ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

革底の靴の利点ってなんでしょうか?
雨の日やタイルの上じゃ滑るし、ラバーに比べるとクッション性もないので疲れますね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



高級革靴に限ってのお話ですが・・・

革ソールの利点は
(1)吸湿性
(2)返りのよさ
(3)仕上げの美しさ(薄さ、質感など)
です。
(1)は真夏に上質なオールラバーと革のソールを履き比べると良くわかります。1日履いたら2日休ませる(シューツリーをかませて通気のあるところで陰干し)前提であれば、革ソールはレザーの敵ではありません。
(2)(3)は趣味的な要素が強いですが、オーナーになって大切に扱うと少しずつ見えてきます。

>ラバーに比べるとクッション性もないので
→一概に言い切れないと思います。私は膝が弱いので靴には本当に気を使います。革ソールでもダブルソールは確かに良くないですが、中物やシャンクのつくりや素材などでかなり違います。イタリア靴の薄すぎるソールは膝にはよくないですが、アメリカ靴(オールデンやアレン・エドモンズのアーミータイブ)などは、陸軍の兵士が1日野山を行軍する前提で作られたのがルーツですから、ラバーソールよりもクッション性や返りも程よく、疲れませんよ。カッコは私の趣味ではないですが・・・。

メーカーによっては革ソールにレザーを貼ったタイプもあります。コレは耐衝撃性からすると優れものです。また、接地も良いですが、ソールが厚くなりますので見場はよくないですよ。

革ソールが単に伝統や趣味性だけしか魅力がないのであれば、とっくに廃れていると思います。
使ってみると納得の実用性があるから存在するのです。

しっかりした高級革靴店やデパートの靴売り場(新宿伊勢丹メンズ館地下一階のような)なら、「今日は見るだけですが」と一言言って置けばいくらでもフィッティングさせてくれます。
知ったかぶりは厳禁ですが、履かせてもらいながら色々と会話すると面白いですよ。
勉強になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
革底のメリットはどちらかと言うと実用的というよりは趣味的な要素が多いですね。

お礼日時:2005/12/02 22:53

通気性だけですね。


とは言っても、通気性のいいラバーも出てますけど…。
今の時代、アスファルトが多いので実用的ではないのかも。
よく歩くなら、ラバーのほうがいいです。
しかし、わたしは他の回答にもあるように、コツコツという音を楽しんでいます。
いい靴を履いているんだ、というちょっとした自己満足とともに…。
そして、靴底が減らないようになるべく歩かないようにしてます(^^ゞ
いい靴は、底を張り替えて長く愛用できますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
通気性ですか?一日履いたら、中の革の色が湿気で変わってましたけど、ちゃんと吸ってくれてるみたいですね。

お礼日時:2005/12/02 22:50

歩いた時の音ですね。

コツンコツンと音がするんですが、私の場合その音だけでその他の不便さは目をつむれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに革はいい音奏でますよね。

お礼日時:2005/12/02 22:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイタリー製など高級紳士靴をご愛用の方

裏が革底の靴って、購入時に必ず底になにかを貼るものなのでしょうか?
卸して半年まで経たないバリーの靴が底に大きな穴が開いてビックリしてます(毎日履いている訳でなく2足を履きまわしています)
仕方なく、今朝は家に有ったアルマーニの新品を履いて家を出た主人から「滑って歩けない、コンピニに入ったらきっと転ぶ」と電話^^;
確かに私もフェラガモなど革底のヒールは歩きずらいですが、底に滑りとめなど張らなくてもまぁ普通に履けますので処理してません
主人が今まで履いていたのはどうだったんだ?!と思って見てみたんですが、アルマーニでもプラッチック?っぽい底だったりゴム底だったりでした
革底の靴を最初に卸す時は当たり前に底に何か処理をしますか?
(何を、どこで?)教えて下さい お願い致します

Aベストアンサー

 イタリアの高級シューズというものが概して高温多湿な日本の風土にはあまり適していないように思いますし、ことに雨に極端に弱いということはよく知っています。

 その理由は、ほとんどのものが底が樹脂加工など特別な化学処理をしていない未処理皮のままですし、そのために水が滲み込むためのようです。もちろん磨耗にも強くありません。

 また、とかくタイルの上で滑るのも底が未処理の皮のままであるために、歩くことによってケバが出て、それがもとで滑る原因になります。ことにちょっと水のあるところを歩くと滑り出しますが、これは雨に濡れたゴルフクラブのグリップが滑るのと同じことなんです。

 つまり、このような高級シューズというものはもともとフェラーリやマセラティなどといった高級車で移動する方たちがお求めになるような種類の品ですので、通勤などのようにあまり度々、しかも長時間履き続けるような用途には向いていないということでしょう。

 もちろんイタリアでも底になにかを貼り付けるということをするわけでもありません。
 というより、当のイタリアではこんなシューズを買える人は少ないですし、買える層の人たちは、とにかく何足も持っていて、軽く履いてはまた別のシューズにといった使い方をするか、ちょっと古くなったらすぐさま新しいのを買えるのでしょう。

 バリーやフェラガモといえば日本でもブランドイメージの高い商品ですが、このサイトでも何度か書きましたように、単にブランド品といいましても、それがかならずしも日本の環境に合致しているとはいえない例は大変多いものです。

 わたくしもイタリアのシューズは何足か持っていますが、そのほとんどはパーティーとかコンサートといった用途に限っていますし、もちろんお天気が悪ければ履いて出ません。普段はといえばやはり国産のものが一番、これ、シューズに限らずなんでもそんな気がします。

 けっきょく、この日本では、通勤用は通勤用、パーティ用はパーティ用と、それに適したシューズを使い分けるしかないように思います。

 イタリアの高級シューズというものが概して高温多湿な日本の風土にはあまり適していないように思いますし、ことに雨に極端に弱いということはよく知っています。

 その理由は、ほとんどのものが底が樹脂加工など特別な化学処理をしていない未処理皮のままですし、そのために水が滲み込むためのようです。もちろん磨耗にも強くありません。

 また、とかくタイルの上で滑るのも底が未処理の皮のままであるために、歩くことによってケバが出て、それがもとで滑る原因になります。ことにちょっと水のあると...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報