人気雑誌が読み放題♪

スキー板の購入を考えています。デザインで選ぶとロシニョールのスクラッチシリーズが気になっています。スクラッチにもいろいろあるようで、特徴やオススメを教えてください。去年?のモデルのSCRATCH PRO TEEN 158は、名前の通りteen向けなのでしょうか。モーグルをするつもりはなくせいぜいコブ斜面に挑戦したいなと思っている程度です。ちなみに身長160cm女です。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

短い方(フラッシュ)も視野に入れていたのであれば、ひとつ買っても損はないと思います。



フラッシュであれば、フリーライド系というより「ミッドスキー」でくくった方がいいと思います。
私も初期のフラッシュ130cm(スクラッチよりカービング色が強いモデル)と、ふとしたことから手に入ったアトミックのarc-Sという120cmのモデル(特にジャンルなし)を持っています。
普通の長さのスキー(私の場合は160cm前後)で、カービングやコブなどの上達が行き詰まった時、気分転換に乗ってます。それまでできなかったことが短いスキーならできたりして、その中でヒントがひらめいたりして、勉強になりますよ。私の場合は普通のスキーで上手く滑れなかったモーグル入門コースも、短いスキーならノンストップで滑れて感動しました。(逆に難しいという人もいますけど)

あと、今の時期、初級ゲレンデしか開いてない時がありますよね。普通のスキーだと単なる緩斜面も、短いスキーだとがぜん面白くなります。くるくる回ってみたり、片足で滑ってみたり。

もうひとつ、60歳目前でスキーを始めた母親の板としても使ってます。竹スキー以来50年ぶり?くらいにやったのに、1日でゲレンデの楽しさを感じるくらい滑れるようになりました。

ということで、セカンドスキーにおすすめです。
118cmが向くかは138cmが向くかはその人次第ですが、女性で138cmだと普通のスキーとそんなに変わりないフィーリングになるかも。(うちの嫁は140cmのフリーライド系とカービングの両方の特性を併せ持つモデルがメインスキーです。昔はそんなモデルもありました)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

短い板にはそれなりの面白さがありそうですね。
大変参考になりました。ありがとうございました!

お礼日時:2005/12/07 01:54

こんにちは。


スクラッチではありませんが、アトミックの「FZ-BUMP」というフリーライド系の板を持っています。

この手の板はサイドカーブが緩め(BUMPの163cmは16m)でカービング性能も弱く、整地では物足りないばかりか、スピードに弱いです。私のBUMPは特に超軽量ビンディングとの組み合わせということもあると思います。

また、空中で回るためにビンディングが板の真ん中近くに付いています。これは初心者にとってはターンしやすく、後傾になってもなんとかバランスを取ってターンできる効果もあるため、初心者用の板としても使えます。

しかし、後ろが長いということは、コブでは邪魔なんです。コブの形状によってはテールが引っかかりまくります。これなら普通の初・中級モデルの方がよっぽど乗りやすいです。
それは私のコブレベルが低いからかと思ったら、上手なコブマニアも同じことを言っていました。もっと上手い人は多少クセがあってもエア重視で乗りこなしちゃうんだと思いますが。

スクラッチ系は試乗になかなか出てこないので乗ったことはありませんが、見た感じ同じ系統だと思います。

ということで、エア命!というような特化した上級レベルのモデルを除けばフリーライド系は誰でもそこそこ滑れる板ですが、普通に滑るだけなら物足りない半端な板だと思います。
もう少しカービング色の強い、普通のゲレンデオールラウンド系といえばいいのかな?そういうモデルの方が滑っていて気持ちがいいし、上達もすると思いますよ。

既にそういう板を持っていて、スクラッチのデザインが気に入ったというのであれば、セカンドスキーとして持っていても面白いと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすい説明をありがとうございます!ゲレンデオールラウンド系のは別に考えるとして、セカンド用に、スクラッチの100センチ強くらいの短いものを購入してみようと思います。

お礼日時:2005/12/02 10:02

フラット・コブ・エア全てにおいて最高の性能を誇る万能の板は存在しませんから、結局は自分が一番したいことに適した板を選ぶしかない訳です。



補足を読むに、「普通に斜面をパラレル」「コブがあれば挑戦」「小さい山があればジャンプ」このなかのどれを重視するかですね。

フラットでのカービングであれば基礎系の板やレース用の板が良いでしょう。
コブは滑り方によります、モーグルのような直線的なラインで滑るならばモーグルモデルが、基礎系に見られるバンクを使ったカービングや主に横ズラシで滑るならば基礎系の板が良いでしょう。
エアならばツインチップでブーツセンターが前寄りになっている板が回しやすくて良いでしょう。

普段はフラットバーンでカービング、コブを縦気味に攻めて(モーグラー並には無理)5m程度のキッカーでセーフティーグラブ程度ならば基礎系の板で十分こなせます(私は121-66-106 165cm/R11.4mの基礎板で実際にやってますから)。
但し、トップが120に近い板だとコブを縦に滑るときに引っかかって邪魔だと感じるかも知れません。

>幅の広いカービングスキーの場合はどうなのでしょうか
とのことですが。

コブの中では常にトップが接雪している訳ではないので、切り返しのしやすさという観点からセンター幅の方が遙かに重要になります。
無論滑り方により差はあります、ハイスピードでコブの頭から頭へ飛ぶように滑るのであれば長い方が良いですし、バンクを使ったカービングでは長すぎる板は邪魔でしかありません。


※最初の質問から内容がかなり逸脱してきているので、新規に質問し直すことをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました!

お礼日時:2005/12/08 22:27

ちょっと質問を読んで気になったことがあるので3つほど。



1.主用途はコブ斜面
2.モーグルのような直線的なライン取りやエアはしない
2.外見でSCRATCHシリーズを気に入っており、カタログなど見ていない

・・・ということでしょうかね?


SCRATCHシリーズと言ってもモーグル用に1モデル(Scratch Mogul)あるだけで、ソレ以外はパーク用途です。
04-05シーズン同士で3サイズを比べると。
Scratch Mogul 99-66-87 168cm/R20m
SCRATCH PROTEEN 110-80-103 158cm/R17m

経験上センター幅80以上の板はコブ斜面では取り回し難く、かなり馴れた人間でも「滑れないことはない」程度のレベルです。

この回答への補足

ありがとうございます。主用途は、普通に斜面をパラレルしたり、コブがあれば挑戦し、小さい山があればジャンプしたい・・という程度です。幅80以上はコブに向かないとのことですが、幅の広いカービングスキーの場合はどうなのでしょうか。恥ずかしながら、未だにカービングではない板を使用しています。

補足日時:2005/11/29 21:19
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qsalomon 1080mogul('06)について

今シーズンモーグルを始めようと思い、前からかっこいいと思っていた1080mogulの購入を考えています。
しかし僕はまだコブがろくに滑れません。1080mogulはモーグルモデルの中でも固く、コブからの抜けも速いと聞きました。
そこで実際に1080mogul'04、'05モデルを持っている方に質問なのですがモーグル初心者には難しい板でしょうか?また1080mogulはどのような滑り(スライドorカービング)に合っているのかもできれば教えてください。

Aベストアンサー

白1080モーグル・オレンジの1080モーグル(S-LAB)両方乗りました。また、他のモーグルモデルも試乗会でのりました。
1080モーグルは今までの回答の通り、競技者用のモデルですが、ハートやフォルクルといったモデルに比べ、扱いやすいと感じました。ズラシもカービングもどちらもしやすいので、これからコブを始める人でも大丈夫だと思います。モーグルコースを通して滑れるようになったのは白テンの頃です。オレンジの方がレスポンスがよくなっている筈ですが、そこまで確かな違いは感じません。特にゆっくり滑ってるときは。自分は180センチの板ですが、170cmにしておけばさらに扱いやすくなると思いますよ。不安ならば、ID-ONEやロシニョールなんか少しサイドカーブがあるのでよいと思います。
後、フリーライド系の板でも当然滑れます。というか滑るだけならファットスキーでもコブは滑れます。でもやはりコブを滑っていて気持ちよいのは、モーグルモデルをはいているときです。前は重なりやすいですよ。後、人によってはツインチップの後ろが重なったときにロックしてテンパるみたいです。
コブの滑り方を知らない人は、どんな板でもうまく滑れないと思います。逆に滑り方を知っていれば、どんな板でもそれなりに滑れると思います。なので、モーグルスクールに1回でも良いので入って見ましょう。自分もモーグルスクールに入ったらちゃんと滑れるようになりましたよ。

白1080モーグル・オレンジの1080モーグル(S-LAB)両方乗りました。また、他のモーグルモデルも試乗会でのりました。
1080モーグルは今までの回答の通り、競技者用のモデルですが、ハートやフォルクルといったモデルに比べ、扱いやすいと感じました。ズラシもカービングもどちらもしやすいので、これからコブを始める人でも大丈夫だと思います。モーグルコースを通して滑れるようになったのは白テンの頃です。オレンジの方がレスポンスがよくなっている筈ですが、そこまで確かな違いは感じません。特にゆっく...続きを読む

Qコブ練習に適したスキー場

スキー中級者です。今までコブを避けていたのですが、今シーズンから何とかコブに挑戦してみようと思っています。
まずは連続したコブの衝撃吸収に慣れる事から始めようと考えています。
そこで、緩斜面にある程度長さのある人工の小さなウエーブが作ってあり、ヒザ曲げのばしの感覚の練習ができるスキー場を、できれば関越道方面でご存知の方がいらっしゃったら教えてください。当方東京在住です。3~4時間程度で行けるスキー場であれば長野道方面でも行けるかな、とも思っています。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

岩鞍も悪くないですよ、休日のお昼過ぎた頃に女子国に出来はじめるコブであれば・・・ですが。

コブ初心者であればエア台のあるようなモーグルバーンより自然コブの方が良いです、玉原のコブはかなり斜度が緩いのでコブが滑れなくとも中級(2級)程度の技術が有れば恐怖感無く練習できると思います。
さもなければ斑尾のように毎日キチンと整備するモーグル練習用バーンのあるスキー場か、ですね(練習用のコブ斜面としては国内随一のクオリティーです)。

4月5月になって雪が腐ってくるとコブの季節になります(その前に整地でのショートターンとポジショニングをキッチリ練習しておく必要がありますが)。
スピードが出ないので吸収さえ出来れば直滑降でもある程度滑れてしまうのですが、ここでコブの中でのターンとエッジングの練習をしないと次のシーズンに思い切り後悔することになります。

Qホットワックスをしたけど滑りませんでした。

今年板を買ったばかりです。
板を買うときにどうせならホットワクシングをした方が良いと言われ、セットを買いました。
ガ○ウムのセットを買い、ベースのピンク2回、紫1回、青1回をかけました。
滑走ワックスはかけていません。(レースに出ないなら必要なしと聞いたので)

斜面を滑るときは気にならないのですが、すごく緩い斜面を滑るときやスケーティングするときに滑りが悪いです。(リフト乗り場への移動等)
緩い斜面を他の人と同じスピードで滑っていてもこちらの方がすぐにスピードが落ちます。
スケーティングでも一漕ぎで進む距離が短く、抵抗を感じます。

ゲレンデは気温マイナス10度前後。雪はパフパフの新雪、乾いたサラサラの雪、もしくは凍りかけのガリガリの雪でした。

原因は何でしょうか?
ワックスのかけ方?ワックスの選定?
そもそもの板の問題?

考えられる原因と改善方法をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#5です。
ラインナップを見るとガリウムのワックスセットを購入されたみたいですね。
確かに、このセットには滑走ワックスが含まれてませんね。
状況的に、ベースWAXだけの状態で新雪に対応し切れなかったんじゃないかなって気がしてきました。
ベース+リキッドも勿論ありです。僕もサークル時代合宿の時なんかに良くやってました。
出来れば、せっかく凝りだしたのだから滑走ワックスも塗ってあげてほしい所ですが、まずは楽しく気持ちよく滑る事が一番だと思います。

Qスキーを子供に教える為に板を購入したい

長文失礼します。
当方30台後半男性、身長175cm、体重70kgです。

今年になってから3歳の子供と4回ほどスキーに行きました。
トライスキーという先端補助で楽しく滑っているようです。
親の私は知人からブーツを借りて、板はショートスキーを中古で手に入れました。
子供の道具は揃ってますが、親の私はもうちょっとステップアップしたくなりました。

といいますのも、私は学生時代にスキー経験がちょっとあったくらいで
社会人からはほとんどスノーボードで、社会人になってからは行く頻度も増えました。
子供が出来た4年ほどはほとんど滑ってなくプチ引退してましたが、子供の成長と共に
満を持して復活。。。でも子供のことを考え、スキーでデビュー。
それにあわせて、親もスキーにしないとということで久しぶりにスキーしております。

前置きが長くなりましたが、そこでご相談です。
子供が少しづつ滑れるようになってきたので、私も久しぶりですが
もうちょっとスキーを楽しみたくなってきました。
当時の腕前は、偽パラレルが出来たかどうかの腕前です。
もちろん当時の板はカービングではありませんし、スキーはレンタルでした。

ちなみにスノーボードは中上級でスピードも速いほうです。
フリーライドがメインでショートターンが大好きな滑り方です。
バックカントリーやパウダー、猛吹雪も好きですが、こちらは子供とは
当分一緒に出来ないとあきらめています。

インターネットで調べたところミッドスキーという分野があり
面白そうだと思いますが、ミッドスキーに否定的でオールラウンドを
勧める声も多く迷っております。
ミッドスキーにすれば嫁と共存してもいいかなとか思ってます。
(嫁は生粋のスノーボーダーで、これを機に子供とスキーにしようかとか言い出している)

スキー・スノーボードどちらも経験してて、子供と一緒に滑っている方の
道具選びに関する声をお聞かせ願えませんか?
また、スキー経験豊富で子供と滑っている方の考えも聞ければうれしいです。
よろしくお願いします。

長文失礼します。
当方30台後半男性、身長175cm、体重70kgです。

今年になってから3歳の子供と4回ほどスキーに行きました。
トライスキーという先端補助で楽しく滑っているようです。
親の私は知人からブーツを借りて、板はショートスキーを中古で手に入れました。
子供の道具は揃ってますが、親の私はもうちょっとステップアップしたくなりました。

といいますのも、私は学生時代にスキー経験がちょっとあったくらいで
社会人からはほとんどスノーボードで、社会人になってからは行く頻度も増えました。
子供...続きを読む

Aベストアンサー

先に挙げた10年くらい前の板は工具不要ワンタッチで調整できる、通称「レンタルビンディング」が主流でした。
うちにもアトミックの「セントロ」っていうトゥとヒールが連動するのがあります。

しかし、今は少なくなりました。
そのかわり板にあらかじめレールやプレートが載っていて、ドライバー1本で調節できる物が多くなりました。通称「システムビンディング」です。
Minenemyも初期モデルはロックレバーを外してダイヤル回す連動式だったのですが、
http://www.monster-japan.com/SHOP/skbin005.html
途中から赤丸ロックをドライバーで回せば解除して調節できる方式(IBC)に変わり、軽くなりました。
http://item.rakuten.co.jp/sptmart/ff234/
(ついでに裏技的にセンターをずらすこともできます。パウダーでは後ろ寄りに)

今はどこのスキー場にもスノーボード調節台と、紐でつながれたドライバー置いてませんか?
あれで間に合うんです。
どっちみち夫婦で使うなら解放値も変えなきゃいけませんし。
プレートやレールが載っている板なら、調整はそんなに難しくないですよ。

板に直接穴を開けて取り付ける昔のタイプも残ってますが、もはや特殊用途板で、お手軽板の選択肢には上がらないでしょう。

ただ、前圧や解放値の知識がないと危険なので、そっちの方が問題です。
一応、自分でイジったら何があっても自己責任となります。
(知識のある人なら、量販店やレンタル屋のバイト君が調節したものより、自分で確認したほうが安心。というのが現実ですけど)

あと、うちは夫婦でソール長が20mm違うのですが、昔ながらの直付け板や、プレートにたくさん穴が開いていて指定ビンディングを取り付ける板の場合は、どっちでも使える位置に付けてもらったことがあります。

女性は体のつくりの違いで、センターを1cm前にずらしてちょうどなんだそうです。
だからトゥピース(センター)を夫用に合わせ、ヒールピースを少し前に付けてしまえばどっちでも使える板になります。(ソールサイズが大きく違う場合は使えない手ですけど)

2人の子供の板は昔ながらのヒールだけ動くビンディングですけど、一応どっちのブーツでも使えるように付けてます。

余談ばかりですみません。ところで、中古の板の場合は出たとこ勝負です。
機種がどうのこうのより、ソールやエッジの状態と値段のバランスで決めちゃいます。
お近くに「B・SPORTS」などありませんか?
http://www.bookoff.co.jp/shop/shop.php?action=search&pref_cd=&station=&opening_shop_time=&closing_shop_time=&shop_name=&stock[]=8&x=96&y=10

うちのMinenemyは半ば衝動買いでしたが、一番活躍してます。

先に挙げた10年くらい前の板は工具不要ワンタッチで調整できる、通称「レンタルビンディング」が主流でした。
うちにもアトミックの「セントロ」っていうトゥとヒールが連動するのがあります。

しかし、今は少なくなりました。
そのかわり板にあらかじめレールやプレートが載っていて、ドライバー1本で調節できる物が多くなりました。通称「システムビンディング」です。
Minenemyも初期モデルはロックレバーを外してダイヤル回す連動式だったのですが、
http://www.monster-japan.com/SHOP/skbin005.html
途中か...続きを読む

Qド素人とカービングスキーと、ロッカースキー。

スキーに行かなくなって、もう10年以上になります。当時、まだカービングスキーは無かったようにも思いますが、定かではありません。あまり上達とは程遠い状況で、止めてしまいましたが、今またスキーを始めようと思っています。また、すぐに辞めてしまう恐れもありますが、ヤフーオークション等で、手軽に買えそうなランクには、たくさんカービングスキーがあります。もう少し出せば、ロッカースキーと呼ばれる、スキー板も視野に入りますが、両方知っているのは呼び名だけ。ロッカースキーは知らなくて当たり前ですが、カービングスキーとは違い、ズラすと聞きます。昔から、切る、ズラすはよく聞きましたが、当方が会得しているとは思えません。しかしながら当時は、カービングスキーというのは、切れがあり、いかにも曲がりそうなイメージでしたが、今、web等を読むと、かえってそれが難しいともあります。と、言う事は、ズラすロッカースキーは、ひょつとして、昔のスキーしか知らないものには、良いのではないか?と思いますが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

従来のキャンバースキーに対してロッカースキーが出てきました。
スキーの前後部分が逆に(雪面とは反対の上の方へ)反った形状になっています。
これによりエッジが引っかかったりせずに容易にターンができるということです。

昔カービングスキーが出た頃はワールドカップの選手は見向きもしませんでしたが、今やSLは全てカービングスキーです。

世の中はより簡単にできるように進むので、もうすぐカーブ&ロッカーの時代になると思いますよ。

QDYNAMICの板って?

最近、近所の大型スポーツ用品店でDYNAMICというメーカーのスキー板を購入しました。最初はFISCHERの板の購入を考えていたのですが、このメーカーの板はATOMICと同じところが作っていて品も良いとの店員の強い薦めもあって、結局DYNAMICの板を購入することになりました。実際に滑った感じはそう悪くはなかったのですが、後からこのメーカーについて調べようとインターネットで色々なスキー関連のサイトを探してみても、この購入した店のHP以外では、どこにもこのメーカーの名前が出てきません。どなたかこのDYNAMICという聞きなれないメーカーについてご存知の方がいれば、何か情報をいただけないでしょうか?

Aベストアンサー

私の大好きな、「ロジ・ミッターマイヤー」というドイツの選手が使っていました。オリンピックで、3種目中2種目で金メダル、1種目で銀メダルをとった、強い選手です。私もDYNAMICをはきたかったけれど、はいたことないです。なぜなら、DYNAMIC(多分オーストリアのメーカーだったと思うのですが)や、アトミックなど、オーストリア系は、硬めが多くて、私のような脚力がない人には無理だと言われたから。私はロシニョールやダイナスターなど、フランス系を乗っています。
shikunotanさんがお知りになりたい情報とは違った回答になってしまってごめんなさい。DYNAMICって聞いて、ついうれしくなったもので・・・・。

Qカービングと普通スキーの違いとは?

カービングスキーと、普通スキーは何が違うのでしょうか?それによって、滑りももどのように変わってくるのでしょうか?

また、カービングターンとは何でしょうか?

わからないことだらけですが、ご教示お願いします。

Aベストアンサー

答えから言います。カービングスキーと普通のスキー(従来のスキー板:ノーマルスキー(すでに死語?))は、構造自体が大きく異なり、それによって滑りもカービングターンとスキッディングターンと大きく異なります。   カービングスキー自体の意味は、「〔carving は切る、刻む(掘る)の意〕で、鋭い回転を可能にするために、トップとテールの幅を広げて中央部を狭くしたスキー板」と定義されるかと思います。カービングスキーが登場する前のかつて(もう15年以上前)は、超上級者しか可能でなかったカービングターンを一般スキーヤーにも可能にしたマテリアル(スキー板など)です。ちなみに、カービングターンとは、「横ズレの極力少ないターン」のことで、スキー板はエッジングを弱くした状態でターンしようとすると、ずれやすくなり、逆にエッジングを強くすればするほど(脚の傾きを大きくすればするほど)、スキー板はずれにくくなり、サイドカーブに近いターン弧となります。ですから、カービングターンをしてくるスキーヤーは倒れてしまうんじゃないかと思うくらい、身体(体軸)を傾けて滑ってきます(決して、内倒とは異なります)。 カービング自体が、マテリアルも技術理論も年々進化しており、現在では、ターンの分類として、「トップコントロール」、「テールコントロール」それらを組み合わせた「トップアンドテールコントロール」、「テールアンドトップコントロール」となり、横ズレを伴う「スキッディングターン」とは大別されています。 また、全日本スキー連盟(SAJ)の市野企画委員長は、カービングターンを「私は、カービングターンとは、内向、内傾、内スキー始動ということを言っています。」とおっしゃっています(参考URL参照)。 最近は、マテリアル(カービングスキー板)自体が進化しており、初心者でもレールターンを行うことによって、掘って滑るcarvingターンは簡単なものとなってきました。ただし、それを真の意味でカービングターンに仕上げるには、SAJの市野企画委員長がおっしゃるとおり落下運動を回転運動に変えてやる、スキーヤーの運動(内向、内傾、内スキー始動)が不可欠となってきます。それがスキー技術そのもので、そこがスキーのおもしろみでもあります。 具体的には、ターンの局面のうち、切り換え期においてスキーヤーは上体の内向を行い、次のターン始動期では内スキー始動(これにより、カービング板の幅広のトップが雪面をいち早く捉えてくれます)を行い、舵とり期に内傾を強め、先に述べた板のエッジを立てエッジングを強め横ズレしないカービングターンを雪面に描きます。そして、次の切り換え期に移るという運動を繰り返してターンしていきます。これは、大回り(ロングターン)でも小回り(ショートターン)でも基本的な部分は変わりません。

参考URL:http://www.saj-edu.ne.jp/edu2003/saj-demo/saj-demo-riron.html

答えから言います。カービングスキーと普通のスキー(従来のスキー板:ノーマルスキー(すでに死語?))は、構造自体が大きく異なり、それによって滑りもカービングターンとスキッディングターンと大きく異なります。   カービングスキー自体の意味は、「〔carving は切る、刻む(掘る)の意〕で、鋭い回転を可能にするために、トップとテールの幅を広げて中央部を狭くしたスキー板」と定義されるかと思います。カービングスキーが登場する前のかつて(もう15年以上前)は、超上級者しか可能でなかったカービングターン...続きを読む

QSalomon 1080 Foil vs Gun

ただ今サロモンの1080FoilとGun(旧ポケロケ)で悩んでいます。

この板にビンディングはディアミールFRを搭載し、使用用途としてはバックカントリー70%、ゲレンデ(と言ってもニセコとか八甲田とか)30%くらいの使用用途を想定しています。パークは入りません。

一枚バーンでパウダーかっ飛ばす、というだけならGunの方が良いのでしょうが、バックカントリーと言えども当然クラスト、悪雪に加えてルート的にも林の中に突っ込む事も多く、とっさに板を回す、等の取り回しなども重要視しています。

Gunの方は重く、Foilの方が軽くて取り回しやすいという噂を聞きますし、登りを考えても軽いに越した事はないかな、と。
ただ、Gunも捨てがたく・・

ポケットロケット含めて試乗された方、お持ちの方、どなたかアドバイスやインプレ願えませんでしょうか。

今までは
学生時代はレースや基礎板(今やもう履きませんが)
 ↓
サロモン1080青
 ↓
ディナスターLegend8000
という板の変遷です。

Aベストアンサー

こんばんわ。
ご質問に回答させていただきます。

私は整地でのみ試乗したのですが、メイデンAKに前に持っていた板(これもFat)の経験を合わせてご説明します。

基本的にファットスキーはずっしり感があります。それは、センターが太い事に対する、切り返しのしにくさにあると思っています。
それは、センターが太ければ太いほどずっしりと感じることでしょう。
あとは、物理的に同じ長さのスキーとくらべて、板自体の重さも重いこともあります。

また、悪雪での小回りについては、小回りの程度にもよりますが厳しいと思います。
それも、センターが太いことに対する切り返しのしにくさからです。
基本的にはロングターンで滑るような板だと思います。

もちろん小回りも出来ますが、あとは腕次第というところでしょうか。

一つ言い忘れてましたが、Gunの方がFoilよりもトップが柔らかい気がしました。トップが柔らかいと、整地でとばした時にトップがばたつくのでかっ飛ばせないですね。

QSKI板の表面のえぐれの修復方法は?

先日、SKIに行きました。板はサロモンの1080モーグルです。
SKI中に逆エッジが入ってしまい思いっきり転倒しました。後で板を見ると、悲しい事に板の表面の角部分がえぐれて、中の部分(鉄っぽい色)が剥き出しになっていました。一応テープで表面を仮保護していますが、こういった場合、何かいい修理方法はありますか?気に入っている板なんで悲しいです。何方か宜しくお願いします。

Aベストアンサー

レジンも有効ですが、やはり2液混合エポキシ系接着剤をパテ代わりに使用するのが、お勧めです。
ショップでの修理の際にも広く使用されています。

お勧めの理由
1.スキーやスノボ本体の製造時にも使用されている。
  製造時に使用された接着剤の部分に使用しても侵食しにくい。
  瞬間接着剤は表面の修理には向いていますが中身が露出している部分に使用すると心材そのものや接着剤を侵食(柔らかく)してしまう恐れがあります。
2.温度変化に強い。
  雪上からサーモパック位までは平気。
3.入手が容易
  販売元に拘らなければホームセンター、文房具店で入手可能です。

難点
 修理箇所だけ乳白色になる。
 粘度が高いので小さな傷だと奥まで流し込むのが難しい。
 混合比率(50:50)を間違えるといつまでたっても硬化しない場合や、過剰な化学反応で泡が入る場合がある。

参考までに書き加えておきますとサロモン社が表面修理に指定しているエポキシ系接着剤は「アラルダイト」と呼ばれている商品です。
Yahooオークションにも多数出品されていますので検索してみてください。
(私自身はホームセンターで売っている500円前後の商品を使用していますが問題ありませんでした)

レジンも有効ですが、やはり2液混合エポキシ系接着剤をパテ代わりに使用するのが、お勧めです。
ショップでの修理の際にも広く使用されています。

お勧めの理由
1.スキーやスノボ本体の製造時にも使用されている。
  製造時に使用された接着剤の部分に使用しても侵食しにくい。
  瞬間接着剤は表面の修理には向いていますが中身が露出している部分に使用すると心材そのものや接着剤を侵食(柔らかく)してしまう恐れがあります。
2.温度変化に強い。
  雪上からサーモパック位までは平気。
...続きを読む

Qファットスキーのターンについて

よろしくお願いします。
セミファットスキーを買ってパウダー練習中なのですが、
深雪になるとついついターンのとき足を持ち上げてしまう「悪癖」が出てしまいます。

「膝以上の雪でもなければ、足を持ち上げるような意識はいらない」と教えられるのですが、
なーんとなく「引っかかって転ぶんじゃないか…」という恐怖感?からか直りません。
足を持ち上げようとするせいで、後傾になってバランスを崩して転んでしまいます(昨日は8回くらい転びました@@;)

こういう人はもう一度ゲレンデで基礎からみっちり練習したほうがいいのでしょうか。
(スキー検定などは受けたことがありませんが2級レベルだねと人には言われます)
それともパウダーでとことんやれば直っていくものでしょうか。
またよい練習方法や、意識の持ち方などアドバイスがあれば教えてください。

Aベストアンサー

パウダー大好き、バックカントリーにもちょくちょく行きます。
私はセンター110mmのファットを使っていますが、自分が気を遣っているのは以下の点です。

・#1さん同様、面ではなく点で。トップからテールまで使います。特に後傾にする必要も無いです。
トップで雪を受け、センターで雪を踏み、テールで雪をけちらす(スプレーを上げる)感じです。
・片足加重ではなく、両足加重で(とは言っても内足:外足が4:6くらい)。つまり両足いっぺんに回します。
・足の幅は肩幅くらいでOK
・基本はフォールライン。深雪で斜滑降すると、どうしても片足加重になるのでバランスを崩しやすいです。
それにスピード出した方が浮遊感が楽しめるので私はおもしろいです。
(私は深雪でかっとんでスプレー上げまくるのが大好きなので・・・)

今のファットは驚く程かんたんに深雪を滑れるのでつまらないのですが、昔のシェイプの細板で深雪を滑る時は、板のたわみというか、板の反発力のリズムに合わせてターンしていました。
深雪をまっすぐ滑って、板を両足で強く踏みます。すると次の瞬間、板が返ってきて、ジャンプするような感じになります。これを何回か繰り返すとボヨンボヨンしながら滑るようになります。この飛んでいるような時にターンというか、両足同時に足を横に向けてターンするのです。
ターン終了と同時に踏み込みます。するとまた返ってくるので、その時に反対方向にターンします。
この繰り返しです。
ただこれだと浮遊感があんまり味わえなく、スピードも出ないので私は好きではありません。。。

ちなみに私はストックは全く使いません。ストックを「突く」意識でいると、ズボってはまったときにバランスを崩すからです。

あ、あとですね、基本は腰から下だけ使い、腰から上は腰から下の動作に追従するだけです。たまーにパラレルクラスで肩を振ってターンのきっかけをつくる人がいますが、そういう人は肩を振っても腰から下がついていかず、バランス崩して滑れません。あるいみ矯正になるので良いのかもしれませんがー

深雪の浮遊感を味わうと、ある意味圧雪バーンには戻れなくなります。頑張ってください!

パウダー大好き、バックカントリーにもちょくちょく行きます。
私はセンター110mmのファットを使っていますが、自分が気を遣っているのは以下の点です。

・#1さん同様、面ではなく点で。トップからテールまで使います。特に後傾にする必要も無いです。
トップで雪を受け、センターで雪を踏み、テールで雪をけちらす(スプレーを上げる)感じです。
・片足加重ではなく、両足加重で(とは言っても内足:外足が4:6くらい)。つまり両足いっぺんに回します。
・足の幅は肩幅くらいでOK
・基本はフォールライ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報