『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

日本は他の国に比べて圧倒的に海外(アメリカなど)映画の公開が遅いような気がします。様々な理由があると思いますが分かる方いらしゃったらどうか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

十分に宣伝やイベントにより盛り上げてから公開するからです。


例えばスピルバーグのようなネームバリューのある人の作品などは、最近では日米同時公開していますが、映画によっては日本にあまり馴染みのない俳優が出演している場合など、前宣伝によって知ってもらう必要があります。また、大作以外の映画では試写会(よく大作・話題作が行う宣伝目的のものではない、映画会社建物内の映写室で行う本当の意味での試写会。任意の一般人を選び、当日までタイトルその他は秘密で上映後にアンケートを書いてもらう。私も経験があります)を催して様子を見てから、ということもあります。試写会のアンケートで評判が芳しくない場合はいわゆる“オクラ入り”になる事もあるようです。
宣伝としては、他の方が回答されているように現地ではこれだけ話題になっている、という宣伝も重要です。また、話題作とぶつかりあわないように公開をずらす、という目的もあります。
ただ、あまり上映時期を先延ばしても逆効果になる場合もあります。「スター・ウォーズ」の第1作目が日本公開された時('78年)、ペプシとのタイアップその他グッズの販売を行って、結果アメリカ公開より1年も経ってから日本公開になったのですが、待たされ過ぎたせいかヒットはしたものの、関係者が思っていたほどの数字ではなかったとのことです(その当時は「未知との遭遇」の方がヒットしました)。
私の場合、いくつか観た日米または世界同時公開、というものは実際観てみるとあまり面白くはなかったということが多いので、「同時公開物」は観ないようにしています。
    • good
    • 0

こんにちは。

私も同じ質問をしようとしてました。
やはり「全米第一位!」とかハクをつけてから売り出すのが狙いだそうです。
今日ブラピ、アンジェリーナジョリーが来日したそうですが
「日本はもうかるな」と来たのかな?と思いました。
彼らが考えてるのではなくて、配給会社の思惑かな?と思いました。

だって、韓国に旅行に行ったとき7月末に劇場でやっていて、その後まもなくDVDになっていたのに、日本ではお正月映画!と宣伝していて。

ボジョレーヌーボーもそうだけど、日本人てだまされやすいというか、
宣伝にのりやすいので、商戦が効果的にできるのかな?と思いました。
海外でDVDになっている映画を1,800円出してみにいったり、
少し待てば飲めるワインをこぞって飲んだり。

なんか日本人て悲しいですね。だまされやすいというか、ブームにのりやすいというか… すみません答えになってませんが一言書き込みたかったのでかきました。
    • good
    • 0

日本市場は確かに遅れています。

外国はほぼ全米と同時公開が多く、日本では必ずヒットするような作品しか同時公開はまずされません。同じアジア圏でも香港などは早いのに。日本市場は日本の映画配給会社が決めるのですが劇場が関係しています。最近はシネコン系が多く独立採算している映画館が多いのでヒットする作品しか上映しないのが欠点でこれが全体の市場にも影響を与えてるのです。難しいですね。この現状はまず変わりません。
    • good
    • 0

回答ではないんですけど、確かスターウォーズエピソード3が日本以外の国(中国などアジア各国も含めて)では同時公開だったのに日本だけ遅かったことにたいしてジョージルーカスが


「日本も同時に公開したかったけど日本は特別だから」みたいなことを言っていたと思います。
字幕とかの他に何か理由があるみたいですね。
    • good
    • 0

他の理由としては、後悔時期がずれると「全米ナンバーワンヒット!」


などの煽り文句でお客さんが呼べるというのもありますね。
    • good
    • 0

日本語訳をつける時間が要りますので。

日本語字幕だけでなく吹き替えを行うこともありますのでその時間も要りますね。
あと、ある程度海外での評判を見てから配給会社が公開を決めることもあります。配給会社はスポンサーとなる会社に興行しても成功する根拠をある程度持っていたいですので。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q洋画の公開が日本だけ異常に遅い本当の理由は?

アナと雪の女王は、海外より半年も上映遅れているらしい。

今回のゴジラも海外より何ヶ月も遅れている。


何で日本だけ毎回遅いのですか?
準備は他の国より全然効率悪いってこと?(´・ω・`)

知っている方、是非教えてください!

Aベストアンサー

今も同時公開はありますし、むしろ、過去には日本の方が早く公開された香港映画などもありました。確かに、その2作は今のところ日本が最後ですが、『アメイジング・スパイダーマン2』などは中盤といったところです。
http://www.imdb.com/title/tt1872181/releaseinfo?ref_=tt_ql_9

日本の場合、他国と大きく違うのは劇場用パンフレットの存在や大がかりな宣伝でしょうね。そうした公式のツールは、いちいち、現地製作側による内容の承認を受けますし、企画、原稿執筆、翻訳、デザイン、印刷、ウェブ配信など、さまざまな作業がかかわります。

もちろん、同時公開の場合は、あの手この手で、人も動員して速さ最優先でやるのですが、時間をかければ当然ながら、それだけ質の高いものを作れます。『アナ~』などは、実際にそれで今、あの有名な吹き替え訳を筆頭に大ヒットしていますし、もともとディズニーが力を入れていた自信作だったうえに、日本の客層にも受けがよさそうだと踏んで、公開を遅らせてでも念入りに準備をした方が、もとが取れると、配給側も製作側も考えたのでしょう。一方で『ゴジラ』のような作品は、原発の絡みもあり、慎重に事を進めたという面もあるのかもしれません。

