10年前から使っていたスピーカーケーブルを変えたところ
音質が変わってしまいました。特に高価なものを使ったわけでは
なく、逆に安価品でもありません。200円/m のものです。
以前の音に慣れ親しんだせいか元の音のほうが気に入っており、
せっかく購入したのですが使うのをやめてしまおうかと思います。
新しいケーブルは確かに澄んでいるのですが、なんだかパンチ力と
いうか低音が出ないような気がします。
クラシック音楽ではよいのですが、ポップス(女性ボーカル)では
物足りない気がします。

システム構成は、
アンプ:ROTEL RA-870BX
スピーカー:Monitor Audio 800 Gold
以前のケーブル:メーカー忘れましたが、ごく普通のケーブル
新しいケーブル:アコースティック・リサーチ社製
です。

分かる方よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

nimaibaと申します。



スピーカーに限らず、ケーブルによる音の差は私も身を持って体験し、実感しています。

ただ、どのケーブルが自分好みの音を演出してくれるかを前もって見分ける方法は、結論として皆無だと思っています。

店頭での視聴、他人の意見。これらは単なる気休めでほとんどあてになりません(私も参考としては聞きますが)。
一般のオーディオファンにとってのリファレンスとは何か・・・・私は部屋だと思います。
オーディオとは、どんなにテクノロジーが進歩しても、所詮スピーカーによって発せられた空気の振動を全身で感じる物です。
したがって空気の振動の伝わり方まで同じ条件にして視聴しないと、私は意味のないことだと確信しています。
普段聴いている部屋と店頭では条件を一致させることはまず不可能です。

ですからこれはもう適当な物を買ってみて、当たれば良し、外れればまた買って・・・・の繰り返ししかないと思います。
(独身の頃はデッキなんて買って気に食わないとすぐ他人に売って次のを買ってましたっけ・・・・家庭を持った今じゃとてもそんな事できませんが・・・(^^;)

ちなみに私は10年以上、P社の300円/mのケーブルを使いつづけています。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ありがとうございました。
自分に合ったサウンドを求めていくことも、オーディオの
楽しみです。
いろいろ試してみます。

差し支えなければ、長くお使いのP社の300円/mのケーブルが
どのような点で良いのか教えてください。

お礼日時:2001/12/07 23:11

こんにちは、いろいろな意見があり楽しく読ませてもらいました。


確かに、皆さんが言われるように、SPケーブルで音質が変わりますが、ケーブルを変えてばかりではお金がかかりますね。
以下、私の思い込みと思って聞いてください。
最近の高級ケーブルは、データ的には素晴らしく広帯域になった変わりに音は薄味?になったと思います。
もちろん素晴らしい音のするケーブルもあると思いますが、私の聞いた印象です。
それよりも、低価格~2000円/mほどのケーブルでも素晴らしい音のする好みのものがあると思います。
さて、私のケーブル選びですが、たとえば太さ、太いも(芯線の多い物)のを使用すると太い音分厚いがしますが、しつこい音になりがちです。一般家庭で、使用する程度の長さ~10m位なら、あまり太いものは必要ない様に思います。
細いもなら、繊細感はありますが悪くすると、貧弱な音になります。
といった具合に選んでいきます。
硬い線なら硬い音、きちっとした音、柔らかい線なら柔らかい音、ふくよかな音。
被覆の色(被覆に含まれる染料)によっても音は変わります。(線の種類が違っても被覆の色が似ていると、出てくる音が似ている?ので、自分の好きな色を選ぶと良いかも?透明な物なら影響が少ないです。)
おおざっぱに話しましたが、眺めるだけでもかなりの情報が得られます。
こうして話していくと、なんだか見た目で良いもの(自分の趣味に合った)を、選べば良い気がしませんか?色々な御店でケーブルを眺めて、どんな音がするか創造してみる
のも楽しいですよ。
ある程度まで選んだら、後は直感で選ぶか、知り合いの店で視聴できれば良いでしょう。
私の経験では、良い結果でした。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございました。
「どんな音が聴けるか創造する」ことを
考えるのも面白いですね。やってみます。

お礼日時:2001/12/17 19:23

nimaibaです。



>差し支えなければ、長くお使いのP社の300円/mのケーブルが
>どのような点で良いのか教えてください。

なんの事はありません。
P社とはPIONEERです。ケーブルには「OFC STAR CUAD SPEAKER CABLE PIONEER MADE IN JAPAN」と書かれています。青っぽいグレーで直径8ミリくらいの円形断面のケーブルです。たしか300円/mだったと思います(ひょっとしたらもっと高かったかもしれません)。

肝心の音についてですが、ヌケが良くてなかなか爽快な音がします。
※低域のパンチも効いてますよ。
特に何種類も比べたわけではないのですが、試しに買った800円/m(平ぺったいケーブル=メーカー忘れた)よりも音の情報量が豊かでした・・・・(もう10年以上前の事ですが)・・・・。

でも、比べればもっと良いケーブルがあるのでしょうが、限がないのでその時気に入った物を使いつづけているに過ぎません。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

私もぜひ、その「パンチ力の効いた低音域、
ヌケが良くて爽快な音」を聴いてみたいです。

ご紹介いただいたケーブルを見つけましたら
値段もお安いので、買って聴き比べをしてみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/08 23:31

確かにケーブルで音が変わるのは間違いないです。

が、なぜ変わるかは不明です。
高級ケーブルは無酸素銅といって銅の中に不純物(酸素)がない材質のものを使っ
ている物が多いですが、オーディオ(アナログ)で使う周波数帯域はごく普通の
銅線(4N以下)でも十分なはずです。(オカルト的ケーブルが最近は多すぎ)
逆に、私の経験上6Nや7N(最近では8N等ありますが)では音質が硬質にな
り中低域から下が出にくい傾向が多いようです。また高域も綺麗に伸びず詰まっ
た感じにさえなります(表現によっては中高域が出すぎるともいえます)。それ
を解像度が良くなったとか音がハッキリして良いなどと表現する評論家もたくさ
んいるようです。

いろいろと私もケーブル探しに苦労しました。が、やっとお気に入りを見つけだ
す事が出来ました。そのケーブルは

「MITSUBOSHI社」製の“スターソフト”(切り売り)

というケーブルです。オーディオ用ではありません。
これは工業用の電源ケーブルで使われているようで名前の通り柔らかいです。
音質は歪み感が少なく、音の伸びもよく、かつ芯がきちんとでます。もちろん
お使いのアンプによっては印象が多少違うかもしれませんが値段が安いのでぜ
ひお試しください。問題はどこで売っているかですが、秋葉原などでも時たま
見ますし、東急ハンズでも売っていました。ちなみにOFCでもPCOCCでもLCOFC
でもなく普通の銅線です。

ケーブルとは話がそれますが、低域の出方は多少スピーカーの置き方を変える
と改善されるときもあります。台を変えたり、壁に近づけたり(離したり)
しても良いかもしれませんね。スピーカーの間隔を変えても効果あります。

参考URL:http://www.kk-mitsuboshi.co.jp/
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました。
確かに以前に比べて中高域が出すぎているといえます。
もっと「太い」音が好みなんですが。
ケーブル以外の置き場所変更なども実験してみます。

お礼日時:2001/12/17 19:29

#2さんがいうように


>ケーブルの性能が向上して中高音域がクリヤーになったために
 中音域や低音域が相対的に音量不足と感じているのだと思います。
その他に考え得る原因として
ケーブルを繋ぎ直したことで、端子に溜まっていたゴミが取れた
つまりクリーニング効果があったということ(結構、よくあることです)。
いずれにせよ、音の鮮度が上がったことで
相対的に音の「線が細くなった」ように聞こえているんだと思います。

さて、ケーブルで音の「線を太くする」のは結構大変です。
ケーブルは普通「銅 」線ですが
ある程度の値段までは、値段をあげる程「銅」の純度が高くなり
伝導率が良くなる、いわゆるHi-Fi調になります。
聴感上では、音の濁りがとれてキレイになる一方
相対的にはその音を華奢に感じることもある筈です。

