インドや中国などでは優秀なソフトウェア開発技術者が多く、しかも賃金も安いということで、
ソフトウェア開発に外国の技術者を雇うことが多いそうですね。
今後、このような国々がソフトウェア開発の業界を占めていくのでしょうか。
また、ソフトウェア以外の産業、半導体産業、IT産業などでもこのような国々が中心になっていくのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

現在、コンピュータの中心部品のマザーボードやチップは中国で作られていることが多いのはご存知だと思います。

特に台湾系のメーカーが中国に工場を構えて生産していることは事実です。
また、ソフトウェアにおいてもハードウェアにおいてもインドは非常に力を入れており、外国人技術者の導入と自国民の技術者の育成にかなり国力を注いでいます。
両国に共通して言えるのは、安価で豊富な人的資源が技術力・生産力そして国内市場を育てつつ形成できるということです。
これらの国々が当分の間、鍵を握るのは間違いありませんが、中国のWTO加盟がどれだけ市場全体に影響を与えるかは未だ未知数です。
いずれにせよ、人という資産を十分自国の発展のために活用すべく、貪欲に外国から技術を導入し、自分のものにして世界市場へ打って出ようとする戦略に変わりはありませんし、両国の市場を世界の企業が狙っていますから、両国の思うツボであることも確かでしょう。

むしろ、ソフトやIT、半導体事業そのものの将来性が両国の方向性を揺るがすかもしれませんが、野心は十分持っているとは思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q優秀な人間だけ結婚すれば日本人は優秀になる?

 近年、日本人の未婚率上昇が問題になっています。現在30代の男性では3人に1人が生涯未婚になると予想されています。
 しかしこのことは悪いことなのでしょうか?体格・性格・知性・収入などが劣った人間は結婚の段階で選別されて子孫を残せなくなります。このまま選別を続けていけば、将来の日本人は背が高く、容姿端麗で頭がよく、健康で社交的で良く稼ぐ人の割合が増えるのではないかと思うのですが、いかがでしょうか?

Aベストアンサー

現在の出生率の低下の要因は、女性が個人で生きていける社会が成り立っているためであって、別に劣った人たちが淘汰されているわけでは無い事を、まず前提として理解しておいたほうが良いと思います。

女性が独りで生きていけるのに、なぜ結婚して家事だの育児だので苦労しなければならないのか?という意識があるからですよ。
質問者様が仰ってるような理由ではありませんので悪しからず。

ちなみに、出生率が低下した場合の弊害ですが、将来的な人口が減少し、生産性も落ちて経済が右肩下がりに落ちていきます。
さらに今ですら問題となってる社会保障費の個人負担率が大幅に上がります。

それだけではありません。
おっしゃっている事が日本国内だけで完結すればいいですが、実際のところ、人口低下に歯止めがかからなければ、政府は海外から移民を受け入れるでしょう。

その中に優秀な人がいるかもしれない。
そうなれば、日本人以外の血が大幅に増え、将来的には日本はアメリカのような多民族国家になるでしょう。

質問者様がそんな日本を日本と呼べて誇りを持てるのなら良いですがね。

Q技術開発シーズとは?

この「シーズ」とは何の事なんでしょうか?

Aベストアンサー

シーズの語源は「seeds」つまり「種」ですね。
研究開発における要素技術のことです。
研究開発するとき,「役に立つかわからないけど,面白そうな現象を発見した」
というような要素をいくつか持っておいて,それをどんどん伸ばしていこう,
という考え方を「シーズ指向型」って言いますね。
一方,「現在,こういう技術が望まれている」という観点から研究開発して
いくやり方を「ニーズ指向型」と言います。
ニーズ型は利益に直結しやすいため,少ない投資でそれなりの効果が期待でき
ます。日本の企業はこのタイプが多いです。一方,シーズ型は多くの投資が
必要になり,無駄も多い反面,うまくいけば画期的な大発見につながる可能性
もあります。アメリカの企業はこれが得意です。

Qヨーロッパの国々の言葉について・・・

昔から疑問でした。日本は韓国のすぐ隣りで近いのに韓国語は全然分かりません。中国語も分かりません。フィリピンも沖縄のすぐ近くですが全然言葉が分かりませんよね。
ヨーロッパは実に多くの国があります。ヨーロッパの国々は国境を越えると、やはり日本と韓国などと同じように全く言葉が通じなくなるのでしょうか?例えばお隣どうしのドイツ人とフランス人、スペイン人やポルトガル人の方々は、日本と韓国のように全然違う言葉なのでしょうか?それとも日本の方言の違いを強くしたような感じで、通じることは通じるが、厳密には違う言語、といった感じなのでしょうか?お願いいたします。

Aベストアンサー

 No.1の方も言われていますが、
 
 金田一春彦博士がその著書『日本語』で、『日本の各地の方言は、ヨーロッパ各国の言語ほども違があり、それが日本語の1つの特徴でもある。』と書いておられます。
           参考までに

Q建築工事の監理技術者、主任技術者になれる雇用形態は

よろしくお願いします。 公共工事の建設現場などに置く管理技術者や主任技術者似なれるのは、元請会社の正社員以外だと、パートでも期間を定めない雇用契約ならOK、とは聞きましたが、出向社員やや派遣社員でもなれるのか教えてください。

Aベストアンサー

場合によっては、たぶん無理です。

主任技術者、管理技術者の要件は
「直接的かつ恒常的な雇用関係」が必要とされており、

下請け会社や協力会社の社員などがその会社に在籍したまま元請け会社に出向した場合は「直接的な雇用関係」の要件を満たしていませんし、その工事のために一時的に元請け会社に雇用されたとしても、「恒常的な雇用関係」の要件を満たさないと見なされます。

この確認には、健康保険証や源泉徴収票を施工体制台帳とともに提出することで、なされるようです。

参考URLは福井市の例ですが、国土交通省、各都道府県発注の公共工事においても同様です。

さて、これらの要件は建設業法のどこに謳われているのでしょうか?
...すみません、勉強します。(^^;

「法令データ検索システム」↓で、「建設業法」などの関係法令を確認してください。
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi

Q国内でキリスト教が宗教構成トップである国々は世界の何割なのでしょうか?

国内でキリスト教が信じている宗教ナンバーワンの国はいくつあるのでしょうか?
ソース付きで教えていただきたいです!

Aベストアンサー

キリスト教といっても、簡単に言っても、ローマカトリック、正教会、プロテスタント、などなど宗派が色々あるのですが、そういうものをすべて「キリスト教」の一言で無理やりまとめてもいいならば、、英語ですが下記のデータがわかりやすいです。
http://www.pewforum.org/2011/12/19/global-christianity-exec/
この下の方にキリスト教の人口が多い国トップ10が出ています。
・コンゴ共和国
・メキシコ
・フィリピン
・ブラジル
ここまでが90%超え
・アメリカ
・ロシア
・ドイツ
この3カ国が70%超え
・エチオピアが60%越え
・ナイジェリアが50%越え

そして共産党員の宗教禁止を徹底している中国でも人口の5%がキリスト教です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報