日銀のサイト
http://www.boj.or.jp/press/koen141.htm
[講演記録等]
日本経済の問題と課題─ 金融政策の立場から
 ── 札幌市における金融経済懇談会三木利夫審議委員基調説明要旨
2001年12月 6日 日本銀行

(3).何が必要か
(3)デフレ脱却は”合わせ技”で
(3-3)銀行に求められるもの

のあたりに「貸出スプレッドの適正化」とあるのですが、貸出スプレッドとはどんなものでしょう?

というのが質問なんですが、補足的に(?)上の日銀サイトのページには、「バランスシート調整」という言葉も出てきます。
これって、リチャード・クーさんのいう「バランスシート不況」のことなんでしょうか?

さらに関係なくなるんですが、、、
「今は、金融政策のみで考えれば不健全な政策と解される領域の政策も、経済政策の中では健全な領域と
解される場面も想定されます。」
「インフレターゲットでも何でもやってやる!」ということですか?

質問は、「貸出スプレッド」です。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

貸出スプレッドに関してお答えいたしたします。



簡単に言えば
貸出スプレッド=貸出金利 - 銀行の資金調達金利
です。通常銀行が貸出金利を決定するときには、自行の資金調達金利に貸出スプレッドを加算して決定いたします。従って、『貸出スプレッドの適正化』は『貸出金利の適正化』ということと同意語だと思われます。

本ケースにおいて、貸出スプレッドをどのように直す必要があるかという点も記載した方が理解しやすいと思いますので、記載します。
現在、企業の貸出金利が信用リスクに応じて決定されていないので、これを信用リスクに応じた形で決定する必要があるということが是正されるべきポイントです。現在、銀行の貸出金利は過去の取引実績等に応じて決定しており、景気が悪化・担保価値の目減り(土地の下落)ということから信用リスクが増大しているはずなのに、金利スプレッドを拡大(貸出金利の上昇)ということを行っていないことが問題だとしています。
このため、銀行の貸出金利はリスクに対して過少な収益しか産み出さないため、貸倒が発生した時の損失を吸収できない状態となっていることが問題だとしているのだと思います。もし、既にリスクに応じた金利スプレッドになっているとするならば、他の銀行が貸出を行うケースも多いと思われますが、メインバンクが追加貸出を拒否して、倒産に追込まれる企業が多いことを考えると、貸出金利が低く抑えられていることを問題視しているということです。このような金利体制では本来、淘汰されるべき企業が延命されるという先送り政策を行っているに過ぎないこととなります。
これらから、金利スプレッドを適正化→企業の淘汰→金融が正常化し、成長シナリオが描けるというロジックに基づいたものだと思います。

『バランスシート調整』と『バランスシート不況』は似ていますが、本質的に異なるものです。バランスシート調整とはリスク資産に対して充分に自己資本を増強するなどで、企業の信用力を高めることを表すと思います。一方、『バランスシート不況』とは、負債(借金)が多い企業がその返済に追われて、成長のための設備投資ができなくなり、企業競争力が低下して、借金の返済に苦しむという悪循環などのことを表していると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

1度、2度、、と読みましたが、まだいまいち理解できてないみたいで、、、。
このあと、1日かけて、じっくり考えみたいと思います。

日銀のどなたかの講演の内容で、「金利スプレッド」だけわからなかったというわけではなく
全体にわからないのですが、金利スプレッドという単語ははじめて目にしたのでとりあえず
質問してみました。

金利スプレッド以前の問題でした、、、。
ですが、回答は、100点。読む人が読めば、よーくわかるものだと思います。
お礼が遅くなりましたが、ほんとに、ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/10 07:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日銀の金融政策

日本は現在デフレです
対策などでは、経済学者などが「まずはお金を刷れば良くなる」というのを耳にします。

確かに円高対策としては最もシンプルな案だと思うのですが
日銀はなぜお金を刷らないのでしょうか?
もちろん、刷る量を間違えば値崩れを起こしてしまう危険を孕んでいますが
金融政策が仕事なのだから、今の日銀は職務怠慢な気がします。



経済には疎く、勘違いがあるかもしれませんが
ご回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

私のいい加減な推測ですが。

米国は今、オバマ政権の下、輸出振興策を
採っています。
その手段としてドルを印刷しドル安にしています。

それなのに日本がお金を刷ったら、米国のこの
政策に、真っ向からぶつかることになります。

だから、政府や日銀は、米国に遠慮して
やらないのではないか。

バブル崩壊は、総量規制と公定歩合の引き上げを
同時にやったことで発生した、と言われています。
これは、米国に遠慮して、公定歩合の引き上げを
渋った結果だ、という説が強いのです。

同じ愚を、日本は侵そうとしているのではないか。
もしかすると、米国が圧力を・・・。

国防を外国に委ねているツケである。

Q日銀が金融政策を主導する理由

国としての重要事項の一つである金融政策を、政府ではなく日本銀行が主導する理由を教えてください。当方、日本における金融政策全体の枠組みが理解できていません。日銀のサイトで質問しましたが、的外れな回答しか得られませんでした。

Aベストアンサー

No.2です。

日本銀行が政府の下部機関であった場合、例えば、日本政府の赤字を解消するために、日本銀行券を発行して、国債を返す、といった手法がとられる危険性があります。

実際に、国債が780兆円に及び、政府がお金に困っている中で、海外の投資家から信頼できない債務だと思われていることも事実です。

そして、仮に政府が国債を返すためだけにお金を大量に発行した場合、急激なインフレが起こり、貨幣価値が混乱します。少なくとも海外の人はそういった心配をします。貨幣は信用で成り立っているものなので、そのような心配を取り除くために、日本銀行が政府から独立しているのです。

平たく言うと、日本政府の信用が無いからです。

Q日銀金融政策について

好況のとき 日銀の政策として 金利を下げて 売りオペによって 市中の通過量が減るんですよね。(そして 同時に預金準備率をあげる)この流れって、具体的にどういうことですか?中学生に話すのですが、
例えばの事例で教えてくださると わかりやすいです。

Aベストアンサー

まず好況の時は景気を引き締めたいので→金利を上げる
不況の時は景気を刺激したいので→金利を下げるのです。

そして金利を上げるには→売りオペ
金利を下げるには→買いオペです。

売りオペで市中の通貨量は減ります。
買いオペで市中の通貨量は増えます。

現金というのはどんな業種でもある程度は必要な物で、手元になければ借りてでも調達しなければなりません。
逆に余ってれば他の何かに投資でもしてた方がましなわけですから当然国債買ったり株を買ったり貸し付けたりします。
つまり
通貨量が減る→手持ちの現金が減る→借りたい人が増える→金利が上がる
通貨量が増える→手元に現金が余る→貸したい人が増える→金利が下がる
中学生にはこういう理解で良いんじゃないですかね

Q日銀の金融政策 公定歩合操作について

教えてください。金融資格を受験する予定で勉強していますが、
種類の違う参考書が2冊あり(共に19年度版)、1冊には日銀の金融政策は、
(1)公定歩合操作
(2)預金準備率操作
(3)公開市場操作 の3つがあげられていますが、もう1冊の方は(1)公定歩合操作が除かれていて、(2)と(3)だけです。一体どっちが正しいんでしょうか?

Aベストアンサー

公定歩合操作は2つの効果を目的に行われています。この内の一つである直接的な金利指標としての効果(コスト効果)は、金融の自由化に伴い日本ではほとんど失われていますが、もう一方の中央銀行の姿勢を示すという効果(アナウンスメント効果)を狙った公定歩合操作は、今年に入ってからも公定歩合操作は行われているので、残っていると見るのが妥当でしょう。
まぁ、名前は変わりましたがね。

というわけで三つ全部あるのが正解。

Q日銀の金融政策について

先日、日銀が異次元の金融政策を発表しました。前々から「日本政府は円安誘導しているのではないか」という批判の声が他国から起こっていますが、アメリカも同じような政策によって株高誘導しているのではないでしょうか。
日米の金融政策の違いと米国の金融政策はドル安政策ではないとすると、その根拠を詳しくお教えください。

Aベストアンサー

日米の最大の違いは、期日通貨であるかどうかです。

発行された通貨が、どこまで流通するか、ファンドなどのマネーゲームにどのくらい支配されやすいかですね。

貧血の人に、点滴をして血流を増やそう、ということですから、どのくらい体の大きさがあるかの違いです。

「円」は、日本と「円建て」で取引がある範囲が、流通範囲ですが、「ドル」は、アメリカに限らず、国債取引で使われています。また、過剰な分は、日本や中国などが死蔵してもくれます。
「円」は、基本的に日本と取引がある一部の相手にしか流通しませんから、暴走するまでの加減が難しいかと。

これまで、「円」は、どれだけ海外からのマネーゲームが仕掛けられても、その膨大な死蔵資産に吸収されて、負けずに来ました。今回の政策は、インフレに導くことにより、その死蔵資産を流通させ、減少させるのが目的です。海外からのマネーゲームに対抗していた防壁を薄くする形になるので、それを仕掛けられ、防壁を打ち抜かれたとき、日銀が直接、その攻撃に対抗する必要があります。
「異次元」の意味のひとつは、これまでの資産という巨大な防壁で水際で撃退していた状況に対して、その防壁自身で武器を作り、攻撃に転じる方針に変えたということです。侵入者を撃退するのに、防壁ではなく、武器で直接対抗をするぞ、という意図です。
実際、日本にやってきてまで、アベノミクスを絶賛した海外投資家は、この半年足らずで、1兆円近い投資利益を手にしたようです。こういう人たちからの防壁になる資産が、「円」には日本人の資産だけ、「ドル」には、アメリカが食いつぶしても、世界中から集まる資産がある、という違いですね。

通貨バトルを仕掛ける相手として、「ドル」は大きすぎ、他の通貨は、その国が持つ資産自体に魅力がない。「円」と日本は、明らかに魅力がある通貨、国ですから、マネーバトルに負けたときに、一気に資産を失う形になります。

怖いのは国内の状況ではなく、海外との関係で、金融上での太平洋戦争のような関係での戦いに、これまでは負けない方策を取っていたのを、勝ちにいく方策に転換したわけですから、本来なら、先制攻撃をする方法を考えるべきなんですよね。
でも、いまの日銀も政府も財界も、貿易のような物の売り買いでの実経済上の算盤しかはじいていないようにみえるのがちょっと不安です。

日米の最大の違いは、期日通貨であるかどうかです。

発行された通貨が、どこまで流通するか、ファンドなどのマネーゲームにどのくらい支配されやすいかですね。

貧血の人に、点滴をして血流を増やそう、ということですから、どのくらい体の大きさがあるかの違いです。

「円」は、日本と「円建て」で取引がある範囲が、流通範囲ですが、「ドル」は、アメリカに限らず、国債取引で使われています。また、過剰な分は、日本や中国などが死蔵してもくれます。
「円」は、基本的に日本と取引がある一部の相手にしか流...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報