あるHPで「出産前にフッ素をぬっていて、産まれた子どもがダウン症だった」(本人からの書き込みです)「アメリカのある州では水道水にフッ素をまぜたらダウン症の出生率が4倍になった」などの書きこみがありました。丸々信じているわけではありませんが、フッ素は体に良くないから子どもにはぬらない、というお母さんも周りにいます。実際は専門家の間ではどう考えられているのでしょうか。たくさんのお母さんに見る掲示板にあった書き込みなのでとても気になりました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「要望事項要約」
http://members.jcom.home.ne.jp/tomura/page/12/01 …
(フッ素化をやめさせ、フッ素の被曝を最小にしよう)
http://www.aruke.com/sih/news/kenkou/no25.htm
(水道水のフッ素化について)
http://www.sun-net.ne.jp/ad/fusso/nitif52.htm
(日本フッ素研究会とは)
http://www.pluto.dti.ne.jp/~tomisawa/fruolide.html
(フッ素による虫歯予防)

ご参考まで。

参考URL:http://www1.doc-net.or.jp/~JSFR/offer-sum.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。いろいろなことを詳しく知ることができました。

お礼日時:2001/12/10 19:28

フッ素に関する意見は以下のサイトをご覧下さい。


http://www2.next.ne.jp/~sirayuki/F-news_01.html
ダウン症に関する事項も参考URLにありますので参照下さい。

参考URL:http://www2.next.ne.jp/~sirayuki/f.contami.con.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。早速行ってみました。いろいろなことを知ることができました。

お礼日時:2001/12/10 19:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダウン症の原因に関して

44歳男性です。現在、会社を退職して医療系の専門学校に行っています。

そこである学科のレポートの課題として、「染色体異常について」がテーマになり、
「ダウン症」について調べる事にしました。

なぜ、ダウン症にしたかというと、私自身、息子が自閉症であり、療育センター時代に
ダウン症のお子さんを持つ方もおられた事もあり、身近な事例でしたのでこの際に詳しく
勉強しようと思ったからです。

ただ、いくつかの文献をよんでも
・染色体の突然変異が原因である
・21番目の染色体が異常(トリソミー)である
・その他にも転座型やモザイク型がある
・合併症を持っている事が多い
程度の事しか書いておらず、その他はダウン症の子供とどう接していくのか、
ダウン症の子供との育児の記録等が大半でした。

そこで、
21番目の染色体がトリソミーになると、なぜダウン症になるのか。具体的には、
21番目の染色体に異常が生じると、どのような原因で身体に異常が生じるのか。

を知りたいのですが、図書館やネットで調べても、よくわかりません。

そこで、これらの事がよくわかる文献またはサイトをご存知の方がおられましたら、お教えください。

よろしくお願い致します

44歳男性です。現在、会社を退職して医療系の専門学校に行っています。

そこである学科のレポートの課題として、「染色体異常について」がテーマになり、
「ダウン症」について調べる事にしました。

なぜ、ダウン症にしたかというと、私自身、息子が自閉症であり、療育センター時代に
ダウン症のお子さんを持つ方もおられた事もあり、身近な事例でしたのでこの際に詳しく
勉強しようと思ったからです。

ただ、いくつかの文献をよんでも
・染色体の突然変異が原因である
・21番目の染色体が異常...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
私は知的障害者施設で働く介護福祉士です。
なのでダウン症の方と接する機会は多く、関係する本はいろいろと読んでいますが、21トリソミーだと何故、どんな秩序でダウン症に特徴的な症状が表れてくるのか、という部分にまで踏み込んだ本は見たことがありません。
ものすごく専門的な遺伝子学の本まで調べればどうか分かりませんが
あなたの学校の求められている「遺伝子異常について」のレポートは
そんなところまで求められているのでしょうか。
私は遺伝子学で大学院にでも行かれるのでなければ、そこまでの知識を求められているとは思えないのですが。
あなたの調べられた内容で充分なレポートが書けるのではないかと思います。
現在問題になっているのはダウン症の方の早期退行現象です。他の知的障害の方に比べ40代で認知症が進行しはじめ、てんかんが出現する(普通の認知症ではめったにてんかんは出ないがダウンの方は高い確率で出てきます)
ネットで通常調べられていることだけでは物足りないと思われるならぜひ、原因よりもこの方達の今後の問題を取り上げて考えていただければと思ったしだいです。
求めておられる回答になっていないのは分かっていますが、あえて回答させていただきました。

