インドや中国などでは優秀なソフトウェア開発技術者が多く、しかも賃金も安いということで、
ソフトウェア開発に外国の技術者を雇うことが多いそうですね。
今後、このような国々がソフトウェア開発の業界を占めていくのでしょうか。
また、ソフトウェア以外の産業、半導体産業、IT産業などでもこのような国々が中心になっていくのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

現在、コンピュータの中心部品のマザーボードやチップは中国で作られていることが多いのはご存知だと思います。

特に台湾系のメーカーが中国に工場を構えて生産していることは事実です。
また、ソフトウェアにおいてもハードウェアにおいてもインドは非常に力を入れており、外国人技術者の導入と自国民の技術者の育成にかなり国力を注いでいます。
両国に共通して言えるのは、安価で豊富な人的資源が技術力・生産力そして国内市場を育てつつ形成できるということです。
これらの国々が当分の間、鍵を握るのは間違いありませんが、中国のWTO加盟がどれだけ市場全体に影響を与えるかは未だ未知数です。
いずれにせよ、人という資産を十分自国の発展のために活用すべく、貪欲に外国から技術を導入し、自分のものにして世界市場へ打って出ようとする戦略に変わりはありませんし、両国の市場を世界の企業が狙っていますから、両国の思うツボであることも確かでしょう。

むしろ、ソフトやIT、半導体事業そのものの将来性が両国の方向性を揺るがすかもしれませんが、野心は十分持っているとは思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング