私は無知です(一般教養なし、新聞テレビ欄だけ)でも生きてく上で困る事はありません。
それに身の回りに起こる事件を解決する方法やモラルは持ちあせています。自分の人生体験だけで対処できます。政治、経済、歴史、世界情勢は語れませんが。幸せ感じて生きてけるならいいです。

というような友達がいます。人望もあるので確かに幸せな一生送る気します。でも私には手の平の上の孫悟空に見えてしまいます。私は無知は罪のような気がするしでも幸せならいいかとも思いますし・・。

私自身も無知なので分かりやすく説いて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

その友達は本当に無知なのでしょうか?無知なら人望がないのでは?


どんなに知識や教養があっても失敗もします。それを真摯に受け止め、日ごろから腰を低くして暮らし、知識や教養を表に出さない。そんな人の可能性もあるのでは?

無知は罪?
誰にも迷惑をかけなければ罪ではないでしょう。少なくとも悪いことばかりするキャリアや政治家よりはマシでは?。

日本人は江戸時代に比べて知識や教養は身に付いたけど、大切なものを失ったような気がします。いさぎよさとか、言ったことに対する責任とか・・・。

幸せな一生を送れればいいと言うのであれば、知識や教養はその妨げになると思います。昔、「走れメロス」を読んだ時、そう感じました。

その頃から私は、知識・教養があり、かつメロスのように人を信じれる人間を目指して生きてきたように感じます。
そう思ったことを今思い出しました。

取り留めのない話ですみません。
    • good
    • 1

もう一個思いついたんで書きます。


ラーメンを蓮華だけで食べようとする者を愚者と言い、蓮華と箸と、最後は器を使って全部食べ切るものを知者といいます。
愚者はスープしか飲めないので、ラーメンとスープを取り違えます。今の科学者は蓮華だけでラーメンを食べようとしています。しかし、彼らのほとんどは、蓮華だけでラーメンが食べれるとは思っていません。それで、愚者というには知りすぎています。哲学版的に言うと、蓮華を知るものが、言語ゲームの存在を知るものです。彼らは、蓮華を知るので、箸も知ることが出来ます。ただ、彼らが食べるのはのびた麺です。箸を使った事がないものには、箸を覚えるのには時間がかかるのです。子どもは早く覚え、大人はなかなか覚えず、その内の弱い人は挫折します。
メニューはたくさん用意されています。
 
 ラーメンの具に、うどんのだしがかかっています。愚者は、ラーメン屋でそれを食べるとラーメンだといい、うどん屋でそれを食べるとうどんだといいます。
愚者でない者は、ラーメン屋にいるということ、またはうどん屋にいるということを知っています。哲学版的に言うと、言語ゲームを知っている者はそういう者です。愚者というには知りすぎています。しかし、知者というものは、家にいても、ラーメン屋にいても、うどん屋にいても、コンビニの前でも、デリバリーでも、「それを食べる」のです。知者の住む町は広く細かいからです。知者はそこで好きなものを食べます。
 愚者は好きなものを食べれない事がわかります。だから、愚者は満足できません。愚者とは無知の人です。
 しかし、知者も町の外は知りません。そのことで、上には上の、知者がいるのです。知る事で始まりはしますが、すべてではないのです。知ることは、世界で始めるということです。知者は「そこを生きる」ということを知っています。

 ここからは少し違う事を書きます。概念というさびで、動かなくなった車というのは、あなた自身や「僕」といったようなものです。車を動かすにはカギと運転手がいるのです。動いている車は錆付きません。さびがついていることを知るものは、愚というには知りすぎています。愚である時間がたてばたつほど、錆もより多くつき、鈍くなっていきます。カギと運転手は所与であり、あなた自身や僕は、それぞれの通りに、走るのです。マウンテンバイクにはそれの、モーターボートにはそれの、救急車にはそれの「走り」があるのです。それが、「生き様を生きる」ということです。しかし、自分の車を運転しながら、人の飛行機の操縦を考えるなど、事故のもとです。しかし、それらが全体としてどの様に走っているのかを考えるのは悪くないです。あなたや「僕」の活躍がわかります。レースする物はレースを考え、海難救助隊はそれを考えるのです。それらは、自己を知った次の事です。
    • good
    • 0

仏教の用語で「知」は単なる知識を、「智」は知識を消化し自分のものにしたものを言うそうです。

ですから私個人は、後者の「智」がないという「無智」でなければよいと思っています。とりわけ人間は失敗からしか学べませんから、失敗を良い経験として変換できるなら、学歴も読書量も関係なく、良い人生を送ることができるでしょう。おかしな基準かもしれませんが、ある「智」を得るまでにかかる時間や金銭を投資効率として考えるならば、誰かに教えてもらったり、何か本を読んで理解するよりも、自分の経験から把握できる方がずっと効率的だし、自分のものになりやすいと思います。ただ、他人をひがむ気持ちで「無知」を肯定する人とは、私は友人にはなれませんけど。
    • good
    • 0

自分のしたいことがわかっていて、それを実現するのに十分な知識があれば、


ほかの知識はとりあえずなくてもよいのでは。
自分がしたいことがわからなければ、何を知っていても自分の役には立ちません。
自分のしたいことを知るための、自分の心の覗き方を知っていさえすれば、
あとは思うように知識を取捨選択すればよいのだと思います。

あなたのご友人は、あなたから見たら、もっと多くを人生に望んでしかるべき
人と映るのでしょう。
ご友人自身が自分の望みを知った上でそうなさっているのならそのままが
よいのでしょうし、自分の望みについて突き詰めて考えていらっしゃらない
のなら、もったいないことだと思います。
    • good
    • 0

自分が無知だとか無教養だと堂々と言える人は、知識人といわれる官僚や教授に別に魅力を感じていないからでしょう。



貴方の疑問はこれから色々知識を身につけようと思っているけれども、果たしてそれが将来の幸福に繋がるのかという事だと思いますが、僕も20歳前後にその疑問にぶつかりました。

僕は勉強するのを辞めて、海岸を散歩したりする日が何年も続きました。

今は幸福かどうか分かりません。
官僚や教授にはなれませんでしたが、散歩して風を感じる時間は今も好きですね。

無知の罪があるならば、知識を身につける罪もあるように思います。
知識は食べ物と同じで、ただ多量に食べても健康も美容も損なうだけです。
体を鍛えてシェイプアップするように、心を鍛えて知識を消化していくのも大切なのではないでしょうか。

ではここで一句。

無学とは、無という有を、学ぶものかな
(哲学は楽しい)
    • good
    • 0

僕にいえることは少ないですが、結婚式に礼服を着ていく。

これは知ではありません。賢い事ではありません。ただの慣習です。賢い者は、結婚式を挙げてやるものです。祝福するとはそういうことです。くどいですが、祝福されるとは、結婚式を挙げられることです。
又、こういうことがいえます。
一つの歯車を見ていても、時計は見えてきません。時計を見て、始めて歯車の意味を知ります。時計を見る者を知者といい、歯車のみを見る者を愚者といいます。 歯車のみを見る者というのは、世界を見て、問題が山積みなことを悲観するような者です。わかっていないことをわかっていないのです。
また、世界がぐるぐる回っている。それに気付いている人はいます。しかし、その人には何故世界がぐるぐる回っているのかわからない。わからないことをわかっているという事で、その人は愚者というには知りすぎています。
悲観する者は、慰められるのでまだいいですが、世界を見て、問題に気がついてかつかずか、自分が幸せならいいや、というものは、罪を犯しています。その人は、風の強い崖っぷちに向かって、逆立ちするような者です。その人は人から外されます。
 人が人である。そのところに、何故人なのかということもあります。そのところから、罪がどういうものかがわかります。
僕が間違った事を言っていると思う人は、正してください。
    • good
    • 0