製作側にしても、「これは世界同時公開することで話題を作ろう」と考える場合と、「各国に合ったタイミングで効果的に客をつかもう」と考える場合とがあると思いますし、関わる人のこだわりによっても、それは変わります。

遅れても採算が合うというご意見もごもっともですが、私から見ればむしろ、同時公開の場合は、にわか仕立てにしても採算が合うと踏んでそうするのだろうと思ってしまいます。

今も同時公開はありますし、むしろ、過去には日本の方が早く公開された香港映画などもありました。確かに、その2作は今のところ日本が最後ですが、『アメイジング・スパイダーマン2』などは中盤といったところです。
http://www.imdb.com/title/tt1872181/releaseinfo?ref_=tt_ql_9

日本の場合、他国と大きく違うのは劇場用パンフレットの存在や大がかりな宣伝でしょうね。そうした公式のツールは、いちいち、現地製作側による内容の承認を受けますし、企画、原稿執筆、翻訳、デザイン、印刷、ウェブ配信など、...続きを読む

Q洋画が日本で上映されるのはなんで遅いの?

なんで海外の映画や音楽CDは日本で相当遅れて上映されたり発売されるんですか?

レンタルCD,DVDに関しても何か規則があるなら知りたいです。

Aベストアンサー

DVDやゲームにはリージョンコードという国別の再生制限があります。
http://e-words.jp/w/E383AAE383BCE382B8E383A7E383B3E382B3E383BCE38389.html
北米が1、ヨーロッパ、中東、日本が2、東南アジアが3という風にコード8まであって、
例えば、アメリカで購入したDVDを日本で購入した(日本市場向け)DVDプレーヤで再生することはできない。
これは映画の上映順序、DVDの発売順序とほぼ同じになっていてコピー対策として導入されています。

>なんで海外の映画や音楽CDは日本で相当遅れて上映されたり発売されるんですか?
アメリカにはアメリカの流通網と制作会社があって、日本には日本の流通網と制作会社がある。映画なら東映とか東宝とか松竹とか。
アメリカの映画や音楽を日本で販売するときは、アメリカの映画制作会社から日本の映画会社が配給権を購入するのです。
そしてその映画のDVDを発売する時は、映画会社が発売するわけじゃなく、別のDVD制作会社が販売権を買い付けます。

例えば、ワーナー・ブラザーズ制作のハリウッド映画は、全作品を東宝が独占配給を受けて東宝系劇場で公開されているので、
ワーナー・マイカルズシネマが日本から撤退してしまったので、ワーナー・ブラザースは日本の映画館で公開する方法がありません。
ところが、DVDの制作販売は、ワーナー・ブラザーズジャパンが存在し、販売は自前でビデオショップやCD店に流通できます。

東宝系の映画館では、東宝自社制作の邦画も公開しますから、ハリウッド映画ばかり公開するにはスクリーンが足りません。そのスクリーン調整を東宝が行います。
また吹き替えや字幕も用意しなければならず、パンフレットやグッズも制作しなければならない。
全米公開後じゃないとネタバレが漏洩してしまうので、宣伝用ポスタービジュアルなどは提供を受けますが、作品自体は教えてもらえないこともある。全世界同時公開なんてときは世界中の映画会社と同時調整しなければならない。
東宝で映画が公開されて、ヒットするとロングランになったりして、東宝の儲けがでなくなるまで、DVDの発売日の調整を今度はワーナー側が行います。テレビ放送の時期を調整をテレビ局ともしなければならない。テレビ放送するのはDVDの宣伝目的、映画配給会社はもう関係ない。
そのため、映画の吹き替えは東宝が用意しますし、DVDの吹き買えはワーナーがやるし、テレビの吹き替えはテレビ局が行うので、タレント起用など宣伝効果が大きいので、メディアごとに声優が違う事がよくあると思います。

また日本の映画会社としては、全米でどのくらいヒットしたかで、日本での宣伝費が変わったり、スクリーン数を増減したり、おもいっきりコケた場合には日本未公開になる。
日本未公開のお蔵入りすると、GAGAみたいなB級海外作品買い付け専門の映画会社もあるので、そういう配給会社に配給権が移った時は、東宝と契約中止が完全に決まった後に、いちからの再契約なので、1年以上公開が遅れます。

最近はネットでの宣伝が世界同時なので、ハリウッドで世界中の言語に最初から対応したりして、今までのままではないのですが、今でもアメリカの映画を日本で公開、販売するのに、これだけ権利が会社を行ったり来たり調整するので、公開が遅れます。
レンタルCDやDVDも法律で決まっているわけではなく、配給会社が限られているので、業界同士の紳士協定でDVD発売60日後、映画公開半年後とか暗黙のルールが存在します。独占禁止法のカルテルに引っかかるのですが。

DVDやゲームにはリージョンコードという国別の再生制限があります。
http://e-words.jp/w/E383AAE383BCE382B8E383A7E383B3E382B3E383BCE38389.html
北米が1、ヨーロッパ、中東、日本が2、東南アジアが3という風にコード8まであって、
例えば、アメリカで購入したDVDを日本で購入した(日本市場向け)DVDプレーヤで再生することはできない。
これは映画の上映順序、DVDの発売順序とほぼ同じになっていてコピー対策として導入されています。

>なんで海外の映画や音楽CDは日本で相当遅れて上映されたり発売され...続きを読む


人気Q&Aランキング