さて、今後どんなケーブルを選ぶか?ですが
雑誌とかで評判を調べるしかないでしょうね・・・
一般には以下のようなことが言えると思います。
まず、上にあげた高純度を謳っているもの。
800円/m以上になれば、グレードアップ感はあると思います。
次に、高純度を謳っているわけではないのに高価なケーブル群があります。
高いですけどね・・・
ひとつは素材が違う場合、代表的なのは「銀」線。
これは高純度の銅よりも音がアナログ調で好まれる方が多いです。
もうひとつは、太いヤツ。これは見た目通りに音も太くなる場合が結構多いです。
最後に、構造などにハイテクが使われているヤツ。

個人的には日本の大メーカーのケーブルはHi-Fi志向ですから
この場合は避けた方がいいかと思います。
    • good
    • 2

そうなんですよね。

視聴が難しいんですよね。
最低でもアンプとスピーカーは持っているものと同じ物で
ケーブルをいろいろ変えて、視聴できるお店って少ないと
思います。値段も他の音楽機器に比べて安いものですから
お店側も面倒でしょうね。

以下で薦めたページで、所有機器と、求めたい音を書いて
アドバイスを求めれば、具体的なアドバイスをいただけると
思いますよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

ケーブルを購入したのは、カメラやパソコンで
良くお世話になるヨドバシカメラ錦糸町店ですが、
お店の方に質問したところ、視聴は難しいようでした。

どうすれば良いかについては、「買っては聞く」といった
試行錯誤を繰り返すほか、自分の耳に合わせることはできない
ようです。

お礼日時:2001/12/07 23:06

ケーブルによって周波数帯における伝送特性の違いが現れたのだと思います。


ケーブルと音質の関係は何十年も前から試行錯誤が重ねられ、私も自作したりしていろいろ試しました。
ケーブルの性能が向上して中高音域がクリヤーになったために、中音域や低音域が相対的に音量不足と感じているのだと思います。
恐らくシステムの音質としては現在の方がグレードが高いと思いますので、しばらく聞き込んでみてください。
しばらく聞き込んでも気に入らないのであれば、好みの問題ですので元に戻すことも一向に問題ありません。
良質なケーブルが必ずしも自分の耳にあっているとは限らないからです。
しかし、良質と定評のある音を聞き込むことはリスナーの耳を鍛えますので永い目で見ればメリットがあります。
専門誌の情報に関心を払い、評論家の意見を総合して予算の範囲で選択するしか方法がありません。
web上の情報交換掲示板を活用するのもよい方法だとは思います。
自分の意に反しない範囲で、良質と定評のある音になれ親しんで行く事が、聞き分けのできる耳を育てる良い選択だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ケーブルを変更して2日目。もう一度じっくり聞いてみました。
やはり、新しいほうがクリアーな気が(錯覚?)してきました。
今回を機に、もっと関心を持つようにしたいと思います。
※複数のケーブルをワンタッチで切り替えできるような装置が
あるともっと楽しめそうですね。繋ぎかえるのが面倒なので。

お礼日時:2001/12/07 23:00

ケーブルかえると、音は確実に変わります。


ここ数年、ケーブルを変えるのがはやっております。
電源ケーブルや、アンプとCDプレイヤーをつなぐケーブルなども
変えると音が変わります。

どういうケーブルがいいかは、好みと、予算によって結構変わりますし、
機器との相性もあるのでアドバイスしにくいです。

本屋さんで、たとえば最近出たFMfanの別冊で、ケーブル特集
していますし、またhttp://audiofan.net/の掲示板なども参考になると
思います。
http://www.homav.com/なども参考になるかもしれません。

参考URL:http://audiofan.net/

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。オーディオマニアの間
ではケーブルを変えることが流行っているんですね。

ところで、予算はともかく、好みについては
どのように自分の好みに合わせていくんでしょうか?
スピーカーを購入するときは納得するまで視聴すること
はできましたが、ケーブル選択ではできそうにも
ありません。
お金を出して買っては試し、こつこつとやっていくしか
ないのでしょうか?

お願いします。

補足日時:2001/12/07 06:21
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスピーカーの自作に役立つHP、本を教えて!!

みなさん、はじめまして!!

初めてのスピーカーの自作を考えています。
とりあえずユニットはEVの209-8Aで組もうと考えています。
初めてのスピーカー自作ということで知識が全くないため、初心者向けにスピーカー自作を解説したHP、本を教えてください!!

あと、『初めての時は、ここらへんは注意しといたら!』みたいなアドバイスも大歓迎です♪
どうぞ、よろしくお願いします☆

Aベストアンサー

> 初心者でも扱いやすくて、値段もお手ごろのユニットを教えて頂けませんでしょうか?

なるほど、もうすでにFF85kによる自作スピーカーを使われているんですね。スピーカー工作初心者にはそういった小口径のフルレンジを奨めるのが常套句なんですが、既にお使いなのですから同じようなものを作っても仕方がないですね。

大型スピーカーの厚み/深み/迫力といったものは大型スピーカーならではのものです。代替えは効きません。フルレンジ20cm一発で全帯域を補うのは厳しく、中域や高域が犠牲になります。ここはひとつ、一挙にマルチウェイにチャレンジすることをお勧めします。ハードルの低いものから順にご紹介しますね。

(1)
http://www.ritlab.jp/shop/news/20060606.html

これは半完成のいわゆる「キット」です。説明書通りに組み立てれば完成します。箱の設計からネットワークまで他人がやってくれたもの。=出来合いですので「自作の醍醐味」は無いですが性能は確実です。あなたがサラから設計/制作したとしても、決してこの値段では収まらないでしょう。そういうコストパフォーマンスという意味では最高です。
私は麻布の回し者ではありませんが、ここのエンジニア関係者と話をしてみると、妥当な人格/技術力を持っていることはすぐに分かります。信頼できますよ。
最初はこうしたキットから始められるのもいいでしょう。基本的にスピーカーに必要な要素を理解することができます。

(2)
ネットワークは難しいし荷が重いなーという事でしたら…
中古でJBL LE-8Tを入手し、50L程度のバスレフ箱に収めてください。ただし入手困難ですしかなり高価です。

(3)
国内で入手できるドライバーを使い、思い切ってマルチウェイを作ってみませんか? 難しいですが、No6さんも書かれていますが難しい分本当に楽しいですよ。ぜひこの趣味へ。
http://www.ritlab.jp/shop/product/speaker/morel.html
の[morel] MDT30S
 +
http://www.ritlab.jp/shop/product/speaker/usheraudio.html
の[UsherAudio] 8945A
で2wayを組んでみる。ネットワークや箱など、全然分からないと思いますが別途ご相談に乗ることはできます。箱の設計しだいでは恐ろしいまでのワイドレンジも狙えます。

(4)
思い切ってドライバは海外から個人輸入しませんか? 私はほとんど国内で買う事はありません。その方が安いからというのが理由です。
http://www.madisound.com/
http://www.partsexpress.com/webpage.cfm?WebPage_ID=30
http://www.zalytron.com/

未曾有にドライバーが転がっていますが、直感的にピンとくるドライバーを選択しても良いでしょう。最初は6~8インチの2wayから始められることをお勧めします。
T/Sパラメータの見方がわからないと選択しにくいかも知れませんが。

ドライバーの選択。箱の設計。ネットワークの設計。…これらは難しそうに感じられるかも知れませんが今はPCがあるので結構かんたんですよ。別途ご相談に乗れると思います。

> 初心者でも扱いやすくて、値段もお手ごろのユニットを教えて頂けませんでしょうか?

なるほど、もうすでにFF85kによる自作スピーカーを使われているんですね。スピーカー工作初心者にはそういった小口径のフルレンジを奨めるのが常套句なんですが、既にお使いなのですから同じようなものを作っても仕方がないですね。

大型スピーカーの厚み/深み/迫力といったものは大型スピーカーならではのものです。代替えは効きません。フルレンジ20cm一発で全帯域を補うのは厳しく、中域や高域が犠牲になります。ここ...続きを読む

Qスピーカーケーブルとピンケーブル

オーディオにスピーカーケーブルを使用しているスピーカーを接続したいのですが、オーディオの出力端子にはピンケーブル用の端子しかありません...。どうしてもそのスピーカーを繋げたいのですが何か良い方法はありませんか?

Aベストアンサー

手軽に接続できるスピーカーコードが発売されています。

参考URL
RK-S30
http://www.ecat.sony.co.jp/avacc/cord/acc/index.cfm?PD=1768&KM=RK-S30

参考URL:http://www.ecat.sony.co.jp/avacc/cord/acc/index.cfm?PD=1768&KM=RK-S30

Qスピーカースタンドの自作の方法について。

スピーカースタンドの自作の方法について。
型番?などは忘れましたが、ホームシアターセットを持っています。リスニングポジション?は高さ1mほどです。
ひとつにつきスピーカーのサイズはだいたい正方形で10cmぐらいで重さは0,5kgぐらいです。
スピーカースタンドの形は下に四角の板があって支柱が一本でその上に四角の板があるかんじのポピュラーかと思いますが、そういうスピーカースタンドを自作したいのです。
そこで、サイズなのですが、私の持ってるスピーカーだと下の四角の板は縦、横、厚さはどのくらいがいいでしょうか?あと支柱とその上の四角の板と。それと、木ネジ?の太さとかはどのくらいがいいでしょうか?あと、センタースピーカーのスタンドの自作ですが、センタースピーカーは少し上に角度をむけたいのですが、どういう作り方をすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

>> 私の持ってるスピーカーだと下の四角の板は縦、横、厚さはどのくらいがいいでしょうか?あと支柱とその上の四角の板と。 //

スタンドの高さを90cmと仮定すると、その上に500mlのペットボトルが1本載っているようなものなので、底板は小さくても20cm四方くらいはないと安定しないでしょう(それでもカーペットや畳の上だと簡単に倒れるでしょう)。もしくは、10cm四方くらいにして、鉄アレイでも載せて抑え込むか、です。

板の厚さは、ふつうに考えて最低15mmくらいでしょう。底板は2枚重ねにして剛性を確保しても良いでしょう。

支柱は、1本の木材だとほぼ確実に撓ったり反ったりするので、細長く切った板を口の字型に組み合わせるべきです。中によく乾燥させた砂利を詰めると、重量を稼げます。ただし、特に長さ方向の加工精度が要求され、1mmでも狂っていると天板が傾き、剛性も落ちます。ホームセンターにあるパネルソーの加工精度は、良くて1mm前後、悪いと3mmくらいの狂いが出るので、微調整が必須です。

>> それと、木ネジ?の太さとかはどのくらいがいいでしょうか? //

木工用ボンドで接着するだけでも十分な強度が出せます。不安なら、釘で固定するだけでもかなり違います。釘は、細めのものでも構いません(接着剤が固まるまでの仮止めだから)。木ネジを使う場合の太さ・長さの目安は、厚さ方向の2~3倍の長さ、1/3以下の太さ、くらいです。

つまり、天板の厚さが15mmならその2~3倍で30mm~45mm前後の長さが必要です。対して、口の字型に組んだ支柱も厚さが15mmなので、太さは1/3以下つまり5mm以下に抑えないと、板が割れる原因になります。

なお、釘も木ネジも下穴が必要になります。キリでも構いませんが、集成材のように場所によって密度の違う木材を使うと先端が柔らかい方へ逃げていくので、ドリルの方が望ましいです。

>> センタースピーカーは少し上に角度をむけたいのですが、どういう作り方をすればいいでしょうか? //

天板の前の辺に適当な厚みの角材(割り箸でも良いかも)を貼付ければ良いでしょう。角度が急でスピーカーが後ろに倒れそうなら、後ろを支える支柱を別に立てる必要があるでしょう。

その辺りは創意工夫というか、自分でいろいろ考えて、トライ&エラーで作っていくのが自作の良さなので、現物合わせでやることになります。逆に、自分でアイデアを出せないなら、自作は諦めて既製品を買うか、専門の業者に依頼して作ってもらうか、しかないでしょう。

>> 私の持ってるスピーカーだと下の四角の板は縦、横、厚さはどのくらいがいいでしょうか?あと支柱とその上の四角の板と。 //

スタンドの高さを90cmと仮定すると、その上に500mlのペットボトルが1本載っているようなものなので、底板は小さくても20cm四方くらいはないと安定しないでしょう(それでもカーペットや畳の上だと簡単に倒れるでしょう)。もしくは、10cm四方くらいにして、鉄アレイでも載せて抑え込むか、です。

板の厚さは、ふつうに考えて最低15mmくらいでしょう。底板は2枚重ねにして剛性を確保し...続きを読む

Qスピーカーケーブルとスピーカーの接続について

スピーカーケーブルとスピーカーの接続について
質問させて頂きます。

現在、スピーカーケーブルの先端をYラグで
スピーカーと接続しているのですが
Yラグの内径がスピーカー端子に比べ多少大きいためか
見た目にイマイチしっくりきません。

スピーカー端子をきつめに締めましたので
なんとかYラグを固定できていますが
端子とYラグの接触面積があまり大きくない気がします。
音は問題なく出ているような気がしますが・・・^^;

そこで質問なのですがスピーカー端子とYラグは
内径等を考慮に入れしっかりと接続しないといけないのでしょうか?
それとも、それほどこだわる必要はなく接続ができれば良いのであって
端子とYラグの接触面積による音質の変化はないのでしょうか?

問題がなければ飽くまで見た目だけの問題と
割り切れますのでお詳しい方がいましたら
ご返答の程どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

オ-ダ-でもしない限り、ぴったりなYラグなんてありませんから
気にしないことですね。

音は厳密には変化してるはずですが、人間には判別不能です。

触るとすぐに外れるようでは拙いですが、そうでなければ大丈夫です

Q自作スピーカーのユニットの取り付けについて

スピーカー自作の場合でSPユニットをボックスに取り付けるときは一般的に木ねじですが、メーカー製スピーカーは六角ねじで取り付けてあります。自作する場合ではメーカー製のスピーカーのように六角ねじで固定することはできないのでしょうか?

Aベストアンサー

「六角穴付きボルト(キャップスクリュー)」ですね。受け手側は「鬼目ナット」か「爪付きナット」と呼ばれる部品を使います。

爪付きナットの場合、下穴はタダの直通穴でよく、多少ガバガバでも(むしろその方が)構わないので、施工は簡単です。もっとも、ドライバ取付穴の内側は「風通し」を良くするためにテーパーを付けた方が良いので、爪が上手く引っかからないとか、平面で支えられないとかの問題が起こりがちです。

鬼目ナットは、下穴に「ナットの外側に付いている螺旋状の突起」を噛ませる必要があるので、下穴のサイズがけっこうシビアな上に、正確に直角が出ていないとボルトが斜めに入ってしまうので、あまりお勧めしません。

一方で、そこまで苦労して音質面でメリットがあるかと言えば、あまりないでしょう。メーカーで多く使われているのは、大量生産に向いているからだと思われます。穴あけは機械加工なので正確に垂直が出せ、ボルト止めの際に電動工具が使えるようになるので、生産効率が良くなります。

まあ、ドライバを日常的に付け外しするようなら、ボルトの方がネジ山が長持ちはしますが、ドライバを付けたり外したりするということ自体が変なので、ボルトにこだわる意味はないでしょう(内部を調整する必要があるなら、むしろ背面を開けられるようにした方が作業性が良いです)。

ということで、メーカーは生産効率の都合で採用しているけれど、個人の一品制作では意味がないので、普通に木ネジで止めておけば何も問題ない、と思います。

「六角穴付きボルト(キャップスクリュー)」ですね。受け手側は「鬼目ナット」か「爪付きナット」と呼ばれる部品を使います。

爪付きナットの場合、下穴はタダの直通穴でよく、多少ガバガバでも(むしろその方が)構わないので、施工は簡単です。もっとも、ドライバ取付穴の内側は「風通し」を良くするためにテーパーを付けた方が良いので、爪が上手く引っかからないとか、平面で支えられないとかの問題が起こりがちです。

鬼目ナットは、下穴に「ナットの外側に付いている螺旋状の突起」を噛ませる必要がある...続きを読む

Qスピーカーケーブルでギター用のケーブルを作りたい

自作でギター用のケーブルを作ろうとしています。
そこで質問なのですがシールドがないスピーカーケーブルをギターで使うモノラルフォンケーブルに使用することはできるのでしょうか?

