足し算の意味について、整数の場合と小数・分数の場合と、同じ意味なんでしょうか?理由と共にお答えください。明日ディベートなんですぅ(+_+)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 


  すでにディベートには間に合わないかも知れませんが、明日必要という場合、せめて、夕方5時とか6時に質問を出すべきだったとも思います。
 
  また、ディベートに必要で教えて欲しいというのは、質問者の必要性ですが、ここは、質問に対する回答を蓄積するというサイトでもあります。そういう訳で、私見を記します。
 
  少し難しい話ですが、整数も少数・分数も「実数」であるので、足し算の意味は同じであるというのは、よく出てくる意見で、実は、そうではないのです。実数という数の集合を一旦造ってしまうとそういう風な見方になるのですが、実は、別の考え方もあるのだということが忘れられているのです。
 
  言葉が分からないかも知れませんが、後で少し説明します。
 
  整数は、「群」として、集合として閉じています。整数同士の足し算というのは、この群集合を構成する、「演算」なのです。群には、「逆演算」というのものが普通あるのですが、「逆演算」は、「引き算」になります。
 
  小数や分数は、分数の場合は、有理数体という、「体」という名前のある集合なのです。小数も含めると、「実数体」という「体」になります。
  つまり、分数で使われる「足し算」は、有理数体の「演算」としての「足し算」なのです。これは、整数群の演算としての足し算とは、また違うのです。また、小数で使われる「足し算」は、実数体の「演算」としての「足し算」です。だから、それぞれ、「演算」として違っているのです。
 
  実数の場合と、整数の場合で、「足し算」が同じに思えるのは、実数体を造った後、整数群の要素、つまり、1,2,3,……-1、-2等を、実数として捉え直すからです。(1と 0.99999……は同じ数か違う数かという問題でも、整数群の要素の1と、実数体の要素の1を混同しているので、話が錯綜するのです。整数群の要素の1は、無論、0.99999……とは「違う数」なのです。しかし、実数の1と整数群の1を同じ数とするという定義を置くと、また置いているので、整数の1が0.9999……と同じになるのです。この整数の1と、実数の1の違いと、同じと定義するという過程がよく分かっていないので、こういう問題が起こります)。
 
  何か、難しい、意味不明なことを書いたように思えますので、少しだけ説明します。
 
  元々、足し算というのは、整数のあいだで考えられていたのです。本当は自然数のあいだで考えられていたのです。ものの数を数える時は、自然数だった訳です。しかし、「引き算」というものがあり、3個の石がある、ここから5個の石を取ったらどうなるか、という問題を考えると、そんなことはできないのですが、そこで、足りない2個を借りて来て、例えば赤い石にして取ると、マイナス5の引き算ができるのですが、そこでは、赤い石が2個できるのです。これを、マイナス2だと考えようということにしたのです。
 
  これを、「数の拡張」と言います。
  整数のあいだで、幾ら足し算をしたり引き算をしたりしても、答えは整数です。これを、整数(群)は、「閉じている」と言ったのです。
 
  けれども、例えば長さなどだと、1の長さと2の長さの半分の長さというものが考えられます。また、袋のなかに林檎が4個ある。こういう袋が5個あると林檎は全部で幾つかというのは、4かける5で、20個になります。これが「かけ算」です。けれども、整数を幾らかけ算しあっても、大きな数ができるだけで、整数しか出てきません。
 
  そこで、「わり算」というものを考えると、例えば、3を2で割るとどうなるのか、というと、答えは、整数になりません。マイナスの数を考えたように、「数の拡張」を行って、3割る2は、1.5あるいは分数で、3/2だとするのです。
 
  整数の時の「足し算」「引き算」と、こういう風に「かけ算」「わり算」も加えて造った数の時の「足し算」「引き算」は、本当は違ったものなのですが、「かけ算」や「わり算」もある数(これを「有理数」と言います)で一度考え始めると、有理数での「足し算」「引き算」と、整数(群)での「足し算」「引き算」は、同じようになるので、同じだと思えるのです。
 
  けれども、元々違っているのです。
  これを、数の拡張という段階で考えて、「違う」とするのが、いまの説明ですが、拡張した結果の実数で考えて、「同じ」とする考えもあるということです。
 
  それでも地球はまわっているではありませんが、本当は、違っているのです。整数の足し算・引き算は、「整数群」として閉じている演算だからです。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほんとにもっと早く質問すればよかったです…(+_+)
なんだかとっても難しくて算数苦手な自分には「?」な部分もありますが、ほぼ納得しました(←ホントか?!)
ありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2001/12/06 21:22

こんにちは。

再びmaruru01です。
ちょっとnozomi500に対する意見を。本来はあまり回答者どうしで意見を言い合うのはよくないかも知れませんが、今回は、そういう意見の言い合い自体が質問者さんに参考になるのではないかと思い、書くことにしました。

さて、例に出された問題は、確かに小数や分数は使えません。ですが、足し算(と引き算と掛け算)については、「量」における考え方と違いはありません。なぜかというと、足される数と足す数は、当然最初から整数と決まっているので、足し算の結果も整数にしかなりません。問題としてたまたま小数を使用しないというだけで、足し算(や引き算や掛け算)としての違いは無いわけです。
「太郎君~」も、「3」という数に「2」という数を足したら、「5」という答えが導かれたというだけです。
もう一度いいますと、足し算というのは、
「ある実数にある実数を加える」ということで、場合によっては、小数を使用しないというだけのことです。
ちなみに、割り算が出てくるとちょっと話が違ってきます。例えば、「13人をほぼ均等に3つのグループに分けると、それぞれ何人のグループになるでしょう」というい問題では、割り算の結果は小数ですが、人の数ですから、答えを整数にしなければならないわけです。
あと、ちょっと蛇足かも知れませんが、整数での考えがむしろ「デジタル」で、量で考えることが「アナログ」だと思うのですが。
では。
    • good
    • 0

2に補足。


「帯分数」ですが、「引き算」のときに「くり下がり」のために部分的に仮分数にすることはあるのですが、たとえば、8と5/7のときに、7と12/7にすりゃいいものをわざわざ61/7にする生徒。

maruru01さん、「量」で考えるかぎり、実数であればみな同じですが、整数に限る場合は「順序」というのがあります。小数や無理数は出てきません。パズルの世界では整数に限るものは多いです。「0.3番目の子供」とか「√3年生」とか。
こういうのを使う足し算はあります。
「太郎君は前から3番目に並んでいます。一郎君は太郎くんの2人後ろです。一郎君は前から何番目に並んでいますか?」

デジタルに「数字」でみるだけでなく、「数」としてみると、いろいろ考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

…私は帯分数を仮分数に直す人間です(+_+)
「数」という考えって意外と持てないですね。
ディベートの敵方とそんな部分を詰めて戦いました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/06 21:15

こんにちは。

maruru01です。
まずお訊きしたいのですが、なぜ、「整数」と「小数・分数」を分けるのでしょうか。
どちらも「実数」であることには変わりは無く、当然足し算の意味も同じです。
つまり、「ある実数にある実数を加える」というわけです。
整数は小数点以下がたまたま0の実数ですし、小数は小数点以下がたまたま0でない実数です。
分数はこれらの数の表現の仕方の違い、もしくは、ある数を数式の形で表しているだけです。
つまり、小数の0.5を、1÷2=1/2としているだけです。
さらに整数の2も、2÷1=2/1と表すことだって出来るわけです。
まとめますと、「整数と小数・分数に数としての違いはなく、従って足し算の意味も同じである。」ということです。私なら、このように論陣を張りますね。
参考になりましたら幸いです。
では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そのまとめいただきました!!ありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2001/12/06 21:19

「足し算の意味」というより、「足し算の方法」ということでしょうか。



「足し算」そのものの「意味」としては、「整数」独特のものとして、「順序」の足し算があります。「3年生」などは「順序」を表わす数だから、「小数」や「分数」になりませんね。「前から5番目」とか。
「量」については、小数も分数も同じでしょうね。

「方法」について考えると、「位をそろえて」という点では同じですね。(小数の計算で「小数点をあわす」のでなく「位をそろえる」のですね。
「整数では右にあわせるのに、小数では小数点にあわせる」という「違い」を言う人がいるかもしれませんが、意味としては「同じ」です。

帯分数の足し算(引き算でも同じだけれど)で、「仮分数」になおして足し算して、また帯分数になおす、というご苦労な作業をする子がよくいます。基本的に足し算が理解できていないのじゃないかなあ。
(それを確認するためにディベートがあるなら、たいしたもんだ。)
    • good
    • 0

ディベートなら自分で考えた意見でガンバレ!!!


と、いいたいけど、せっかくこたえるんだからちゃんと答えてあげたいのですが、
少し材料不足です。あまり要領を得る答えではないのですが、乱文オツキアイよろしく

足し算というのは或数字に或数字を加えるという作業ですよね?
その或数字Aがもし整数であった時
整数に整数を加える作業です。出てくる数字はきれいな整数です。
もし、Aが小数もしくは分数であったばあい、
やはり、そこに出された数に加える作業には違いがないように思います。
よってわたしの答えとしては、同じ意味です。
しかし、ディベートなんですよね?
そのばあい、反論意見立場になることもあるわけですよね?
むしろ反論意見のほうがどのようにつくりだしていいものか、
滅法見当もつきません。
そのときは本当にがんばってかんがえてください。
それでは失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございますm(__)m実際情報少なすぎですね…。ちなみにディベート勝ちました!

お礼日時:2001/12/06 21:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデジカメの無料プリント

デジカメの無料プリントをしてもらえると聞きました。
プリントには広告が入るそうです。
どのようにすれば無料プリントがしてもらえるのか教えてほいしです。

Aベストアンサー

http://priea.jp/top/index.html
このサイトでは

1.会員に登録する。この際住所や誕生日やアンケートなど
 きかれます。メールアドレスも記入する。
2.記入したメールアドレスにメールが来るのでURLをクリックし、
 会員登録完了。
3.インターネット上のアルバムにアップロードします。
4.アルバムからプリントboxにドラッグする。
5.送付先の確認やプリントの確認などします。
6.注文内容の確認
7.完了され住所に写真が送られる。

※なおクロネコメールで送られます。
 1回当たり30枚

だいたいこういうながれです。

参考URL:http://priea.jp/top/index.html

Q整数÷小数と小数÷整数の意味について

整数÷小数と小数÷整数の意味について

以下の題に対する立式は正しいですか?
(1)整数÷小数
→10リットルのジュースをコップ1個あたり0.5リットル入れると、コップはいくつ必要?
10リットル÷0.5リットル=20個

(2)小数÷整数
→0.5リットルのジュースを10等分したうちの1つの量は?
0.5リットル÷10=0.05リットル
 

Aベストアンサー

こんばんは。

正しいです、
そして、2つとも、小数が入った割り算の初心者向けの例示として見事だと思います。

Q無料プリントサービスについて

先日、情報番組の中で「無料プリントサービス(プリア)」を紹介していました。似たようなサービスが他にもあると聞きましたが・・・ご存知の方教えて下さい。

遠方に住む主人の母親(高齢)の為に、息子(孫)の写真をまとめて送るのが目的です。高い品質は望みません(家庭プリント並みで充分)、またアルバムとしてデータを保存する必要もありません。ただ、プリアだと30枚中15枚は広告スペースが広く写真が小さくなってしまいます。母親は目が悪くなっているので普通サイズ以下は困ります。上記の条件でできれば無料プリント、もしくは送料無料でプリント料金が驚くほど安いサービスがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

L判で1枚5,9円が下記サイトです。
ネットで申し込みができます。
http://www.photo-cross.jp/


送料は下記です。
1枚~300枚まで99円(メール便)
301枚~999枚まで無料(メール便)
http://www.photo-cross.jp/delivery.php#002

Q小数を分数にするやり方と分数から小数にするやり方を教えてください。0.

小数を分数にするやり方と分数から小数にするやり方を教えてください。0.35が2/7になるのと2/7が何故0.35になるのか教えてください 自分でやると7/20、むりくりしても7/2です(;_;)

Aベストアンサー

(1)0.35 → 2/7

まず、小数点をなくすために100/100を掛ける
 0.35 → 35/100
分子と分母をそれぞれ因数分解
 35/100 → (5*7)/(2*2*5*5)
分子と分母を5で約分する
 (5*7)/(2*2*5*5) → 7/(2*2*5)
因数分解を元に戻す
 7/(2*2*5) → 7/20

したがって 7/20が正解なので、どうやっても2/7にはなりません

(2)2/7 → 0.35

分子を100倍し、全体に1/100を掛ける
 2/7 → 200/7 * 1/100
200を7で割る
 200/7 → (28...4)
よって
 200/7 * 1/100 → 28/100 + 4/700
あまりの4/700は1/100より小さいのでとりあえず無視すると
 28/100 → 0.28

したがって、約0.28になるので、0.35は間違い

(1)、(2)より設問自体が間違っているといえます。

Qデジカメプリント 無料お試し有り ソフト不要のところを教えて

ネット注文するつもりでデジカメプリントで検索したのですが、

たくさんありすぎて困っています。

・無料お試しプリントが出来る

・注文用ソフトなどをダウンロードしなくてもよいところ

・L判1枚20円以下のところ

を探しています。おすすめのところを教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://priea.jp/aboutpriea/priea.html
1月10枚の無料プリントが利用できます(写真に広告が入りますが)
有料プリントは15円/枚です。

http://www.dpone.net/
無料は無いですが、1枚10円で、ポイント還元があります。

Q分数や小数といったものは、数自体には意味は無く、文脈を伴って初めて意味を成すのでしょうか?

愚問で申し訳ありません。
例えば、「ケーキ100グラムを1/2」と「ケーキ1000グラムを1/2」では、両者とも同じ1/2だけれど、文脈(ここで云う文脈とはケーキのグラム)が違うため、同じ1/2でも、分割された量やその分割された内の1つの量は違うと云う認識でよろしいのでしょうか?

また、分数は、「一つのものをいくつ分割した内のいくつか」という意味ですが、例えば文脈により、ケーキを100グラムをひとつと捉えることもできるし、ケーキ1000グラムを一つと捉えることもできるのでしょうか?

Aベストアンサー

 
1/2は半分
「ケーキ100グラムを1/2」とは「ケーキ100グラムの半分」
「ケーキ1000グラムを1/2」とは「ケーキ1000グラムの半分」

100グラムも「ひとつ」
1000グラムも「ひとつ」
60平方メートルも「ひとつ」
「ひとつ」は数量だから重さや大きさは関係ありません。

 

Q無料プリント

デジカメで撮った画像をパソコンから送れば、無料で指定した住所に
発送してくれるサービスがあるというニュースをNHKで見ました。
サイトなどは見れませんでしたので、どこにアクセスすればよいのか
分かりません。ただ、写真の下にスポンサーの広告もプリントされる
ようで、その広告収入でプリント&発送料がまかなわれるようです。
海外から孫の写真を田舎のおじいちゃん・おばあちゃんに手軽に無料で
早く送れるという感じで、人気が出ているようです。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。
よろしくお願い致します。m(__)m

Aベストアンサー

http://priea.jp/
ここでは?

紹介記事
http://arena.nikkeibp.co.jp/col/20061201/119978/

Q小5算数 小数×小数=整数になる組み合わせ 教えて下さい

子供の宿題がわかりません、答えと考え方を教えてください。
ランダムに計算してみましたが端数がでるものばかりでした。
よろしくお願いします。

{問題}2,3,5,6,7,8 の6つの数を一回ずつ使い、小数
    ×小数=整数になる組み合わせを8パターン考えましょう。

    注)3.5×6.8や7.2×6.5などの小数第一位同士
      がある組み合わせ

Aベストアンサー

数をすべて10倍して考えると分かりやすいでしょう。2,3,5,6,7,8を1回ずつ使って2桁の整数を2個作ったとき、その2数の積が100の倍数となる組み合わせを求めればよいことになります

100=2×2×5×5なので、
100の倍数となるためには2数の積に5が少なくとも2回登場しなければなりませんが、使える数字には5がひとつしかないため片方を25(=5×5)、または75(=5×5×3)にせざるを得ません。このとき残りの4つの数字のうち2つを1回ずつ使って4(=2×2)の倍数を作ればよいわけです。


片方が25のとき、もう一方の数は36、68、76
片方が75のとき、もう一方の数は28、32、36、68 

Q小学生用の無料の漢字プリント

小学3年生の息子に漢字の勉強をさせようと思い、小学1年生から小学3年生までの全ての漢字が勉強できる漢字ドリルを探しています。書店の漢字ドリルだと3学年分で1500円くらいしてしまうので、できれば無料で使用できる漢字プリントがいいです。

Aベストアンサー

こちらの「小学生の漢字プリント」というサイトは、
学年ごとに全ての漢字がドリルに収録されているようです。
http://kanji-print.net/

漢字の意味ごとにプリントが分かれているので
効率良く漢字の勉強ができそうですよ。

Qいくつかの分数を整数にする最小の分数

(数学ではなく算数に関する質問で恐縮です)

いくつかの分数を整数にする最小の分数の公式として以下の公式があります。

【分母の最小公倍数/分子の最大公約数】

例えば8/15と12/25なら、

15と25の最小公倍数=75
8と12の最大公約数=4

8/15×75/4=10
12/25×75/4=9

・・・と、ともに整数になります。
テクニックとして丸暗記してしまえばそれなりに使うことができますが、子供から「何でこういう公式が成り立つの?」と聞かれ、答えることができませんでした。
小額4年生にわかる様な説明をご教示いただければ幸いに存じます。

Aベストアンサー

「説明のしかた」 ですから,別の言い方をしてみますね。

いくつかある分数それぞれに共通な分数をかけて,
その答え(積)がいずれも整数になるような「分数」
のうち,最小のものを求める
のですね?

例えば8/15と12/25なら、

この二つの分数に同じ数をかけて答え(積)が整数になるためには,
どうしても,分母の公倍数をかけなければなりません。
最小のものを探していますから,
かける分数の分子は「分母の最小公倍数」
 
つぎに,
「最小の」という点に関して,分子に共通の因数(=公約数)があるなら
(かける数を)それで割ってやる必要があります。
だから,(かける分数の)分母は「分子の最大公倍数」


人気Q&Aランキング