初めて質問致します。対応に不慣れたこともあるかもしれませんがご容赦ください。

さて、仕事上で過酸化物やラジカルの酸化力を活用したいと考えています。下記の化合物等について、酸化力の強さ、および各々の酸化還元電位についてお教え願えれば幸いです。私は化学の専門家ではなく、また書籍等で読んでもよく分からないことも多いのでここで質問させて頂きました。

化合物など
活性酸素、ヒドロキシラジカル、フェノキシラジカル、過酸化水素、過マンガン酸塩、過硫酸塩、有機過酸化物

その他により強力なもの、あるいは取扱い上有用なものがあれば、合わせてご教示頂ければ幸いです。

以上

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>水中なので


水系では.過酸化水素から生成される酸素ラジカルを除いて(酸素分子は数少ない常温で安定なラシカルです)不安定であり.ほとんど存在できません(水と反応して安定な物質に変化する.反応対象にたどり着く前に分解してしまう)。従って.通常使用しません。
酸素ラジカル(活性酸素)の供給体としての過酸化水素-かえんそ酸系で行うしっしきかいかは.なれないと.ドカンと爆発するので経験者以外に薦められません。ドイツの潜水艦での燃料爆発事故は御存知でしょうか?。市販試薬クラスでは.有機物の存在かで突然爆発することがあります。(反応工学からラジカル反応の時の反応速度を計算してみてください。ある状態に達すると突然反応が進むのがラシラカル反応であり.この状態を管理するのが極めて困難です。ラジカル反応を使用する場合には.非水系かきそう系で反応を行います)。

かりゅう酸塩は使ったことがないのでわかりません。

ということで.水系で使える強い酸化剤というと.過マンガン酸かりうむ・ナトリウムと6かクロムくらいしかありません。過酸化水素は危なくて使えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々とご意見ありがとうございました。
いかに自分が無知なままトライしようとしていたか、いささか恐ろしく感じます。本件についてはよく再考したいと思います。

お礼日時:2001/12/10 08:42

酸化還元電位は.イオン結合により原子間の相互作用が発生する場合の話し(電気化学)です。


ラジカルは.不対電子(ラジカル)の存在が電子雲に直接作用する話し(共有結合)です。

すると.過マンガン酸塩や無機化合物を使った酸化還元反応は分かるのですが.
他の化合物の関係する反応で.酸化還元反応が問題になるような穏やかな条件かでの化学反応を「化学の専門者」以外の人が実行できるかどうか.特に通常電気化学では25度1気圧が原則ですが.-75度とか-270(?)度とかの話しになってしまいます。

又.ラジカルを使うとすると.爆発限界内での日本国内での操業は禁止されています(消防法制限)ですから.ある程度化学の知識がないと.危なくで仕方ない(実験設備もろとも爆発する)です。
化学が専門ではない人々によるラジカルによる酸化反応(といって良いか疑問の反応を含む)が主に使われている分野は.神経伝達物質関連と燃焼関連と天文化学関連と分子物理学関連でしょう。

ということで.何の分野に関係した内容か.お知らせください。

この回答への補足

ありがとうございます。
例えば化学的酸素要求量の測定時には過マンガン酸カリが使用されていると思いますが、これをより高速に効率よく実施する方法みたいなものをイメージしています。水中なので爆発はないと考えていました。

補足日時:2001/12/07 08:52
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過酸化・二酸化・水酸化

中学の理科を勉強しているのですが、過酸化なんたら・二酸化なんたら・水酸化なんたらが出てくると頭がこんがらがってしまいます。
過酸化と二酸化と水酸化はどのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

水酸化: OH^- がある
二酸化: O が 2個ある
過酸化: O2^2- (O-O) がある
例えば NaOH は Na^+ と OH^- にわかれるので「水酸化ナトリウム」です.
CO2 は「二酸化炭素」です. ここの O2 は「O が 2個ある」という意味. 実際には O=C=O とつながっています.
H2O2 は「過酸化水素」. ややこしいですが, こっちは H-O-O-H とつながっています.
「二酸化~」と「過酸化~」は区別しにくいんだけど, 中学校で過酸化水素以外の過酸化物が出るとも思えないですね.

Qヒドロキシラジカルと水酸化物イオンの違いは?

活性酸素の一つであるヒドロキシラジカル(OH・)と水酸化物イオン(OH-)は点電子図で表記すると両方とも不対電子を一つ持ったもので、構造上同じ物なのに、ヒドロキシラジカルは体内を酸化するもので、水酸化物イオンはマイナスイオンということで抗酸化作用があると言われています。なぜ、構造上同じなのに性質は真逆になっているのでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

電子配置等に関しては、No.2のご回答のとおりであり、両者は別のものです。

高校などの化学でよくでてくるのは水酸化物イオンであり、ヒドロキシラジカルよりも安定です。
その理由は、水酸化物イオンがオクテット則を満たしている(すなわち酸素原子が希ガスの電子配置になっている)のに対して、ヒドロキシラジカルは電子が1個少ないからです。
電子が1個少ないからこそ、水酸化物イオンに存在した負電荷が解消され、不対電子が生じているわけです。

上述のように、ヒドロキシラジカルは不安定であり、それは水酸化物イオンと比較して電子不足であることに起因します。
したがって、ヒドロキシラジカルは、他の物質から電子を奪う(すなわち他の物質を酸化する)ことによって、より安定な水酸化物イオンに変化しようとする傾向が強いために酸化剤として作用します。

Q東芝冷蔵庫のヒドロキシラジカルの安全性について

ヒドロキシラジカルというとても強い活性酸素が口に入る冷蔵庫などに使われても人体に問題ないのでしょうか??

Aベストアンサー

ヒドロキシルラジカルが「毒」なのは「反応性が高いから」で、逆に言うと「寿命が非常に短い」と云う事になります。
そのため、食品を口に入れるまで「生き残って」いることはありません。

QHeは化合物をつくらない Xeは化合物をつくる

同じ族なのにHeは化合物をつくらずXeは化合物をつくるそうですがそれはなぜですか?

イオン化エネルギーで説明がつくそうですが、Xeのほうが小さいからですか?なぜXeはFに作用して化合物がつくれるのですか?


またリチウムは酸化物は作るが超酸化物や過酸化物をつくらないにはどうしてですか?
お願いします!

Aベストアンサー

イオン化エネルギーで説明するとしたら、こんな感じでどうでしょうか。
フッ化キセノンXeF2という化合物があります。
キセノンのローンペア一個が、フッ素分子F2で酸化された形になっています。この化合物の形成が、
Xe -> Xe(2+) + 2e(-)
2e(-) + F2 -> 2F(-)
Xe(2+) + 2F(-) -> XeF2
という仕組みだ、とすれば、イオン化エネルギーの小さなキセノンでは最初の段階が可能だけど、イオン化エネルギーの大きなヘリウムではだめ、というふうに理解できるでしょう。
実際には、直接希ガス原子から希ガスのジカチオンが生成しているのではなくて、フッ素分子と希ガス原子が相互作用して反応しているでしょうから、この機構はあくまで紙の上の話ですが。
要するに、フッ素で希ガス単体が酸化出来るか否か、という話です。

なお、原子の半径や電気陰性度(これはイオン化エネルギーとも関わるが)も重要です。
例えば、酸素と硫黄を考えてみると、酸素は2配位の化合物を作ります。水など。
一方、硫黄は2配位から3配位、4配位、はては5配位、6配位と数多くの共有結合を作ることが出来ます。
これは、硫黄原子が大きいためにまわりに置換基が来ることができることも効いています。同時に、硫黄が電気的に陽性なので、酸素にくらべて置換基がくっつきやすい、というのもあります。

後半はちょっと私は分かりかねますので、他の方にお任せします。

イオン化エネルギーで説明するとしたら、こんな感じでどうでしょうか。
フッ化キセノンXeF2という化合物があります。
キセノンのローンペア一個が、フッ素分子F2で酸化された形になっています。この化合物の形成が、
Xe -> Xe(2+) + 2e(-)
2e(-) + F2 -> 2F(-)
Xe(2+) + 2F(-) -> XeF2
という仕組みだ、とすれば、イオン化エネルギーの小さなキセノンでは最初の段階が可能だけど、イオン化エネルギーの大きなヘリウムではだめ、というふうに理解できるでしょう。
実際には、直接希ガス原子から希ガスのジカ...続きを読む

Qヒドロキシラジカル(・OH)がトリメチルアミンを攻撃するとき(追加質問)

以前にこの質問をさせていただきましたが,さらに疑問点がありましたので再度質問させていただきます.

ヒドロキシラジカル(・OH)がトリメチルアミンを攻撃するとき,水素を攻撃するという回答をいただきました.

理由は熱力学的にO-H結合の生成エネルギーが大きいため.
N上の非結合電子対から電子を引き抜いてHO-になるのは環境が水の中の場合のみ有利。
またトリメチルアンモニルカチオンラジカルMe3N・+からはすぐにプロトンが抜けてH2C=NMe2]・(ジメチルメチレンアンモニルラジカル)が出来ますが、エネルギー的に不利。
http://www.sciencedirect.com/science?_ob=ArticleURL&_udi=B6TGS-40678RD-S&_user=218848&_rdoc=1&_fmt=&_orig=search&_sort=d&view=c&_acct=C000014538&_version=1&_urlVersion=0&_userid=218848&md5=cef1707cda8af3d908884f779de4aabb

とのことでしたが,「N上の非結合電子対から電子を引き抜いてHO-になるのは環境が水の中の場合のみ有利」というのはなぜなのでしょうか?

以前にこの質問をさせていただきましたが,さらに疑問点がありましたので再度質問させていただきます.

ヒドロキシラジカル(・OH)がトリメチルアミンを攻撃するとき,水素を攻撃するという回答をいただきました.

理由は熱力学的にO-H結合の生成エネルギーが大きいため.
N上の非結合電子対から電子を引き抜いてHO-になるのは環境が水の中の場合のみ有利。
またトリメチルアンモニルカチオンラジカルMe3N・+からはすぐにプロトンが抜けてH2C=NMe2]・(ジメチルメチレンアンモニルラジカル)が...続きを読む

Aベストアンサー

>環境が水の中の場合のみ有利…
(あ、まだ調べてなかった。汗)
それはともかく、ヒドロキシルラジカルが電子を引き抜くと水酸化物イオンが出来、トリメチルアミンはトリメチルアミンカチオンラジカルになります。
水中では分極が起きた方が安定化が期待できるので電子伝達が起きると考えました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報