私が考えるにその場合ノイズの混入を防ぐためにアルミホイルをゴムの上にまけばいいのではないかと思っているのですが。

Aベストアンサー

電気的に繋がれば音は出せます。

ただし、
スピーカーのインピーダンスは1桁の数オーム
ギターピックアップコイルのインピーダンスは5桁の数十キロオーム
ですので、スピーカーケーブルをギターケーブルに使って同じ傾向の音は期待できません。
また、耳に聞こえるノイズは20kHz以下の低周波です。アルミシールドは電波のような高周波をシールドするには期待できますが、可聴域の低周波は電波ではなく磁力線ですので、鉄線網シールドが最も効果があります。
シールドに寄らなくてもノイズを軽減する方法はいくつか有り、素人工作ではうまくできませんが実際に配線材製品に使われています。

理論はさておき、ギターの音響界は理論を引っ込めて無茶苦茶をやる世界です。自己責任で無茶をやって結果が良ければOKなのです。
そうやってオーバードライブとかファズ、フィードバック奏法といったものを開発し定着してきたのです。
他人に相談してみたところで、理に叶った回答しか得られません。
やったら死ぬとか火事になるとかという危険なものではありませんので、やって結果を判断すればよろしいと思います。運良く思わぬ効果が得られて商品化できるかもしれません。

電気的に繋がれば音は出せます。

ただし、
スピーカーのインピーダンスは1桁の数オーム
ギターピックアップコイルのインピーダンスは5桁の数十キロオーム
ですので、スピーカーケーブルをギターケーブルに使って同じ傾向の音は期待できません。
また、耳に聞こえるノイズは20kHz以下の低周波です。アルミシールドは電波のような高周波をシールドするには期待できますが、可聴域の低周波は電波ではなく磁力線ですので、鉄線網シールドが最も効果があります。
シールドに寄らなくてもノイズを軽減する方法はいく...続きを読む

Q自作スピーカーのスピーカーグリルの調達は

ここ数年、オーディオスピーカーの自作に凝っています。ただ悩みの種はスピーカーグリル。Fostexの製品なら純正グリルが別売で手に入るのですがその他のメーカーは純正製品はありません。自作派の皆さんはスピーカーグリルをどうやって作っているか知りたいのですが…。本格的な製作方法は勿論、思いもしなかった日用品をスピーカーグリルに転用しているなどのユニークな方法も含めて教えて下さい。尚、この質問はあくまでもスピーカーグリルについての質問でサランネットなどのスピーカーネットのことではありません。

Aベストアンサー

低予算で、10インチ以上なら下記のグリルを加工して使ってます。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=571^10GRILL^^
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=571^18GRILL^^
他12.15インチ有り。

Qスピーカーケーブル(モンスターケーブルTHX-SPとベルデン 8471)の違い

知り合いから以下のスピーカーケーブルのどちらか好きなほうを1本(8m)もらえそうなんですが・・・

グレード的にどちらの方が上なんでしょうか?
また特性など違うのでしょうか?(例えば音が柔らかくなるのは○○の方とか)
ちなみJ-POPくらいしか聴きません。

モンスターケーブルTHX-SP
ベルデン 8471

どんな情報でもいいので教えてもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

前者が凄い派手な音で、迫力とか緊張感とかが凄いよ。
後者はまるまってて、耳障りがいいよ。
グレードは前者が神、後者がゴミ。

Qスピーカーの自作・・・

PC用の小型スピーカーじゃ物足りなくなってきたので
スピーカーを作りたいと思っているんですが・・・

自作スピーカーの場合、別途アンプを購入して
接続しないといけないのでしょうか??

初心者ですので何もわかりません・・・
回答おねがいします。

Aベストアンサー

NO.1の方へ
スピーカーを自作すると言ってもそんな1から作るわけではありません。
秋葉原などには単体のスピーカーユニットが数多く展示、販売されており、
その中より自分の気に入ったスピーカーユニットを買い、また箱を設計して木材を切り、組み立てます。

マルチウェイ(スピーカーを複数設置し、
高域用と低域用などに分けるもの)にしますと、
スピーカーネットワークも必要になります。
http://www9.wind.ne.jp/fujin/diy/denki/audio/speaker(netwok)r.htm

ネットで"スピーカー 自作"と検索すると非常に多くのページが
ヒットします。

参考URL:http://ww51.tiki.ne.jp/~shigefumi/audio/sp/sptop.htm

Q4芯SPケーブルで2つのスピーカーを鳴らしたい(車載スピーカー)

チャンネルデバイダー/マルチアンプを使用することなく、1つの出力に4芯SPケーブルを接続して、バイワイヤリング的に2つのスピーカーを同時に鳴らしたいのですが以下の方法で問題ないでしょうか?
またAのスピーカーにアッテネーターを挟めば多少の音量調整は可能になりますでしょうか?

装着位置等:
A.ダッシュボード上(音場補正目的)
  AURA SUND 8cmフルレンジ(4Ω86dB)
B.フロントドア(メインスピーカー)
  BEYMA 13cmコアキシャル(4Ω90dB)
Aは上向き設置です。フロントガラスに輻射するため補正目的で使用します。
補正用ということもありあえてAとBの能力差(音量差)のあるスピーカーを用意しました。

結線方法:
1.ヘッドユニット→4芯SPケーブル
2.4芯のうち1系統をAスピーカーに接続
3.残る1系統をBスピーカーに接続

意図:
古欧州車をリフレッシュしながら使っています。自前で作業しますのでマウント/インストールに際しては補修改造を最小限に押さえます。
ドア・スピーカーの位置がダッシュボードとほぼ同じ高さなので、あえてセパレートスピーカーを使用せずコアキシャル+音場補正を想定しました。
ヘッドユニットは4chアウトの純正(アルパインのOEM)です。そのうちフロント出力を使いAとBのスピーカーで仮想3Wayとして鳴らしたいと考えています。すでにリア出力はクロスオーバーを介して2WAY+サブウーハーで使用していますのでフロント出力しか使えません。

インピーダンス等、電気系知識が乏しいので、
詳しい方にご教授いただければと思います。
アドバイス宜しくお願いいたします。

チャンネルデバイダー/マルチアンプを使用することなく、1つの出力に4芯SPケーブルを接続して、バイワイヤリング的に2つのスピーカーを同時に鳴らしたいのですが以下の方法で問題ないでしょうか?
またAのスピーカーにアッテネーターを挟めば多少の音量調整は可能になりますでしょうか?

装着位置等:
A.ダッシュボード上(音場補正目的)
  AURA SUND 8cmフルレンジ(4Ω86dB)
B.フロントドア(メインスピーカー)
  BEYMA 13cmコアキシャル(4Ω90dB)
Aは上向き設置です。フロントガラスに...続きを読む

Aベストアンサー

Front Channnelに二系統のSPが接続され、各々が4ohmsなのでAMPにとっては2ohmsの負荷になります。
通常Car Stereoは4ohmsが定格となっていますので、それを下回る負荷となり、発熱が増え保護回路が動作し音が切れると言う事態になります。
据え置き(家庭用)であれば、筐体が大きく放熱が出来ますので無理させれば実用になることも考えられますが、小さな筐体にAMPを4個搭載しているCar Stereoでは、2ohmsの負荷は避けるべきと考えます。
また、ダッシュボードとドアのスピーカーに一本の4芯を2芯ずつ割り当てるとなりますと、行き先が離れておりますので4心ケーブルの場合、長い距離シースを剥いで4本撚りを全て解き2本ずつと言うことになりますので、ケーブル本来の音質は保証できません。
各々のSPにケーブルを接続し、Car Stereoに接続するところで、ダッシュ、ドアの配線を合わせて接続しなければなりません。ただし、二つのSPのインピーダンスが8ohmsであることが条件です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング