大学の講義で経営について調べなければならないので教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

経営とは人、金、物、情報といった自社の経営資源を、どこに集中させ配分していくかを選択し、目標達成のためにもっとも適した代替案を策定し選択することです。


経営には自社の強み、弱みというような自社の内部環境と、自社の商品のシェアや経済的環境などの外部環境があります。
経営者はこういった環境を分析し、従業員を何人雇って何処に何人配置するのかという問題やマーケットの規模がどれくらいあり市場も成長しているから新製品にいくらのお金を投資しようとかいった代替案をいくつか策定し、選択することによって意思決定をおこなっていくのです。

参考URL:http://www.linkline-systems.com/e-conne/
    • good
    • 11

会社の利益を上げるにはどうしますかと日に日に自己に問いかけることではないでしょうか。

現下のような状況ではいかに会社を存続させてゆくかと言うことを考え実行してゆくことではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

教えていただいてありがとうございました

お礼日時:2001/12/14 10:28

合法的に人、物、金、時間、情報などの経営資源を活用し、経営者、従業員、株主、取引先、仕入先、地域住民、それらすべての家族など利害関係者(ステイクホルダー)、の幸福追求を実現すること。

具体的には
1.利益を生み出し、税金を納めて社会に貢献すること。
2.事業活動を通じて自己の成長実現と、従業員の人間的成長の機会を提供する。
3.地域住民や学生に就職及び収入の機会を与え社会に貢献する。
4.製品やサービスを通して社会により進歩、向上をもたらす。
5.株式会社は株主への配当や、株価を上げていくことにより投資に対する責任を果たすこと。

なにはともあれ、まず、利益を出すことですね。
講義をされるなら、もう読まれているかもしれませんが、ジャック・ウェルチの「我が経営」を読まれるといいですね。読み物としても面白いです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

教えていただいてありがとうございました

お礼日時:2001/12/14 10:27

経営関係の科目を大学でとっているので、参考までに・・・



経営とは一口では言い切れないですね。
#1さんも書いているとおり、いろいろな側面があり、生き物のごとく常に動いています。
経営について調べるといっても、どんな側面から調べるかが問題となると思います。
概論的なことでよいのだったら、
経営活動と経営管理活動について・・どんな階層で組織が管理されるか
経営管理の機能について・・計画、実行、評価のプロセスについて
経営管理会計について・・情報をどう扱うか
価値の測定について・・価値をどうとらえるか
利益計算について・・会計の仕方について
など、参考文献に書いてあると思うので読むといいと思います。
学校の先生の参考文献とかあげてありますよね?

具体的に何に重点をおくかによって調べ方も異なってくるので頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えてくださってありがとうございました

お礼日時:2001/12/14 10:26

しっかり勉強してください。



キーワードだけお伝えしておきます。
1.ゴーイング・コンサ-ン
2.貸借対照表、損益計算書
2.連結決算
3.時価会計
4.キャッシュ・フロー
5.社外取締役
6.事業の再構築

基本から最近のはやりまで、私なりにキーワードを並べてみました。
私が思うに「経営」は生き物で、会社の数と同じ数の経営があると思います。
頑張って勉強してくださいね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅れて本当にすみませんでした。
なかなかインターネットをさわる機会がなかったもので
本当にすみませんでした

お礼日時:2001/12/14 10:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qユニークな経営、優秀な経営

市場評価、戦略のユニークさ、経営者の優秀さなどから
考えられる、ユニークな経営、優秀な経営をしていると
考えられる企業を探しています。
メジャーな企業よりはマイナーな企業の方がよいのですが
何かお薦めな企業などありますでしょうか?
参考URLなども教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

はじめまして。
私のお薦めは「株式会社武蔵野」さんです。
社長小山氏の経営力というか発想にはよく驚かされます。
有名な方なのでご存知かもしれませんが、参考までに。

株式会社武蔵野HP
http://www.musashino.co.jp/

↓ここに小山社長のコラムが掲載されています。(お薦めです!)
http://smallbiz.nikkeibp.co.jp/

Qみなさんコンビニ経営とはどのようなものだと思いますか?大変な部分、楽な部分、経営のコツ、いろいろある

みなさんコンビニ経営とはどのようなものだと思いますか?大変な部分、楽な部分、経営のコツ、いろいろあると思いますが。

Aベストアンサー

最近、女子高校生のバイトから、罰金を徴収したなど、ブラック経営のコンビニが問題化してますね。

基本的には、コンビニ経営者が「無知すぎる」結果かと思いますが、コンビニに限ったことではなくて、特に「法的に無知」がいけません。
「あらかじめ損害賠償などを予定する労働契約は禁止」なんてのは、労基法の基本中の基本なのですが、それにも関わらず、法律ではなく、経営者が我流の「自分のルール」で運営しちゃってるから、問題になるワケです。

言い換えれば、無知な経営者は、経営者側に絶大な権限があると考えがちですが。
しかし労基法などの法律上は、むしろ正反対であって、「労働者の権利を手厚く保護し、経営者には重い責任を課している」と考えるべきなんですよ。

ほかにも商法や税法など、経営に関わることは、法律でがんじがらめです。
経営学とかマーケティングなども重要ながら、そう言うのは、スポーツで言えば技術,テクニックであって。
そう言うものを習得する以前に、そのスポーツの「ルール」を知らなければ、競技資格が無いと言えます。

経営者は監督であり選手でもあって、審判ではないです。
従い、経営者が法律家である必要はないものの、審判的な考え方などは知っておかねばならないし。
少なくとも選手(一般的な労働者)と同レベルの知識では、話にならず。
まして監督が選手以下の知識,知恵だと、そんな監督が率いるチームは、勝負になりません。
実業の世界で言えば、必ず問題を引き起こしたり、経営する企業や店を潰すことにもなりかねません。

最近、女子高校生のバイトから、罰金を徴収したなど、ブラック経営のコンビニが問題化してますね。

基本的には、コンビニ経営者が「無知すぎる」結果かと思いますが、コンビニに限ったことではなくて、特に「法的に無知」がいけません。
「あらかじめ損害賠償などを予定する労働契約は禁止」なんてのは、労基法の基本中の基本なのですが、それにも関わらず、法律ではなく、経営者が我流の「自分のルール」で運営しちゃってるから、問題になるワケです。

言い換えれば、無知な経営者は、経営者側に絶大な権限があ...続きを読む

Q経営戦略、経営理念、企業目的について教えて下さい

経営戦略、経営理念、企業目的について教えて下さい
もしくは参考になるサイトでも構いません

Aベストアンサー

経営戦略で思いつくのはマーケティングによる市場で新規事業や設備投資をうまくやっていったりすることです。

SWOT分析というのは内部は自社の強み、弱み、外部は市場の新規に進出できる機会と参入されたりする脅威の4つを表します。

詳しくは

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%8C%E5%96%B6%E6%88%A6%E7%95%A5

経営理念は

その企業の価値観というかどのような信念でしますという行動原理のようなもの。


この中では私にとって少し不明な用語で上記2つとは使われる頻度は落ちると思いますが。企業目的は

定款に記載する事業の内容みたいなものだと思います。株式会社は利益の追求が究極の目的でそれをどの事業でするかなどだと思います。あとインターネットで検索すると「顧客の創造」とか。

Q個人経営のテナントの登記を調べたい

大きな商業施設のなかにはいっているテナントなんですが、ホームページもない個人経営(毎日店長しかいない)のお店みたいなんです。期間限定で商業施設のスペースを借りて販売してるようなのですが、そのお店の登記上の情報を知りたいときはどうすればいいですか?
商業施設に問い合わせると教えてくれますか?

Aベストアンサー

法務局での確認はまず無理でしょう。
当の個人経営者本人に聞けないのであれば,商業施設の管理を行っているところに聞くしかありませんが,教えてくれるかどうかは別問題です。

個人商人の「商号登記」という制度があることはある(商業登記法第27条~第34条)のですが,会社法の施行と同時に類似商号使用制限がなくなってしまったことからその意義は乏しいものになり,現在はたぶんほぼ利用されていないと思われます。というかそれ以前からそんな登記制度があることすら知らない人がほとんど(この登記は営業を行ううえでの義務ではなく,類似商号を使用された時の対抗要件なだけだから)だと思うので,個人経営の場合では,登記されていることはまず期待できません(仮に登記していたとしていても,内容が古くて参考にならないことが多いです)。
なので登記を調べたいと思っても,個人経営であるならば,それはまず実現できないと思います。

そして個人経営の場合,会社で言うところの本社(本店)はその個人の住所です。商業施設はその個人経営者と契約をしてその施設を貸し出しているのですから,相手方である個人経営者の住所はわかっているはずです(契約書を交わしているはずですから)。ですが個人情報保護がうるさく言われている昨今,それを調べたい理由によるとも思いますが,商業施設管理者が教えてくれるのは,契約者の連絡先電話番号程度ではないでしょうか。どうしてもというのであれば,そこに問い合わせするしかないと思います。

法務局での確認はまず無理でしょう。
当の個人経営者本人に聞けないのであれば,商業施設の管理を行っているところに聞くしかありませんが,教えてくれるかどうかは別問題です。

個人商人の「商号登記」という制度があることはある(商業登記法第27条~第34条)のですが,会社法の施行と同時に類似商号使用制限がなくなってしまったことからその意義は乏しいものになり,現在はたぶんほぼ利用されていないと思われます。というかそれ以前からそんな登記制度があることすら知らない人がほとんど(この登記は営業を...続きを読む

Q経営者と経営会社間の取引

どういう風に質問すれば良いのかイマイチわからないのですが、経営者が経営している会社に自分の開発したシステムを売るということはできるのでしょうか?
(経営者はプログラマーで、システムは会社経営を始める前に作ったもの)
ちなみに、そのシステムには既に一般不特定多数の顧客が付いているため、会社側はシステムを購入すればすぐにでも利益をあげることが可能ですので、経営者による不当な取引にはならない気がするのですが。

Aベストアンサー

経営者といえば「取締役」になっていると思いますが、取締役が自社と取引することは商法(の265条?)で禁止されています。
ただし、取締役会の承認があれば許されますから、「取締役会」の議案に挙げて承認された旨の議事録を残してから、売買してください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報