生物学的に、にわとりとタマゴはどちらが先ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

saucepan さん、こんにちは~☆♪



以前の質問・回答を読まれましたでしょうか?

未読でしたら、下記のURLを紹介しておきます。

【ニワトリ?卵?】
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=16790

【鶏が先か卵が先か?】
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=68774


ではでは☆~☆~☆        - by パピヨン -

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=16790,http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=68774
    • good
    • 0

クイズでは、「2はトリ」だから、「1はタマゴ」というのがありますね。



「とんびがたかを産む」ということばがありますが、卵生の鳥類だから、正しくは、
「トンビが産んだ卵からタカの雛が孵った」わけですが、このタマゴを
「トンビが産んだからトンビのタマゴ」と考えるか、
「タカが孵ったのだからタカのタマゴ」と考えるかの違いですね。

前者ならば「ニワトリが先」、後者なら「タマゴが先」
(ニワトリの祖先でイチワトリというのがいた、として、タカをニワトリに置き換えればいい)

童話「醜いあひるの子」では、「ハクチョウ」に変身する(?)までは「あひる」という設定だったから、世俗的には、産んだほうに所属するみたいだけれど。

タマゴのDNAは雛と同じだから、たとえば、「1万年前のタマゴ」が氷河の下から発見されて、そのタマゴは何のタマゴだろうということになると、親は分からないから、タマゴのDNAを調べるしかない。産んだほうじゃなくて、生まれてくる(はずであった)ものの名前がつくでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生物学的にヒトモドキとは? ヒトモドキ科に属する生物に 南ヒトモドキと北ヒトモドキはどこが違うのでし

生物学的にヒトモドキとは?
ヒトモドキ科に属する生物に
南ヒトモドキと北ヒトモドキはどこが違うのでしょうか?ヒトモドキと人の明らかな違いはなんでしょうか? 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ユーザーの皆様へ。
回答前に履歴を見る事を推奨します。


社会カテゴリーに湧いている、幼稚な短文の反日質問をしまくっている連中と同じ匂いを感じる。

こういうキチ〇イがいるから、保守=ネトウヨ というレッテルを左翼に貼られる。


私はあの国々に良い印象を持ってはいませんが、彼らやその仲間を罵る事で愛国者を気取る気はありません。
それで、第三者の理解を得られるとも思っていません。

そのような者は、自分の巻き添えに味方の評判を下げる迷惑なバ〇野郎だと思います。
もしかしたら、それが目的なのでしょうか。
https://www.youtube.com/watch?v=Ezn0e_YOW2c


バカな味方は敵より始末が悪い。

Q生物の発生について生物学において生物の誕生は、海底の熱水の吹き出しによりアミノ酸などの化合物が生

生物の発生について

生物学において生物の誕生は、海底の熱水の吹き出しによりアミノ酸などの化合物が生成、その後それらのアミノ酸を元に嫌気性微生物が発生というようなプロセスであったと思います。

実際そのような条件で生物が発生するというのであれば、人口的に同じ条件を作り出し経過監視していれば無生物であった環境に生物は発生する、もしくはそのような傾向が見られるのでしょうか
過去の研究などでこのような実験が行われているのであれば結果に関して教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

オパーリンの実験も有名ですが、スタンリー・ミラーが1953年に行なった「ユーリー-ミラーの実験」も、【いわゆる化学進化仮説の最初の実証実験として知られる。】とのこと。
ウィキの記述が、図解も含め、なかなか刺激的で面白いです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%AE%9F%E9%A8%93
ただ、現在的評価としては、
【その後の地球物理学の研究進展により、・・・・・】
【彼の得た結果は現在では認められないものであるが、彼が切り開いたのは生命発生の過程を実験的に検証する方向性であり、これはその後の研究に大きな指針となったものであった。】ということで、今のところ化学進化説が実証されているわけではなさそうです。
ただ、実験結果が認められないのは【酸化的な大気における有機物の合成は著しく困難】という理由かららしいのですが、【あり得ない】と断言しているわけではなく、今後さらに研究が進めば、化学進化説が実証される日が来ないとは言い切れない。

オパーリンの実験も有名ですが、スタンリー・ミラーが1953年に行なった「ユーリー-ミラーの実験」も、【いわゆる化学進化仮説の最初の実証実験として知られる。】とのこと。
ウィキの記述が、図解も含め、なかなか刺激的で面白いです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%AE%9F%E9%A8%93
ただ、現在的評価としては、
【その後の地球物理学の研究進展により、・・・・・】
【彼の得た結果は現在では認められないものであるが、彼が...続きを読む

Q【生物心理学】犯罪者はより刺激がある犯罪を求める】って本当ですか? 生物学者の池田先生が言ってました

【生物心理学】犯罪者はより刺激がある犯罪を求める】って本当ですか?

生物学者の池田先生が言ってました。

Aベストアンサー

犯罪者なら その節の 最高levelを 求めるかもね?
ハッキングが好きなら セキュリティの ムズイ 高みを目指すだろうし。
客観的感性が強い人なら 関節的に aから dまでを 操作して 殺す事を可能にするかも?
【実は みえないXとか?】

Q生態学で、生物的要素を、生産者、消費者、分解者と、3種類に分類しますが

生態学で、生物的要素を、生産者、消費者、分解者と、3種類に分類しますが、
消費者と分解者の違いがわかりません。
消費者とは人間を含む動物、分解者は菌類などですが、どちらも行っているのは
呼吸で、有機物を無機物にしています。

口があって、他の有機物をぼりぼり食べるのが消費者で、そうでないのが分解者
と考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

>消費者とは人間を含む動物、分解者は菌類などですが、どちらも行っているのは呼吸で、有機物を無機物にしています。
それは違うでしょう。確かに動物は他の動物や植物を補食しますが、排出するのは二酸化炭素、尿素、尿酸、それに糞便です。
糞便や動物自身の死骸のうち他の動物に食べられなかった部分が無機質に分解されるには菌類(といってもこの菌類の世界がバカ広い)が不可欠です。

Q生物学的に考えると「生きる意味」とは何ですか?

まず思いつくのは子孫を残すため、だと思うのですが

子孫を残すのは何故ですか?

始まりはともかく歴史上絶滅をさせないための工夫がなされてきていることから

偶然ということではないと思います。

種を繁栄させた先には何があるのでしょうか?

Aベストアンサー

>>初期段階では全くの偶然と考える意見には同意見なのですが生物は環境に適応し、生命維持に特化した進化をしてきましたよね。

この進化も生物学的には単なる偶然と化学変化の積み重ねとしか言えないです。
人間の意思だってたまたまそういうふうに進化した脳機能における単なる生化学的な化学変化ですし。



>>>種を繁栄させた先には何があるのでしょうか?
その場その場での環境に適応した生物が現れるだけかと思います。



>>こうだとすると一世代でなくなっちゃったっていいと思いませんか。

生物学的には一世代で消えて無くなっても特に問題ありません。
現実として地球上の全生物が消えるだけの出来ごとが起きれば消えますし、その要因に対して生き延びる能力をたまたま獲得した種がいればその種は生き延びるでしょうね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報