胡蝶の、現代語訳、というのか、今の言葉でわかりやすく説明の載っている
HP、または本、探しています。時間がないので、出来たらHPならうれしいです。
其の一の、「是はたしかに二位の~」から、「言つて尼が主上のかつぎを取退ければ是は主上と思ひの外、知盛の子息です。胡蝶も之にはおどろろきました」
まで、最低あったらうれしいです。
不躾な質問でごめんなさい。。。助けてくださいいいいいいい

A 回答 (2件)

宿題かレポートの手伝いをさせられているような気がしないでもないのですが(もし、そうじゃなかったらごめんなさい。

)正真正銘の山田美妙の「胡蝶」のご指摘の部分の現代語訳をしてみました。〔 〕内は、usagisanが補った部分です。

 これは確かに二位〔=平清盛の妻、二位の尼。建礼門院徳子の母〕の声で、後は〔悲しみの涙で〕鼻をすする音が聞こえるだけです。耳を澄まして聞いてみると表の方で女たちも騒ぎ立てているようです。「あれまあ、源氏〔が来た〕」という声に、胡蝶も〔中での二位たちの話を〕立ち聞きしてはいられません。〔そっと〕足を引いて戻って外を見ると、なるほど源氏の武士はすでに間近まで近寄っていました。しかし、頼もしくて〔敗色濃いとははいえ〕それでもやはり武士の名誉を惜しむ〔平氏の〕侍たちは防戦して〔源氏の〕兵を近づけないようにしようとしています。「こうなってはどうして逃げてしまえることができるだろう〔いやできない〕。早く〔死の〕心構えをするのがよい。」胡蝶も一度こんなふうに心を決めましたが、それでもまた〔安徳〕天皇や〔その母の建礼〕門院の御身の上が気になって気になってたまりません。しばらく舟の端にたたずんで(今は〔源氏の射かける〕矢を恐れもしません。あたりを見回していましたが、思いついて、また奥の方へと戻っていく〔と、奥から出てくる人と〕出会いがしらに〔相手を〕見てみると、二位の尼は天皇のお手を引いて、そこに立っています。「胡蝶、いくさ〔の様子〕はどうであろうか。」
質問されても、順調であるようには言えません。
「〔とても〕残念なことです。ごらん下さい、〔この〕お船の近くにも源氏が来てしまいました。」
「つなぎ止めたかいもなかった。それなら私もどうしてためらっていられようか。さあもうみんな一緒に……。」
〔こう〕言いかけて、はらはらと涙を落として胡蝶を字と見つめたまま、しばらく身支度をするありさま、どうにも納得がいきません。
「みんな一緒に、いったい何をなさっているのですか。」
「一緒に水に〔飛び込んで死のう、というのです〕。」
「今はもう入水なさろうというのですか。それでは恐れ多くも天皇様のお体を〔どうなさろうというのです〕。」
「天皇様だとあなたも思うのですね。これはどうでしょう。」
〔こう〕言って〔二位の〕尼が天皇様の頭からかぶった衣を取りのけると、これは天皇様だと思っていたのに意外にも知盛様のご子息です。胡蝶もこれには驚きました。

 山田美妙は、古文の言葉遣い(文語)で書くのではなく、話すように口語で書く言文一致運動を推進したうちの一人ですから、この「胡蝶」も原文のままでけっこう「現代語」だと思いますが、なんせ明治の文章ですから、今の若い人には難しいところもあるのでしょうね。
 でも、たとえば大学入試の古文や擬古文はもっともっとハイレベルですから、この程度の日本語文は読みこなす実力をつけてほしいと私は思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ほんとにありがとうございました。

>でも、たとえば大学入試の古文や擬古文はもっともっとハイレベルですから、こ>の程度の日本語文は読みこなす実力をつけてほしいと私は思います。
ハイ、身にしみます・・・。感謝です。ありがとうございました!!

お礼日時:2001/12/09 18:58

http://www.sainet.or.jp/~eshibuya/version24.html
違う??
山田美妙さんではないですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
えっと、これは紫式部サンですね。でも、
ご親切感謝です!!

お礼日時:2001/12/09 18:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今戸心中について

広津柳浪の今戸心中について、詳しい内容を知りたいです。そして、読みどころというか、今戸心中ならではの独特な特徴はどこにあるかなど、読んだ事のある方の感想を聞かせてください。

Aベストアンサー

今戸心中は吉原の花魁が惚れた男に振られて自暴自棄になり、好きでもない男と心中してしまうという話です。
広津柳浪の特徴である流れるような文章と、当時の吉原の様子や風俗が詳しく描かれているところなどが読みどころでしょうか。主人公の容姿を細かく書いている部分も素晴らしい文章です。
心ならずも好きでも無い男と心中してしまうという悲しい話であるにもかかわらず、解説や解釈なく淡々と物語が進んでいきます。

Qツルゲーネフ「あいびき」について

何回読み直しても伝えたいことが解りません。
どういう意味なのでしょうか?解説お願いします

Aベストアンサー

つい最近、この「あいびき」を二葉亭四迷訳ほかで読む機会があったので。

えーと、まず「伝えたいこと」というのは、「作者の伝えたいこと」という意味ですね。
そういう問題の立て方はちょっとうまくない。
「作者の伝えたいこと」は、だれにもわからないです。ツルゲーネフに聞いてみなくちゃ。ツルゲーネフだって、この『猟人日記』を書いた頃の記憶は、のちにはなくなってるかもしれないし。そうではなくて、読者にできることは、「何が書いてあるか」を読むことです。
質問者さんは、わからない、と思った。
つまりそれは「作者の意図」ではなく、「何が書いてあるか」がわからなかったんです。
まず「何が書いてあるか」を読むこと。

この短篇の流れは非常に単純です。

まず、主人公が九月の出来事を回想する。
 ↓
主人公は白樺林のなかにいる。
 ↓
ひと眠りすると、若い女性がいた。
 ↓
若い男が現れる。
 ↓
ふたりは話をする。
・男は貴族の従僕で、明日この地を離れる。
・娘はそれを悲しんでいる。
 ↓
男はそこを去る。
 ↓
娘は泣く。
 ↓
見かねて主人公が出ていくと、驚いた娘は逃げる。
 ↓
主人公は残された花束を拾う。
 ↓
主人公はひからびた矢車菊をとっている。

つぎに、「どうしてそうなったのか」を考えること。この「どうして」は、直接には書いてありませんから、自分が見つけてやらなくちゃなりません。
ここから質問者さんはご自身で質問を作ってみてください。このときの男はどんな気持ちだったんだろう、とか、主人公はどうして出ていったんだろう、とか。簡単に答えられるのもあるし、むずかしいのもあると思います。けれども、こうやって考えていくことで、表面に描かれていない登場人物の「気持ち」をつかむことができます。

で、ここではひとつだけ。
主人公はどうして「ひからびた矢車菊」をとっておいたんだと思います?

これはあくまでも解釈ですから、別に「アクリーナがかわいそうだったから」でもいいんですが、それだと冒頭の、白樺林の情景が描かれていった部分の意味がよくわからない。単なる話のマクラなのか。そうではないとわたしは思います。

刻々とうつりかわる天候、空のようす、木々のざわめき、下に生い茂るシダや落ち葉、木漏れ日。そこに聞こえてくる鳥のさえずり。
主人公は、自分を取り巻く周囲を、見て、感じて、味わっている。さらにそこで眠るということは、その自然と一体となることでもあります。

つぎにふたりが登場します。そのやりとりを、主人公は同じように、見て、感じて、味わう。ここで、林のなかの世界は、そのままふたりの世界に対応しています。

林のなかでは、主人公は昼寝をする。つまり、彼の行動は世界に受け入れられ、世界と一体となることができた。
ところがここで、若い女性の哀れさが、主人公に介入しようとする衝動を起こさせ、主人公は行動を起こします。すると彼女は逃げていく。ここでは主人公は女性に拒まれて、その関係の中に入っていくことはできなかったのです。残された彼にできるのは、彼女が残した矢車菊を拾い集めることだけです。

ふたりが去った後、同じ林を外から見るときの描写。

> のらに向いて壁のようにたつ林の一面はすべてざわざわざわつき、細末の玉の屑を散らしたように、煌(かがや)きはしないが、ちらついていた(青空文庫・二葉亭四迷訳)

同じ林、かつては自分をそのふところに抱いてくれた林が、こんどは背を向け、壁となっている。拒まれ、閉め出されたように感じているのです。つまり、主人公の心情が、そのまま林の描写となって現れている。

わたしたちは自分の心情にしたがって、外界を見ている。世界はわたしたちの心情に呼応して、わたしたちの目に、さまざまに姿を変えて映っていく。
そうして、わたしたちが世界と自らを一致させていこうとする限りでは、世界はわたしたちを受け入れてくれる。
ところがそこに介入しようとしたとき、世界は一転、わたしたちをこばむ。

主人公は、自分の経験をこのようにふりかえっているのです。
記憶は、それだけでは流れていってしまいますから、それを留めておく「記憶の器」のようなものが必要です。この矢車菊は、その器、主人公にとってはその記憶の換喩として働いていると考えることができるのではないでしょうか。

つい最近、この「あいびき」を二葉亭四迷訳ほかで読む機会があったので。

えーと、まず「伝えたいこと」というのは、「作者の伝えたいこと」という意味ですね。
そういう問題の立て方はちょっとうまくない。
「作者の伝えたいこと」は、だれにもわからないです。ツルゲーネフに聞いてみなくちゃ。ツルゲーネフだって、この『猟人日記』を書いた頃の記憶は、のちにはなくなってるかもしれないし。そうではなくて、読者にできることは、「何が書いてあるか」を読むことです。
質問者さんは、わからない、と思...続きを読む

Q年齢確認が甘い居酒屋チェーン店

20歳をとっくに超えているのですが同い年の友人と居酒屋に行ったりするとたまに年齢確認をされます。
まだ未成年だった時はなんにもなかったのに…。
最近は厳しいのでしょうか。
しかし私は証明する物を持っていません。
免許もなければフリーターなので社員書もなし。
パスポートもありません。
なので口頭で生年月日を言えば通してくれる居酒屋ってどこですか?
甘い店を教えて下さい!

Aベストアンサー

最近確認が厳しいですよね…
私も、よく聞かれるんですが同じく運転免許持ってないし、
パスポートや保険証持ち歩くのも怖いので病院の診察券持ち歩いてます。

生年月日書いてるので、居酒屋チェーンとかならこれでOKですよ♪

直接の回答でなくてごめんなさい。

Q「押絵と旅する男」の入れ子構造について

「押絵と旅する男」は入れ子構造になっているらしいのですが、具体的にどの部分が入れ子構造なのでしょうか。
どなたか教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

入れ子構造だと言われれば、なるほど、そのとおりですね。
私なりに考えてみたことを書いてみます。

この話を語り始めた「私」は、
蜃気楼を見るための旅に出たはずなのですが、
友だちにはそんな旅には出かけていないと言われ、
旅自体が「夢」だったのかという疑いを持ちます。

「私」は、旅の帰りの車中で押絵男と遭遇し、
押絵男の兄に関する奇妙な語りを聴かされるのですが、
聴き終わった「私」は、押絵男が、押絵の中の兄にそっくりなのに気づいて、
兄の話は押絵男の「夢」なのではないかという疑いを持ちます。

つまり、押絵男の「夢」は、押絵男の「現実の語り」の中にはめ込まれ、
その押絵男の「現実の語り」は、「私」の「夢」の中にはめ込まれ、
さらに「私」の「夢」は、「私」の「現実の語り」の中にはめ込まれているという、
四層構造を形成している、ということです。

「うつし世はゆめ よるの夢こそまこと」と書いた乱歩の真骨頂ですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報