FZにFZR1000のエンジンを載せ換えようと思っているのですが、FZRのEXUPとはなんでしょうか?
排気が変わるとかなんとか・・・と聞いたのですが。
教えてください。お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

EXUPとはエグザップと読みます。

    • good
    • 0

FZR250Rのライダーです。


EXUPとはエキゾーストアルティメイトパワーバルブの略だったと思います。エキパイ集合部にモーターで駆動するバルブを設けて高回転の吹け上がりと低中速でのツキをよくした排気可変バルブのことです。
    • good
    • 0

90年式のFZR1000に、乗っている者ですが、EXUPってエキパイの集合部分にあって、


半月状のやつがチョット回って、低回転時には通路を狭く、回転上昇にあわせてだんだん開いていきます。電気式で動いてます。EXUPの恩恵は、主に低中速のトルクにあります。
OW01でも耐久レースでは、はずしてたみたいです。高回転でのパワーを稼ぎたいなら、
エキパイ交換して、EXUPは、捨てですね。低速からのツキを求めるならEXUPは、最高です。確かイギリスで、このエンジン載せたスポーツカーあります。名前は、ロケット、日本には、数百台来てるはずです。1000万円位しますが・・ 鉄フレーム限定のレースが、あるらしいけど、それに出るんですか?
    • good
    • 0

エンジンののせ替えするんだったらEXUPはシカトしたほうがいいでしょう。


エンジンの移植はただ単にエンジンだけ交換するわけではないのでショップ等でやると
バイク本体を買うより高くつくでしょう。最初からFZR1000を買っちゃった方が
よいのでは?どうしてもやりたかったらそれなりの出費を覚悟して下さい。

おいらの通ってるバイク屋です。この業界ではめずらしく本当の意味で
親切丁寧なバイク屋です。BBSではいろいろな相談にのってもらえます。
ひまだったらのぞいてもてね!


快楽バイク天国スイート
http://www.interq.or.jp/sun/sweeet/
新車、中古車、旧車、絶版車、カスタム、修理、WAKO'S、etc
バイクの事ならなんでもおまかせ!




参考URL:http://www.interq.or.jp/sun/sweeet/
    • good
    • 0

EXUPはマフラーの集合部分に取り付けられている排気デバイスだったと記憶しています。


仕組みはエンジン回転数に連動してバルブの開け閉めを行うもので、低回転域ではバルブを閉めて(排気管を細くして)トルクを稼ぎ、高回転域ではバルブを開けて(排気管を太くして)吹けあがりを良くするてぇ仕掛けだったんじゃぁなかったかなぁ。
アフターパーツの集合管に替えるとEXUPは死にますというか、純正マフラーはずすといっしょにとれちゃいます。

エンジンの移植ってなると結構大変ですよね、ポン付けで乗せ買えできればいいですけどエンジンマウントの位置やサイズ、シフトリンケージの位置や形状そしてスプロケットのオフセットが違うと加工が大変ですよね。
それから、パワーがあがるからフレーム補強やらサスペンション補強それとブレーキ補強しないとやばいっすよね。
私が思うに、エンジンがポン付けで移植できたとしてフレームに補強いれてFZR1000の前後足回りをそっくり移植がベターじゃないでしょうか。

手元に資料があるわけでもEXUP付に乗ってたわけでもないので間違ってたらごめんなさい。(^^;
    • good
    • 1

EXUPってーのは、マフラーの途中に排気ガスの圧力で動くバルブのようなものがついていて、低回転時には適当に抜けを悪くしてトルクを稼いで、高回転になったら抜けを良くしてパワーが出るっていうシステムです。


昔、FZRの400に乗ってたことがありますが、効果の程は???でした。
    • good
    • 0

EXUPって、確か可変排気の事じゃなかったでしたっけ?


仕組みは良く覚えていないけど、ん~、マフラーの集合部での事
だったか、排気バルブの事だったか・・・

定かじゃないけどFZR400R(だっけ?)に最初搭載されたシステム
ですよねぇ? ん~、確か低中速のトルクを増やす為の機構だった
ような気がするんですけど・・・・

でも、当時の走り屋の間でFZR乗ってる殆どがコレ、殺してましたね。
高回転オンリーにする為に・・・

何分、古い記憶ですので・・・間違ってたらごめんなさい。
多分・・・マフラー側だった気が・・・?(苦笑)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QOS 25F ABCエンジンのコンロッドの向きについて

ベアリング交換のため解体したのですがコンロッドに向きがある事にきずきました。潤滑穴が前寄りなのか後ろ寄りなのか解りません。
ご存知の方は、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

コンロッドのクランクピン側に圧入してあるブッシュの穴の内側の角が片側だけ面取りしてあると思います。
面取りしていない面をバックプレート側に組みます。

Qオイル下がりについて エンジン載せ換えるため、ボディとエンジンの年式が異なりますが、エンジンはダイハ

オイル下がりについて
エンジン載せ換えるため、ボディとエンジンの年式が異なりますが、エンジンはダイハツミラTR-XXアヴァンツァートRの平成8年式頃のJB-JL(4気筒DOHCターボ)です。去年辺りから2日程度放置した時のエンジン始動がしづらい状況です。日にちが長くなればなるほど始動が難しくなります。セルを長く回して始動すると、初爆のタイミングでマフラーから白煙を吐き、それ以降は吐きません。加速もスムーズで、タービンも確認しましたがガタも異音なども皆無です。点火コイル、プラグコード、プラグは早いうちに新品交換しており、アイドリングも安定しています。吹け上がりも軽いです。
症状をネットで調べてみるとインジェクターの後だれ、オイル下がりが引っ掛かります。インジェクターは予備を持っていて自分で修理可能ですが、オイル下がりの場合は依頼する外ありません。そこで知りたいのが、
1、この症状はオイル下がり、インジェクター後だれ、どちらが濃厚か
2、オイル下がりの場合、プロに依頼してバルブステムシールを交換して貰った場合、いくらぐらいの費用がかかるのか
これらを知りたいのです。気に入っている車なので、ボディがダメになるまでは乗りたいと考えてます。ですので、買い換えろとかは無しで。
よろしくお願いいたします。

オイル下がりについて
エンジン載せ換えるため、ボディとエンジンの年式が異なりますが、エンジンはダイハツミラTR-XXアヴァンツァートRの平成8年式頃のJB-JL(4気筒DOHCターボ)です。去年辺りから2日程度放置した時のエンジン始動がしづらい状況です。日にちが長くなればなるほど始動が難しくなります。セルを長く回して始動すると、初爆のタイミングでマフラーから白煙を吐き、それ以降は吐きません。加速もスムーズで、タービンも確認しましたがガタも異音なども皆無です。点火コイル、プラグ...続きを読む

Aベストアンサー

JB-JLのエンジンを直接は知らないのですが、エンジン整備の一般論として。

※白煙が出る以上、燃えているのはオイルです。インジェクタの閉鎖不良(いわゆる後ダレ)ではありません。

※数日放置後の始動時に白煙を吐き、その後は白煙が出ないというのは、典型的なオイル下がりの症状です。
 エンジン稼働中は、バルブがゆっくり回転することによりステムシール部分は下から上に『呼吸』をしており、また燃焼室の圧力が上がっている事もあって、オイルはそれほど下がりません。
 オイル下がりは、バルブが回転せず燃焼室の圧力も大気圧になっている『停止時』に発生します。

※オイル下がりが発生しているとすると、最初に疑うのはバルブステムシール、他にはバルブシートのアタリ不良もあるかもしれません。
 ただ、『加速もスムーズ』ということだし、更に燃費の極端な悪化なども見られないのであれば、バルブシートは大丈夫と見てよいでしょう。(エンジン稼働中は白煙が出ないということなら、ピストンリングはまず大丈夫です。ピストンリングやシリンダに問題があるなら、稼働中はオイル上がりが発生して盛大な白煙を吐きます。)
 バルブシートやピストンリングが大丈夫だとすると、ステムシールの交換だけで修理が完了します。この機会にヘッドを外して大々的なOHをするのも一つの選択肢ではありますが、ステムシールの交換だけでスッキリ治ったケースも沢山あります。

※バルブステムシールの交換は、昔はヘッドを外さなければならず、すぐに¥20万コースの修理となりましたが、最近はヘッドを外さずにプラグホールからコンプレッサエアを注入してステムシールだけを交換する修理方法が登場しました。(勿論、エンジンをクルマから降ろす必要は全くありません。せいぜいプラグとカムカバーと、あとはカムを外すだけです。)
 この修理方法を導入している修理屋なら、部品代を含め\10万未満(多分工賃で¥6万ぐらい+新品のゴムシール代)で修理可能のはずですが、日本に紹介されてまだ日が浅い新しい修理方法なので、この修理方法の採用が遅れている修理屋も沢山残っています。
 ステムシールの交換は、上述した様に作業内容で費用が大幅に変わります。修理屋に『ステムシールの交換はいくら?』と直接費用を聞くのがイチバンです。¥何十万もの費用を言って来たら、それはヘッドを降ろしてステムシールを交換するということです。

・・・・以上、ですが最後に。

 ヘッドを外さずにステムシールを交換する場合、燃焼室の様子は判りません。
 オイル下がりが発生してから時間が経っていると、燃焼室内にオイルの燃焼ゴミ=カーボンが堆積していることがよくあります。
 今は調子よく回っているエンジンでも(カーボンの堆積が多いと、見かけの圧縮比が上がってトルクが増え、断熱もよく効くのでエンジンの調子がよくなった様な錯覚を受けます)、カーボンの堆積は早期オーバーヒートやディーゼリングなどの異常動作の原因になります。
 ヘッドを外せばカーボン落としぐらいはフツーはやっておきますが、要するに修理を安く上げようとすると、現状のイマイチの調子を取り戻したり将来的な故障のメを事前に摘んでおく様な、プラスアルファの整備は望めない、っと言うことです。

JB-JLのエンジンを直接は知らないのですが、エンジン整備の一般論として。

※白煙が出る以上、燃えているのはオイルです。インジェクタの閉鎖不良(いわゆる後ダレ)ではありません。

※数日放置後の始動時に白煙を吐き、その後は白煙が出ないというのは、典型的なオイル下がりの症状です。
 エンジン稼働中は、バルブがゆっくり回転することによりステムシール部分は下から上に『呼吸』をしており、また燃焼室の圧力が上がっている事もあって、オイルはそれほど下がりません。
 オイル下がりは、バルブが回転せ...続きを読む

Qエンジンルームに余計なものがあると、車検上問題になりますでしょうか

エンジンルームに余計なものがあると、車検上問題になりますでしょうか。

オイルクーラーのコアが右フェンダー内に設置済みなのですが、
ホースとブロックはオイルブロックに取り付けず、
エンジンルーム内の適当な場所に固定してあります。
※詳細は画像を参照願います。

やはり『コアのみ残し、ホース以降は一時的に外す』などの対策が必要になりますでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

車検自体は、エンジン関係で言えば排気ガスを悪化させない改造、オイル漏れなどの問題がなければ まず通ります。
不正改造でなく オイル漏れや水漏れ 排気ガスが規定内なら エンジン関係の検査は、まず通りますよ。

ただし 写真を拝見して 気になったのは、固定されていない点。
また 干渉部分を軍手らしき可燃物で覆っている点。
もし 振動等で、保護しているものが破れ マスターバック(制動倍力装置)につながる太い負圧ホースやその他のホース類 燃料系のパイプ ホース等に当たってしまったら非常に危険ですから ボルト等で確りと固定することをお勧めします。

位置からして その危険が今後考えられますから、是非この機会に固定して置いて下さい。

Qロータリーエンジンの載せ換え時の旧エンジンについて

お世話になります。

現在、RX-8に乗っております。
走行距離も10万kmを超え、そろそろエンジンO/Hまたは載せ換えをしようと考えております。
O/Hは近くに信頼できるショップも無く、できれば新品エンジンを載せ換えたいのですが、
ディーラーに見積もりをお願いし、旧エンジンのハウジング、またはローターを引き取りたいと言ったところ、
旧エンジンは本社引き取りする決まりなので・・・と断られてしまいました。

普通に考えると、既に買って自分の物(ローンも終わっています)であるエンジンを、
新品を追加購入して載せ換えるのだから、旧エンジンを返すのは納得できません。
(リビルトエンジンならともかく)

実際に「新品」エンジンに載せ換えた方、またはディーラー関係者の方、
旧エンジンはどうされましたか?
新車からずっと頑張ってきてくれたエンジンなので、ハウジング、ローター1セットくらいは
自分の部屋に飾っておきたいです。

ちなみに、購入を考えているのはショートエンジンです。
補器類等は移植します。もちろんその工賃も支払います。

よろしくお願いいたします。

お世話になります。

現在、RX-8に乗っております。
走行距離も10万kmを超え、そろそろエンジンO/Hまたは載せ換えをしようと考えております。
O/Hは近くに信頼できるショップも無く、できれば新品エンジンを載せ換えたいのですが、
ディーラーに見積もりをお願いし、旧エンジンのハウジング、またはローターを引き取りたいと言ったところ、
旧エンジンは本社引き取りする決まりなので・・・と断られてしまいました。

普通に考えると、既に買って自分の物(ローンも終わっています)であるエンジンを、
新品を追加...続きを読む

Aベストアンサー

ディーラーの説明不足ですね。

メーカーからの出荷されるエンジンは新品とリビルトがあります。

>リビルトエンジンならともかく
リビルトですが、リビルトエンジンに交換すると古いエンジンはリビルトする会社に返却しなければならないと思いがちですが、決してそうではありません、手元における場合があります、その分リビルトエンジンの金額は高くなります。

新品のエンジンを購入した場合も同じです、古いエンジンをメーカーに返却する条件での購入だと、返却しなければなりません、古いエンジンを下取りに出すことによって、新品のエンジンを安く提供しようという事です。

差額を支払えば古いエンジンは手元に残せると思います、普通は顧客は不必要なので旧エンジンは下取りに出すのが一般的です、ロータリーが軽いとはいえ、100kgは超えますし、もてあますのが目に見えていますので。

Qカブのエンジンの50→110ボアアップについて

カブの49ccのエンジンにうちにある107ccのカブ系エンジンのヘッドを載せれるか検討しています。
そのまま、ヘッドとピストン周りだけで載せ代え可能でしょうか?
腰下もコンロッド等、総交換になるでしょうか?
載せ代えした事のある方、または検討した事ある方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

75ccにしておくのが無難だよ~。

Qエンジン載せ換え

自分は今、RZ50 RA01J に乗っているのですが、エンジンが焼けてしましました。(バイク屋で確認中)そこで軽い焼きつきなら修理やボアアップなど考えているのですが、多分軽くないです。なのでヤフオクなどで中古エンジンなどを買って載せ換えようと思ってますが、ヤフオクなどで見てみると型式が違うのしかないです、そこで質問なのですがやっぱり型式が違ったりしたら載せ換えできないですかね?
あとこの車種につけられる50以上のエンジンなどがあったら教えくだされば幸いです。

Aベストアンサー

排ガス規制前(車両形式5FC1 型式RA01J)、規制モデルRA02/3も
原動機は共にA106EでMJ100番、吸気系のデチューンだと思うから
交換可能では?細かいことは自己責任で調べてください。
http://www.moto-log.com/search/bike.php?menu=1&Bke_Id=00029&Pcg1_Id=0&ID=0&pageno=0&&id_index=2&id_cnt=2&Pmk_Id=0&sort=1

Qエンジンコンディショナーでウォーターハンマー的現象

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいとは思っていましたが、
いつものセルが回る軽快な「チチチチ」という音ではなく、
「ドゥルン、ドゥルン」という感じで軽い上下振動を伴い
低い回転数で鈍く回転したのち、エンジンがかかりました。
セルがとまることはありませんでした。

これはエンジンコンディショナー排出不十分で起きた
ウォーターハンマー的な現象だと思うのですが、
車の状態は、距離にして50kmほどアイドリング回転数(600rpm程度)から
5000rpm程度(レッドは7000rpm)まで実走行してみましたが、
どの回転数でも異常振動など感じられず、吹け上がりもスムーズです。
アイドリングの不安定さも見られません。

気になるのは、今回のことでコンロッドがゆがんでしまったのではとか、
コンロッドの最弱部にダメージがのこり、数年のうちにエンジンブローにつながるのでは
と心配が残ってしまいました。

エンジン再始動時のクランキング時には、
音から判断して各気筒とも燃焼はしていなかったと思います。

今回の現象からエンジンダメージの程度予想をいただきたいのですが、
よろしくお願いします。
(気になるのはセルの力だけでエンジン各所にダメージをきたすことはあるのでしょうか。)

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいと...続きを読む

Aベストアンサー

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これはガソリン以外の燃料(もしくは不燃物)を含んだ状態の混合気に点火するために正常な燃焼とならずフィードバック機能も想定外の物質を含んでいるために正しく動作しなかった可能性があるため、一時的な異常な燃焼状態となったためでしょう。

実際にウォーターハンマーでエンジンが破損する場合は、ほぼ瞬間的に起こります。またガソリンエンジンでは比較的おきにくい現象です。これはガソリンエンジンは破壊を起こすフライホイールマス自体がそれほど大きくないこと、もともとの圧縮比がそれほど大きくないこと、燃焼室内や吸気管ないぶに水などの液体の進入が有ると点火ができなくなりエンジンの運転自体ができなくなるからです。そのためガソリン車は管水路に突っ込んだ場合などでもウォーターハンマーによるエンジンの破損は意外と起きないのです。一方ディーゼルエンジンではフライホイールマス自体が大きい上に圧縮費も高く、液体が混入しても断熱圧縮による温度が十分に上昇しある程度の空気が有れば燃焼を続けられるので、エンジン運転中に液体を吸い込むなどするとかなりの確率でコンロッドの折損やクランクシャフトの捩れなどの大きな損傷を受けます。


私の手がけた限りガソリンエンジンでのウォーターハンマーが原因でエンジン破損にいたった実例はガソリン車では、インテークマニホールドのガスケットが破損(組み付け不良)により、高速道路走行中に冷却水がシリンダー内部に流れ込み、コンロッドの折損およびシリンダーブロックの破損を招いた一例だけです。


まぁ、スターターで回せる程度であれば液体が残っていても何の問題も無いということです。

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これ...続きを読む

Qゼルビスのエンジン載せ換え

ゼルビスにバリオス1型のエンジンを積むことってできるんでしょうか?

Aベストアンサー

ポン付けという事ならとても無理です。
大金を払えばカスタムチューン系のショップがやってくれるかも知れませんが、バリオスの上物を数台買うより高額でしょう。
フレーム改造や型式認定など難しい課題が多いからです。

パワーが欲しいと言うならVT250F(FG)のエンジンを積むのが現実的ですね。
エンジン型式は同じMC15Eですから比較的苦労せずに載るはずです。
36ps/11500rpmから43ps/12,500rpmに上がります。

Q水平対向エンジンはどうやって

一度も購入したことも、いじったことも、整備書見た事もありませんが水平対向
エンジンはどうやってメインベアリングキャップを締めるんでしょうか?
組み立て順もクランクにコンロッド・ピストン

着けてから両シリンダーを合わせる?感じ?結構なぞです。詳しい方御願いします。

Aベストアンサー

モナカ
http://minkara.carview.co.jp/userid/271921/car/165727/395405/note.aspx

Qバイクのエンジン載せ換えについて

素人ですのでよろしくお願いします。

質問1

市販バイクにターボを取り付けた場合、
改造申請は必要でしょうか?

質問2
エンジンが壊れたので同じ車種の中古エンジンに載せ換えた場合、
改造申請は必要でしょうか?

質問3
例えば、ホンダのCB750の車体に、スズキのGSX750のエンジンを載せた場合、
改造申請は必要でしょうか?

Aベストアンサー

質問1
道路運送者車両法 67条をお読みください。
http://www.houko.com/00/01/S26/185.HTM

質問2
変更前と同じ型式であれば改造申請は不要です。

質問3
質問2に該当しないので改造申請は必要です。
改造申請に係る法令は質問1の通りです。

尚、個人レベルでスーパーチャージャ化は20年以上前にカブでやった事があります。
廃品によるコンプレッサとパワーの取り出しのためのエンジン改造などでしたが中古のカブを含めて数万円の出費でした。
残念ながら成功と言えるレベルではありませんが気分だけは『なんちゃって100馬力』を味わいました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報