気候変動枠組み条約の締約国会議ってマスコミ等で「COP」って呼ばれてますけど、これは英語では正式にどう表記されるんでしょか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

hulot さん、こんばんは~☆♪



> これは英語では正式にどう表記されるんでしょか?

『COP』(Conference of Parties)の略です。

気候変動枠組条約締約国会議


ではでは☆~☆~☆        - by パピヨン -
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。やっとスッキリしました。

お礼日時:2001/12/09 16:44

『Conference of Parties』の略ですね。



参考URL:http://season.biglobe.ne.jp/t-term/cop6/
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/09 16:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q気候変動枠組み条約と京都議定書

なぜ気候変動枠組み条約に批准している国の中で京都議定書に批准しない国があるんですか。またそれはなぜなんですか。

Aベストアンサー

正式名称を「気候変動に関する国際連合枠組条約」というんですけれども、
これは「枠組条約方式」という、
具体的な目標(たとえば数値目標)を定めずに、合意できる枠組から取り組んでいく形態をとっています。

その具体目標を定めているのが「京都議定書」です。

そういう国は
「FCCCには賛成できるけれども、京都議定書の規定(たとえば温室効果ガス削減目標)に賛成できない」
から批准していないわけです。

京都議定書に賛成しない理由としては、
「経済の減速をまねくから」とか「中国やロシアの扱いがおかしい(発展途上国扱いになっている=排出許容量が多い)」あるいは「意味のない規定だ」といったものでしょうか。

Q電気ボイラーのCOPと、ヒーポン給湯器COP比較に関して

電気ボイラー(300kwクラス)の更新の更新を考えています。
更新計画を進めるに当たり、各種ボイラーのCOPを比較しようと考えました。
電気を使うCOPと、ガスや重油等の化石燃料を熱源とするCOPは
単純比較して良いものなのでしょうか?
ネットを検索すると「発電端効率」なる物が出てきて、世間で言う
エコキュートのCOP「3以上」は、従来ボイラーと比べる際には
3×0.358で1.07程度としなければいけないものなのでしょうか?
これで行くと、一般に電気ボイラーのCOPが「1.0」とメーカーが公表していたら
それは「1.0」ではなく、「0.358」として比較するべきなのでしょうか・・・
くだらない質問で済みませんが、どなたかお知恵をお貸し下さい。

Aベストアンサー

COPとは投入したエネルギーに対し、どのくらい消費可能なエネルギー(能力)が生成されるかを表した数値で、値が大きいほど高効率で省エネだということになります

ガスや灯油は一次エネルギー、電気は石油、天然ガス、原子力等を原料として作られるエネルギーなので二次エネルギーとなり単純比較が出来ないわけです

>「0.358」として比較するべきなのでしょうか

はい、おっしゃるとおり
「0.358」は火力発電所の平均効率を考慮し、割り出した数値です
エコキュートもそのとおり、深夜電力での値が3でしたら1.07になります

効率の単純比較(円/発熱量)
電気:エコ:都市ガス:LPガス:灯油=1.4:0.5:2.4:2.6:1(電気は深夜電力)
私の地域ではこんな感じです、エコいいですね^^;

QCOP15の話し合い(決裂?)

いろんな考えが百花繚乱しておりますが、「CO2と温暖化に正の相関関係があるとしたら」という前提でお聞きします。

Cop15で京都議定書の単純延長ならば、アメリカも中国も削減義務はありません。もしそうなるならば、いっそ日本はCOP15から脱退し、独自の環境路線を歩んでも良いような気がします。

日本は世界の4%しかCO2を排出してませんので、日本の努力は焼け石に水です。COP15内でやっても外でやっても、焼け石に水は変わりません。

ならばいっそ、外で独自にやって世界の手本になるのも良いのではないでしょうか。エゴむき出しの国々(特にアメリカ)には本当にガッカリです。

Aベストアンサー

エゴむき出しなのはお互い様です。
まあ日本のエゴはみんなから潰されるのが常ですが、
それは単に交渉や根回しが下手なだけ。
役人任せで首相や大臣クラスが動かない国なんて
相手されませんよ。

大元の議長国がそれを放り出したら、それこそ日本の発言力なんて
なくなるでしょう。
条約や国際的な取り決めは環境だけではありません。
それらの議長になれなくなれば、日本は経済的に立ち行かなくなるでしょう。
国連を脱退する以上にデメリットがあると思います。
というか、国連を脱退して財政支出を抑えることは考えてもいいと思う。

Q京都議定書の署名国と締約国の違い

京都議定書について調べています。

Wikipediaで、2005年の9月19日の時点の署名国が84カ国、締約国が156カ国とあったのですが、どなたか「署名国」と「締約国」の違いをご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

お尋ねの件、↓のページに解説があります。
http://jccca.org/cop/7/kaisetsu.html#rati

なお、環境省のページに
2006年2月27日現在の署名国・締結国名簿がありました。
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/cop.html

QヒートポンプのCOPについて

1.よくペットボトルの氷柱に扇風機をあててエアコンレスで節電とテレビで言っています。あるいはエコアイスというのがあります。本当に効率がいいのでしょうか?

検索で引っかかったサンヨーの業務用製氷機が250wで25Kg/1日というのから計算すると、
消費電力:250w×3600sec×24hour=21.6MJ

25kgの氷は水温20度の水を-20度まで下げて凍らせたとすると、
熱汲み上げ量:25000cc×(40cal+80cal(凝結熱))×4.2(J/cal)=12.6MJ

COPは12.6MJ/21.6MJ=0.6程度でしかありません。

エコアイスや氷柱よりも素直にCOP4とか5のエアコンで冷やすほうがはるかに効率いいことになります。エコアイスのメリットはピークシフトしかありません(夜間のほうが気温が低いので氷が作りやすいとか別要因はありますが)。

製氷のCOPが低い理由として熱の汲み上げ区間の温度差が大きいので原理的に仕方ありませんね。熱を汲み上げる例として逆カルノーサイクルを見ると圧縮・膨張の温度差(高温Thと低温Tl)が大きいほど効率は落ちます。

家庭用冷蔵庫の製氷やエコアイスのCOPが0.6かどうかは知りませんが、やめたほうが良くないですか?

1.よくペットボトルの氷柱に扇風機をあててエアコンレスで節電とテレビで言っています。あるいはエコアイスというのがあります。本当に効率がいいのでしょうか?

検索で引っかかったサンヨーの業務用製氷機が250wで25Kg/1日というのから計算すると、
消費電力:250w×3600sec×24hour=21.6MJ

25kgの氷は水温20度の水を-20度まで下げて凍らせたとすると、
熱汲み上げ量:25000cc×(40cal+80cal(凝結熱))×4.2(J/cal)=12.6MJ

COPは12.6MJ/21.6MJ=0.6程度でしかありません。

エコアイスや氷柱よりも素直にCOP4と...続きを読む

Aベストアンサー

なかなか難しいですね。

と、いうのは、そのためだけに製氷機を買うならやめた方がいいかもしれませんが、製氷機の電力というのは、製氷そのものだけでなく、製氷した氷が溶けないように低温を維持するために必要な電力も入ります。
同じく、電気冷蔵庫(冷凍庫)も、庫内を低温に保つために必要な電力はどのみち必要なので、このような評価を行うためには、「その氷柱を製氷するために増加した電力」を評価しなければなりません。

また、扇風機+氷柱は、部屋全体を冷やすわけではなく、人に当たる風だけを冷やせばいいわけです。エアコンは、部屋全体を冷やさなければいけませんから、必要な冷却量が桁が1つ2つ変わるかもしれません。

そう考えると、氷柱+扇風機は、さすがにエアコンと比べたら省エネではないかと直感的には感じます。

ただ、疑問に思われたのはたしかにいい着眼だと思います。その着眼点では、「人に当たる風だけを、心地よい温度まで冷やす」ことがもっとも効率的と考えられるからです。そういう機械は確かにあって、「冷風機」とか「スポットクーラー」と呼ばれています。つまり、氷柱+扇風機よりは「スポットクーラー」のほうがずっと効率がいい可能性を示唆しています。

案外、スポットクーラーは省エネグッズかもしれませんね。

なかなか難しいですね。

と、いうのは、そのためだけに製氷機を買うならやめた方がいいかもしれませんが、製氷機の電力というのは、製氷そのものだけでなく、製氷した氷が溶けないように低温を維持するために必要な電力も入ります。
同じく、電気冷蔵庫(冷凍庫)も、庫内を低温に保つために必要な電力はどのみち必要なので、このような評価を行うためには、「その氷柱を製氷するために増加した電力」を評価しなければなりません。

また、扇風機+氷柱は、部屋全体を冷やすわけではなく、人に当たる風だけを冷や...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報