「エボデボ」について詳しくおしえていただけませんか?
(できれば…かっこいい(?)言いまわしで説明を
作ってもらえると、とてもうれしいです。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

お約束(?)の追記です。

記載されていたのは、
塚谷裕一氏著「植物のこころ」岩波新書(2001年)
でした。以下、引用です。

一つの生物種で形作りの遺伝子のはたらきがわかってくると、
それとは違った形を持つ生物種についても、どういう遺伝子の違いが、
両者の体の構造の違いをもたらしているのかを理解することが出来るようになる。
こういう研究ジャンルは、動物発生学の進歩とともに、最近になって始まった新しいジャンルで、エボデボという。
これは進化のエボリューション(Evolution)と発生、デヴェロップメント(Development)の合成語である。

だそうです。
2000年春に、岡崎コンファレンスセンターで「エボデボ」国際会議が開かれたそうです。
参考までに「evolutionary developmental biology=発生進化学」が正式名称のようです。
個人的には、植物より進んで言われている動物系の方からのお話を伺いたかったですが、
これまでに私以外の回答がないようなので、その分野の方は「教えて!goo」に参加していらっしゃらないようですね・・・。

>できれば…かっこいい(?)言いまわしで説明を作ってもらえると、とてもうれしいです。
ゼミかレポートか学祭(時期はずれ?)かわかりませんが、aozora2さんが頑張って下さい。

>ここに質問する前に,自分でも調べているつもりなんですけどね…(^_^;)
失礼しました_(- -)_。昨日の回答で、私がaozora2さんの質問に回答したのが3度目(それも2週間くらいで)だったので、
ちょっと頻繁かな?と思ったので(^^ゞ

自信なしですが、付け焼き刃的な知識で自信ありというのは恥ずかしいので。
内容に関してはまともな文献からの引用なので、間違いはないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました.感謝します.

>失礼しました_(- -)_。
いえ,そんなことないですよ.

ちなみに,ゼミでもレポートでも学祭でもありません・・・(@_@)

お礼日時:2001/12/07 23:35

とりあえず意味だけ。



Evo/Devo
発生生物学(発生遺伝学、分子遺伝学を含む)の成果を踏まえ、発展させ、
形態進化の過程を遺伝子のレベルで明らかにしようと言う新しい研究分野。
動物界の研究が先行しているが、和訳はまだ確定していない。エボデボとも言う。

「新版 植物の形を決める分子機構.細胞工学別冊.植物細胞工学シリーズ12」秀潤社(2001年)からの抜粋です。

これ以外の何かの資料で、塚谷裕一さんという方が発足人の一人となって、
日本で「エボデボ学会」を開いたか、開く予定だとかという記事を読んだような記憶があります。
その記事にもっと詳しいことが書いてあったような・・・?
思い出すことが出来たら、追記します。

Googleで検索すれば、何件かヒットします。
ここに質問する前に、ご自分で調べることをお勧めします。

参考URL:http://www.google.com/search?hl=ja&q=Evo%2FDevo& …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に,どうもありがとうございました。

ここに質問する前に,自分でも調べているつもりなんですけどね…(^_^;)
もっと良い答えはないものかなと思いました.

お礼日時:2001/12/06 21:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあまのじゃくってどういう意味ですか?

あまのじゃくってどういう意味ですか?

Aベストアンサー

かっこつけたり、恥ずかしがったりして、自分の感情や思いをうまく表現できないこと。天邪鬼。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%BE%E3%81%AE%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%8F

Q【ゲイやレズ】は「脳が身体に着いて行けなかったのか」、それとも「身体が納入着いて行けなかった」 どち

【ゲイやレズ】は「脳が身体に着いて行けなかったのか」、それとも「身体が納入着いて行けなかった」

どちらが原因なのでしょうか?

Aベストアンサー

最近流行の学説では脳が生殖器が分泌する性ホルモンを充分吸収出来なかった、間違えた、と言うのが多い。だが本当かどうか怪しいと思う。

Qどういう意味だと思いますか?

彼とLINEしていると
「返事がおくれてごめん、あまのじゃくなもので・・・」と
返事がありました。

たわいもないことをLINEでやりとりしているのですが

あまのじゃくになるというのは・・・
回答に困って返事が遅れるという意味でしょうか?

Aベストアンサー

返事が早かったり遅かったり、気まぐれだということじゃないですか?

遅れてごめんと謝ってくるところが全くあまのじゃくだとは思いませんけどね。

Q翼か手か、できれば両方欲しい。

人間は空を飛べませんが、鳥は飛べます。人間は手で物を掴んで、細かい作業ができますが、鳥にはできません。要するに翼か手か、どちらかしか選べないということです。しかし空想上の生き物には、天使、ドラゴン、ペガサス、グリフォンなど、翼と二対の手足を持つものが結構いるように思います。
そこでふと気が付いたのですが、虫は人間の理想とする形態に近いように思ったのです。翼(羽)と手足が三対もあるわけですから。にもかかわらず、虫たちは脊椎動物よりも下等生物ですし、古い生物です。
なぜ彼らは地球の覇権を握ることができないのでしょうか?また、なぜ脊椎動物は翼か、手かを選ばなければならないのでしょうか?
持論でもなんでも結構ですので、何か私の考えにプラスになるようなことを教えていただければありがたいです。

Aベストアンサー

こんにちは。

>また、なぜ脊椎動物は翼か、手かを選ばなければならないのでしょうか?

これは、昆虫類と脊椎動物では、ご先祖様から受け継いだ資質が違うからです。
昆虫類と脊椎動物では祖先が異なり、これは現在から五億数千年前、生物が陸上に進出する遥か以前のカンブリア紀にすっぱりと分岐しています。
昆虫類の祖先は、カンブリア紀に出現した「アユシェアイア」という、「体節の原型」と、そこに複数の「突起」を持つ「多足類」だと考えられています。ですから、水中生活時代では、この突起は歩いたり、何かに掴まったりするためのものであったはずです。やがて節足動物として陸上に進出した昆虫類は、この体節に残された「突起」の名残を二対ほど「翅」に変化させました。
これに対しまして、魚類、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類、この全ての脊椎動物の祖先は「ピカイア」という、うなぎのような格好をした「脊索動物」です。この「脊索」が脊髄の原型ですね。そして、ここから魚類へと進化した時点で、既に胸びれ、腹びれといった四肢の原型が作られます。我々の祖先は、これを発達させて陸上を歩けるようになりました。
ですから、我々脊椎動物は、少なくとも昆虫類のような「背中から翅を生やす」という資質をご先祖様から受け継いでいません。このため、鳥類やこうもり、翼竜など、昆虫以外に空を飛ぶ動物は、ほとんどが前肢を翼の代用としていますし、トビトカゲやモモンガなどのスタイルを執ります。そしてこの先も、このような脊椎動物の系統からドラゴンやペガサスのような、背中に翼を生やすという動物が生まれ出るということは恐らくないと思います。

では、我々のご先祖様が持っていた「背びれ」というのは発達しなかったのでしょうか。初期の爬虫類型哺乳類や現存のトカゲ類でも、背びれを発達されたと思われるものはいますよね。ですが、これは左右に一対ではなく縦に一枚しかありませんので、残念ながらこれでは空を飛ぶことはできなかったということですよね。ですが、この爬虫類などのこの背びれは、体温調節や威嚇、セックス・アピールなど、現在でもたいへん便利に使われています。

>なぜ彼らは地球の覇権を握ることができないのでしょうか?

さて、「地球の覇権」とはいったいなんでしょうか?
地球の覇権を握っているのは誰なんでしょうか、それは我々人類なんですか?
確かに昆虫類に比べれば我々哺乳類は高等動物ですし、神経系の構造もたいへん複雑です。そのため、陸上動物として比較的優位な繁栄を許されているのも事実です。
ですが、昆虫類といいますのは地球上で最も種族の数が多く、その圧倒的な個体数となれば他の陸上動物の比ではありません。かつて、恐竜が繁栄していた時代でもこの事情は同じです。昆虫類は、何時でも全世界を我が物顔で飛び回っていました。
また、陸上動物としての実績は他の動物よりも一億年ほど長く、ゴキブリの仲間に至っては、ひとつの種が二億年近く行き続けている勘定になります。これは、下等動物でありながらその完成度はたいへん高いということです。
これに対しまして、人類の歴史はせいぜい数百万年程度でしかありません。更に、大腸菌などの単細胞生物は、数億年に渡ってそのスタイルを維持しています。
このような事実と照らし合わせますと、高等・下等の区別は付けられても、何が優秀であるかは決められませんよね。生物の進化というのは永遠に続く実験のようなものでありまして、最終的な結論が出されるということは決してないんです。

人類は最も優秀な種族であり、その覇権を握るのは我々である。ダーウィンの発表した進化論がこのように誤解されることにより、あろうことか実際に行われてしまったのがヒットラーのユダヤ人虐殺です。本来、結論の出せないものであるにも拘わらず、無理に優越を決めようとしますとこういうことになってしまします。
それはともかく、少なくとも生物の世界というものを客観的に捕らえようとするなら、やはり、このような考え方には「ちょっと待った」が掛からなければならないのではないかと思います。

こんにちは。

>また、なぜ脊椎動物は翼か、手かを選ばなければならないのでしょうか?

これは、昆虫類と脊椎動物では、ご先祖様から受け継いだ資質が違うからです。
昆虫類と脊椎動物では祖先が異なり、これは現在から五億数千年前、生物が陸上に進出する遥か以前のカンブリア紀にすっぱりと分岐しています。
昆虫類の祖先は、カンブリア紀に出現した「アユシェアイア」という、「体節の原型」と、そこに複数の「突起」を持つ「多足類」だと考えられています。ですから、水中生活時代では、この突起は歩...続きを読む

Q「あまのじゃく」に相当する英語は?

和英辞書を引いてみますと、色々な英語が出て来ます。
perverse or cussed person; contrarian とか。
それらの英語を逆引きすると、「つむじ曲がりの」とか「意固地な」とかの日本語になって、本来の日本語の意味の「あまのじゃく」に相当しません。

皆がこう言ったらいつも反対あるいは、別のことを言いたがる人。あるいは、何かが評判になったりして、多数の人がそこに殺到する時、その風潮に絶対に乗ろうとしない人。

私が捉えている「あまのじゃく」ですが、こんな性格の人は英米圏には殆んどいないから、それに相当する英語がないと言うことでしょうか?
もし、近い英語があれば教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 yes-man, yes-sayer(はいはいと言うことを聞く人)の対義語、no-man, no-sayer(違う違うとごねる人)が近いだろうと思います。

Q動きまわる実(タネ)を見たことあります?

以前、「トリビアの泉」でも紹介されたらしいんですが、ある木のタネの中に虫の幼虫が入っており、その幼虫が動く(あばれる)ことにより、タネ自体も跳ね回る…。
そんなモノが、メキシコや、アメリカで お土産として売られているそうです。
「メキシカン・ジャンピング・ビーンズ」…という名だそうです。

で、30年位前、私、裏から「ツバキ」の実(タネ)を10個位拾ってきて机に置いてたら、その内の2~3個が コロコロ、ピクピク動いたんですよ!
ビックリして中を割ったら、6~7mmのウジみたいな、ムシの幼虫がでてきました。  裸にされたソイツは、初めモゾモゾしてましたが、そのうち 体をグググ…と盛り上がらせるように「へ」の字に曲げ、やがて、「ピョ~ン」と飛び跳ねました!

学校へも持って行き、おおいにウケたんですが、その後どうしたか 覚えありません。

これって、間違いなく、日本の「ジャンピング・ビーンズ」ですよね?  でもなんというムシの幼虫かわかりません。成虫はどんなのかも。 教えてください!

Aベストアンサー

こんにちは。

全く自信ないんですが...
もしかすると「ツバキシギゾウムシ」? ツバキの実に産卵して中で幼虫になるのでツバキ-シギ-ゾウムシです。
http://members.jcom.home.ne.jp/fukumitu_mura2/tubakishigizoumushi.html
↑は成虫。幼虫の画像がないか探してみたんですが、みつかりません(^_^;)
同じように栗の実に産卵して中で幼虫になるのでクリ-シギ-ゾウムシの幼虫なら画像がありました。同じようなものではないかと思いますので貼っておきます。
http://konomiclub.hp.infoseek.co.jp/life/htm/mag52.htm

私は生栗を剥く作業をたまにやりますが、クリシギゾウムシの幼虫はよく遭遇します。が、、栗の実が動いたり、出てきた幼虫が跳ねたりしたのは見たことないんですよね...
ツバキシギゾウムシの幼虫は見たことありませんが...うーん、そうすると違うのかな。
アテにならなくてごめんなさい。

Qあまのじゃくな男性

中学生男子に
あまのじゃくな人は結構いますか?

あと中学生男子は
普通に女子の肩に触れたりは
するもんですか?

回答お願いします(*´∇`*)

Aベストアンサー

中学生はあまのじゃくが多い年代でしょう。

女の子に対し興味が無いようなふりをしたり、悪態をついたり。

肩に触れるのはある程度親しいしるしだと思います。

Qできればすぐに答えが欲しいです!!

イントロンを含む遺伝子をもっているのは、真核生物に限られてるのはなぜですか??(>_<)
わかりやすく教えていただけると助かります!!

Aベストアンサー

イントロンですか?ジャンクDNA(スペーサー=遺伝子でない部分)ではないですか?
イントロンは、真核生物に限らず持っています。
真核生物にジャンクDNAが多いのは事実です。

原核生物は、細胞の中に遺伝子が、かなりバラバラになって漂っており、
ムダを除きやすい(かつ、環境の影響で変異しやすい)。
一方、真核生物では、染色体としてかたまっており、かつ核の中に
保存されているので変異しにくいし、染色体という束になっていながら、
交配するために染色体交差というねじれを起こすので、それによって遺伝子が
ダメージを受けないために、“のりしろ”が必要なのです。

Qあまのじゃく・・・

なんとなく、あまのじゃくな性格です。
この性格ってどうしてこうなるの?
解決する方法とかありますか?

Aベストアンサー

同じくあまのじゃくです(笑)
#1さんのおっしゃること、確かに当たってるような気が・・・。
私は最近は、思わず言い返してしまっても
後で家に帰ってから反省をするようにしています(笑)
あまり役に立つか分かりませんが
参考程度に読んでおいていただけるとありがたいです。

Q英文説明の質問

The participation of a cofactor, whether metal ion or coenzyme, in a one-substrate enzymatic reaction (or a two-substrate reaction with s2 ≫ K12) can be modeled as in Fig. 3.12.

冒頭の意味は
補因子、金属イオンか補酵素の参加、1-基質では・・・
ですか?


Thus, if there is little cofactor present (c ≪ Kc), the reaction velocity is first order in c.

first order : 一次?


If s1 and s2 or c and s1 must bind to e in an obligatory order, the appropriate kinetic equation is obtained by letting Kij of the forbidden reaction approach infinity.

もし義務的なオーダーにおいてs1とs2またはcとs1が、eを拘束するにちがいないならば、適切な運動の方程式は、禁じられた反応のKijを無限に近づかせることによって得られます。

意味が良く理解できません、
obligatory order とか eを拘束、禁じられた反応とか
すみませんが、教えてください。

The participation of a cofactor, whether metal ion or coenzyme, in a one-substrate enzymatic reaction (or a two-substrate reaction with s2 ≫ K12) can be modeled as in Fig. 3.12.

冒頭の意味は
補因子、金属イオンか補酵素の参加、1-基質では・・・
ですか?


Thus, if there is little cofactor present (c ≪ Kc), the reaction velocity is first order in c.

first order : 一次?


If s1 and s2 or c and s1 must bind to e in an obligatory order, the appropriate kinetic e...続きを読む

Aベストアンサー

>禁じられた反応経路って・・・。

要するにその経路では反応が現実には起きないから
Kij -> ∞とみなして構わないということでしょうが、
「禁じられた」に代わるforbiddenの良い訳が思い浮かびません。

「禁制の」、「妨害された」、「障害のある」、「障壁のある」...


人気Q&Aランキング

おすすめ情報