円錐台の普通(僕は中学生です)の求め方は引き算で大きい円錐と小さい円錐を想定して相似から高さを求めてやりますよね。

でも、円錐台の求め方で(上底*上底+下底*下底+上底*下底)*高さ*π*1/3
という式を小学生のときに塾で習いました。そのときはまだ証明は無理。理解できんやろ。と言われ、中3やったらわかるかなぁ?といわれました。

ということで今さっき急に知りたくなってしまいました。

証明方法できるだけ細かめに教えていただけたらうれしいです。

理解できる範囲は一応ベクトル、微積分、三角関数などの普通の分野は習得(?)しております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一部,分数式や3次式の因数分解が出てきて中3数学の範囲をこえますが,だいぶ先まで進んでいるようなので,使わせてもらいます。



上底をs,下底をr,円錐台の高さをh,大きい円錐から小さい円錐を切り取ったと考えた時の,その切り取り部分の高さをkとします。
すると,(かけざんを*,累乗は^で表します)

求める体積V=1/3 * πr^2 * (h+k) - 1/3 * πs^2 * k …(1)

ここで,相似の関係から r-s : s = h * k
すなわち
k=sh/(r-s) …(2)

(2)を(1)に代入してkを消去する。
(途中の細かい計算は省きます。ご自分でお試しください。なお,1/(r-s)でくくるという操作が入ります)
V=1/3 * πh/(r-s) * (r^3-s^3)
ここで,因数分解の公式より r^3 - s^3=(r-s)(r^2 + rs - s^2)となるので,結局
V=1/3 * πh(r^2 + rs + s^2)
(証明終わり)

それにしてもそんな公式を小学生に教える塾って…近ごろの塾は恐ろしい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おぉ簡単に説明をまとめていただき有難う御座います。
すぐに理解できました。
まだ実際は細かいところの式はやってないのですが、数式のこれぐらいのレヴェルなら解けると思いますし。

受験専門の塾に行ってました。先生も必死だったんですね。

お礼日時:2001/12/07 01:38

 


  上底と呼んでいるものをa、下底と呼んでいるものをbとし、円錐台の高さをh、bを底面半径とする円錐の高さをHとします。
 
  円錐台の体積は、(1/3)π(b^2・H - a^2・(H-h))   式1)
  となります。これはいいですか?
 
  一方、底がb、高さはHの直角三角形を描いて、その途中にaの長さの線を引き、底からこのaまでの高さをhとします。これは円錐台の切った上の円錐も含めての断面図です。
 
  この時、次のような関係が成立します:
  h/(b-a)=H/b
  従って、
  H=bh/(b-a) です。               式2)
 
  式2)を式1)に代入して、Hを消します。
  (b^2・H - a^2・(H-h)) の部分だけ考えます。 式1a)
  変形すると、
  b^2・H - a^2・H + a^2・h
  = (b^2 - a^2)・H + a^2・h         式3)
  式3)に式1a)を代入して整理すると:
  = (b + a)・bh + a^2・h
  = (b^2 + a^2 + ab)・h
 
  元の式1)にあった、 (1/3)πをかけて元に戻すと:
  (b^2 + a^2 + ab)・(1/3)πh
  これで証明されているでしょう。
 
  b^2-a^2=(b+a)(b-a) という因数分解を使っているのです。
  それと、三角形の相似関係
 

この回答への補足

なぜか理解が出来ません。記号の置き換えがひどく多いため混乱してしまいます。
もういちど自分で書き直して証明してみます。

補足日時:2001/12/07 01:27
    • good
    • 0

この台の高さを高さと呼びます。



小さい方の円錐の高さをxとおくと
上底:下底=x:x+高さ
下底x=上底(x+高さ)
x(下底ー上底)=上底*高さ
x=上底*高さ/(下底ー上底)

大きい方の円錐の高さは、x+高さより
下底*高さ/(下底ー上底)

大きい円錐の体積は
下底*下底*π*1/3*高さ*下底/(下底ー上底)
小さい円錐の体積は
上底*上底*π*1/3*高さ*上底/(下底ー上底)
大きい円錐ー小さい円錐を計算してみると、
π*1/3*高さ*(下底^3ー上底^3)/(下底ー上底)
ここで、因数分解をすると、
π*1/3*高さ*(下底ー上底)(下底^2+上底^2+下底*上底)/(下底ー上底)
よって(上底*上底+下底*下底+上底*下底)*高さ*π*1/3

ずいぶん面白い公式ですね♪頑張って考えちゃいました。

この回答への補足

まず、円錐台の高さを「高さ」と設定するんですね。ちょっとわかりにくいかも・・・
そして、上の小さい円錐(想定した)の高さをxとおくと。ここまではいいんですが、下底*高さ/(下底ー上底)は何を意味しているのでしょうか?大きいほうの円錐の高さでいいのでしょうか?

たしかにこれは中3にならないとわからないわけですね。

考えてみると本当におもしろい式ですね。

補足日時:2001/12/07 01:09
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q円錐台の求め方の式の証明がわからない

円錐台の普通(僕は中学生です)の求め方は引き算で大きい円錐と小さい円錐を想定して相似から高さを求めてやりますよね。

でも、円錐台の求め方で(上底*上底+下底*下底+上底*下底)*高さ*π*1/3
という式を小学生のときに塾で習いました。そのときはまだ証明は無理。理解できんやろ。と言われ、中3やったらわかるかなぁ?といわれました。

ということで今さっき急に知りたくなってしまいました。

証明方法できるだけ細かめに教えていただけたらうれしいです。

理解できる範囲は一応ベクトル、微積分、三角関数などの普通の分野は習得(?)しております。

Aベストアンサー

一部,分数式や3次式の因数分解が出てきて中3数学の範囲をこえますが,だいぶ先まで進んでいるようなので,使わせてもらいます。

上底をs,下底をr,円錐台の高さをh,大きい円錐から小さい円錐を切り取ったと考えた時の,その切り取り部分の高さをkとします。
すると,(かけざんを*,累乗は^で表します)

求める体積V=1/3 * πr^2 * (h+k) - 1/3 * πs^2 * k …(1)

ここで,相似の関係から r-s : s = h * k
すなわち
k=sh/(r-s) …(2)

(2)を(1)に代入してkを消去する。
(途中の細かい計算は省きます。ご自分でお試しください。なお,1/(r-s)でくくるという操作が入ります)
V=1/3 * πh/(r-s) * (r^3-s^3)
ここで,因数分解の公式より r^3 - s^3=(r-s)(r^2 + rs - s^2)となるので,結局
V=1/3 * πh(r^2 + rs + s^2)
(証明終わり)

それにしてもそんな公式を小学生に教える塾って…近ごろの塾は恐ろしい。

一部,分数式や3次式の因数分解が出てきて中3数学の範囲をこえますが,だいぶ先まで進んでいるようなので,使わせてもらいます。

上底をs,下底をr,円錐台の高さをh,大きい円錐から小さい円錐を切り取ったと考えた時の,その切り取り部分の高さをkとします。
すると,(かけざんを*,累乗は^で表します)

求める体積V=1/3 * πr^2 * (h+k) - 1/3 * πs^2 * k …(1)

ここで,相似の関係から r-s : s = h * k
すなわち
k=sh/(r-s) …(2)

(2)を(1)に代入してkを消去する。
(途中の細かい計算は省き...続きを読む

Q円錐を底辺に平行な2つの平面P,Qで切断し、高さの等しい円錐Aと円錐台

円錐を底辺に平行な2つの平面P,Qで切断し、高さの等しい円錐Aと円錐台B,Cに分けた。このときBの体積が21cm3であったとすると、Cの体積はいくらか。

解説↓
円錐Aを基準とすると、円錐A+円錐台Bの高さは2倍で底面積は4倍となる。体積は、円錐A:円錐A+円錐台B=1:8となる。円錐Aの体積をxとすると、1:8=x:(x+21)となり、x=3となり、円錐Aの面積は3である。円錐Aを基準とすると、円錐A+円錐台B+円錐台C=1:27となる。円錐台Cの体積をxとすると、1:27=3:(3+1+x)となり、x=57となる。

解説で「円錐A+円錐台Bの高さは2倍で底面積は4倍となる」とあります。相似比を2乗すると面積比なるはずですが、どうして底面積だけ4倍なのでしょうか?円錐A+円錐台Bの面積比が4倍になるではダメなのでしょうか?
どなたか解説お願いします。

Aベストアンサー

>相似比を2乗すると面積比なるはずですが、どうして底面積だけ4倍なのでしょうか?

底面だけ比べても相似だからです。(側面積も同様に4倍です。)

>円錐A+円錐台Bの面積比が4倍になるではダメなのでしょうか?

高さと底面積から体積を求めるので、底面積だけについて述べた方がいいでしょう。

Q側面積の求め方の公式

側面積の求め方の公式はありますか?
あったら教えてください。

Aベストアンサー

何の側面積ですか?

Q湖の水面の高さの変動と微積分の概念の理解への応用

ある湖に流れ込む水量と流出する水量の差として湖の水面の高さあるいは保持している水量を考えて微積分の概念の理解へ応用できないでしょうか。無限に小さいという概念が理解できない自分にとっての希望なのですが、無理でしょうか。ニュートンが流量というような言葉を使っていたという話を聞いたからでもあります。

Aベストアンサー

無限小はゼロではない。ライプニッツによるところの『無限小量は「0 ではない、かつ限りなく 0 に近い微小な量」』
 これを理解するには、「アキレスと亀」や「飛んでいる矢は止まっている」というゼノンのパラドックス( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9 )を理解することが早道でしょうね。
 いわゆるdxですが、断面が長方形で現される直方体の水槽の水深と水量の関係は時間の関数で表されますが、断面が放物線や半円であらわされる樋状の水深と水量の関係を考えるときは、この微積分の考え方を取り入れると容易に計算できますね。

 こういうときには、微分の発明当時(数学史)に立ち返るのが本当は良いのです。
 ニュートンが、物体にかかる重力と速度の関係を導き出したように・・

Q円錐台:下底、角度、高さからの上底の求め方

円錐台:下底、角度、高さからの上底の求め方を教えてください。

下底:300
内側の角度75°(垂直から15°傾いている)
高さ:5

です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

真横から見て台形として考えればよいのでは?

300-2×5×tan75°
=262.68

Q数学の質問です。体積が最大になる時の円錐の高さを求めたいです。

微分の教科書を使って勉強をしていると、次のような練習問題がありまして、頭を悩ませております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
問題:
図(添付画像)の直円錐で、頂点Oから底面の円周上の点Aまでの
長さaが一定であるとき、その体積が最大になる場合の高さを
求めよ。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

答えは「(√3/3)a」らしいです。
円錐の体積の面積は、「1/3×(底面積)×(高さ)」なので、この公式を用いれば、半径をrとすると、

直径の面積×π×h×1/3
=(2πr/3)h

となるのですが・・・解答には"r"や"h"が出てきていないので、全部aを使って表すことができるということなのでしょうか?
どうすれば体積を最大にする高さを求められるのかご教授いただきたいです(>_<)
よろしくお願いします<m(__)m>

Aベストアンサー

 高さが h であるから、底面の半径は √(a^2 - h^2) となります。

 円錐の体積は (1/3)底面積×高さ ですから、

 V=(1/3)π(a^2 - h^2)h
  =(1/3)πa^2h - (1/3)πh^3

 体積 V が h の関数で表されるので、0<h<a の範囲で V が最大になる h を求めればいいことになります。

 V を h で微分すると (1/3)a^2 - h^2 となり、これが 0 になるのは ±(√(1/3))a でここが極値になります。あとは、hの範囲 0<h<a とか、h=0 と h=a で V が 0 になることとか、V の増減を確認すれば、

>答えは「(√3/3)a」らしいです。

にたどり着けますよ。

Q円錐の側面積の求め方を教えて下さい。

円錐の側面積の求め方を教えて下さい。

わかっているのは、
中心角・・・・・・・120°
底面の半径・・・・・6cm
扇形の孤の長さ・・・12πcm
母線の長さ・・・・・18cm
です。

そして、答えは180πcm²になるそうなのですが、この答えになるまでにどのように計算すればいいのか分かりません。

Aベストアンサー

まず円錐の側面積の求め方は2通りあります
○側面を三角形と見立てる
 →この場合、母線の長さ・扇形の弧の長さが必要です
  公式:1/2×母線の長さ×扇の弧の長さ
  母線の長さ=三角形の高さ,扇形の弧の長さ=三角形の底辺と見ます
  したがってこの問題では1/2×18×12π=108πとなります
○側面の元の円を考える
 →この場合、扇形は元々円の一部なので元の円の面積を求め、中心角から面積を求めます
  つまり、母線の長さ(=元の円の半径)、中心角が必要になります
  公式:母線の長さ×母線の長さ×中心角/360°
  この問題では、中心角が120°なので元の円の1/3(120°/360°)の大きさ
  となります。よって、18×18×π×1/3=108πとなります
したがって答えは108πcm2だと思います

Q円錐の高さを求める問題

問題。展開図が画像のようになる円錐の高さを求めよ

Aベストアンサー

円周=直径×π
右の円の円周は、1×2×π=2π
左の半円の円周(完全な円としたとき)は、2π×2 であるので直径は4、半径は2になる。
左の円の半径2は円錐の斜面になり、底面の半径は1なので、
その高さは三平方の定理より
2^2=1^2+x^2 になる
従って、
x^2=4-1
x=√3
答え 高さは√3

Q円錐台

円錐台の側面積が台形でもとまらない理由を教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

円錐の側面積が三角形では求まらないから

Q半径rの円を底面とする高さhの円錐の体積の問題

お世話になります。
1.頂点から底面への垂直線で、頂点からの距離がy(0<y≦h)となる点を通り、底面に平行な切断面の面積を求めよ。
2.微小区間dyを考える時、その切断面の円柱の体積を求めよ。さらに、これを用いて、積分により円錐の体積を求めよ。
という、2問があり、問1については、比を利用して(y/h・r)^2・3.14、問2については∫(y/h・r)^2・3.14で円柱の面積がもとまり、円錐は円柱の面積の1/3なので1/3∫(y/h・r)^2・3.14という解答を作りました。ここで、微小区間dyの範囲を決めなくてはならなかったもか、この解き方であっているのか、重積分を使って解くべきなのか、解答がないため分かりません。

Aベストアンサー

>問2については∫(y/h・r)^2・3.14で円柱の面積がもとまり
円柱の体積はdV=π(ry/h)^2dy
です。
>円錐は円柱の面積の1/3なので1/3∫(y/h・r)^2・3.14という解答を作りまし
円錐の体積V=∫[0→h] π(ry/h)^2 dy
=π{(r/h)^2}∫[0→h] y^2 dy
=π{(r/h)^2}[(1/3)y^3] [0→h]
=π{(r/h)^2}(1/3)(h^3-0)=(1/3)π(r^2)h
と解きます。
>重積分を使って解くべきなのか、
回転体の積分になりますので重積分の必要性はありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング