のほどお願いします。

Aベストアンサー

秀丸のヘルプにて
「秀丸起動時のオプション」の項を見て下さい。
hidemaru.exe /xマクロ名 で起動可能とあります。

Q「秀丸キーワードチェンジャー」のマクロ登録方法

いつもお世話になっています。秀丸Ver.4.16を使用しています。
「秀丸キーワードチェンジャー KWCH.EXE V2.2」をダウンロードしたのですが、.macファイルがありません。KWCH.EXE とヘルプ、説明書だけしかありませんでした。
説明書には、「秀丸エディタから呼び出したい場合は、以下のようなマクロを作成して、それを実行するようにしてください。 
例: kwch.mac
run "c:\\hidemaru\\kwch.exe";」
と記載されているのですが、具体的にどうやればいいのか分かりません。

ホームページで色々と調べたのですが、内容が理解できなくて……肝心の、.macファイルの作成方法、及び、作ったファイルをKWCH.EXE とどう関連づけるのかが分かりません。
初歩的なことですが、分かりやすく教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

まず始めに、Ver4.16だとキーワードチェンジャーは使えないようですね。
かなり昔のバージョンの秀丸用の機能だと思います。現在のバージョンなら
標準の機能で同様(それ以上)のことができますよ。
異なる拡張子によって自動的に強調表示の種類を切り分けられます。
ためしにVisual Basicのソースファイルである、拡張子「frm」のファイルで実験しましょう。

1) まずは、秀丸の「その他(O)」-「動作環境(E)」にて、動作環境ウィンドウを開きます。
2) 「設定の対象(L)」から「関連付け」を選択します。
3) 「追加(D)」ボタンをクリックして現れたインプットウィンドウに「frm」と記入し、「OK」をクリックします。
  VBがインストールされていて、何らかのソースがあるのならそれを、そうでなければ秀丸で適当に文字を記入し、
  「test.frm」という名前で保存します。
4) frmファイルを秀丸で開いた状態で「その他(O)」-「ファイルタイプ別の設定(C)」をクリックします。
5) 「設定のリスト(T)」ボタンをクリックし、現れたウィンドウの「新規(N)」ボタンをクリックします。
6) 現れたインプットボックスに「vbプロジェクト」と記入し、「OK」ボタンをクリックします。
7) 「設定の対象(L)」から「表示とカラー」-「強調表示」を選択します。
8) 「強調表示(Y)」にチェックを入れ、「読み込み(O)」ボタンをクリックします。
9) 「強調表示キーワードの読み込み」ウィンドウから、VisualBasic.hilightを選択し、「OK」をクリックします。
10)「(ファイルタイプ)の設定(S)」から、vbプロジェクトを選択し、「OK」を押します。
11)以降、frmファイルを秀丸で開くたびにvbプロジェクト用の強調表示が有効になります。

さて、ちなみに今回の件では不要とはなりましたが、もともとの問いについても解答します。
1) まずはkwch.exeを適当なフォルダへ移動しましょう。秀丸をインストールしたフォルダ
  (普通にインストールすれば、C:\Program Files\Hidemaru だと思います)に移動しておけばよいと思います。
2) 秀丸を立ち上げ、
run "C:\\Program Files\\Hidemaru\\kwch.exe";
  と入力します。
  (注:macファイルでは、「\」は他の意味を持つため、「\」を表示したい場合は「\\」と表記します)
3) このファイルを保存します。その際、「ファイルの種類(T)」を「秀丸マクロファイル(*.mac)」とします。
  ファイルの名前は適当でOKです。
4) 秀丸のメニューから「マクロ(M)」-「マクロ登録(E)」をクリックします。
5) マクロ登録ウィンドウのマクロ1の「ファイル名」右側にある「...」と書かれたボタンをクリックし、
  先ほど作成したマクロを選択します。
6) タイトルの部分には適当な名前を記入します。ここでは「キーワードチェンジャー」とでも入力しましょう。
7) 「OK」をクリックしたら登録終了です。秀丸のメニューから、「マクロ(M)」をクリックすると、
  新たに「キーワードチェンジャー(1)」というメニューが現れるはずです。
私はVer4.14で試してみましたが、ここまでやってキーワードチェンジャーが機能しませんでした。

まず始めに、Ver4.16だとキーワードチェンジャーは使えないようですね。
かなり昔のバージョンの秀丸用の機能だと思います。現在のバージョンなら
標準の機能で同様(それ以上)のことができますよ。
異なる拡張子によって自動的に強調表示の種類を切り分けられます。
ためしにVisual Basicのソースファイルである、拡張子「frm」のファイルで実験しましょう。

1) まずは、秀丸の「その他(O)」-「動作環境(E)」にて、動作環境ウィンドウを開きます。
2) 「設定の対象(L)」から「関連付け」を選択します。
...続きを読む

Q文書作成の観点からみた秀丸の長所

普段は Word で文書を作成しているのですが、さいきん秀丸にも興味があります。
テキストエディタとして秀丸が優れていることは、いろいろ目を通してなんとなく分かるのですが、
具体的にどういった点で優れているのかがいまいち分かりません。
できれば文書作成の観点から Word との比較をふまえた上で、秀丸の長所を教えて頂ければと思います。
また当方パソコンには詳しくないのですが、そのような人間でもすんなり秀丸を使うことができるでしょうか?

Aベストアンサー

エディタは基本的にプログラムを書くためのソフトです。装飾などの機能はなく、その分とても小さいプログラムでできていますから軽快に動作し、イラつくことがありませんので、それを日本語文章を書くために流用しているのが一般的です。エディタはあくまでテキストファイルを記述したり、既存のテキストファイルを加工するためのソフトですから、文字以外のデータは扱いません。図や表を組み込む必要があるなら別のソフトを使うべきですが、文章部分だけはエディタで作成し、これをWordなどに読み込ませ、図や表はWordの挿入機能などで貼り付けてひとつの文書を作るというような使い方をします。
ですから通常、エディタソフトには禁則処理など日本語文章作成に必要な機能は、ないか、擬似的な動作しかできませんが、秀丸エディタでは最初から日本語文章を想定して禁則処理や縦書き、段組などのさまざまな機能が搭載されています。日本語文章作成に限れば、この点が他のエディタより優れている点でしょう。
また、キー操作などを自分好みに作ることができ、自分専用のソフトに仕上げることができます。
もともと他のエディタに比べても多くのの機能が盛り込まれたソフトですが、さらにマクロを組むことで新しい機能を作り上げることができ、いろいろな人が作った便利なマクロが公開されてもいますので、これが、多くの人が秀丸を支持する最大の魅力だと思います。

参考URL:http://hide.maruo.co.jp/software/hidemaru.html

エディタは基本的にプログラムを書くためのソフトです。装飾などの機能はなく、その分とても小さいプログラムでできていますから軽快に動作し、イラつくことがありませんので、それを日本語文章を書くために流用しているのが一般的です。エディタはあくまでテキストファイルを記述したり、既存のテキストファイルを加工するためのソフトですから、文字以外のデータは扱いません。図や表を組み込む必要があるなら別のソフトを使うべきですが、文章部分だけはエディタで作成し、これをWordなどに読み込ませ、図...続きを読む

Q秀丸エディタのマクロ作成について

改行マクロの作成に悩んでおります
例えば、下記のような文章があるとして

「今日は夜です。明日は日曜日です。犬も歩けば棒にあたります。ことわざです。」

「今日は夜です。
明日は日曜日です。
犬も歩けば棒にあたります。
ことわざです。」

のように、「。」を「。+改行」もしくは「。」を「改行」に置き換えるようなマクロが欲しいのですが、どのように作ったらいいのでしょうか?
勿論「。」に限定はしません
ようするに、置き換え+改行をしてみたいのです

insert や replaceall をうまく繋げるのでしょうか?
ちょっと無茶かな?(^^:)

どなたか宜しくお願い致します

Aベストアンサー

秀丸エディタでは、"置換"機能だけで可能です。

"置換"機能で

置換前 。
置換後 。\n
正規表現にチェック

です。

Q秀丸からEmEditorへ

今現在は秀丸を使用しておりますが
秀丸を削除してEmEditorを使用しようと考えております。
そうした場合
今まで作成している秀丸テキストは
自動的にEmEditorテキストに変換されるのでしょうか?

Aベストアンサー

秀丸は一般的なテキストファイル(*.TXT)を作成しますので、秀丸で作成したテキストファイルは、他のエディターやWindows付属の「メモ帳」などでも利用することができます。

Q秀丸エディタでのマクロ作成方法

秀丸エディタでTEXT文の行末に特定のキーワードを入れたいのですが、
マクロの作成方法が解りません。
どうすれば良いのでしょうか?

キーワードはメモリされた物 or 別途入力してもOKです。

Aベストアンサー

今までキーボードマクロしか使ったことがなかったので
少々不安ですが・・・一応、これでファイル内全行に対応できると思います。

#lcnt=1;
gofiletop;
while (#lcnt<linecount2) {
golineend2;
insert "挿入したい文字";
down;
#lcnt=#lcnt+1;
}

エディタ的改行で処理してますが、もし、ワープロ的にしたい場合は
linecount2とgolineend2から2を取ってください。

QTeraPadと秀丸エディタの違い

現在、エディタに秀丸エディタを使っていますが、パソコンに詳しい友人からTeraPadを勧められました。
聞いたことはあるエディタなので、一定のユーザーもいて便利なソフトなのだと思いますが、
・具体的にどんな特長がありますか?
・秀丸エディタから乗り換える意義はありますか

ちなみに、秀丸は使っているといっても、マクロなどはほとんど使っていません。

Aベストアンサー

無料だということ。
秀丸より動作が軽いこと。
マイクロが使えないなど秀丸より機能が少ないこと。
ですね。
私はTeraPadの機能だけで十分ですけどね。

Q秀丸のマクロについて

秀丸のマクロで、以下の置換をやりたいのですが、どうしたらできるか教えてください。

商標登録の置換方法
ああああ(R) → ああああ&reg;
いいいい(TM) → いいいい&trade;

Aベストアンサー

regular が余計なんでしょう.

Q秀丸で編集したファイルをwordpadで開くと小さい「→」が入る。

秀丸で編集したファイルをwordpadで開くと小さい「→」が入る。

秀丸で開いたときは

</body>
</html>

このように最後にないもないんですが、wordpadで開くと

</body>
</html>


と矢印が入っています。
サーパ上にこのHTMLファイルをアップしてブラウザでみてみると、やはり小さい「→」矢印が入ってしまいます。

ずっと秀丸を使っているのですが、このようになったのは初めてです。
秀丸の設定がおかしいのでしょうか。
ご教授お願いします。

Aベストアンサー

秀丸でそのファイルを開き
その他>ファイルタイプ別の設定>その他>保存・読込み

「保存するときにEOF制御文字を付ける」
にチェックが入っていませんか?

Q【秀丸マクロ】IFの使い方

秀丸マクロでの、IFの使い方が分かりません…。

秀丸でCSVデータの編集をしています。
"文字列1","文字列2","文字列3","文字列4","文字列5",
のうち、文字列4だけを見て、条件に合致するものは『行ごと』削除したいんです。
調べて調べて、やっとこ↓までは書いたのですが、

gofiletop;
while( code != eof ){
searchdown "^\"((.*?)\",){4}\"(.*?)\"(?\\1)";
deleteline;
}

IFがないので、これではぜーんぶ消えてしまいます。(苦笑)
IFをどういった方法で追加すればよいのか、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

searchdown のあとの result を見て
成功していたら 行削除 失敗 していたら ブレーク という処理が必要だと思います。

秀丸でしたら マクロ作者 用の会議室がありますので、そちらをのぞいてみてはどうですか?(^^

参考URL:http://www.maruo.co.jp/hidesoft/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報