石灰硫黄合剤の英語名と化学式を教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「石灰硫黄合剤」
http://city.hokkai.or.jp/%7Esatoshi/TOX/tox2/tox …
(多硫化石灰)
「小分類」では各種あるようですね?

英語名:Calcium polysulfide(自信なし?)
化学式(?):CaSx

ご参考まで。

農薬専門家のフォローお願いします。

参考URL:http://www2.ocn.ne.jp/~saikyoka/k/ka20000331.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速なるご回答ありがとうございました。園芸指導員をしている者で、質問されて困っていたところです。貴殿のコメントのとおり、農学の分野で同じ質問をして、回答が得られました。今後もよろしくお願いします。

お礼日時:2001/12/10 20:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電磁波の人体への影響について

私の住んでいるマンションの正面に、某携帯会社の電波塔が立っています。なんだか、電磁波の人体への影響が怖いです。 まぁ、それをいえば電化製品などの電磁波も怖くなるのですが(笑)

そこで、電磁波を防ぐシートやそのたぐいの製品が売られてますよね?ああいいったのを使うことで、少しは効果が見込めるのでしょうか?
ちなみに私は、電磁波過敏症という病気もあるように、電磁波の人体への影響はあると考えています。

Aベストアンサー

電磁波が人体にどの程度影響が有るかはともかく、電磁波を避けるという意味では金属繊維で覆うというのは、ある程度は効果があると思います。

ただ、人体への影響を避けるためと言うことであれば、頭のてっぺんからつま先まで(もちろん目も口も)隙間無く全て覆わなければ意味が無いですよね。
病気なら仕方ないですが、普段の生活にはそれなりに不自由になると思います。

もちろん、携帯電話の基地局だけじゃ無く、携帯電話本体からも、普通に基地局まで届く程度の電波が常に出ているわけですから、電源の入っている携帯電話そのものを身体近くに置いておくとか、頭の近くに近づけるとかというのはもってのほかです。

Q化学にお詳しい方よろしくお願い致します。

化学工学に詳しい方よろしくです。全くの初心者で、いろいろやってみたのですが、解りませんでした。
(問)25%苛性ソーダ水溶液をmol%の換算せよ。
(問)10mol%の苛性ソーダ水溶液をwt%に換算せよ。
なんですが、換算の仕方がよく分かりません。わかりやすい方法ってあるんでしょうか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。まずはヒントだけ。

「25%苛性ソーダ水溶液」とは、全体の質量の25%の質量の苛性ソーダが含まれているのです。そして残りの75%分の質量の水が含まれています。

「10mol%の苛性ソーダ水溶液」とは、全体のモル数の10%のモル数の苛性ソーダが含まれているのです。そして残りの90mol%は水です。

あとは質量とモル数の換算ですが、これは
 モル数[mol]=質量[g]÷分子量
の関係にあります。

ちなみに25%という場合は通常は重量パーセント濃度、すなわち、溶質の質量÷全体の質量をパーセント表示で表しています。

さらに貴方の混乱を防ぐためにあえて言うと、No.2の回答は考え方の根本から間違っています。答えも間違っています。

Q電磁波の周波数と人体への影響について

まず、いろいろ調べてみて普段身の回りでどのぐらいの電磁波が出ているのかはわかっています。電圧、電流、距離に反比例します。

・http://www.mukugi.com/kinomi39.htm
・http://okwave.jp/qa4181421.html

問題は同じ出力の電磁波でも周波数によって違うそうです。docomoのHPを見ると携帯電話は周波数的に人体への影響は無いと説明されています。

具体的に同じ強さの電磁波(2mガウス)であったとして、何ヘルツの電磁波が人体に一番まずいのでしょうか?
周波数によって人体への影響はどのぐらい差があるのでしょうか?
或いは周波数別に人体に対する影響をグラフ化したものはありますでしょうか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まだ検討中の段階
たしかに人体に影響はあります

一般に周波数が高くなるほど水分子の振動が大きく成ります
電子レンジの周波数は2.45GHz帯

電子レンジが身近で一番危険ってことです
遮蔽されているので大丈夫とされている

グラフは見たこと無いです

http://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/ele/body/protect/index.htm
http://www.arib-emf.org/research/modules/tinyd3/index.php?id=9
http://www.niph.go.jp/soshiki/seikatsu/seiri/html/WHO/No193rvs.pdf

Q銅に濃硫酸を加えて加熱すると二酸化硫黄が発生する、という反応の化学反応式について質問です。正解は

銅に濃硫酸を加えて加熱すると二酸化硫黄が発生する、という反応の化学反応式について質問です。
正解は

Cu + 2H2SO4
→ CuSO4 + 2H2O+SO2

ですが

Cu + H2SO4 → SO2+H2O+CuO

ではなぜいけないのでしょうか

Aベストアンサー

いけないことはないですよ。
加圧して、200℃くらいの条件ならば下記の反応がおこります。
Cu + H2SO4 → SO2+H2O+CuO

しかし、反応条件を明示していなければ20℃、1気圧くらいの
反応を書きます。

Q電話のモジュラーケーブルの人体への影響は?

電話のモジュラージャックと電話機が離れているため、部屋の壁をジャックと電話機をつなぐケーブルが伝っています。
そのいちばん近くが定位置なのが3歳の息子です。ケーブルから10~20センチぐらいのところにいつもすわるのですが、人体への影響はあるでしょうか。

Aベストアンサー

余り無いですね。
平常は、あまり電気は流れていませんし、直流ですから。
また、呼び出し信号も、比較的低い周波数なので、完全に無いとは言い切れませんが、気にするレベルではないと思います。
電子レンジや携帯電話等の方が余程影響あると思います。

Q大学入試化学Part4 よろしくお願いします。

【III. ...................例えば、35Clと37Clが片寄ることなく結びついてできる塩素分子Cl2は、その分子量が単純に[35.5]の二倍と計算されるが、実は、35Cl2,
35Cl37CL , 37Cl2の三種の混合物であり各分子の数の比を最も簡単な整数比で表すと[]:[]:1となる。】

問題文の途中からです、Clの前の数字は質量数です。
この問題自体よく理解していないので、解けませんでした。
最初の[]内の35.5は 35Cl が75%、 37Cl が25%という条件が与えてありましたので、それの計算結果です。



【IV.メタンとプロパンのみを2:1のモル比で含む混合気体の1.0リットルを完全燃焼させるために必要な空気(窒素と空気のみを4:1のモル比で含むものとする)は同温同圧で何リットルか】

これも反応式書いて求めるんですよね。多分。解き方のヒント教えてもらいましたが、どうしてもわかりません。


以上四問(Part3もあわせて)がどうしてもわかりませんでした、苦手なところ(IV番)もあるのでできるだけ詳しく教えていただければ幸いです。

【III. ...................例えば、35Clと37Clが片寄ることなく結びついてできる塩素分子Cl2は、その分子量が単純に[35.5]の二倍と計算されるが、実は、35Cl2,
35Cl37CL , 37Cl2の三種の混合物であり各分子の数の比を最も簡単な整数比で表すと[]:[]:1となる。】

問題文の途中からです、Clの前の数字は質量数です。
この問題自体よく理解していないので、解けませんでした。
最初の[]内の35.5は 35Cl が75%、 37Cl が25%という条件が与えてありましたので、それの計算結果です。



【IV.メタンとプ...続きを読む

Aベストアンサー

ごめんなさい、途中で切れてしまいました。
NO.2の続きです。NO.2から読んでください。
同じようにプロパンの反応式の係数を比べると、プロパン1 mol に対して酸素が 3 mol 使われることがわかります。つまりプロパンのモル数の3倍の量の酸素が消費されています。よって使われる酸素の量は、 1/22.4*1/3*3 = 1/22.4 mol です。
つまり、メタンとプロパンの燃焼で使われる量(モル数)は、2つを足して、
1/22.4*2/3 + 1/22.4 = 1/22.4*5/3 mol
です。
酸素も気体で、やはり 1 mol は 22.4 L なので、比の計算でモル数をリットルに直して、
1/22.4*5/3*22.4 = 5/3 L
求めたいのは酸素ではなく空気で、4:1 より空気の量は酸素の5倍なので、答えは、
5/3*5 = 25/3 = 8.3 L
です。

Qオルトランの人体への影響

 10数年前のパソ通時代さるフォーラムでも話題に上がっていたオルトランの人体への影響ですが、当時から漠然と薬害を理解していたに過ぎませんでした。

 最近の汚染米の問題からメタミドホスがにわかに世間に知れるようになり、農薬のオルトラン主成分のアフトラキシンが体内でメタミドホスへ変化することがおぼろげながら理解出来るようになりました。
 http://moribin.blog114.fc2.com/blog-entry-105.html

 これまでもオルトラン粒状を、家庭菜園で野菜の播種後の発芽後に焼香程度土壌表面に使用していますが、近隣の菜園ではキャベツの青虫駆除として直接この粒状を散布しているのも見かけます。

 数年前オルトランメーカーに、この直接散布での人体への影響を質問したことがあります。回答は「悪影響があれば国が認める訳がありません」でした。

 実際オルトランが本当にどれほどの影響があるのか、その真実を知りたくアドバイスをお願いするものです。

Aベストアンサー

100%影響がないとはいえませんね。

じぶんはずいぶん前に使いましたがよく喉がへんな感じになってました。それ以来使ってません。

影響がないといってもそれは現時点での話しということですよね。未来永劫影響がないとはいえないのではないですか。なんせ農薬の技術から”科学兵器”が作られたりしていますからね。

だから害虫退治はニームオイル。病気には木酢液などをいまは使っています。

Q有機化学の質問です。詳しい方、どうかよろしくお願いします。

大学範囲の有機化学で質問です。少し見えにくい画像で申し訳ないのですが、添付した画像の左側にあるような2つの五員環が単結合でくっついた化合物に硫酸を加えると、画像の右側にあるような構造になるようです。
硫酸なので、脱水?とも思いましたが、五員環が六員環になっていることや、ヒドロキシ基がカルボニル基に酸化されているのが何故か分かりません。反応の過程や原理を分かりやすく教えていただける方がおられましたら、大変ありがたいです。

Aベストアンサー

ピナコール転位について調べればわかるはずです。

トータルとしては脱水反応であり、酸化ではありません。アルコールがケトンに酸化されているとおっしゃいますが、その一方でOHがHへと還元されていますので、全体としては酸化還元反応にはなっていません。したがって、酸化剤が入ってくる余地はありません。

Q風力発電施設の人体への影響について質問です。

風力発電施設の人体への影響について質問です。
家の近所に風力発電施設の建設計画があるのですが、近くに施設があると騒音や低周波などの影響があるとのことなのですが、実際はどういったものが考えられるのでしょうか?
詳しい方、教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

騒音というのは電車や車の音と同じように実際に感じられるものです。
それが許容範囲内か許容範囲を超えているかは実際に試すことが
できます。また、法的にも許容範囲が数値(dB)で示されています。

難しいのは低周波です。
人間に聞こえない音(50Hz以下)ですので、感じることができません。
障子や窓、壁の振動の原因となったり、長時間接していると鼻血が出たり、
鬱病が発生する原因になると言われています。また、通常の音波よりも
指向性が高く、地形や建物の関係で集中する場所があるようです。
こちらは最近の研究によるものなので、法律の解釈が定まっていません。
何dB以上で違法と言うことはいえないのです。また、被害も騒音のように
短期的なものでなく、長期的なものになりますので算定しにくいです。

Qこの化学の問題を教えてください!よろしくお願いします!

この化学の問題を教えてください!よろしくお願いします!

Aベストアンサー

(1)~(3)までお答えします。

(1)
再結晶とは、簡単に言えば、溶媒に一旦全部溶かして、それを析出させる操作です。溶かしたり析出させたりする、ということを科学的に言うと、「溶解度を変化させる」となります。この、溶解度を変化させるのは、大学入試問題のレベルでは、具体的には温度を上げたり下げたりする、というのが大半です。
(実用的には、良溶媒[りょうようばい]中でなおかつ温度を上げて一旦完全に溶かし、そこに温度を保ったまま貧溶媒[ひんようばい]を少しずつ加えて析出させる、という事をしたりすることもありますが、これは「晶析」[しょうせき]と呼んで「再結晶」とは区別することもあります。いずれにしても入試問題にはまず出ないと思います。)
温度を上げたり下げたりするので、温度を上げた時にその温度で分解しないことが必要です。ですので、「再結晶に向いている物質」としては、「熱で分解しない物質」、「向いていない物質」はその逆で「熱で分解する物質」というのが答えの一つです。「違いは」という問いですので、「熱に対する安定性」というのが一つの答えです。
ほかに、溶解度の変化の大きい物質は、少しの変化で完全に溶けたり、析出したりして再結晶しやすいですので、違いは「溶解度変化の大きさ」となります。
済みません、今この二つしか思いつきません。

(2)
98 %硫酸の1 Lで考えます。密度が1.84 g/cm3すなわち1.84 kg/Lなので、体積1 Lは質量1.84 kgに相当します。濃度が98 %なので、そのうちの溶質(純硫酸)の質量は、
1.84 kg×0.98
です。この質量を物質量に換算すると、H2SO4のモル質量を、(1×2+32+16×4) g/mol=98 g/mol=0.098 kg/molとすると(水素原子、硫黄原子、酸素原子のモル質量をそれぞれ1 g/mol、32 g/mol、16 g/molとすると)、
1.84 kg×0.98÷(0.098 kg/mol)=(1.84×0.98÷0.098) mol
となります。これが1 L中にあるので、モル濃度(=溶質の物質量÷溶液の体積)は、
(1.84×0.98÷0.098) mol÷1 L=(1.84×0.98÷0.098) mol/L=18.4 mol/L
となります。
次に、質量モル濃度(=溶質の物質量÷溶媒の質量)を考えます。
98 %濃硫酸1 L中の溶媒の質量は、
(1-0.98)×1.84 kg/L=(1-0.98)×1.84 kg
です。よって、質量モル濃度は、
(1.84×0.98÷0.098) mol÷{(1-0.98)×1.84 kg}=[0.98÷{0.098×(1-0.98)}] mol/kg=500 mol/kg
となります。
「1 kg当たり500 molも?」と、馬鹿でかい値のように感じますが、検証してみます。
98 %濃硫酸の1 Lは、上述の通り1.84 kgに相当します。このうち、
溶質の純硫酸は、1.84 kg×0.98=1.8032 kg
溶媒の水は、1.84 kg×(1-0.98)=0.0368 kg=36.8 g
です。
すなわち、溶媒の水は、わずか36.8 gしか存在しないわけで、そこに溶質の純硫酸が1.8032 kg、物質量では、1.8032 kg÷(0.098 kg/mol)=18.4 molも溶けている(混ざっている)ので、
「溶媒1 kg当たりの溶質の物質量」である質量モル濃度は、
18.4 mol÷0.0368 kg=500 mol/kg
となり、間違いないことが分かります。

(3)
1 mol/Lの希硫酸500 mL(=0.5 L)中に含まれる溶質(純硫酸)は、
物質量:1 mol/L×0.5 L=0.5 mol
質量:0.5 mol×0.098 kg/mol=(0.5×0.098) kg
です。これだけの純硫酸を含む98 %濃硫酸の量は、
質量:(0.5×0.098) kg÷0.98=(0.5×0.098÷0.98) kg
体積:(0.5×0.098÷0.98) kg÷1.84 kg/L=(0.5×0.098÷0.98÷1.84) L≒0.0272 L=27.2 mL
となります。

(1)~(3)までお答えします。

(1)
再結晶とは、簡単に言えば、溶媒に一旦全部溶かして、それを析出させる操作です。溶かしたり析出させたりする、ということを科学的に言うと、「溶解度を変化させる」となります。この、溶解度を変化させるのは、大学入試問題のレベルでは、具体的には温度を上げたり下げたりする、というのが大半です。
(実用的には、良溶媒[りょうようばい]中でなおかつ温度を上げて一旦完全に溶かし、そこに温度を保ったまま貧溶媒[ひんようばい]を少しずつ加えて析出させる、という事をし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報