教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

我が国の1990年代前半までの資金循環を主体別にみると、家計が唯一の安定した資金余剰主体であって、、家計の貯蓄は、資金不足主体である企業および政府の投資に利用させるとともに、海外部門の資金不足(国際収支では、日本の( A )の黒字にほぼ相当する)にあてられるという構図であった。

(A)は経常収支なのですが、何故なのかよく分かりません。てっきり、投資収支だと思いました。できれば、説明と経常収支の何収支か教えてください。ちなみに、投資収支は資本の流入が+で流出が-だということは理解しました。

A 回答 (1件)

恒等的に


Y = C + I + G + (X-M) ...(1)
が成り立ちます。ここでY:GDP、C:民間消費、I:投資、G:政府消費、(X-M):経常収支です。この式は、要するにGDPが何に使われたかを表しています。

さらに、
Y = C + S + T ...(2)
が成り立ちます。所得は、消費されるか、税金でもって行かれて、残りが貯蓄になることを示しています。

(1)式と(2)式からYを消すと、
(S-I) = (G-T) + (X-M) ...(3)
という式が導出できます。この式は、家計貯蓄から投資をひいたものが、政府のプライマリーバランスと貿易の経常収支に等しいことを示しています。


> 投資収支は資本の流入が+で流出が-
投資収支が黒字(+)ということは経常収支は赤字(-)ということです。したがって、(3)式に即して言うと
(+) = (+) + (-)
となるので、政府のプライマリーバランスを海外部門も支えている構造になるので、間違いです。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング