最近テレビや新聞で○社は事実上倒産した、という報道がされていますよね。
事実上とはどういうことなのでしょう?
倒産というのは正式な言い方ではなく破産というのが
正式ですよね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 まず、質問者は倒産っつう言葉をあいまいに


とらえとるんやないですかね?

 まずですねえ、会社の資金繰りがたちゆかなくなったら、
私的整理と法的整理っつう二つの方法で会社を、潰すか
新しくやり直すかを決めるんですわ。私的整理っつうのは、
裁判所に頼らず、債権者たちの間で倒産処理をすることです。
一方、法的整理とは、裁判所の力を借りて倒産処理を
するめることです。

 私的整理には2つのやりかたがあります。内整理方式と
第2会社方式ですわ。詳しくはネットで調べてほしいです。

 法的整理は債権者または債務者(取引先)が裁判所に対し、
一定の法的手続きを申請し、裁判所が選任した人(管財人
)によって債務者の再建または清算手続きを進めることですわ。
そこでですね、この法的整理をすすめる法律に有名な
ニュースでよく耳にするのがあるんですわ。
下に書きますよ。

 破産法 特別清算

 民事再生法(和議法)と会社更生法と会社整理

 上の二つが清算、下の3つが再建を目的とするものですわ。
民事再生法は確か、00年にできた法律で、和議法を
改良したような法律です。法的整理は裁判所もかかわったり
しますから、処理されるまでの時間が長いんですよ。そんで、
私的整理を選択するかいしゃもよくありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへん詳しいご回答をありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2001/12/07 16:53

こんにちは。


まず、倒産と破産は同義ではありません。
が、破産は倒産に含まれます。
倒産という言葉は法的に定義された言葉ではなく、会社の経営破綻を総称して使われる言葉です。
下の回答者の方が挙げているケース全てが「倒産」と表現されます。

さて、「事実上倒産」という表現は、破産申請とか会社更生法適用申請をしただけの段階で使われてますよね。
裁判所から破産宣告とか更正開始決定がでた段階で、「事実上倒産」から「倒産」に表現が変化していると思います。法的整理(清算型再建型とも)手続きの開始を裁判所が決定した時点で、「事実上」が消えるわけです。

不渡り2回目を出して、経営者に事業継続の意思が薄い場合にも「事実上の倒産」とされてますね。
不渡り2回目を出しても、金融機関に一切頼らない会社運営が可能であれば、倒産とはなりません。これは、仕入・販売ともに現金決裁をする、とか金融機関以外のスポンサーがつく、といった場合です。あまり多くはないケースですが。

倒産の定義についての詳細は、参考URL(東京商工リサーチのHPです)をご覧ください。

確か、国内倒産件数の80%くらいは私的整理だったと記憶してます。

参考URL:http://www.tsr-net.co.jp/topics/teigi/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。
よくわかりました。

お礼日時:2001/12/07 16:57

よくあるのは、「民事再生法の適用に踏み切り事実上倒産した」とか言うケースです。

倒産というのは、まだ、破産までいかないけれども、そういう方向もあり得るほど、企業経営がたちいかなくなった状態を言うのではないでしょうか。銀行が、見限ったときなどに多いですね。新聞などを読む範囲でのことですが、わたしは、マイカルのような大きな企業だと、銀行取引の停止を待つまでもなく、そういう手続にはいるのではないかと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。
どうもご回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/07 16:50

sakuba さん、こんばんは~☆♪



> 事実上とはどういうことなのでしょう?

『事実上の倒産』
手形や小切手の1回目の不渡りから、6カ月以内に
2回目の不渡りが発生した場合に、銀行取引停止処分
(当座と貸し出し2年間禁止)になったことを言います。
このように時間差が生じるので、「事実上」という言葉を使うと思います。

企業が倒産した場合、下記のような手続きがあります。

更正手続・再生手続・破産・和議・会社整理・特別清算(平成12年3月31日廃止)

詳細については、下記のURLをご参考にして下さいませ。

【倒産】
http://www.dragonknight.org/dragonknight/subway/ …


ではでは☆~☆~☆        - by パピヨン -

参考URL:http://www.dragonknight.org/dragonknight/subway/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもご回答ありがとうございます。
事実上の意味がわかりました。

お礼日時:2001/12/07 16:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2003年(平成15年の1月~12月)の完全失業率・全国企業倒産件数の新聞報道

論文試験を受験する予定です。
最近の社会動向を書く場合があります。
そこで、2003年(平成15年の1月~12月)の完全失業率と全国企業倒産件数を知りたいと思います。

2003年(平成15年の1月~12月)の完全失業率と全国企業倒産件数を報道している新聞名(読売・朝日など)と報道があった日付、あとできれば何面に載っていたのかを教えてください。

インターネットで調べていくと、いろいろなところで資料があるのですが、正確に調べたいと考えました。そこで、新聞で報道されているものに絞りたいと思います。

どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

毎週月曜日日経に色んな経済指標が載っています。お求めの数字は、そこに載っています。ただし、年度と各月のみ。暦年はありません。
企業倒産件数については、毎月の数字をたせば算出できます。
完全失業率は少々厄介です。新聞に出ている毎月の数字は季節調整値なので、1~12月の値を単純に平均すれば良いというのではありません。ここはひとつ、原本にあたることをお勧めします。完全失業率は労働力調査(総務省実施)という統計が出所です。総務省のHPに出ています。さっき見たので間違いありません。
何だか、レポートの課題みたいなので、URLまでは教えてあげません。

Q消費税:大新聞社の歪んだ報道姿勢

特に、日本経済新聞や朝日新聞は増税に積極的だそうですが、何故ですか? 日本経済新聞にいたっては、「増税容認」が7割超と1面の見出しで誤解を与えるような報道しているそうです。詳しい方、お願いします。
興味深いことに、最近の消費増税「予定通り」22%の共同通信世論調査は大新聞社はほとんど報道しておらず、地方紙(この場合東京新聞も含む)が多く取り上げています。
―――
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013082501001583.html
消費増税「予定通り」22% 共同通信世論調査
 共同通信社が24、25両日に実施した全国電話世論調査によると、来年4月に消費税率を8%に引き上げる方針に関し、予定通り実施すべきだとの回 答は22・5%にとどまった。現行税率5%の維持を求める回答が29・1%で最も多く、次いで「引き上げ時期の先送り」22・7%、「引き上げ幅の縮小」 22・0%となった。見直し策をめぐっても意見が割れた格好だ。
---
http://news.goo.ne.jp/article/thepage/business/thepage-20130813-00010002-wordleaf.html
消費増税、割れる主要紙の論調/4-6月期GDP速報値を受けて
8月13日の社説で、増税に最も積極的なのが日本経済新聞です。
朝日新聞も増税に前向きです。
毎日新聞は、日経や朝日より慎重です。
読売新聞と産経新聞はさらに慎重です。
東京新聞は来年4月の増税に反対しています。

特に、日本経済新聞や朝日新聞は増税に積極的だそうですが、何故ですか? 日本経済新聞にいたっては、「増税容認」が7割超と1面の見出しで誤解を与えるような報道しているそうです。詳しい方、お願いします。
興味深いことに、最近の消費増税「予定通り」22%の共同通信世論調査は大新聞社はほとんど報道しておらず、地方紙(この場合東京新聞も含む)が多く取り上げています。
―――
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013082501001583.html
消費増税「予定通り」22% 共同通信世論調査
 共同通信社が...続きを読む

Aベストアンサー

朝日や日経に限った話ではないですが、いくら「社会の木鐸」とはいっても新聞社はスポンサー(広告主)の意向を汲まざるを得ません。

その広告主とは誰かと言えば、大企業です。端的に言えば、輸出関連の大企業とその取引先です。これらが消費税率引き上げに賛成しているので、新聞社も逆らえません。

では、どうして大企業が消費税率引き上げを望んでいるのか。それは、増税と見返りに法人税率の低減が望めるからです。つまり、自分のところの懐が潤うから「消費税率引き上げマンセー」なのです。

さらに、消費税率が上がれば、大企業がもらえる輸出戻し税という輸出補助金の額が増える仕組みが存在しています。

ついでに言えば、大新聞社の社員の給料は一般のサラリーマンと比べてかなり高額なので、消費税率が多少上がろうが「自分たちはカンケーないねっ」と達観していることも大きいと思います。毎日新聞に至っては「消費税率が上がっても、我々を新聞社は重要な企業なので、軽減税率の対象にしてね」などという、恥知らずなことを社説で述べている始末です。

要するに、新聞社にとって自己都合および利害関係者に対しての便宜だけを重視しており、経済マクロの動向などにはまったく興味が無いという、そんな怠惰な新聞社の姿勢により、漫然と紙上に「消費税率を引き上げるべきだ」とのフレーズが踊っているのだと考えます。

朝日や日経に限った話ではないですが、いくら「社会の木鐸」とはいっても新聞社はスポンサー(広告主)の意向を汲まざるを得ません。

その広告主とは誰かと言えば、大企業です。端的に言えば、輸出関連の大企業とその取引先です。これらが消費税率引き上げに賛成しているので、新聞社も逆らえません。

では、どうして大企業が消費税率引き上げを望んでいるのか。それは、増税と見返りに法人税率の低減が望めるからです。つまり、自分のところの懐が潤うから「消費税率引き上げマンセー」なのです。

さらに、消...続きを読む

Q与沢翼は倒産させていま資産10億円超えでおかしいですよね 倒産したのにどこにうん億円の原資があった

与沢翼は倒産させていま資産10億円超えでおかしいですよね

倒産したのにどこにうん億円の原資があったのか?

Aベストアンサー

スポンサーがいたんじゃないですか?
人脈のなせる技だと思います。

結構、そういう人いますよね。
信頼があるのでしょう。

Q倒産と自己破産

倒産と自己破産の違いについて教えてください。

会社の場合は倒産で、個人の場合は自己破産でしょうか。会社でも自己破産することがあるのでしょうか。

会社が倒産した場合、社長の個人資産はどうなるのでしょうか。

Aベストアンサー

倒産は、法人が資金繰りが立ち行かなくなって、通常に事業ができなくなった状態のことをいいます。
法人が倒産した場合は、法人を残すか法人格をなくするかの判断をしなければなりません。その際に事業を続ける意志がない場合は「清算」という手続きをとります。
また、事業を続けたい場合は、「会社更生手続き」や「民事清算手続き」を申請して、法的に債権者の判断を仰ぎます。そこで債権者がNOといえば「破産」ということになり法人格を失うことになります。

一方、個人で借金が返せなくなった場合で債権者から追及されずに処理するためには、倒産といったワンクッションをおかず、即法的な手続きとして、「自己破産」あるいは「個人(民事)再生」等の手続きをとることになります。

社長の個人資産については、NO2産の説明のように、会社の借金をする際に個人保証をしているかどうかによることになります。

Q週刊ダイヤモンドの倒産危険企業50社

週刊ダイヤモンド10/12号で倒産の危険がある企業50社なんて
特集やってたようなんですけど、買い忘れてて、でも、
バックナンバーを探し出し、買うのももったいないんで、
購読した方で、よかったら、
(興味本位なのですが・・富士通が入っているのか気になるので・・)
上位5~10社ぐらい、お教えいただけませんか・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

週刊ダイヤモンドは定期購読しておるものです。

ダイヤモンド誌による倒産危険度の高い上位5社を書きますと
1.山水電気
2.ジャパンオークションシステムズ
3.アンドール
4.フォーバルテレコム
5.ニツセキハウス工業
です。

ちなみに富士通は全1070社掲載されているうち985位でした。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報