なんとなくですが、


難しいことは他人に任せてしまえば自分だけは楽できるからいいや、てきな“幸せ”感に思えてしまいます。。
なにかあっても、騒ぐだけー。みたいな。。

「私は頭が悪い」とか「知らないことが多い」など、形容詞で言うのではなくて、「無知」って名詞で言うひとは、どこかに、もうそれで決定、私は努力しませんからだから「あなたか誰かよろしく。頼まなくても、誰かやってくれるでしょ?」という傲慢な魂胆があるように、聴こえてしまいます。(私もひとのことは言えないけど。。。)

そのかたご自身が本当にお幸せであるならなにも言うことはありません。。。でも、なんとなくですが、わざわざ名詞で「無知」宣言するひとは、家族なり友人なりに、迷惑をかけていることをうすうす感じつつ、謝りたくない!自分が不利になりたくない!みたいな、計算、裏工作てきな嫌な感じを受けます。

それに、勉強(知らないことを知る)ってほんとに楽しいのに。。。もったいない気がします。
    • good
    • 0

プラグマティズムの観点からいえば、無知は罪ではありませんが損はします。

自分でビジネスするとしたら、法律から経済まで幅広く知っていないとならないし、それらの知識を動員して問題解決する知識~メタ知識も必要です。自分はビジネスとは関係ない、としても終身雇用が崩壊した今では、雇用状況が流動的でビジネス的になっています。つまり、多かれ少なかれ、知識を活用して生き延びなければならない時代になってきているのですね。

逆に言えば、無知でも幸せを感じる時代、というのは「古き良き時代」、であったのかもしれません。
    • good
    • 0

 一見すると、謙虚そうにも感ずるのですが、はなはだ傲慢さが伺えます。


 何でも知らないといえば、済まされる、許される、逃れられると思っておられるようです。
 本当の無知ならば、他の意見を素直に聞け、それにちゃんと従うことができる筈であります。それが、純真無垢な姿でしょう。
 そういった素養が見受けられず、ただ弁明として言っているようにしか思えません。
 よく「私は無宗教だ」という人がいますが、それならばと問いただせば、菩提寺があり、仏壇があり、お墓までちゃんとあり守られておられるのです。これを指して無宗教とは、認識の無さを痛感致すのみであります。
 これと同様に、無知という割には、ちゃんと社会生活等をおくってらっしゃるようで、嘘の上塗り、認識不足を感じ、憤りさえ感じます。
 何に対して無知なるかをただし、それを知る者に従うことが出来るかどうかでしょう。従えれば、それに対して無知という立証にもなると思います。
 「末法の世には、無知の人に機に叶ひ叶はざるを顧みず、但強ひて法華経の五字の名号を説いて持たすべきなり。」
とあるように、末法の世の中においては、無知の人とは皆のことです。信受出来ていなければ、無知なのであります。このことが分からないから、荒凡夫、愚者と申し、智者に従うのみなのであります。出来ないとなれば、荒凡夫の傲慢さが伺い知れるというものです。
 如何でしょうか?
    • good
    • 0

哲学上の無知についての解釈ですと、私なんかはどうしてもソクラテスの弁明における「無知の知」を思い出します。

彼は、「自分は賢い」と思い込んでいるどんな人間よりも、「自分は賢くない」ということを知っている点で勝っていると悟る。
これが、「無知の知」ですよね。でも、この倫理上の意味では「無知」というのは知らない事だけではなく、知らないからこそ、その「知」を探る探求心にもあるものと私は解します。

と、これはあくまでも哲学における「無知」の私なりの考えなんですが・・・。
どうも、こういった答えを求めているわけでもないように感じます。
もし、その友人の考えについての「無知」についての質問でしたら観点ずれててごめんなさい。しかし、それは個人、個人の価値観だと思います。
あなたは、「知」とは何をもって「知」とするのでしょうか。
政治、経済、歴史、世界情勢、あらゆることの知識を「知」としますか
それとも、子供にはこう接したほうが良い、こういう時にはこうした方が良いというのを「知」としますか。
彼女はそうした点で、本当に無知なのでしょうか。何も知らずに電車に乗れるのでしょうか?何も知らずに勤務できるのでしょうか?

ややこしくなってきましたが、この答えはいくつもあると思います。
その友人が、社会情勢などに対して「無関心」であったとし、それで構わないというならば、それも一つの考えであるし、否定はできません。
あなたが、そんなの間違っているとする考えもやはり正しいと思います。

私なりの考えですが、人間の価値観、考えは算数のように答えが一つとは限りませんよね。友人のそうした考えに、「確かにそうかも・・・でも何か違うような・・」と考えるあなたは、人に流される事なく自分の考えを持とうとするしっかりした人だと思います。
はたして何を持って「有知」とするのか、「無知」とするのかはあなたの中にある答えでなければ正解にならないのではないでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国から日本に入ってきたことわざ。

前回「日本のことわざについて。」の質問をさせてもらったものです。
前回の質問で、日本は中国から特に多くことわざが入ってきたことを知ったんですが、では
1、一体全部でどれくらいのことわざが入ってきたんでしょうか?
2、何時代に多くことわざが入ってきたんでしょうか?
3、中国から入ってきたことわざをいくつか教えてください。

質問が3つになってしまいすみません。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 まず「中国から入ってきたことわざ」のことを「故事成語」と呼びます。

 >1、一体全部でどれくらいのことわざが入ってきたんでしょうか?
 解りませんが、たくさんあります。

 >2、何時代に多くことわざが入ってきたんでしょうか?
 多くは春秋・戦国時代を題材に書かれた文書から「故事成語」は作られています。いつ日本に入って来たかは解りません。kuratosuさんで調べてみて下さい。「故事成語」で検索すれば親切に教えてくれるサイトもあるはずです。
 私も調べてみましたが、これなんかどうでしょう→→http://contest2004.thinkquest.jp/tqj2004/70237/

 >3、中国から入ってきたことわざをいくつか教えてください。
 五十歩百歩、矛盾、背水の陣などです。

Q無知の無知たる所以は?

 ここのサイトでも多くの方が、質問されていますが、分からなくて悩んで質問されているのでしょうが、どうして、回答が偏っているのに、それで満足されるのでしょうか?
 実際には、それが正解でないかもしれませんが、自分の知識の範囲で気に入ったものを良しとしているとしか思えません。
 分からないのでしょ。
 それで、どうして、それが良しといえるのでしょうか?
 お互いに論議して、糸口を見つけ出すことが大事なんじゃないでしょうか?
 それが知ることじゃないですか?
 回答者諸兄には、いろんな方がおられますが、正誤、真偽等もあるでしょうが、認識の違いはあるかもしれませんが、一つの意見でしょ。
 それが、本当に正しいのかは、本来、質問者には分からず、理解されないことではないのでしょうか?
 助言は、本人には耳が痛いことが多いということです。
 安易な選択は墓穴を掘ることになるのではないのでしょうか?
 如何でしょうか?
 耳の痛い話を聞かせて下さい。

Aベストアンサー

お邪魔します。
最近お名前をみるとオモシロそうだなと思い立ち寄ってしまいます。
私の考えはgould09さんに近いかな?
でももう少しシニカルな考え方です。

質問者は知らないから判断できない・・その通りです。
律儀な方は、あらためて調べ直して納得したものに「良」をつけることをしてますが、多くは判断したのではなく選んでいるのだと思います。選ぶだけでしたら、うちのラッキー(ビーグル13歳)でもしますので、別に『知』はいらんと思いますよ。

>或る程度、回答を知っていて、試しているとしか思えません。
これについては、それを悟られなければいいのでしょう。悟られるとは、知識を披露して回答者と議論になってしまうことです。それにコレを完全に否定すると『あいまいな知識で・・コレって本当?』と聞くものも出来なくなるような気がします。回答を読んで「はいそうですか、ありがとうございます」だけ書いておく分には良いんじゃないかと思いますよ。間違いをきつく指摘したりすると和を乱す意味で引っかかるのではないでしょうか?

徹底した議論をした上で解に到達することは実社会では正しいですが、このサイト内での扱いはbeginnersanさんが書かれたとおりだと理解しています。でもそれをかいくぐるようにしてあいまいな形で楽しむのもこのサイト内では可能なように思います。冷静に議論するとか、冷静におちょくるとか・・です。

>本当に正しいのかは、本来、質問者には分からず、理解されないことではないのでしょうか? ・・・その通りです(先に回答済み)
>助言は、本人には耳が痛いことが多いということです。
・・・その通りです。(言うまでもなく真理です。)
>安易な選択は墓穴を掘ることになるのではないのでしょうか?
・・・その通りなんですが、墓穴を掘ろうと尻に火がついてその後どうなろうとどうでもいいのと違いますか?
自分のことじゃあないし、質問者が自分で選んだことだもの。実生活の悩みがチョコチョコっとネットに書き込んだだけでそんなに簡単に解決するわけないですからね。解決したらそれこそ『ラッキー』なだけでしょう。
そう考えて気楽に行きましょうよ。

お邪魔します。
最近お名前をみるとオモシロそうだなと思い立ち寄ってしまいます。
私の考えはgould09さんに近いかな?
でももう少しシニカルな考え方です。

質問者は知らないから判断できない・・その通りです。
律儀な方は、あらためて調べ直して納得したものに「良」をつけることをしてますが、多くは判断したのではなく選んでいるのだと思います。選ぶだけでしたら、うちのラッキー(ビーグル13歳)でもしますので、別に『知』はいらんと思いますよ。

>或る程度、回答を知っていて、試していると...続きを読む

Qこのことわざの上品(?)な言い方

子供の頃に読んだ「ことわざ辞典」で、

「人は自分の自慢話はするが都合の悪いことは口に出さない」
という意味のことわざで

「昔寝小便をひった者はない」

というものがありました。

なるほどと思うことわざなんですが、このことわざのもう少し上品な言い回しのことわざはありますでしょうか。
(人前で口に出しても恥ずかしくないような…)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「昔・・・」のことわざは知りませんが、ちょっと意味が近いかな?と思うことわざを拾ってみました。


徒花に実はならぬ(あだばなにみはならぬ)
・・・外見ははなやかでも、中身、実を伴わなければ良い結果に結びつかないということ

息の香の臭きは主知らず(いきのかのくさきはぬししらず)
・・・自分の欠点や短所は、自分自身では気づかないなということ。

我が身の臭さ我知らず(わがみのくささわれしらず)
・・・自分の欠点や短所にはなかなか気づかないということ。

大賢は愚なるが如し(だいけんはぐなるがごとし)
・・・非常に賢い人は、知識をひけらかしたりしないので、見かけは愚かな人のように見える。

能書きほど薬は効かぬ(のうがきほどくすりはきかぬ)
・・・能書きに記されているようには、薬は効かないということから、自分の才能を吹聴して回る人に、本当の実力を持った人はいない。

いかがでしょうか。

Q私=幸せな世界であり、他人=私と真逆の世界にいる?

私=幸せな世界であり、他人=私と真逆の世界にいる?のではないでしょうか?

私の今いる時間は、太陽系の地球の日本東京都~市、23区外に住んでいます。

23区内は非常に危険な場所で、「天皇の場所へ敵に核ミサイルを撃たれると、山手線一周+荻窪辺りまで最悪人が死んでしまいます。山手線内は99%の人々が核ミサイルでやられてしまうでしょう。」

だから、23区内よりかは、東京都西部や、東京都以外の場所に人は住むべきなのです。

理想は、敵が核ミサイルを撃ってきたら、孫悟空や白井黒子のテレポートを、アクセラレーター(脳へのダメージ前の完全体の状態。バッテリーなし、ミサカネットワーク使用前の最良の状態で。)を核ミサイルと接触させて、「相手の方へベクトル変換、ベクトル操作すりゃ、イイ。」ってことです。
まぁ、アクセラレーターならば、「敵核ミサイルの対処法なんて、いくらでも方法は思いつく」と思いますが。
アニメ・小説のとある魔術の禁書目録+超電磁砲(S)の学園都市の、スーパーコンピューター・・・
名前忘れw調べます・・・確か・・・「織姫なんとか号」。

------------------------------------------------------
【種別】
コンピューター

【元ネタ】
Tree diagram[=ツリーダイアグラム]=「樹形図」(じゅけいず)

【初出】
一巻

【解説】
学園都市が誇る世界最高のコンピューター。
超高性能な並列コンピューターであり、
正しいデータさえ入力してやれば、完全な未来予測(シミュレーション)が可能。
そのため学園都市では天気予測は「予報」ではなく「予言」、
確率ではない完全な確定事項として扱われる。

表向きは完全な天気予報を行うために作られた代物だが、主目的は研究の予測演算。
なので天気予報は一ヶ月分をまとめて出力し、残りの時間で予測演算を行っている。
そのため、実験をしない研究者もいるとか。
どうやら使用権限は上層部が握っており、
特に暗部に踏み込みそうな事柄に関しては好き勝手に使えないようである。
(実例としては、木山春生が使用申請を23回も申し出ているが、全て却下されている。)
その性能故さまざまな組織に狙われており、安全確保のため人工衛星『おりひめ1号』に入れられていた。

七月二十八日、正体不明の高熱源体がおりひめ1号を直撃し大破。
残骸が衛星軌道上を漂うのみとなる。
しばらくは先行出力していた天気予言が残っていたが、
その後は時間単位で予測できていた天気予報は文字通りの「予報」に戻ってしまった。

後に中枢部は“残骸”として回収され、新たな騒動の火種になる。

---------------------------------------------------------------------

つまりは、アクセラレーターは、とある魔術の禁書目録IIであわきんを倒して、大事なカバンを壊してしまっていますが、
それは間違いだということです。罠ですね。

とある魔術の禁書目録のIでは、インデックスが無意識にですが、レーザーを北に発射して破壊してしまっているので・・・それを防がねばなりません。
「上条当麻の部屋のインデックスの上にアクセラレーターを配置し、インデックスのレーザーのようなものを、反射というよりは、90度じゃ危険だし、30度程度、そらすのです。周りの建物や人に当たらないような角度にするわけですね。」

アクセラレーターの弱点は、空気だから、たまには外へ出た方が良さそうです。
って・・・。。。自分のことみたい。。。・・・・

@パトリオット・ミサイルは重要で、日本中に大量配備するとイイですよ~^^
特に大都市に多めに配置ですね^^
これで、「敵の普通のミサイルなら99%以上阻止できます。」
「弾道ミサイルは、パトリオット・ミサイルでは防げない」ので、注意^^;




それはせておき、、
私=幸せな世界であり、他人=私と真逆の世界にいる?ってどうでしょう?

色が逆?明かりやらTV・ラジオのオンオフが逆?・・・・うーん、難しすぎます。

私=幸せな世界であり、他人=私と真逆の世界にいる?のではないでしょうか?

私の今いる時間は、太陽系の地球の日本東京都~市、23区外に住んでいます。

23区内は非常に危険な場所で、「天皇の場所へ敵に核ミサイルを撃たれると、山手線一周+荻窪辺りまで最悪人が死んでしまいます。山手線内は99%の人々が核ミサイルでやられてしまうでしょう。」

だから、23区内よりかは、東京都西部や、東京都以外の場所に人は住むべきなのです。

理想は、敵が核ミサイルを撃ってきたら、孫悟空や白井黒子のテレ...続きを読む

Aベストアンサー

学園都市から4kmのところに住んでまして、学園都市での市民講座には何度も聴講に行ってます。

パーソナルリアリティの根本の思想は、量子論で言うことろの不確定性、即ち、存在確率に基づいていて、その認識体であるパーソナル(自己)こそが、パーソナルの外側の森羅万象を宇宙として、自己の存在確率を補う分だけその存在を自ら発生させて、自己も宇宙もその存在確率を全体として1にしていると言うことなのです。

しかも、それぞれのリアリティは、各パーソナルによって異なるものであるという事実も明確なわけです。

>私=幸せな世界であり、他人=私と真逆の世界にいる?ってどうでしょう?

 能力者の中に、こういう方が多いのかも知れません。
 この逆がレベルアッパー事件でレベルアッパーを使ったレベルの低い人や無能力者ではないでしょうか。

 自分のパーソナルリアリティが幸福というのは、他人のリアリティも幸福であろうと捉えてこそですよ。

 ところで、市民講座で一度、佐天さんを見かけたことがあります。

Qことわざの昔の意味があるサイト?

学校の授業で日本の昔の言葉を習っています。
今はことわざについて勉強しているんですが、インターネットで探しても意味のわからないことわざがありまして、もし、ことわざの昔の意味とか、昔のことわざが出るサイトがあったら教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

数は多くありませんが、「・・・でも本来は」という注釈がナイスなページ。
http://www.sf.airnet.ne.jp/swata/swkoto_a.html

http://www.kotowaza-world.com/

Q「人望」とは何か?

何と何の要素がどうなれば「人望」になるのでしょうか?

人の心を掴んで離さないその極意とはなんでしょうか?



一般レベルでも良いですし、田中角栄とか劉邦とかのレベルの話しでも良いです

せめて最低限、持ち合わせていなければ成立しない要素、など何でも良いので思い当たる節を教えてください

Aベストアンサー

こんばんは

人望を得るには直観による「決断力」が必要だと思います
自分の責任で物事を判断して解決できる人は信頼されます 
後から相談して判断しますのでお待ちくださいではいけませんね

Q日本のことわざについて。

今ある日本のことわざの中で、殆どが外国から入ってきたものだと思うのですが、一体どのような国から多くことわざが入っているんでしょうか?
出来れば、その国から入ってきたことわざを、2,3個挙げていただくと助かります。
また、逆に日本から外国へと広まったことわざにはどんなものがあるんでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本から外国へ広まったことわざもあるはずなのですが、調べるのに時間がかかりそうですので、外国から日本に入ってきたことわざについて回答させていただきます。

統計上の数字まではわかりませんが、現在の中国から入ってきたことわざが一番多いと思います。あとは、国、というよりは仏教からきたことわざも多いようです。

例:
「前門の虎、後門の狼」 後漢時代
「食指が動く」 中国春秋時代
「四面楚歌」 秦
「良薬は口に苦し」 孔子

など・・

Q正しく生きるということ→どう幸せだったか?

こんにちは。

(1)正しく生きるとはどういうことか?
(2)貴方は、そうすることでどう幸せだったか?

よろしくお願いします。
例 実話ですが。
ある人は、世の中を幸せにしたいと思いボランティアで、難民に数千万の寄付を長年に渡ってしてきました、ところが、其のボランティア団体は、其れは自分達がしたことであって、彼に悪魔と告げて去って行きました。彼は、何も無くなりました。でも、彼は正しい人だったので、何も無くても人に楽しいことを教えようと思いました。私は、彼は正しいと思います。

何も仕事をしていない愚か者の回答は、ご遠慮ください。

Aベストアンサー

人間は若い頃、自分に約束された成功を夢想します。
才能を発掘される僥倖、白馬の王子。 いずれも同じ。

「ゴドーを待ちながら」のように待ちわびているうちに、
心躍る物語に自分を投じて夢想するようになります。

テレビやネット、身の回りにも様々な蠱惑的な成功譚が
満ち溢れ、心奪われる。 時に夢想は妄想となり、現実の
我が身の無為を嘆いて隔靴掻痒の思いに悶々とします。

幸せになりたくて、成功したいと願いながら失敗を恐れ
知でも財でも容易く手に入れることばかり考え、あれも
これもと皮相的な知識ばかり詰め込んで訳知り顔で
この世は大したことが無い、つまらないとため息を付き
ながら、気が付けばやたらと貼り付け、詰め込んだ
知識や訳知りに覆い隠され、自分が誰だか判らなく
なっていきます。

失敗をせず、何でも知っている万能を気取りながら
さりとて泥臭く努力することを忌避して生きてきた人は
余りにも簡単なことが理解できなくなってしまうのです。

正しい、とは勿論、自分が決めることですが、突き詰めて
考えていけば、自分が正しいかどうかを判断し、結論を
導き出さねばならないような、責任を負うべき場面など
そうそう無いことに気付くものです。

小さな小さな世界の一瞬にも等しいかすかな分岐点で、
責任と言う重い刃を突きつけられて、覚悟して下す判断。
それを「正しい」と申します。
だから、中々正しい、というものは目前には現れません。

そして、幸せとは何か、と考えることは、ともすれば瞼の裏に
夕暮れを想いながら、暗闇の森に分け入っていく如きもの。
いつしか、ただ 日輪を見つめ、自然や、風景や、人間に
心揺さぶられ心洗われる気持ちのありようであったものを
弄繰り回して口に入れられないものにしてしまう愚行を、
私も幾度繰り返したことでしょう。

やがて年老い、夢想は遠くなり、正論も野望も色褪せて
寂しさと侘しさと、悦びと楽しさと。
童のように無邪気に微笑む老人は、恍惚の人となりにけり。

幸せとは? かの恍惚の人は、生臭い脂っ気を失い、カサカサと
路傍の名も無き花のように微笑みながら揺れています。

そんなものなのかも、知れません。

「正しい」ということも、「幸せ」ということも、廻りから取り込んだ
様々な自分ではないものを一切振り落とし、純然たる自分だけが
残って、その自覚を持つ者だけが感じられる、「自分」そのものの
「手触り」なのかも知れません。

観自在・・・

人間は若い頃、自分に約束された成功を夢想します。
才能を発掘される僥倖、白馬の王子。 いずれも同じ。

「ゴドーを待ちながら」のように待ちわびているうちに、
心躍る物語に自分を投じて夢想するようになります。

テレビやネット、身の回りにも様々な蠱惑的な成功譚が
満ち溢れ、心奪われる。 時に夢想は妄想となり、現実の
我が身の無為を嘆いて隔靴掻痒の思いに悶々とします。

幸せになりたくて、成功したいと願いながら失敗を恐れ
知でも財でも容易く手に入れることばかり考え、あれも
これもと皮相的...続きを読む

Q「好きな言葉」って、ことわざでしょうか??

今、とある応募用紙に記入しているのですが
その中に「好きな言葉」を書く欄があります!
「好きな言葉」って、好きなことわざの事でしょうか?ことわざでなくてはダメですか?

それとも、ことわざではないけれども、一般に知られている言葉とかでもいいのでしょうか?具体的に浮かびませんが・・・

自分で考えた言葉とかは、避けたほうがいいですよね?

または、ことわざではなく作家などが作品中で書いている言葉とかも、あまり最適ではないですか??

やっぱり、ことわざが一番いいのでしょうか?

Aベストアンサー

>>>
挙げていただいた例を見て、今気づいたんですが、
「言葉」って言うからには、短い言葉なんでしょうか!?
例えば、
「頭で考えるだけのことは、何もしないのと同じである。」
というのを「好きな言葉」として書くのは、なんか長過ぎて不適切でしょうか!?


それぐらいの長さまでだったら、ぎりぎりOKだと思います。

少し短いですが、「栄冠は勇者に輝く」(だったかな?)というのは見たことがあります。

Q皆様は「人形として生きる者」と「苦悩して生きる者」とでは、どちらを選択して生きていきますか?

皆様は「人形として生きる者」と「苦悩して生きる者」とでは、どちらを選択して生きていきますか?

Aベストアンサー

「人形として生きる者」とは、他人に所有され他人の意思で他人の思うように生きる、「苦悩して生きる者」とは、自分の意思で自分の思うように自分で険しい道を切り開きながら生きて行く事だと解釈します。

人形の持ち主にもよりますが、どちらか選べと言われたら、「人形として生きる者」を選ぶかもしれません。
20代で人生の半分も生ききっていない若輩ですが、これまでの道がかなり険しかったもので、これからは楽に生きたいです。
例え誰かに所有されるとしても、穏やかで安定した気持ちで生活を送れるのなら、将来は人形も良いかもしれません。

ですが、独身一人暮らし、今の自分は「苦悩して生きる者」に近いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報