Outlook Expressを5.0から6.0にバージョンアップしたら、
メールがすべて消えました。過去ログにもあるように、
ごくありきれた問題ですが、同じ対処方法をしても解決できませんでした。
対処したのは以下の方法です。
※ DBXファイル(受信トレイ.DBXなど)の保存先が、下記に変更されていました。  
  【変更前】:C:\WINDOWS\ApplicationData\Identities\{2D8261A0-17B0-11D5-86F9-0080C8F7BFF9}
       \Microsoft\Outlook Express
  【変更後】:C:\WINDOWS\ApplicationData\Identities\\Microsoft\Outlook Express
(1) DBXファイルがなぜか削除されていたので、ツールを使って、
  消えたDBXファイルを復活させた。
(2) 「ツール」-「オプション」-「メンテナンス」-「保存フォルダ」を開き
  保存先フォルダが上記【変更後】のフォルダに変わっていることを確認する。
(3) 【変更後】のフォルダに、(1)で復活させたDBXを上書き保存する。
  (初期状態のDBXファイルがあったので、それを上書きした)
(4) Outlook Expressを立ち上げる。
今まででは、これで問題なくメールが復活していたのですが、
奇妙なことに、上書き保存したDBXファイルを正しく認識してもらえず、
Outlook Express起動中に、新たなDBXファイルを自動的に作成し、
メールが復活しません。
例:受信トレイ.DBXはすでに上書き保存したので、新しい受信トレイ.DBXファイル
  「受信トレイ(1).DBX」を作成し、古いDBXファイルは認識してもらえません。
どうすればいいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

Winエクスポローラでの手動による復旧方法です。


エクスポローラを起動して、【変更前】のディレクトリを開いて表示させます。ここに「受信トレイ.dbx」「送信トレイ.dbx」「削除済みアイテム.dbx」などのファイルが見えます。

ここにある「**.dbx」ファイルの全て(又は必要なものだけ)を【変更後】のディレクトリに「上書きコピー」をかけます。この場合に、「Folders.dbx」はOutlook Expressの仕様による、フォルダ構成の内容を記述したものですから、基本としては必ずコピーしてください。(【変更前】、【変更後】のフォルダ構成が同じである場合にはコピーの必要はありません。)
すでに、何らかの操作で変更前ディレクトリから「**.dbx」が移動・削除されている場合には、「*.dbx」をキーワードにファイル検索して所在を確認してください。
    • good
    • 0

Outlook Express6.0は知らないのですが


[ファイル][インポート][メッセージ]で復活させたメールをインポートして見る事は出来ませんか?

Outlook Express4から5.5の時はこれでうまくいったので...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。インポートでなおりました!
なぜこんなことが起こるんやろ??

お礼日時:2001/12/15 19:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報