白紙の領収書をお客に渡す行為は法に触れるのでしょうか?また受け取る側が勝手に金額を記載する行為も何か法に触れるのでしょうか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>例えば、100円受領して100円と書くことは差し支えありませんが、白紙をよいことに受領金額より多額に書き入れ、それを経費などとして所得から控除すれば私文書偽造と脱税となるでしよう。



白紙の領収書ですから 収入印紙は押してないですよね、
ですから これについては 書き込み上限が3万円と言うことになります。

発行者には法的に問われることは ありません。
単なる紙を渡したに過ぎません。
    • good
    • 0

白紙の領収書をお客に渡しただけでは、法に触れず何の罪にもなりません。


相手が、正規の金額と違う金額を記載したら、有印紙文書偽造となります。
又、相手がそれをどう使うかによって、法に触れる場合もでてくるでしょう。

そもそも、相手がどのように使うか判らないのに、白紙の領収書を渡すことは、非常に危険なことですから注意しましょう。
    • good
    • 1

>白紙の領収書をお客に渡す行為は法に触れるのでしょうか?


例えば、100円受領して「すみません100円と書いてください。」と白紙で渡しても差し支えありませんが、それらを云わず、受領した者が必ずそれ以上の金額を書き入れることを知りながら渡せば脱税幇助となるでしよう。

>受け取る側が勝手に金額を記載する行為も何か法に触れるのでしょうか?教えてください。
例えば、100円受領して100円と書くことは差し支えありませんが、白紙をよいことに受領金額より多額に書き入れ、それを経費などとして所得から控除すれば私文書偽造と脱税となるでしよう。
    • good
    • 0

 「有印私文書偽造」になるでしょうね。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q白紙の領収書を渡す店がありますが・・税法上は違法ですか?

繁盛しているお店でよく見かける光景ですが、領収書を自分で書いてねと
いう感じで白紙の領収を渡す店が多くありますが?
もし、その人(貰った)が自分の都合で実際の金額より多く記載した場合、
税法上渡した人が悪いのか、悪くないのか、もし悪いとすれば
どのような税法上の罪になるのか?詳しい方、教えてくださいませんか?

Aベストアンサー

 まず、水増しした金額の領収証を用いて、税金の申告をしますと、申告した本人、会社が税法の規定で罰せられます。また、これは犯罪行為ですので、営業マンであれば、会社から懲戒処分を受けられても文句はいえません。問題は、渡した方ですが、考えられるとすれば、直接罰する規定がありませんので、これらの税法違反に対する幇助罪の適用を考えることになります。これらは刑事犯罪ですので刑法38条1項の「罪を犯す意思がない行為は罰しない」が適用されますので、相手が明らかに水増しすることが明らかな場合は犯罪になりますが、多分、本当の金額を書いてくれると信じていれば、白紙領収証を渡しても犯罪ではありません。当然ながら、全く裏づけのない白紙領収証を販売する行為は、相手が不正に使うことは明らかですので、税法違反に対する幇助罪の適用になります。

Q領収書の偽造は税務署の方に追求されないのでしょうか?

会社で経費精算を担当しています。
社員で数人の者が以下のように領収書を偽造(?)しています。
(1)白紙の領収書に自分で金額を記入。
(2)お店でもらった領収書に金額を追加している。(例:3,500円の金額の前に2を書き足して、23,500円とする)

うまく作成してくれるのであれば、見てみぬふりをして処理もしやすいのですが、最近では(2)の方法で、誰がみても明らかに金額を足したなと分かるような書き方で領収書を回してきます。(字体も、ペンの色も違うので・・・)上司に相談しても、社内でも役員クラスの人が回して来ているので、追求したくもないのかだまって処理すればよいといいます。

私の気持ちの問題だけなのかもしれませんが、上記のような領収書でも会社としては特に問題ないのでしょうか。教えてください。上司も追求しようとしないということは、税務署の方とかが監査に来てもいちいち領収書などを調べたりはしないものなのでしょうか?
ちなみに上記領収書は雑費と交際費で処理しています。

Aベストアンサー

1 社長以下の役員も、上司の従業員も、実は、本当のところ怖いのは、
 経理の職員です。
2 明らかに偽造とわかる領収証で金額の張る同一の役員のものにつき、
 『税務調査が通らないので再発行して貰ってきて下さるよう』丁重に
 お願いされることをお勧めします。間違っても『この領収証はおかし
 い。』と言ってはいけません。最初は一人のターげットからはじめれ
 ばよいのです。不必要に戦線を広げないで下さい。
3 以前の領収証を経理が見逃していたことを指摘されたら、その件は
 気がつかなくて申し訳ありませんでしたとひたすら謝れば良いだけの
 ことです。謝り方が慇懃で丁重であればあるほど『怖い』と評価され
 大事にされます。経理にはそういう力が要求されます。
4 税務調査で指摘されたら僅かな金額でも増差差額が発生し、法人税、
 消費税、法人市県民税、事業税の上に延滞税等の罰科金が課せられ
 るとともに、税務署の税暦簿に汚点が記されて末永く睨まれ、3年ご
 との定期的調査をされる羽目になり、汚れた会社の常として常にお土
 産を用意しなければ調査がしのげなくなり、税理士からも当然その程
 度の会社と見くびられ、調査立会い料も多分心もち以上要求され、御
 社の社会的評価も下がる…、良いことが何もないことをこの機会にお
 おいに吹聴されれば良いだけのことです。
5 今回、それでも効果がなかったら、1~2ヶ月中にまた同じことを
 繰り返せばよいのです。経理として、会社を守るのは当然の行為です
 という姿勢だけを前面に出して下さい。
6 経理とは、たかだか、この程度のことをあたりまえにこなしてゆく
 仕事です。それ以上の仕事ではありません。上司たちからは感謝をさ
 れても睨まれることはあり得ません。彼らも、そんな経理マンが欲
 しいのです。
7 営業マンが外でする苦労に比べたら、そんなに大層なことではない
 でしょう。ここで泣き言を吐いていたら、開発や営業や…の人々に
 に顔が立ちません。経理の面汚しです。
8 merry_1980様のご年齢やキャリアを無視すれば以上のようなこと
 が言えると思いますが、社会的にも、社内的にもこれから成長され
 る緒についたばかりの方でいらっしゃったら、いま少し機会をお待
 ちになられたほうが良いでしょう。ただし、時間がmerry_1980様を
 汚ないことを祈念します。

1 社長以下の役員も、上司の従業員も、実は、本当のところ怖いのは、
 経理の職員です。
2 明らかに偽造とわかる領収証で金額の張る同一の役員のものにつき、
 『税務調査が通らないので再発行して貰ってきて下さるよう』丁重に
 お願いされることをお勧めします。間違っても『この領収証はおかし
 い。』と言ってはいけません。最初は一人のターげットからはじめれ
 ばよいのです。不必要に戦線を広げないで下さい。
3 以前の領収証を経理が見逃していたことを指摘されたら、その件は
 気が...続きを読む

Q領収金額欄を空白のまま領収書を発行するように頼まれたことはありますか?

こんにちは。

領収金額欄を空白のまま、領収書を発行するように頼まれたことはありますか?
とても変だと思うのですが、どのような理由が考えられるでしょうか?
同じような状況を経験された方や、経理の知識がおありの方に意見を伺いたいのです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 回答番号1番です。
 私もそれほど法律に詳しいわけではありませんが、2番の方の補足に書かれているように、「アルバイト先で店長や責任者などから白紙領収書を出すように」と指示されて白紙領収書を渡すということは、アルバイト先に刑法第159条(私文書偽造等)が、Skydaisyさん自身には刑法第62条(幇助)が絡みます。
 アルバイト先がこの白紙領収書を使って詐欺・脱税などに及んでいれば、その罪への幇助にも該当する可能性は否定できないようです。
(刑法第38条(故意)に、罪を知らなかった場合は罰せられることはないか、情状酌量されるとあるので、詐欺や脱税の片棒担ぎ(従犯)で刑務所行きになるようなことは考えにくいと思いますが)

 店に来店するお客様の依頼で白紙領収書を切ることも、常識的に考えるとそのお客様は「本来かかった経費より多い金額を書いて、会社から差額を騙し取る(詐欺)」か、「経営者の指示でより多くの経費がかかったように見せかけて税金逃れをする(脱税)」を働こうとするのは明白なので、やはりその従犯にさせられる可能性がないわけではないと思います。

 正規の領収書を切っているのに、「¥ 100 .-」のように¥マークや一番大きな桁の数字、あるいは最後の桁の数字と「.-」と数字の間が少し開いていたらここに数字を書き込んだり、1や0に線を書き足して4や7や9(1から)、6や8や9(0から)にお客様やバイト先が勝手に書き換えたりする分には、お客様・バイト先のみが私文書偽造等やそれを悪用したときには詐欺や脱税で引っかかるだけで、Skydaisyさんは無実ですが。(「¥ 100 .-」の領収書だと、収入印紙200円は必要ですが、やろうと思えば¥99999.-」(等角フォントで見てください)と多少不自然ながら変造が可能です。100円ショップやコンビニ、個人経営の文具屋などでどうやったらそんな額の買い物が出来るのか、という点についてはとりあえず本題から逸れますので無視しますね^^;)

 ちなみに大衆食堂や個人経営の駄菓子屋、元々個人経営の酒屋がコンビニをやっているという店などでは、「領収書ください」と言うとあらかじめ店名と住所を記したゴム印と経営者の三文判を押した白紙領収書をちぎってきて「あと必要なところはお姉ちゃん自分で書いてな」と渡されることがありますが……ちゃんと正規の料金を書いて身の潔白を取るか、多い額を書いて差額をポケットに入れてしまおうかといういわゆる「魔が差す」状態になるか、葛藤することがよくあります(^^;


 回答内容に挙げた法律の文章は、参照URLを参照されると便利です。

参考URL:http://www.houko.com/00/01/M40/045.HTM

 回答番号1番です。
 私もそれほど法律に詳しいわけではありませんが、2番の方の補足に書かれているように、「アルバイト先で店長や責任者などから白紙領収書を出すように」と指示されて白紙領収書を渡すということは、アルバイト先に刑法第159条(私文書偽造等)が、Skydaisyさん自身には刑法第62条(幇助)が絡みます。
 アルバイト先がこの白紙領収書を使って詐欺・脱税などに及んでいれば、その罪への幇助にも該当する可能性は否定できないようです。
(刑法第38条(故意)に、罪を知らなかった場合は罰せら...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報