親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

自分で所有しているビルの立体駐車場で事故がおきました。ビルといっても5階建てのもので立体駐車場も10台の小規模なものです。

事故の内容は、駐車場の契約者であるビル入居者(賃借人)が、車を入庫しようとしたところ、突然機械が回転をはじめ、車の前部が破損したというものです。

立体駐車場は、一般的なタイプで、車をのせるパレットが観覧車のように
上へ回っていくタイプです。

被害者の方の話だと、所定の場所を呼び出して、完全に
機械がストップしたので、車をいれようと動かしたら突然
パレットが回転しだしたとのことです。
被害者は、5番の契約者ですが、5と6の移動のすき間に車は突っ込んでいます。
(センサーでストップのため大事故にはならず)

被害者のいうとおりの操作であれば、通常は動き出すことはありません。(操作パネルの誤作動の可能性はありますが・・)

メンテ会社いわく、被害者が間違って6番を呼び出して、動いているのに5番がきた段階で突っ込んだ
という可能性もあるとのこと。
(その後の点検ではパネルには問題はなかった。)
(操作パネルには呼び出し記録が残らないボタンタイプです。)


機械は、建物と同じく築10年で、大手メーカー製です。
メンテは独立系の会社と契約して月1回のペースで点検済みです。

この場合、原因が機械の誤作動である前提でお尋ねします。

被害者への賠償は、所有者である私の施設賠償責任を使うことになるのでしょうか?
それとも、メンテ業者の責任負担も求めるべきでしょうか?
または、生産物賠償なんとか法に基づいて、製造者であるメーカーに賠償を求められるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

責任の所在を明らかにすることは大切なことです。

しかしこの場合、被害者がいるわけです。まずビルの所有者である質問者さんが被害者に対する賠償を済ませてください。その上で業者にも責任がある場合は求償することになります。

質問からは保険に入っているようです。まずは保険会社に連絡し、まずは賠償問題を済ませ、その後責任の所在を明らかにするといった流れで事故処理をしたいと申し出てください。それを保険会社が承諾すれば後は保険会社と業者との間の問題になります。

責任追及ばかりに目が行くと、今話題の「偽装問題」と同じになってしまいます。
    • good
    • 0

被害者の方の話だと、所定の場所を呼び出して、完全に


機械がストップしたので、車をいれようと動かしたら突然
パレットが回転しだしたとのことです。

ここでの焦点

通常入庫が可能になれば赤から青に進入可能の表示がでるのですが

表示は赤で進入
それとも 青で進入なのかが判らんとなんとも

それとも見て無かった・・・・のでは・・・

 

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

その可能性はあると思うのですが、現在の状況では
確認しようがないそうです。

補足日時:2005/12/02 16:07
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマンション敷地内で立体駐車場のゲートをへこませて・・

先日、自分の住んでいるマンションの立体駐車場に駐車しようとしてゲートに車を軽く当ててしまいました。駐車しようとしている時だったのでほとんどスピードが出ていなかったのが幸いして、ゲートは少しのへこみと塗料がはげたくらいですみました。もちろん作動もします。 念のため管理人さんに報告しようと思いましたが、夜で不在でしたので翌日に報告し、いっしょに現場を確認しました。 管理人さんも「この程度ならへこんでいるところを少したたけば平気でしょう」と言っていたのですが、メンテの人に「たたいても完全に原状回復というわけにはいかないので新しいものに交換したら・・」と言われたようです。交換すると30万くらいかかるそうでビックリしています。この場合は対物を使うことになりますが、まさかこんなことになるとは思っていなかったので、ぶつけた時に警察をよんだりしていなかったのですが、事故証明とかって後からでも警察に行けば出してもらえるのでしょうか? 初めてのことで、とても不安な思いでいます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#4です。再度です。

>警察は、駐車場や私有地内の事故を扱いません。

道路交通法が適用されないだけです。実際問題として被害が発生していれば、刑法上の
器物損壊にあたりますから、対応していただけます。
保険会社としては、○月○日に契約者が○○を破損させたとの根拠があればよいわけで
すから、警察に届ける意味はあります。
事実、私自信、過去に2度ほど駐車場内の事故にて、警察に対応していただいておりま
す。
※道交法上の行政責任や民事責任の問題とは切り離してお考え下さい。