はじめまして。
私は知的障害者施設で働く介護福祉士です。
なのでダウン症の方と接する機会は多く、関係する本はいろいろと読んでいますが、21トリソミーだと何故、どんな秩序でダウン症に特徴的な症状が表れてくるのか、という部分にまで踏み込んだ本は見たことがありません。
ものすごく専門的な遺伝子学の本まで調べればどうか分かりませんが
あなたの学校の求められている「遺伝子異常について」のレポートは
そんなところまで求められているのでしょうか。
私は遺伝子学で大学院にでも行かれるので...続きを読む

Q祖母のおかげでお母さんが疲れきっています。

長くなると思います。おつきあいいただける方、アドバイスをお願いします。

私自身は実家を離れて暮らしているのですが、私の所にSOSが来るほどです。

実家は父方の祖父母と私の両親が同居しています。
祖父は病気で倒れた際の右半身の麻痺が残っておりますが、ゆっくりですが杖をつきながら一人で歩行することも可能ですし、なんとか食事も自分で食べることができます。

先日祖母が自転車に乗ろうとして転倒し、足を折ったことがきっかけで、今は母が2人の面倒を見ています。

その祖母がいま悩みの根源です
詳細を書くと長くなりそうなので箇条書きにさせていただきます。

・リハビリにいかないのに治らないと文句を言う
・医者に「その薬は年寄りには使えなくなった。それと同じ効能がある薬を処方している」と言われても、同じものじゃないと効かないとだだをこねる。
・前にも効くまで3か月くらいかかったとわかっている薬を、1か月飲んで効かないからと勝手にやめる(1つは目薬で、やめたくらいから目が見えにくくなったと騒いでいたらしい)
・地元の病院ではなく、近隣の大きな病院にかかりたがる(車で片道1時間ちょっとかかります)
・そちらの病院の先生にお金を渡していると、本当なのか嘘なのかわからないことを言う。
・「○時に送ってあげるから」と前日から言っておいても、当日の朝になったら30分も早く出たいと騒ぐ

まだまだあるのですがこのようないわゆる”わがまま”がひどいです。

それに耐えかねてお母さんが
「共働きで、おばあちゃんの都合にすべて合わせることはできない。貯金もたくさんあるんだし、何かあった時にもすぐに診てもらえるし、大きな病院のある町に引っ越したらどうだい?」
と言ったことがあるようですが、
「いや、家がこっちにあるからこっちでいいんだ。」と言ったそうです。

「お母さんたちには迷惑をかけられない」と言うわりには
言うことも聞いてくれないし、勝手なことを言って病院の回数を増やすし。。。

お母さんは
「治るまでは頼っていいので面倒をみるから、また今まで通り生活出来るようにリハビリや治療を頑張ってほしい」というスタンスで、介護や世話をする気がないわけではありません。

しかし、される側が素直に聞いてくれなかったり、わがままを言われたり、自分勝手なことをされると、面倒をみる側も面倒をみることさえ困難になりますし、やる気もなくなってしまいます。


長くなりましたが、
こんな祖母に、どう言ったら話を聞いてくれるのでしょうか?
また、母親の負担を減らすにはどうしてあげたらいいのでしょうか?

長くなると思います。おつきあいいただける方、アドバイスをお願いします。

私自身は実家を離れて暮らしているのですが、私の所にSOSが来るほどです。

実家は父方の祖父母と私の両親が同居しています。
祖父は病気で倒れた際の右半身の麻痺が残っておりますが、ゆっくりですが杖をつきながら一人で歩行することも可能ですし、なんとか食事も自分で食べることができます。

先日祖母が自転車に乗ろうとして転倒し、足を折ったことがきっかけで、今は母が2人の面倒を見ています。

その祖母がいま悩みの根源です
...続きを読む

Aベストアンサー

お母様、大変そうですね。介護は長いですから、負担を減らして余裕を持たせてあげたいですね。
言葉で説明、説得しても受け付けないのでは、平穏に生活していくことはできませんね。

結論から言うと、精神科の先生に診てもらうのがいいのではと思います。
わがまま、自分勝手といっても、性格のせいとか年を取って頑固になったから、ではない事も多いと思います。
実は、脳の機能が衰えている、つまりは病気である場合があるようです。
精神科というと抵抗があるかもしれませんが、精神の病気というより脳の病気ととらえ、年齢とともに足腰が弱るように、脳の機能も変化する、と理解すると気持ちが楽です。

「当日の朝になったら30分も早く出たいと騒ぐ」「本当なのか嘘なのかわからないことを言う」などというのはまさにそういう症状で、うちの母もそうでした。
わがままと言ったらどうしようもありませんが、病気であれば治療ができます。

うちは、主治医(整形外科)から精神科を紹介され、お薬を調節していただいて、ずいぶんと穏やかになりました。
まずは、お母様が主治医に相談してみてはどうでしょうか。
例えば、ここに箇条書きにされたのをプリントして、先生に見てもらうのもいいかと思います。

素人の経験談ですがご参考になれば幸いです。

お母様、大変そうですね。介護は長いですから、負担を減らして余裕を持たせてあげたいですね。
言葉で説明、説得しても受け付けないのでは、平穏に生活していくことはできませんね。

結論から言うと、精神科の先生に診てもらうのがいいのではと思います。
わがまま、自分勝手といっても、性格のせいとか年を取って頑固になったから、ではない事も多いと思います。
実は、脳の機能が衰えている、つまりは病気である場合があるようです。
精神科というと抵抗があるかもしれませんが、精神の病気というより脳の病気...続きを読む

Q計算値と実際値との差が生まれる原因は?

 よろしくおねがいします。
私はヒロセLIONでFXをしております。

 自分で計算した現在の損益と、実際に表示されている損益が一致しないのですがなぜでしょうか??

 自分が用いた損益の計算方法は以下の通りです。

[bit]x[lot]x[1000]-[評価レート]x[lot]x[1000]=現在の損益

ここにその時の上記に必要な情報を抜き取り掲載しました。
http://bodycraft.sakura.ne.jp/zissai.jpg

ここに書いてある情報を元に先ほどの計算式に当てはめると
損益は

[82.26]x[67]x[1000]-[86.43]x[67]x[1000]=[-279390]

になるはずです。

 ところが、実際に表示されている損益は

[-280020]です。

自分で計算した値[-279390]
表示されていた値[-280020]

この差[630]はどこからくるのでしょうか??

Aベストアンサー

どんな状況かを見るだけですから、そんなに細かくしたって意味がないと思いますよ。わずか0.x%の違いです。
正確に見るのであれば、取引ごとのポジション明細がどこかにあると思うのですが。

Qメニエール病は難病指定ではありますが、特定疾患では無いようなので、

メニエール病は難病指定ではありますが、特定疾患では無いようなので、
医療費の免除もありませんよね?
では患者にとって難病指定になっていることのメリットって何があるのですか?

Aベストアンサー

 すみませんが、No.1の回答で文字が1個欠落していたのでもう一度書き込みます。

 医療費の免除になるのは「特定疾患治療研究事業対象になっているかどうか」です。

 書き込んでいるサイトは間違えていないのでここでは書き込むのを省きます。

Qダウン症は、生まれてすぐに分かるものでしょうか?

ダウン症は、生まれてすぐに分かるものでしょうか?
1ヶ月検診で何も言われなかったのに、その後発見されることもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ダウン症は染色体の異常で、およそ800人に一人の割合で発生します。

正常なヒトの場合ですと染色体は46本あるのですが、ダウン症では21番染色体が1本余分にあり、染色体が47本あるのです。
そのため遺伝子検査をすればはっきりと分かります。
逆に言うと、検査をしない限り確実なことは言えません。

ダウン症を疑う根拠として身体的特徴がありますが、その程度は様々ですので、赤ちゃんのうちは分からないことも多々あります。
不安なのでしたら遺伝子検査を受けてみてはどうでしょう。

Q子どもの水腎症について・・・

今3才の息子は、出産前から、腎臓が腫れてるといわれ、出産後すぐ検査などを受け水腎症と診断されました。
最初は一ヶ月に一度の検査が、徐々に間隔があき、今は6ヶ月に一回の検査なのですが、いつまで続くものなのでしょうか。先が見えない(手術する話もでないし、経過自体はいいらしいので・・・)ことなので、経験者の方たちの話を聞きたいと思います。
1,発症後の経過2,手術を受けるならどんな時?
など、教えてください。

Aベストアンサー

検索を利用すると「水腎症」で、1900余りのサイトが立ち上がってるんですね。
この中に9歳の男の子の闘病記ですとか、まだ生まれて間もない女の子のページなど、色々とありますね。
このようなHPはもうご覧になりましたか?

私も子どもの病気で、すごく不安だった時、このように検索することを「OKweb=教えて!goo」に教わり、随分活用させてもらいました。

何かのご参考になれば幸いです。

沢山の不安をかかえて、毎日手探りで歩まれていらっしゃると思います。でも、子どもの生命力はすごくパワーあるし、また、私たち親はそれを信じて、前進あるのみです!
軽々しく「頑張りましょう」とは言えないけれど、
不安な事はどんどん主治医の先生に相談されて、その都度納得されて、解決できたら良いですね。

このままどんどん良い経過を辿って行かれますように祈ってます。

Q母親の年齢が高いと生まれる子供のリスクは高くなりますか?

生む母親の年齢が高いとダウン症の子供が生まれる確率が高くなると聞いたことがあります。
二人目出産でも同じようなことが言えるのでしょうか?
私のまわりには30歳過ぎている人がかなり多く、出産経験がありません。
比較的現代女性は晩婚で高齢出産傾向にあるとも聞いたことがあるのですが、そうなるとダウン症などの障害児が生まれる可能性が高くなるのかな?と思うときがあります。
どれくらいの確率で生まれるのでしょうか?
教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ダウン症を伴った出産の確率は参考URLに記載がありました。
ダウン症のリスクが高まる原因が、年齢を経る事による染色体の異常の蓄積という事であれば、二人目でも同じ事が言えるという事になります。
参考URLの記載に従えば、確かに35歳辺りを境に確率がグンと上昇しているように見えます。
しかし、これも参考URLの記載にあるように、数字上のマジックに幻惑されているだけという意見もあります。
即ち、年齢が上昇すればするほど出産をする人数は減る訳なので、確率を算出する際の分母が減ってしまいます。
仮に20歳で1000人の人が出産し1名ダウン症、40歳で100人の人が出産し、1名がダウン症だとして同じ1名なのに確率を計算すると、それぞれ 1/1000=0.1%、1/100=1%となってしまいます。即ち計算上は10倍リスクが高いように見えます・・が、分母が10倍も違うのに同一の土俵で比べてよいのでしょうか?もし比較するのであれば、40歳の出産者数も1000人として、その中で何人ダウン症だったのかという数値を見るべきなんじゃないだろうかという意見です。
事実、参考表では同じく出産数が少ない10代の方が20代よりもダウン症のリスクが高くなっていて、経年の染色体異常の蓄積という説明とは合わなくなっています。。
そのため、この確率が確かなのかはもう少し冷静に考えた方がよいのかもしれません。
とは言え、体力の低下などで高齢出産にリスクを伴う事は確かでしょうから、それなりに早いうちに産めるなら、それに越した事はないのでしょうが。。
あくまでも参考意見なので、専門家の意見を仰いだほうが良いと思いますけど。

参考URL:http://www.welcomebaby21.com/kourei.htm

ダウン症を伴った出産の確率は参考URLに記載がありました。
ダウン症のリスクが高まる原因が、年齢を経る事による染色体の異常の蓄積という事であれば、二人目でも同じ事が言えるという事になります。
参考URLの記載に従えば、確かに35歳辺りを境に確率がグンと上昇しているように見えます。
しかし、これも参考URLの記載にあるように、数字上のマジックに幻惑されているだけという意見もあります。
即ち、年齢が上昇すればするほど出産をする人数は減る訳なので、確率を算出する際の分母が減ってしまいます。...続きを読む

Q4才の子どもがはやり目と、診断を受けましたが

4才の子どもが、はやり目の診断を受けました。症状は目やにが少し出るのと充血で、
痛みやかゆみはないようです。私(母)も同時期に罹り、朝は目やにで目が開かないほどで、
充血もひどいですし痛みやかゆみもあります。
そこで、質問なのですが、子どもは痛みやかゆみがないといっておりますが、
それでも、はやり目なのでしょうか?
文面だけでは、判断できないと思いますが、あまりに症状に差があるので、
気になっています。
特に検査などは受けていません。

Aベストアンサー

はやり目というのは
人によって症状の軽い・重いは様々です。
ご質問者様はおそらく細菌による2次感染を起こして
目やにがひどかったりなど重症化したのではと思います。

私の勤めていたところでは
問診や視診の後、”アデノチェック”といって
結膜を綿棒でこすり、検査キットにつけて
陽性反応が出るかをみたりしていました。
ご質問者様は特に検査をされなかったようですが
家族でお住まいの場合
同時に、または遅れて家族の方々も高確率でいらっしゃるので
おそらくはやり目の診断が出たのだと思われます。

Qダウン症について

私にはいとこが3人いて、その内2人のそれぞれの子供がダウン症で生まれてきました。
私にもダウン症の子供が生まれる確率が他の人より高いのではないかと心配になってしまいました。
詳しいことを知っている方お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

ダウン症候群(21トリソミー)は染色体異常ですけれど、染色体異常が起こる原因に二通りあります。
一つは、卵子の老化などで染色体の分離が上手く行かず受精時に偶発的に起こるもの。もう一つが遺伝的に相互転座やロバートソン転座等、染色体構造異常の保因者である場合です。
前者は高齢妊娠に多く、繰り返すことも血縁に反復して顕れることもありません。後者は血縁、同胞(兄弟)に繰り返し出現し、次代に引き継がれます。流産・死産が多く発生することも特徴です。
ご自身とご主人の染色体を調べれば(血液検査)異常の有無は判明しますが、判明しても治療法がありませんので、その点だけはよく理解した上で検査することが大事です。

Q診療報酬の不正では?

診療報酬の不正では?
知り合いが医療事務を務めている診療所で、下記のようなことが行われているそうですが、これは不正ではないのでしょうか?

月始めにきた患者さんに生活習慣管理料(高血圧700点)を算定します。
その患者さんが同一月の別の日に検査をうけにきたので、前回算定した生活習慣管理料(高血圧700点)を取り消して、特定疾患療養管理料(225点)を前回と今回のそれぞれに算定し、検査料も付加します。

つまり、どういうことかというと、生活習慣管理料(高血圧700点)を算定した場合、同一月内に検査を受けたときの検査料金をとれないため、前回算定した生活習慣管理料(高血圧700点)をとりけしているのです。このようなことがその診療所では日常的に行われているようです。

もちろん、生活習慣管理料(高血圧700点)を取り消した分の差額は患者さんの支払いから差し引いていますが、そのことを患者さんに対して説明しません。

最初から生活習慣管理料(高血圧700点)をとらないのならば問題はないのですが、お医者さんが儲けるためだけに一度算定した点数を取り消すというのは他の診療所や病院でも行われていることなのでしょうか?
また、これは許されることなのでしょうか?

診療報酬の不正では?
知り合いが医療事務を務めている診療所で、下記のようなことが行われているそうですが、これは不正ではないのでしょうか?

月始めにきた患者さんに生活習慣管理料(高血圧700点)を算定します。
その患者さんが同一月の別の日に検査をうけにきたので、前回算定した生活習慣管理料(高血圧700点)を取り消して、特定疾患療養管理料(225点)を前回と今回のそれぞれに算定し、検査料も付加します。

つまり、どういうことかというと、生活習慣管理料(高血圧700点)を算定した場合、同一月内...続きを読む

Aベストアンサー

診療報酬の請求は、1か月毎に行います。

その1か月に行った診療行為をまとめて1枚のレセプトにするわけですが、行った都度点数になる出来高のものもあれば、月に1回しか算定できないものもあるわけです。

外来では、その人が今月もう一度受診するのか、しないのかは確定しないので、月の最初に来た日に「月一回の」ものを算定してしまいます。
月内に再診となり、再診時の診療行為により最初に算定した点数ではなく、他の点数で計算するように変更になった場合は、計算し直して精算します。
最終的にその月のレセプトで正しい点数の算定になっていれば良いのです。

同一の診療行為を行っても、点数が異なるような事になるのは制度上の矛盾ですが、一月の中で点数の算定方法を代えて精算することは違法ではありません。
患者さんに不利になる(自己負担額が多くなる)場合もあれば、自己負担が少なくなるような変更も当然起こりえます。

診療報酬の請求は、1か月毎に行います。医療制度がそのようになっているので、患者さんとの診療契約も1か月毎に点数を計算するということになります。ですから法的にも月内に点数の精算をし直すことは何も問題ありません。

同じ事をしていても点数が異なることがあるのはおかしいのですが、点数の高い方を選択することは医療機関の経営努力でありむしろ推奨されることと考えられます。

これを診療報酬の不正請求だとか、医者が儲けるために、などと言ってほしくはありません。

診療報酬の請求は、1か月毎に行います。

その1か月に行った診療行為をまとめて1枚のレセプトにするわけですが、行った都度点数になる出来高のものもあれば、月に1回しか算定できないものもあるわけです。

外来では、その人が今月もう一度受診するのか、しないのかは確定しないので、月の最初に来た日に「月一回の」ものを算定してしまいます。
月内に再診となり、再診時の診療行為により最初に算定した点数ではなく、他の点数で計算するように変更になった場合は、計算し直して精算します。
最終的にその月...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報