生活保護を受ける以外に、医療費などを出してもらえる医療扶助を受ける方法はないのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 No1の追加です。

医療費の自己負担分を公費などで負担して、自己負担をしなくても良い制度と、医療費の自己負担分を一時的に貸してくれたり、自己負担額が保険制度によって軽減される場合があります。ご質問の趣旨は、自己負担をしなくても良い制度のご質問かと思いますので、No1に回答いたしました。

 
    • good
    • 0

 高額療養費補助制度というものがあります。

これはその人の所得により、基準額以上の療養費を支払った場合、それを越えて支払った分をが支給されるという制度です。これは厳格に医療費のみで、差額ベッドや食事代、保険外診療などは適用されません。参考URLをあげておきますのでご参考になさってください。

 高額医療費貸付制度は、一度に高額の療養費を支払うことが困難な場合、その9割までを貸し付けてくれる制度です。

参考URL:http://www.city.odawara.kanagawa.jp/hoken/kokuho …
    • good
    • 0

 一般の人には、そのような制度はありませんが、病院への支払いが困難な場合には医療費の貸付制度があって、市町村の社会福祉協議会や社会福祉事務所で、低利子又は無利子で貸し付けています。

国民健康保険に加入している場合は、高額療養費に該当する場合には、貸付制度がありますので役所の国保担当課に相談をしてください。

 その他、制度としては、身体障害者手帳の1・2級か3級の内部疾患に該当している方は、病院での自己負担が非常に安くなる制度がありますし、乳幼児・母子世帯にも同様の制度があります。70歳以上になりますと、老人保健の該当になりますので、従来の2・3割負担ではなくて自己負担の上限が決められていますので、定額で受診できます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報