平成7年式のワゴンRに乗ってます。中古ですが去年6月購入で、
走行距離はおよそ65000(自分が14000乗った)です。

この前普通にエンジンをかけて出発しようと思ったら、20mくらいでいきなり
止まってしまったんです。
それまで3ヶ月毎日通勤に走ってたんですが、3週間パタッと乗らなくて、
久しぶりに乗ったら、この有り様。

で、保険のサポートさんに指示を仰いだ上で整備に持って行きました。
「エンジンが温まらないのに、しかもそれまで乗ってて3週間も開けたから起こったのでは」とも言われましたが、結局原因は分からずじまい。

どんな事が考えられるでしょうか、また、こんな事が起こらないようには
どうすればいいでしょうか。

ちなみに数日後、ちゃんと走りました。おかしいですよね…

A 回答 (2件)

エンジンの型番が異なりますけど.私の愛車SS30?かな


大体原因としては.
エンジンが温まっていない=キャプの温度が低く.ガソリンが気化しない
3週間のらなかった=錆がたまっていた.燃料に水滴がたまっていた.バッテリーが弱くて.ちょっとしたエンジン回転数の低下が電力不足となりエンジンが止った
が考えられます。

対応としては.1週間に1回1時間は最低付近(設計時速以上で.つまり.ノロノロ運転不可)を乗り回す(バッテリーの充電)。でしょう。ほとんどのらないとガソリンの揮発分がへり.気化しにくくなります。だから.月1回はガソリンを使い切り.給油しましょう(1ヶ月給油しなかったら完全にかからなくなり.ガソリンを捨てて(カソスタに運び込み入れ替えてもらった)いれ直したら簡単にかかったことあり)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。
今のところ何のトラブルも無くスイスイ走っております。

上記に書かれてる対応を守りつつ、10万目指して走ります
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/22 20:09

整備はスズキのディーラーに持っていったのですか?


原因がわからずじまいでは、安心して乗っていられませんよね。
エンジンの三原則は、
1.良い吸気
2.良い圧縮
3.良い点火
です。
動かないということはこのどれかが『故障』下ということです。
「わからない」という原因はありえません。
それはメカニックの技術が不足していて原因を見つけられないのでしょう。
それとも今後このような故障は絶対に起きないと整備工場が保障してくれれば別ですが・・・。
考えられる原因はあまりに多くありますので、アドバイスの領域を超えてしまいます。
安易なアドバイスで、重大事故を引き起こしてからでは申し訳ないのでこれ以上のアドバイスは控えさせていただきます。
これが高速道路上で起こったら大惨事を招きますよ。
しっかりと点検整備してもらいましょう。
整備工場を渡り歩くことが必要になるかもしれませんが、このままの状態で乗ることはお薦めできません。
万が一のことがありえるからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりまして申し訳ございません。

あれからもう一度スズキのディーラーに点検してもらい、異常が無いのを確認して
乗ってます。

おっしゃる通り、高速で…、となると怖いので、あまり高速には乗りません。
少しの注意で車も長~く乗れますので、少し危険と思えば、とにかく整備に相談
するよう心がけます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/22 20:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエンジンを高回転で走らないと?

MTスポーツに乗っている者である。
昨今車はATが主流でありATならば自動でシフトアップし大抵の場合燃費重視で低い回転数で巡航しているだろう。
MTでは任意に使える気持ちのいい回転を選択し特にスポーツではローギアードな場合も多く自ずと回転数は高めになるのだが、
それでもサーキット走行や峠を攻めたり04でもしないとなかなか高回転まで回すこともなく日常巡航では2,000回転を維持し、
加速する場合においてもせいぜい3,000回転がいいところなのであるが、
皆さんは通常日常的な巡航エンジン回転はどれくらいなのであろうか?
そして回したとしてどれくらいの回転まで回しているものなのであろうか?
できれば車種グレードとともに参考まで教えていただきたい。
そしてよく言われることであるがエンジンはおとなしく低回転ばかりで走行していると回らないエンジンへと成長してしまい、
いざここ一番で加速をしようとシフトダウンし低ギアで高回転まで回そうとしても回らなくなってしまうと聞いたがいかがなのだろうか?
実際エンジン回転にどれほどの差が生じるものなのか経験でも比較したものでもあればお教えいただきたい。
特に昨今はATばかりであるから大多数は極低回転で走っているものでありほとんどのエンジンの動的健康状態はよくない状況となっているのであろうか?
また高回転によってよりよい状態へとなるものであるならば具体的にどれくらいの回転をどれくらいの時間頻度で回してやるとエンジンがバリバリビンビン元気になるのだろうか?
その他エンジン回転に関する内容で何かこの質問の主題に関連することがあればどのようなことでも結構であるので是非ご回答いただきたい。

MTスポーツに乗っている者である。
昨今車はATが主流でありATならば自動でシフトアップし大抵の場合燃費重視で低い回転数で巡航しているだろう。
MTでは任意に使える気持ちのいい回転を選択し特にスポーツではローギアードな場合も多く自ずと回転数は高めになるのだが、
それでもサーキット走行や峠を攻めたり04でもしないとなかなか高回転まで回すこともなく日常巡航では2,000回転を維持し、
加速する場合においてもせいぜい3,000回転がいいところなのであるが、
皆さんは通常日常的な巡航エンジン回転はどれくら...続きを読む

Aベストアンサー

当方、某エンジンパーツメーカー経営者です。


まず、私の個人車から。
>皆さんは通常日常的な巡航エンジン回転はどれくらいなのであろうか?
 日常走行に使ってません。

>そして回したとしてどれくらいの回転まで回しているものなのであろうか?
 レブリミットまでキッチリ回します。

>できれば車種グレードとともに参考まで教えていただきたい。
 車種グレード:ポルシェ911カレラ(993)6MT



>低回転ばかりで走行していると回らないエンジンへと成長・・・
 まず、カーボンの蓄積が原因です。
当社では、新車からの比較テストしたことがあります。1台は、常に(A)高回転まで回す。もう1台は、常に(B)3000回転程度まで。どちらも同じ車種同グレードのスポーツカーです。メンテナンスも同条件です。

1万キロ走った時点でのダイノパックでパワーチェックは、最大パワーで19%もの差が出ました。

これがいざ回した時の、伸びの違いになります。

その後、(B)をベンチで高回転を維持して回し続け、再度のパワーチェックでは、8%の差まで回復。
そして、(A)も同様にベンチで高回転維持。パワーチェックでは、差が再び広がり14%の差になった。

双方のエンジンをバラし、チェック。
まず、シリンダー内部壁面が、(A)は滑らかなのに、(B)の方は段付きがあります。ヘッドのカーボン付着も圧倒的に(B)が多い。




このテストは、極端な例だと思いますが、市販車で一般の方が普通に乗ってるクルマだと、もっと多くの差が出てくると思われます。


>具体的にどれくらいの回転をどれくらいの時間頻度で回してやるとエンジンがバリバリビンビン元気になるのだろうか?
 この回答としては、下記になります。




まとめますと、たまに高回転まで回すといいですが、常に高回転まで回してるエンジンには敵わない。
一度付着したカーボンは、回してて完全に取れるモノでは無い。


こんなところです。

当方、某エンジンパーツメーカー経営者です。


まず、私の個人車から。
>皆さんは通常日常的な巡航エンジン回転はどれくらいなのであろうか?
 日常走行に使ってません。

>そして回したとしてどれくらいの回転まで回しているものなのであろうか?
 レブリミットまでキッチリ回します。

>できれば車種グレードとともに参考まで教えていただきたい。
 車種グレード:ポルシェ911カレラ(993)6MT



>低回転ばかりで走行していると回らないエンジンへと成長・・・
 まず、カーボンの蓄積が原因です。
当...続きを読む

Q自動車に乗って公道を走る際の思いやり

制限速度を守りたい人は飛ばしてる車に道を譲る
飛ばしてる人は遅い車に追いついた時に車間を開けて合わせて走る

どちらも思いやりですよね?
自分の方が偉い!自分の方が上手い!って思う方が相手に思いやる事が大切だと思いますし、両方が同じ気持ちなら前者が後者に譲って後者が前者にサンキューハザード等でお礼をすれば気持ち良くなれると思うんです。どう思いますか?

制限速度を守り続けるのは良い事でしょう。しかし、お互いが思いやりの無いドライバーの場合にトラブルに発展すると思うのですが、これは間違いでしょうか?

Aベストアンサー

その通りですよ。
道を譲っても、礼もいわずに 行く奴、いますよ。
心に余裕の無い人には、おもいやりの優しさ が、欠けているのも確か。
事故にならなければ、それで良し と するしか無いでしょう。

運転する全ての人が、車は便利だが、動く凶器と 認識すれば、
のんびり運転でも、急ぐ運転でも、事故は無くせる。

Qエンジンを温めてから走った方が良いのですか?

ずいぶん昔ですが、冬場の寒い時期は、車を走らせる5~10分くらい前にエンジンをかけ、エンジンを温めてから走らないとエンジンに良くない。。。と聞いたので、ずっとそれを実行していたのですが、最近
「今の車は性能が良くなっているので、エンジンを温めなくても大丈夫」と言われました。

実際、どちらが正解ですか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

エンジンを始め動くところは暖まった時に本来の性能を発揮するように作られているので暖機運転した方が良いと思います。ただし停車状態での暖機は下がっていたオイルが回る30秒~1分くらいで良いと思います。停車状態ではエンジンしか暖機できません。

あとは、水温計が上がりだすくらいまでアクセルを深く踏み込まない、高いギアに入れないでゆっくり走りながら暖機運転ですね。そうすればエンジンだけでなくトランスミッション等の可動部分も暖機できます。暖機しなくてもすぐに壊れたりしないでしょうがいたわってあげましょう、自分の車ですから。

欧州車の取説にはアイドリングで暖機するな、と書いてあったりします。温暖化防止や資源保護の観点からも停車状態での長時間暖機はすべきでないと思います。

Q自転車に乗って走ることは違法行為ですか

自転車に乗って車道を走ったのですが
それは違法行為だという回答がありました。
自転車に乗って走ることは違法行為なのでしょうか。

どこも違法的な改造もしてないし無謀な走りもしていません。
違法ではないなら
あきらかに間違った悪質な回答だと言えますね。

Aベストアンサー

原則、違反ではありません。

ただし、第1車線の左端を走行 しなければなりません。
右折時は、2段直進でなければ なりません。
また、車線の中央を走行するのは、厳禁です。

以上以外なら、問題有りませんよ。道路交通法を
厳守するのは、当然です。

Q1週間乗らないとオイルって・・・?

30年前の旧車に乗ってます。
こういう車は実用というよりも維持・保存していくのが大きな課題で、入念なメンテナンスや乗り方にも大変気を使わなければならないものです。
もちろんオイル管理も維持していく上で基本中の基本なのですが、いくらキチンとオイルを管理していても、エンジンを動かさなければオイルは下へ落ちてしまいます。整備工場やレース屋のメカニックからは「まず毎日乗ること、乗らないとシリンダの油膜が落ちてしまって、エンジンを掛ける瞬間にキズがいったり磨耗したりする」と言われます。

とはいえ仕事がら帰りも毎日遅いので週末ぐらいしか乗れません。
週一ペースは守ってますが、これぐらいの間隔でシリンダー内の潤滑は問題ないものでしょうか。
上記のプロ達からは「いやできれば毎日乗ったほうがいいね」と言われるばかりで、週一ペースでどれぐらいのリスクがあるのかハッキリとした回答は得られませんでした。

もし“エンジン放置期間におけるシリンダ内油膜保持状態の推移”を検証しているようなサイトをご存知でしたら教えてください。

※オイルは10W-40(SLかSM)の鉱物油で、3000Kmまたは半年以内には必ず交換するようにしています。

30年前の旧車に乗ってます。
こういう車は実用というよりも維持・保存していくのが大きな課題で、入念なメンテナンスや乗り方にも大変気を使わなければならないものです。
もちろんオイル管理も維持していく上で基本中の基本なのですが、いくらキチンとオイルを管理していても、エンジンを動かさなければオイルは下へ落ちてしまいます。整備工場やレース屋のメカニックからは「まず毎日乗ること、乗らないとシリンダの油膜が落ちてしまって、エンジンを掛ける瞬間にキズがいったり磨耗したりする」と言われます...続きを読む

Aベストアンサー

1年ぐらい経たないとシリンダーの油きれなんて起きないから大丈夫。

1週間でオイル切れおこすのならピストンリングが終わっています。(^^;


人気Q&Aランキング

おすすめ情報