>保険会社への連絡の件ですが、ぶつけたその日に私に代わり家族が「こういうことが
>あったんですが・・」と連絡してくれたんですが、その時点では修理するにしても金
>額がわからなかったので「見積もりが出てからまた電話します」と切ったようです。
>その後、質問に書いたとおりに話が展開したのです。
>今日でぶつけた日から5日経ちますが、まだ修理か取替えかマンション側の結論も出
>ていないし、見積もりも上がっていないので、不安になってしまうのです。

既に、当日報告しているのであれば話は簡単です。
『当日報告してある件で、修理か交換かは確定していないのですが、被害者(管理組合)
と示談交渉して下さい。』と連絡すれば、保険会社から直接管理組合へ連絡し、交渉し
ていただけます。事前に、管理組合側にも保険会社から連絡していただく旨を伝えてお
くほうがよろしいでしょう。
最後に、保険会社に賠償金額が確定したら、その金額によっては自腹で支払う可能性も
あると伝えておけばよろしいかと思いますよ。

どの程度の金額で保険を使用するかについては、下記過去ログが参考になるかと思いま
す。
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1249142

以上、ご参考まで。

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1249142

#4です。再度です。

>警察は、駐車場や私有地内の事故を扱いません。

道路交通法が適用されないだけです。実際問題として被害が発生していれば、刑法上の
器物損壊にあたりますから、対応していただけます。
保険会社としては、○月○日に契約者が○○を破損させたとの根拠があればよいわけで
すから、警察に届ける意味はあります。
事実、私自信、過去に2度ほど駐車場内の事故にて、警察に対応していただいておりま
す。
※道交法上の行政責任や民事責任の問題とは切り離してお考え下さい。


>保険...続きを読む

Q立体駐車場で車を潰されました。(警備員に手動操作で

初めに、駐車場の構造なのですが、地上2階・地下2階の立体駐車場です。地上1階で機械を操作して、自分の車の置かれている番号を入力し、車を出すというものです。
 ○○○ ←2階
●○○○ ←1階  ●がエラー場所
 ○○★ ←地下1 ★は自分の車です
○○○○ ←地下2
エラーの起きた部分が地下1階に下がり、1階の他の部分が左にずれ、自分の車が上がってくる。というのが正しい動作です。

ここからが、事故の流れになります。どうか、知識をお貸しください。
先日、立体駐車場でエラーが起き、自分ではどうしようもないためにマンションの管理人を呼びました。
そのエラーというのは、上の図の●の部分が下がらなくなり、機械操作が何も出来ない状態になるというものでした。

管理人は警備員を連れてきて、警備員は機械を手動操作に切り替え、立体駐車場の台を操作し始めました。
しかし操作を誤ったのか何でか、自分の車の台(★)を動かし始め、結果上の台を自分の車が押し上げる形になってしまいました。
上の台に車が乗ってなかったのが不幸中の幸いですが、自分の車の天井はベコベコになってしまいました。
その車の状況からJAFを呼んで立体駐車場を治すまで、写真を数十枚撮ってあります。

後日、張本人である警備員と警備員の所属する大手警備会社の主任さんが謝罪しに来て、修理に掛かる一切の費用及び、修理が完了するまでの間の費用全て負担することを約束して頂きました。

車を修理会社に持っていった所、ピラーや骨には問題はないが、屋根を完全に直すには屋根を取り替える必要があると言われました。しかし、屋根を取り替えると”修理歴あり”となり、車を売るときに大幅なマイナスになると聞きました。
その部分をどうしてくれるのかを警備員に連絡すると、あっちに電話してくれこっちに電話してくれと盥回しにされた挙句、辿り着いたのが主任さんで、話をすると「保険屋に聞いてみないとわからない、取り合えず見積もりを送ってくれ」と言われ、修理会社からもらった見積書をFAXで送り、結局その場では修理に出すに出せずに終わりました。

その後留守電に「あの見積もりで大丈夫ですので修理してもいいです。あと、修理歴に関してなのですが、こちらでは負担する必要はないとのことですのでご理解ください。」と入っていました。
私はこの留守電に呆れ、再び連絡をし、それはおかしいということと、保険屋と直接話をさせてくれと伝えました。そしてその返事は「本部に聞いてみないとわかりません」とのことでした。

そしてその後の連絡で「○○(自分の名前)さんの使っているような自動車保険でなく、こちらは損害保険ですので○○さんが話す必要はないと思うんですよ。それと修理暦に関してなのですが、こちらは負担する義務はありません」と言われました。
私は車を買ってまだ半年と経っておらず、こういった事故も初めてだったので恥ずかしながら何もわからず、その連絡を受けたときはそうなんですか、と言うしかありませんでした。


まとめです。
・警備員が間違った手動操作で車を破損(JAFの人も「これはしてはいけない操作」と言っていました。(発言をメモしました))
・車の状況、周りの正常な状態の写真など、数十枚の写真有り
・警備会社は車の修理費用、それまでの経費を負担すると約束
・保険屋と話をさせてくれと願うも拒否された。
・修理会社には「叩いて直す方法もあるが、完全には直らず、売るときに結局屋根を取り替える費用分引かれるかもしれない」と言われました
・車はスズキのセルボ 軽自動車です。もちろん立体駐車場の条件からは外れていません。買ってからまだ5ヶ月くらいです。


今現在の流れはこのようになっています。私は一方的に壊され、何の責任もないのに、修理暦ありになる車を受け取るしかないのでしょうか?
今回は是非皆様の知識をお借りしたく、ここに質問をさせて頂きました。長々と書いて申し訳ありませんが、やはり詳しく書かなければならないと思い、書かせて頂きました。何か足りない情報があると思ったら、遠慮なく言ってください。
どうぞ、よろしくお願いします。

初めに、駐車場の構造なのですが、地上2階・地下2階の立体駐車場です。地上1階で機械を操作して、自分の車の置かれている番号を入力し、車を出すというものです。
 ○○○ ←2階
●○○○ ←1階  ●がエラー場所
 ○○★ ←地下1 ★は自分の車です
○○○○ ←地下2
エラーの起きた部分が地下1階に下がり、1階の他の部分が左にずれ、自分の車が上がってくる。というのが正しい動作です。

ここからが、事故の流れになります。どうか、知識をお貸しください。
先日、立体駐車場でエラーが起き、自分ではどう...続きを読む

Aベストアンサー

自動車保険も損害保険のひとつです。
法律上の損害賠償を契約の範囲で補償します。
保険会社と話をするのは筋違いとか話す必要がないというのは
大きな間違いです。

購入後わずか5月位しか経過していない、自己の過失は無し。

東京高裁の判例が有名ですが、交通事故の場合は修理金額の
概ね30%が評価損として認められます。

通常の交通事故と違い本件の場合はマンションの立体パーキング
での事故ですので自動車の保管義務違反によるものですから
より強く要求できます。

はっきり言って納得のいく示談は無理です。
お勧めは少額訴訟です。日本自動車査定協会の評価損証明を証拠と
して争います。

その場合必ず相手方の損害保険会社の代理人が出てきますね。
(名目は相手方でも金銭はすべて保険会社持ちです)

Q賃貸マンションの機械式駐車場の故障

私は賃貸マンションのオーナーですが、先日マンションの機械式駐車場の動力部分に石が詰まり動かなくなってしまいました、それは朝方でしたので借家人の方が車を出庫できずにタクシーを使って会社に出勤されました。
夕方、管理会社を通してタクシー代の請求がありましたが、私としては正直言って自腹を切ってまで払いたくはありません。
こんな場合、誰がタクシー代を払うのでしょうか?
駐車場の前はちゃんと舗装していますので石は落ちていませんが石はどこにでもころがっていますのでまた、このような事が起こるかもしれません。
保険に加入したいのですが、どのような保険でカバーできるのでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

その故障とタクシーの必要性があったかどうかの
相当因果関係があれば支払う必要があるかも。
タクシーでなくても電車でもよかったのなら
電車賃を払う事になりますが、そこからガソリン代を
引いたらゼロかも。

駐車場利用者にはその種の事故・故障に関しては一切責任はなく、
駐車場管理者の善管義務違反となれば、それなりの
賠償義務が発生する場合があります。

なお、その他の事故も含め保険では
「施設所有者・管理者賠償責任保険」と云うのがあります。
同時に「自動車管理者賠償責任保険」の加入も並行して
加入となります。

今回のようなケースも一応事故との間で相当因果関係ありと
判断されれば支払われますが、即タクシー代とはならない
可能性はあります。

保険はもっと大きな事故を想定しており、また法律上の
賠償義務があった時のみが対象ですので、何でも払う
と云うものではありません。

Q立体駐車場でのトラブル

はじめまして。同じマンションに住む住人とトラブルになって困っています。どうぞお知恵をお貸しください。
私がマンションの立体駐車場上段に止めてある車の後部座席のチャイルドシートに2歳の息子を座らせていたところ、突然隣りのレーンが上がり始め、後部ドアがレーンとぶつかってひしゃげてしまいました。相手がレーンの操作ボタンを押しに行くためには 私達の車の前を通らなければならないのですが、50代夫婦で話しながら歩いていたため気が付かなかったようです。(私も車の中に頭をいれていたため気づきませんでした)
私がいくら「確認なさったのですか?」と聞いてもそれには答えず、「そんなところでドアが開いているなんて思わない」、 「上がってきているのに気づかずにドアを開けた方が悪い」、しまいには「私達は車をまっすぐに上げただけだ」と言い張り、話になりませんでした。マンション管理人と警官を呼びましたが 交通事故扱いにはならないと言われました。修理費用は16万でしたが、保険対象にはならず自費で支払いました。悩んだのですがどうしても納得できず、少額裁判を考えています。相手の言っていることはあきらかにおかしく、筋が通らないと思うのですが、こちらにも決定的な証拠も裁判の知識もありません。駐車場の地図や写真、レーンを上げる速度などは証拠にならないのでしょうか。今回の場合、少額裁判は難しいでしょうか。どうかアドバイス宜しくお願いいたします。

はじめまして。同じマンションに住む住人とトラブルになって困っています。どうぞお知恵をお貸しください。
私がマンションの立体駐車場上段に止めてある車の後部座席のチャイルドシートに2歳の息子を座らせていたところ、突然隣りのレーンが上がり始め、後部ドアがレーンとぶつかってひしゃげてしまいました。相手がレーンの操作ボタンを押しに行くためには 私達の車の前を通らなければならないのですが、50代夫婦で話しながら歩いていたため気が付かなかったようです。(私も車の中に頭をいれていたため気...続きを読む

Aベストアンサー

詳細な補足をありがとうございました。
いただいた情報を元に考えてみました。ご参考までに。

裁判なり、調停なりを行うには、
何より事故がどのように起こったのか、
裁判官や調停委員が正確にイメージできるようにすることが先決です。

証拠は自分で作るものです。(もちろん正当な方法でですよ)

まず、現場で次のような写真を撮ることをおすすめします。

<事故を再現する写真を撮る>
ご主人とお二人で協力しながら、
事故状況が第三者によく分かるように写真撮影します。安全に注意!!

1 事故のあった自車と隣の車の間を、前方から撮る
(相手方が通りかかった相手方の視線で見えたであろう状況)
ドアを開け、頭を後部座席に入れてお子さんをチャイルドシートに座らせている状況
(安全のためお子さんは実際に乗せない方が良いです)

2 車と車の間に入り後方から、損傷したドアと、
せり上がってきた隣のレーンの間隔が分かるように、
事故当時と同じぐらいにドアを開けて見下ろすように撮る
(状況再現と、もう一枚無人での2パターン)

3 車の前方から、あなたの車と、パーキング操作盤の位置関係が分かる写真
(ご主人に操作している人の役をしてもらい写します。)

4 パーキング操作盤位置から、操作している人の目線で事故当時の状況を撮る
(事故当時と同じように頭を車中に入れてお子さんを乗せている状況)

5 パーキング操作盤位置から、操作している人の目線で、
普通に立った状態で車のドアを開けている状況(あなたの頭が見えているように)

6 実際損傷したドアの状況

7 操作盤に掲示してある、安全確保の注意書きを読めるように撮ります。

8 パレットがあがっている状態
(再現できなければあがっている他のレーンでも良いでしょう)

次に、事故が起こった状況と、現場で事故発生後、相手方と話したやりとり、
管理人警察官が来た経緯やりとりをシナリオのように忠実に記録に再現します。
(およその時間を書いて、時系列に沿って箇条書きで読みやすく。)

関係書類を整理します。
修理の見積もりや領収書、駐車場の契約書など事件に関係する書類の一式。


<損害賠償請求できるか>
わたしの理解したところでは、相手に十分過失が認められるので、できると思います。

人が車に乗り降りをする駐車場には人が居ることが通常予想できるのですから、
機械を操作するという相当の危険を伴う作業をする人間が
第1に周囲の安全を確認することは当然の義務で、
そのことは契約書、駐車場内の掲示にもはっきり明示されているからです。

問題は過失相殺であなた側にどれだけ落ち度があるかと言うことですが、
どんなに厳しく見積もっても(最悪ですよ)3割ぐらいではないでしょうか。
(あくまで今までの情報だけでのわたしの個人的予想ですから、
もっと悪くならないという保証はありません。念のため)

とすれば、16万円の7割、11万2千円ぐらいは最低でも払ってもらいたいですね。

しかし、これは裁判によって判決を書いてもらった場合の最悪の予想ですから、
あなたが相手方に請求をする場合、又は裁判や調停をする場合には、
はじめから自分から過失を認めたうえで手続なり、交渉なりする必要はありません。
あくまで自分には非はなく相手に過失があることを主張していきます。
上の金額は調停や交渉をする中で、手を打つ目安として頭の中に入れておくだけで良いのです。


<実際の手続>
まず、上記のような資料が揃ったら、一度弁護士による法律相談を受けてみましょう。
調停、少額訴訟、通常訴訟のどれがよいか意見を聞きましょう。
また手続の概略についても聞きましょう。

そして、まずは、
「弁護士に相談した結果、今回の事故はあなた(相手方)の過失により起こった
ということの確認ができましたので損害賠償を請求します。
ついてはいついつ(大体2週間から20日ぐらい)までに下記の金額を指定口座に
お振り込みください。
なお、お振り込みなき場合には、速やかに法的手続きに着手致します。」
という内容の内容証明郵便を自分で見本を見ながら書いて、
相手にぶつけてみましょう。

それで払ってくれば、終わりです。

しかし、それで払ってこないようなら調停か訴訟を起こします。
16万円の請求ですから、弁護士を頼むとペイできません。
ですから、今回は勉強だと思って自分で裁判所の手続をやってみましょう。

訴状の請求の原因、調停申し立て書には、おおむね
1 原告は、何年何月何日何時頃、自宅であるどこどこ(○○市□町△番地)
○○マンションの立体駐車場において、自家用乗用車で出かけようと
2歳の(長男?)を後部(左?)側座席に座らせ
チャイルドシートのベルトを装着するため、
ドアを開けて上半身を車内に入れた状態で作業をしていた。

2 被告は、原告が駐車場内に居て
子供を乗車させるために作業中であることを確認せずに、
原告車の(左?)側の駐車スペースの地下部分に収納されている
被告所有の乗用車を取り出すため、駐車装置をいきなり上昇させ、
駐車台上段床面を原告所有乗用車の開放中の後部左?側ドア下端に衝突させ、
よって原告車両のドアを破損したものである。

3 破損部分の修理代は16万円である。

4 駐車場の契約書、場内の注意書きにも掲示がされているとおり、
駐車装置の操作前には周囲に人が居ないことを確認する義務があるところ、
被告はその注意義務を怠り、安全確認を行うことなく漫然と駐車装置を上昇させ、
原告所有の乗用車ドアを破損したのであり、これは被告の過失によるものである。

5 原告には過失はない。

と言うことを書きます。
上で撮影した「5番以外」の写真と、
見積もり等の一切の書類(コピー)を証拠書類として添付します。

詳しい書き方はHOWTO本で勉強してください。


<裁判等での攻防>
あなたは、駐車場で普通にお子さんを車に乗せようとしていただけなのですから、
それ自体何か異常な、通常予想できないような行動ではありません。
しかも、あなたのいうとおり、
「駐車場で2歳児を車外で一人待たせて車を出し、それから乗車させるというのは、
自車で轢いたり他車に轢かれたりと非常に大きな危険が伴いますから、
そのようにせざるを得なかった」と主張します。

そこで相手が
「契約書には、運転者1名しかパレットに乗ってはいけないと書いてある。」
と主張したら
あなたは、「そうだとしても、被告が人が居るかどうかを確認しさえすれば
今回の事故は完全に防げたのであるし、
駐車場に2歳児を放置すると自分で轢いたり他車に轢かれたりする事故の危険が
非常に高いので、子供を乗せていたことはやむを得ない行為であり
過失行為とは認められない。」と反論します。

そして、相手が「機械が動き出してから、ドアを開けたから事故が起きた」
という反論をするなら、
あなたは「機械が動き出したら音で気づくはずであるから、
それからドアを開けるようなことは、絶対にあり得ない。」
「(上の4番の現場写真を示し)操作場所から、
わたしが機械が動き出してからドアを開けたということは見えないはずである。」
「被告は「ドアが開いているとは思わない」と一番最初に現場で発言した、
ということは、周囲に人がいて、ドアが開いていたのに機械を操作したことを
当初認めていたのだ」ということを主張します。

また5番の写真は、この時に提出して使用します。
「仮にそうだとするとドアを開ける状態では、
写真のとおり車の天井から上に原告の頭が見えるから、
このような状態で機械を操作したことは被告の重過失である」と主張するのです。
(このように5番の写真は奥の手に取っておきます。
しかし身長がひくくて頭が出ていないようならこの写真はつかえません。)


現場が残っているのですから、事故状況を再現する写真を撮ること、
そして事故の状況を矛盾なく説明できるようにしておくことはとても重要です。
相手が何か反論しても、筋の通った再反論ができれば、
聞いている裁判官なりの第三者は、事態の真相は自ずから分かるものです。

簡易裁判所での訴訟実務は、判決によらずにできるだけ和解(話し合い)によって
終了させようとします。
ですから開廷するとすぐに、司法委員(おじさん2人)に調停室に連れて行かれて、
原告被告交代で調停質に呼ばれて事情を聞かれ、和解の案を提示してきます。
ですから最初の訴状がきちんとできればあとは、そんなに難しいことはありません。

詳しくはわたしの前に書いた回答
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1016876 の#3
>しかし、通常訴訟と言っても簡易裁判所の手続にはかわりありません。
以下をごらんください。
ただし、今回の件は交通事故ではないので
日弁連の交通事故相談センターの無料相談の対象にはなるか微妙だと思います。

がんばってください。ちょっとごちゃごちゃしててすいません。

詳細な補足をありがとうございました。
いただいた情報を元に考えてみました。ご参考までに。

裁判なり、調停なりを行うには、
何より事故がどのように起こったのか、
裁判官や調停委員が正確にイメージできるようにすることが先決です。

証拠は自分で作るものです。(もちろん正当な方法でですよ)

まず、現場で次のような写真を撮ることをおすすめします。

<事故を再現する写真を撮る>
ご主人とお二人で協力しながら、
事故状況が第三者によく分かるように写真撮影します。安全に注意!!

...続きを読む

Q立体駐車場に入る車の幅の限界は?

立体駐車場で長さ5000mm以下、幅1950mm以下をいう月極があるのですが1925mm幅の車でも駐車可能でしょうか?ぎりぎりなのでやはり無理がありますでしょうか?

Aベストアンサー

結論から言います「余裕で可能です」
私は「1800ミリ以下」という立体駐車場に「1820ミリ」の3ナンバーセダンを駐車しています(20ミリオーバー)。
購入時に不安だったので、ディーラーにお願いして試乗車を準備してもらいました。
「駐車場に入れることが出来たら購入します。」と言って・・・。
また、他の方も言われていますが、カタログのスペックは「バックミラーを除いた車幅」です。車をパレットに収める時は必ずたたまなければいけません。

ところで、ご質問では「すでに駐車場を借りている」のか「これから借りる」のか、あるいは「車を新たに購入する」のか「車は購入済み」なのかが不明ですね。
しかし、いずれにしても「ディーラーや駐車場管理者」に協力してもらうのが一番確実です。

もちろん、車の全長、全高、重量の確認も必要です。


人気Q&Aランキング