先日デジカメの説明書で単三アルカリ電池、ニッカド電池(1000mAh)、ニッケル水素電池(1700mAh)の三種類の電池で使用した場合の電圧の変化を書いたものを見たのですが、これではニッケル水素電池が単三アルカリの2倍ほど長持ちするように書いてありました。
しかし、ハロゲン球のライトでニッカド電池(700mAh)を使うと30~40分の連続使用で消えていたのに、単三アルカリ電池では3時間ほど使えていました。アルカリ電池の場合は若干暗くなってからも使い続けていたのでその分は差引かなくてはならないとしても、説明書に書いてあったほど容量が少ないとは思えません。
実際の単三アルカリ電池は、容量としてはどれくらいあるのでしょうか。

また、「n倍長持ち」といったCMが一時期流行りましたが、各メーカーの製品間での差異というのはどれくらいあるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私も同じような疑問を持っていました。



>実際の単三アルカリ電池は、容量としてはどれくらいあるのでしょうか

パナソニックのアルカリ単3形LR6(G)の定電流連続放電特性(20℃)のグラフを読みった結果です。


放電電流:容量
(終止電圧:0.9V)

10mA:2700mAh
100mA:2100mAh
310mA:820mAh
1000mA:740mAh
1600mA:650mAh


(終止電圧:1.0V)
10mA:2400mAh
100mA:2100mAh
310mA:690mAh
1000mA:530mAh
1600mA:340mAh


参考:ニッケル水素電池HHR160AA/B
(終止電圧:1.0V)
310mA:1600mAh
1550mA:1480mAh


これより、amukunさんのおっしゃるようにアルカリ電池では大電流でかなり容量が低下することがわかります。また、アルカリ電池はニッケル水素電池に比べて電圧の低下がダラ下がりなので、終止電圧を低くすれば長く使えることがわかります(ハロゲン球のライトが長く使えたのも、これが一因かも。またニカド電池の寿命かもしれません)。


>各メーカーの製品間での差異

東芝のカタログを見ると、東芝の「アルカリ1」とパナソニックのアルカリではほとんど差がないように見えます。機会があれば私も実験してみたいんですけどね。特に100円ショップの電池とか…。

参照したのは紙版のカタログ(2000年版)ですが、松下電池工業の企業ユーザ向けサイト(参考URL)でデータブックなどがPDFファイルで無料でダウンロードできるので、興味があれば覗いてみては?

参考URL:http://www.mbi.panasonic.co.jp/oembatteries/jp/i …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへんご丁寧な回答恐れ入ります。とても参考になりました。
私の記述に関して、ニカド電池はYUASAの700mAhを新品から使っていたので、寿命ということは考えられません。
ダイエー88円均一愛用者の私としては、富士通の電池(\88/2本)の性能がとても気になります(笑)
PDFファイルは、Acrobat Readerはあるのですがハード的に苦しいので残念ながら見るのは難しいです。他人のPCを使う機会があったら見てみようと思います。

お礼日時:2001/12/07 01:25

ちょっと気付いたことがあったので、書き込みます。



> MDプレーヤーで低出力機器・・・
> MDが省電力化されたのか、
> デジカメが馬鹿食いするのか・・・

両方当たりです。まず、MDは実はモーターは時々しか回っていません。何倍速かでデータを先読みして、バッファにためておいては再生する、と言う事を繰り返して、初期の物とは比較にならないくらいの長時間再生が可能になっています。対して、デジカメは電気食いです。特に液晶のバックライトが大電力を消費しているそうです。モニターを切るとかなりバッテリーの持ちが良くなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教授ありがとうございます。この二つに関しては認識が改まりました。
なるほど、液晶はなんとなく電力消費が少なそうに感じていたのですが、バックライトをディスプレイ全面に当ててそれを液晶で影を作って表示させているわけですから、それは電気を食うわけですね。
それと、うちのMDはかなり古い上にバッテリーがヘタってきて、フル充電からわずか2時間ほどしかもちません。zohさんのお話を聴いて、俄然買い替える気が湧いてきました。

お礼日時:2001/12/12 16:51

ニッケル水素電池と違うのかどうか良くわかりませんが、


今日の日経産業新聞に新たに開発されたニッケル電池の記事が乗っていました。
(ネット版には載っていないようですが)

デジカメではアルカリ電池よりも(常温で)5倍多く撮影できるが、MDプレーヤーなどの低出力機器ではアルカリ電池とほぼ同等の性能、とありました。

どんな機器に使うかによって違うようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
MDプレーヤーで低出力機器・・・MDが省電力化されたのか、デジカメが馬鹿食いするのか・・・私は認識を改めなければいけないようです。

お礼日時:2001/12/07 01:17

アルカリ電池は容量は充電池よりも多いのですが、大電流を一気に放出するのは不得意です。

そういう使い方では、容量が残っているにもかかわらず、電圧が低下してしまいます。充電池は容量が少なくなるまで電圧低下が起きにくいのです。

デジカメでアルカリ電池の持ちが悪いのは、デジカメがまさに大電流を要求する機器であるからです。放電特性が合わないという事です。

デジカメでバッテリー交換表示が出たアルカリ電池を、他の懐中電灯などに入れるとまだまだ使えますよ。

蛇足ながら、目覚まし時計のように小さい消費電力を常に使い続ける機器は、マンガン電池のほうが長く持ちますので、お使いの機器によって電池も使い分けするのが経済的な使い方ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
以前アルカリ電池を直列に6本つないでラジコンに使ったことがありましたが、ニッカドの7.2Vよりもはるかに遅かったのを思い出しました。
なぜ電池の種類によって放電特性が違うのかという疑問も当然ありますが、なんか難しそうなので今回はパスということで(^_^)

お礼日時:2001/12/07 01:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単4電池(一次電池)の電池容量

ステッピングモータやLCD等を含むものを単4電池(一次電池)1本で駆動させる事を考えた時に、最も電池寿命が長くなる単4電池(一次電池)はどれなのか検討しています。回路内で昇圧は行います。

下記サイトでは、単4電池(アルカリ)の電池容量が900mAhとなっていますが、これが一般的な単4電池の容量と解釈して良いのでしょうか?http://www.interq.or.jp/www-user/ecw/batt.htm

色々検索してみて、オキシライドやEVOLTAの方が「長持ちする」とありました。「長持ち」ということは、こちらの方が電池容量が多く有ると言う事なんでしょうか?もし、あるとしたら、どの位なんでしょうか?
これは、内部抵抗の違いだけ??

容量が大きければ、その分寿命も伸ばせると思いますので、電池について詳しい方がいらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

>これが一般的な単4電池の容量と解釈して良いのでしょうか??http://www.interq.or.jp/www-user/ecw/batt.htm?

Pana公式サイトから資料を拾ってきました。
「オキシライド乾電池」をクリックして、ZR03XJ(単4)のPDF画面を開いてください。
http://industrial.panasonic.com/www-ctlg/ctlgj/qAAC4000_JP.html

右上に「定電流連続放電」のデータがありますね?
(この画像は拡大できるので、どんどん拡大して見やすい画面にして観察してください)

この画像から電流値と時間の関係を読み取ります。
なお、終止電圧は一応0.9Vとします。
 放電電流 持続時間  容量
  (mA)   (h)    (Ah)
   10   120    1.2
   100   9.5    0.95
   300   1.8    0.54
  1000   0.37    0.37
300mAでは、0.54Ahとなり、0.9Ahなんてとてもとても・・・という感じです。

「放電電流が大きくなるほど、どんどん容量(Ah)が小さくなる」のが”乾電池の特徴”なのです。

話の途中ですが・・・
アルカリ電池をクリックして、LR03GWを開き、上記と同様に放電データを読み取ってみてください。
 放電電流 持続時間  容量
  (mA)   (h)    (Ah)
   10   120    1.2
   100   8.5    0.85
   300   1.8    0.54
  1000   0.33    0.33

両者比較すると1割程度の差しかないことがわかります。
EVOLTAのデータが見つからないので、はっきりしたことは言えないのですが、同じアルカリ系の乾電池である以上、大した違いはなく、アルカリの2割アップくらいに考えておけばよいのではないかと思います。
(オキシライドも発売されたときは、ものすごい宣伝文句でした。(^_^;))


この質問は、投稿された日からずっと見ています。
質問の意図がはっきりしないので、「パス・・・」と思ったのですが、こまめに書き込みを入れておられること、何回も見ているうちに、回答の仕方も煮詰まってきたことから、書き込みを入れることにしました。

この問題は、
 (1)何V、何Aの出力が欲しいのか?
 (2)どのような性能の昇圧器(DCコン)が用意できるのか?
この二つが決まらないことには、電池の選択はできません。

書き込みで「200mA」と書いておられますが、「ステッピングモーターを回す」というのだから、まさか入力側で200mAではないでしょう?
(もし入力で200mAならわたしの思い違いを謝ります。(-_-;) ただし、そのことをはっきり書いて欲しかったです)

仮に、6Vで0.2Aを取りたいと仮定します。
 6Vx0.2A=1.2W
電池は1.6~0.9Vの範囲で使用し、DCコンの効率は70%あるものとすると、
  1.2W/0.7=1.71W
故に1.6Vのとき 1.07A
  0.9Vのとき 1.9A
となり、上記放電データからみて、到底単4乾電池には耐えられない容量であることがおわかりいただけるのではないでしょうか?
(提示資料を使って単3乾電池の場合をチェックしてみてください。これでも苦しいことがおわかりいただけるかと思います)

こういう大電流放電では充電池(ニッケル水素・ニッカド)の使用がおすすめです。
充電池は電流が増えても容量はあまり下がりません。
例えば公称容量[2.5Ah]というのは、5時間かけて放電したときの容量(5時間率という)なのですが、これを2.5Aで放電しても、0.9hくらいもつ(すなわち2.25Ah)という性質を持っている点が乾電池と大きく異なります。
(図8参照)
http://industrial.panasonic.com/www-data/pdf/ACG4000/ACG4000PJ2.pdf#search='ニッケル水素充電式電池 data'

公称電圧は乾電池より低いですが、放電データをご覧になればおわかりのように、乾電池でも重負荷では、1.1V以下で使用する期間が長く、むしろ充電池の方が高い電圧期間で過ごすことになります。

DCコンが何Vまで動作するか、というのも大きな問題です。
1.0Vあたりまでしか使えないようなら、電池は余力を残したまま捨てることになります。
しかし、わたしの知るかぎりでは、Aオーダーの消費で0.9Vで起動するDCコンはないと思います。

また一つ忘れていましたが、モーターを回すのであれば
 (3)起動時の「突入電流」
も考慮しなくてはなりません。
DCコンがこれに対応できる余裕がなければ起動しません。

話があちこち飛び、最後に大変悲観的な結論になって申し訳ないですが、とにかく上記条件がわからないことには電池の選択は決まりません。

上記条件を詰めて再度質問されるよう希望します。

参考URL:http://industrial.panasonic.com/www-ctlg/ctlgj/qAAC4000_JP.html

>これが一般的な単4電池の容量と解釈して良いのでしょうか??http://www.interq.or.jp/www-user/ecw/batt.htm?

Pana公式サイトから資料を拾ってきました。
「オキシライド乾電池」をクリックして、ZR03XJ(単4)のPDF画面を開いてください。
http://industrial.panasonic.com/www-ctlg/ctlgj/qAAC4000_JP.html

右上に「定電流連続放電」のデータがありますね?
(この画像は拡大できるので、どんどん拡大して見やすい画面にして観察してください)

この画像から電流値と時間の関係を読み取ります。
...続きを読む

Q三相三線式から単相三線式に変換

はじめまして。宜しくお願いします
元が3相3線式で単相3線式に変えたいのですが、
どのようにすればよいのですか?
トランスを据えて変換するのでしょうか?
ほかにも方法があればお願いします

Aベストアンサー

>元が3相3線式で単相3線式に変えたいのですが…

元の三相の供給元 (変圧器または発電機) が、単相3線式も取り出せる構造でないと簡単には変換できません。その三相の公称電圧が 200Vであるとして、3分の1ずつ時間差のある 200Vを 3組組み合わせたものが三相です。
このうち 1組だけ取り出せば、単相の 200Vです。つまり、1組の三相から 3組の単相を取り出すことができます。ここで取り出した単相はあくまでも 200Vで、100Vの電灯や機器をつなぐことはできません。

ご質問の「単相3線式」とは、前述の単相 200Vを二つに分けて 100Vを使えるようにするものです。前述の単相 200Vを二つに分けるには、最初から 200Vの真ん中に端子が出ていていなければなりません。

商用電源においては、一般に電灯需要家と三相需要家が混在しているため、単相と三相の両方が取り出せるよう「200Vの真ん中に端子」を持つ変圧器が用いられています。
しかし、工場地帯などで三相需要が多いところでは、三相専用の変圧器が用いられることも多々あり、これは単相3線式を取り出すことができません。この場合は単相専用の変圧器を別に設置します。

前置きが長くなりましたが、ご質問の主旨は何でしょうか。
三相しか引いていない農作業小屋などで、自前で変圧器を設置して 100Vを使うことは、電力会社との契約に触れますので、ご注意ください。

>元が3相3線式で単相3線式に変えたいのですが…

元の三相の供給元 (変圧器または発電機) が、単相3線式も取り出せる構造でないと簡単には変換できません。その三相の公称電圧が 200Vであるとして、3分の1ずつ時間差のある 200Vを 3組組み合わせたものが三相です。
このうち 1組だけ取り出せば、単相の 200Vです。つまり、1組の三相から 3組の単相を取り出すことができます。ここで取り出した単相はあくまでも 200Vで、100Vの電灯や機器をつなぐことはできません。

ご質問の「単相3線式」とは、前述の...続きを読む

Qニッケル水素バッテリについて

・ニッケル水素は密閉型しかないのですか?
・ニッケル水素は充電法でフロート充電はできるのでしょうか?
・ニッケル水素は使用できる環境温度はどのくらい?
・ニッケル水素と鉛蓄電池ははメンテナンス時は完全放電(リコンディショニング)、液面調整するの?
また、何をすべき?
完全放電できない時はメモリー効果が残り続けるの?

Aベストアンサー

 密閉するために充電時発生する水素を水素吸蔵合金で吸着する仕組みなので開放型はないと思います。が、原理はアルカリ蓄電池です。
 フロート充電する用途としては非常用バックアップ電源などがありますが、最新式の機器を見てもNiCd充電器が使われているのでNiMHは不活性化するなど不向きだと思います。
 鉛蓄電池はフロート充電や、減った分を継ぎ足して充電する用途に適しています(自動車はまさにこれですね)
 鉛蓄電池の点検事項は液面の確認、電圧、電解液の比重を見ればよいでしょう。
 NiMHのメモリー効果が残らない「使い切る」というのは、電池の放電終止電圧の1.0Vになるということであって、懐中電灯などが完全に灯かなくなるまで放電させてしまう事(過放電)ではありません。 1V以下まで放電させてしまうと電池寿命を短くしてしまいます。
 参考URL勉強になります。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/4112/Digicame/Ni_Hd.html#2-3.

Q燃料電池の水素

海にあるとゆう話しを聞きました。
現実は水素はとうやって確保しますか。

Aベストアンサー

>海にあるとゆう話しを聞きました。
水は、水素原子二つと酸素原子一つでできています。
海だけではなく水があればどこにでも水素はあることになります。
原油や天然ガスは炭素と水素でできています。
原油や天然ガスが手に入れば自動的に水素が手に入ります。

後は水素を取り出す効率の問題だけです。
現在は、原油を分別して、さらにそれを原材料として化学製品を作るときに発生してしまう水素を効率よく集めています。
あるいは、岩塩を水に溶かして、電気で分解して化学製品をつくるときに出てきてしまう水素を集めています。
海水には塩以外のありとあらゆるものが溶け込んでいますので、直接使うことはしていません。
本来は原子力で電気を作ってその電気で水を分解すればいいのですが、原子力発電はダメとか言われしまっています。

燃料として使う、重油、軽油 灯油 ガソリンなどは原油を使いやすいように、分別したものです。
火力発電所で重油を燃やし作った電気で水を分解して水素を手に入れても、何をやっているのかよくわからなくなります。
燃料電池をつくるために火力発電所でつくった電気を使っていれば、それも計算に入れないと、地球全体で辻褄が合わなくなります。
初めから原油に含まれているガソリン分を使えばいいだけのことになってしまいます。

原油や天然ガスから水素を取り出しても、残った炭素をどうするか、という問題が残ります。
炭素は炭だから燃やしてしまえでは、ムチャクチャな話になってしまいます。
炭素は極めて小さな粉末で軽いために、そこらに積んでおくと風でとばされて、それを人間が吸い込めばろくなことにはなりません。

水素を使った燃料電池で車を走らせようとしていますが。よほど注意をしないと、地球全体からすれば何をやっているのか分からなくなってしまいます
燃料電池車は道路の周りの人には快適でも、良く考えて使う必要があります
だからと言って、なにもかも車メーカーに責任を押し付けてオシマイという訳にはいきません。
将来はどのようなことになるのですかね~

>海にあるとゆう話しを聞きました。
水は、水素原子二つと酸素原子一つでできています。
海だけではなく水があればどこにでも水素はあることになります。
原油や天然ガスは炭素と水素でできています。
原油や天然ガスが手に入れば自動的に水素が手に入ります。

後は水素を取り出す効率の問題だけです。
現在は、原油を分別して、さらにそれを原材料として化学製品を作るときに発生してしまう水素を効率よく集めています。
あるいは、岩塩を水に溶かして、電気で分解して化学製品をつくるときに出てきてしまう水素...続きを読む

Q単三乾電池について

単三乾電池1本を0.3Aの豆電球につないだら、どのく
らい点灯するでしょうか。またそれが分かれば電池
に蓄えられているエネルギ-が推測できると思うので
すが。
お願いします、教えてください。

Aベストアンサー

単三乾電池(一次電池)には、マンガン電池とアルカリ電池があり、それぞれの電池容量(エネルギ-容量)に関して公称規格はありません。
マンガン電池は、断続的に使用するのに適しており、アルカリ電池は、連続的に使用するのに適しています。
マンガン単三乾電池(黒)で容量の目安は、1000mAh(1Aの電流を流して1時間連続使用可能の意)です。
つまり、0.3Aの豆電球につないだら単純に計算して3.33時間点灯する推測できます。(上記の通り、使用条件によって変ります)
参考URLは、ラジコンカーに使用する場合の電池の選び方が、説明されています。(その中に、電池容量の表もあります)

参考URL:http://www5d.biglobe.ne.jp/~omotya/dennti.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報