なぜ、未だに、韓国の人々などから日本人は嫌われているのか。戦時中に、日本軍は何を彼らにしたのか。これらの疑問を解決する糸口となる本を探しています。様々な国の人の視点で著された本を読みたいので、できれば、日本人以外の著者の、日本語に翻訳された本がいいのですが、どなたかご存知の方いらっしゃいませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

日本人が嫌われているのは、確かに日本軍のせいでもありますが、その後の日本の態度によるところも大きいと思います。



経済的には発展しているのに、煮え切らない態度や靖国神社参拝、教科書問題、領土問題、戦後補償についてなどなど、問題は数え切れません。おまけにそのことについて日本人があまり関心がない、知識がないことに、わをかけて腹がたつんでしょうね。

学校の教育では戦争のことを教え込んだり、外国製品の非買教育なんかをやるもんですから、中高校生はその影響を素直に受けている面もあると思います。ですが、ほとんどの韓国人は日本に好意的です。英語についで日本語は人気のある語学です。戦争中に日本語を習ったという老人たちは日本語で話せることが自慢気のようでもあります。

従軍慰安婦、強制連行、強制労働で検索してみてください。日本人以外の著者もすぐみつかります。

参考URL:http://www.jp.bol.com/cec/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。日本人にとって、戦争はただの「過去のこと」になってきている気がします。日本人の記憶から、戦争をなくしてはいけないし、事実を知り、それを受けとめなければならないと思います。日本の態度って「あいまい」ですよね。
>ほとんどの韓国人は日本に好意的・・・
ほとんどではなくて、すべての両国民が友好的な関係を築けるようになってほしいです。紹介していただいたURLでさっそく検索してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/07 13:44

そうですね・・・。



ちょっと適当な本が思いつかないのですが・・・。

「JODK消えたコールサイン」津川泉:著、白水社、1993年
ISBN4560040338

などは、日本軍が敗走する際の朝鮮半島の一つの動きを示していて面白いと思います。
JODKとはNHKの京城(ソウル)放送局です。
東欧での共産主義体制の崩壊の時もそうでしたが、メディアが群集の中でどういう意味を持つかということ、そして朝鮮半島で日本のメディアが演じてきた役割や、敗戦の中で半島の人々が初めて手にしたメディアで何が行なわれたか、というのが間接的に日本と韓国の関係を示すのではないかと思います。

それとタイトルや出版社を忘れてしまったのですが、
「韓国の教科書で日本はどう描かれているか」
というような本が出ていたと思います。
そういうアプローチの取り方もいいんじゃないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々なアプローチの仕方があるんですね。メディアの義務として、「真実を伝える」が一番に挙げられると思うんですけど、実際のところ、それは難しかったんじゃないのかなと思います。国家が真実をねじまげるということが、現在も行われているのでしょうか。これは私の勝手な推測ですが。
韓国の教科書では日本のことをどう書いているのか興味があるので、探してみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/07 13:32

もし、よろしかったらこの本を読んでみてはいかがでしょうか?


 『新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論1&2』

 『新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 台湾論』
ともに小林よしのりさんが書いた漫画です。
私的にはかなりの衝撃を受けました。(良くも悪くも)
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございます。小林よしのり氏の本はまだ読んだことがないので、この機会に読んでみようと思います。彼は自由主義史観の持ち主ですよね?確か・・・。様々な史観から、真実に迫ろうと思います。また何か、お勧めがありましたら、よろしくお願いします。

お礼日時:2001/12/07 13:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエヴァ シンジの楽しいこととは?

「楽しいこと見つけたんだ…、楽しいこと見つけて、そればっかりやってて、何が悪いんだよ !」

というセリフがアニメ版にありますが、
シンジ君にとっての楽しいことってなんですか?

エヴァに乗ることでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

親父に褒めてもらうこと、かな。

Q「信頼」著:福山 という本知ってる方教えてください

「信頼」という本を探しているのですが、著者が福山だという情報しかありません。出版社がわかれば一番なのですが、ご存じの方いらっしゃいませんか。

Aベストアンサー

【信頼の法則】福田 壱卍【著】という本が検索でヒットしました。
この本でしょうか。著者が違っていますので、
お探しの本とは違うかもしれませんが。

信頼の法則
ISBN:4871790134
204p 19cm
オレンジ出版 (1991-10-30出版)
福田 壱卍【著】

[B6 判] NDC分類:188.9 販売価:\1,165(税別)

ここまでは信頼できる。
それ以上は信頼できない。
揺るがない信頼なんてあるのか?その扉をひらくカギがここにある。
1 「確かな信頼」を求む
2 「仏法の信頼」を開く
3 「信頼の法則」を掴む

ただし絶版のため入手不能となっています。

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/

Qされて嬉しかったことが今までにありません。なので人にも優しくしようと思わないし、何を求めているのかわ

されて嬉しかったことが今までにありません。なので人にも優しくしようと思わないし、何を求めているのかわかろうともしません。このような人間は皆から嫌われますよね。私は何様だと思います。
最近は世間からも嫌われている気がします。出歩くこともできなさそうです。
生きる気力がわきません。

Aベストアンサー

逆です。
自分からの「人にも優しくしよう」が先です。
そして、これに対価を求めてもいけません。

Q本のタイトルと著者

かれこれ15~20年前に読んだ、たぶん日本人作家のファンタジーです。

ストーリーは…
大きな城塞都市に王がいる。主人公の少年がさまよい歩いたあげく、その王と会う。(この2人はたぶん親子?だったが当人たち、特に少年は知らない?)少年がその王を殺し(または追い出し)て、自分が王位につく?その新しい王のもとにまた少年が訪れる?ここで王は同じことが繰り返される宿命を知って…
といった内容だったと思います。というか、はっきりいってまったく思い出せません(^^;)

当時(15~20年前)、たぶん角川文庫で背表紙が黒かったように思います。すでに絶版になっている可能性大です。
ちょっと懐かしく思い出してしまったもので、見当がつく方がいらっしゃったら、作家と作品名を教えていただければと存じます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

しばらく前のご質問なのでまだ、捜されているかどうかわからないのですが、
川又千秋 著  時間帝国

ではないでしょうか?

下記 url にあらすじと冒頭部がありますので、
よろしければ、確認してみてください。

参考URL:http://www.papy.co.jp/act/book/jikan/

Q大学(院)生以外の「学生」も成績見られることはありますか?

学校に入っている学生が就職活動をするなら「成績証明書も持ってきてください」と言われることはありますか?あれは大学(院)だけであることですか?

Aベストアンサー

あります。
なぜならどんな学生か
真剣に探す会社なら
参考にできるからです。

もし成績が悪い場合は不利です。
でも成績だけがすべてではないということが
わかっている経営者もいます。
「学歴不問」
そういった会社がありますから。

Q本のタイトルと著者

この前、週刊誌で取り上げられてた本のタイトルと著者を教えていただきたいと思って質問します。

その本は、熟年高齢者の恋愛や性について書かれているといった内容でした。そのとき、きちんと本のタイトルと著者をメモしておけばよかったのですが、ついつい忘れてしまって…。読みたいと思うのですが、本のタイトルと著者がわからなくて困っています。

あまり手がかりがないのですが、「もしこの本では?」という本がありましたら教えていただきたいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今年の9月に文藝春秋から出版された
小林照幸・著 「熟年恋愛講座―高齢社会の性を考える」(文春新書)
でしょうか。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/416660399X

Q2通りの指値を注文することは可能でしょうか??

こんばんは。
株素人です。教えてください。

株を売るときに、指値を”利食い用”と”ロスカット用”に指定しておいて、先に株価がその金額になった方に約定させ、もう一方は失効させることは可能でしょうか??
おかしいですか??(素人考えです。)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

証券会社によって違いますが、もちろんできます。

主に逆指値というシステムですが、カブコムやマネックス、楽天などで使用することができます。

Q本のタイトルと著者

本年になってから新聞の書評欄か紹介に載っていたと思うのですが、(もしかしたら載っていた新聞は地方紙(山梨)かもしれません。)一人の作者が1つの題材について全く違う作風で短編を構成して1冊になっている本を探しています。あまりに漠然としているのですが、ご存知の方心当たりのある方、お教え下さい。作者は外国人(確かフランス人だったような)でした。

Aベストアンサー

新刊ではないので書評が載るかどうかは微妙なところですが、フランス人ということならレイモン・クノーの『文体練習』ではないかと思いました。

内容は下記ページがネット上ではいちばん詳細でわかりやすいかと。

参考URL:http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0138.html

Q言っていることが逆の意味を指す四字熟語

さっき言っていたことと、今言ったことが逆。
ということを指す、四字熟語はありませんか?

お力添え、お願いいたします。

Aベストアンサー

朝令暮改(チョウレイボカイ)

朝出した命令を夕方にはもう改めるというように、法律や命令が頻繁に変えられて、一定しないこと。
かな?

Qこの本の著者とタイトルを教えてください。

非常に曖昧な記憶で申し訳ありませんが、このような本を探しています。

・平成5年前後の夏休みの小中学生向け課題図書(推薦図書?)

・主人公は中学生くらいの女の子

・主人公は、未来の自分へのメッセージをテープレコーダーで吹き込んでいる

・主人公のカップルは「ぴあ」を使ってデート情報を探索している


こんな感じです。
昔、途中まで読んだ本なのですが、今でも気になっています。
分かる方がいれば、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その本に心当たりはありませんが、過去課題図書のデータベースを見つけました。
こちらで見つけられるのでは…と思い、参考までに回答させていただきます。

参考URL:http://www.city.ichikawa.chiba.jp/shisetsu/tosyo/db/kddb.htm


人気Q&Aランキング