村上春樹についてのリサーチペーパーを書きたいのですが、
なかなかいい資料が見つかりません。
洋書、和書どちらもOKです。
批評、論文、資料になるものならば、なんでも大丈夫です。
知ってる方、お願いします。

A 回答 (3件)

村上春樹クロニクル1983-1995は僕も以前参考にしましたが、


この著者自身が他のタイトルでも村上春樹について書いていた記憶があります。

また
象の消失
の前書きに面白い内容が含まれていた記憶があります。
    • good
    • 0

最近、AERAムックで「村上春樹がわかる」というのが出ていたと思います。


本屋で見かけただけなので、内容は詳しく見ていませんが。
    • good
    • 0

こんにちは。



洋泉社からでている『村上春樹クロニクル1983-1995』
鈴村和成著 という本があります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q村上春樹さんの読みやすい作品を教えて!

始めて読んだ村上春樹さんの作品がねじまき鳥クロニクルだったのですが、正直面白いと思えませんでした。

しかし、一つの作品だけを読んで批判したくないし、他の作品も気になるのですが、次は失敗したくないので、村上春樹入門本を教えてください。

お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

ねじまき鳥クロニクルが面白く感じないとすると、村上春樹の、最も村上春樹らしい作品群はあなたには合わないということになると思います。

ねじまき鳥クロニクルが面白く感じる人ならば、世界の終わりとハードボイルドワンダーランドや羊をめぐる冒険等の作品は当然面白く感じると思いますが、そうでないとすると、風の歌を聴けとか、1973年のピンボールとかが読みやすいと思います。

ノルウェイの森を読んでみて面白く感じるとすれば、その他の村上作品は大抵面白く感じないだろうと思います。
ただ、ノルウェイの森が読みやすいかというと、人それぞれかなぁ・・・

Q村上春樹さんと酒井事務所

大学の機関誌で村上さんにインタビューをお願いしようと住所を調べたのですが、読売の人名年鑑2003年度版の村上さんの連絡先(他の作家さんなどは自宅らしき住所が載っている欄)に神田神保町にある酒井著作権事務所がありました。酒井著作権事務所に手紙を送ってしまって村上さんの手元に届くものなのでしょうか?できるだけ早く読んでいただきたいのでなるべくなら出版社は避けたいのです。インタビューは無理を承知で依頼するのですけれども…。
不躾な質問で恐縮ですが、どなたか回答お願いします!

Aベストアンサー

こんばんは。

確かに村上さんって連絡先が無いですよね。
村上さんは極めて個人的に仕事をしてますから、
連絡先=本人になると思われます。
ファンレターなら出版社なんですが、依頼は....

正直に酒井事務所に電話してみると良いですよ。
「~年鑑にここの住所がありましたのでお電話しました」って。
事情を話せば伝言してくれるか教えてくれるでしょう。
手紙より安くて簡単です。

で、改めて手紙なり何なりすれば良いのです。
もちろん、酒井事務所が駄目な場合は、新潮社でも講談社でも電話して、事情を話せば良いのです。
なるべく急ぐなら電話でしょう。
彼の仕事ぶりを見る限り、出版社じゃないと受けないという事は無いようですから。

昔ならメールも出せたんですけどねえ。(村上朝日堂とかカフカとか)

Q村上春樹の作品で教科書に載っているのはどれですか?

こんにちは。
タイトルの通りなのですが、村上春樹の作品で教科書に載っているのはどの作品かご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。できればどの部分が掲載されているのか教えていただけたら助かります。
また、多数ある村上春樹作品のなかでその作品が教科書に選ばれたことについて、なにかご意見があったら(ほかにこの作品がいい。など)聞かせてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おはようございます。

村上春樹の作品が教科書に載っていることを質問者さまのこの質問で知りまして、びっくりして(すみません…)気になってネットで調べてみました。
わたしが調べることができたのは以下の三作品でした。

・蛍(高校)
・鏡(高校)
・風の歌を聴け(中学)

残念ながらどの部分が掲載されてたのかまでは、わからなかったのですが・・・・私も知りたいです。

風の歌を聴けが中学の教科書に載っているのは、しぶいなあと思いました。とても見てみたいです。
蛍にしても鏡にしても、同じく高校の教科書、というか教科書に載せることじたい、しぶいなあと思いました。いったい先生はこれらの作品を教材にどうやって教えているのか気になります。

ほかにこの作品がいい、というか載ってそうと思ったのでは、ノルウェイの森です。個人的には世界の終わりとハートボイルドワンダーランド、羊をめぐる冒険
が載ってると、わくわくするなあというかんじです。海辺のカフカも主人公が中高生の年齢に近いし良いかもしれないですね。

Q村上春樹の日本語は英語っぽい?

以前、友達から「村上春樹の小説の日本語は英語っぽい」って言われたんですけど、それから本当にそうなのかなとずっと気になってました。

僕は彼の小説を日本語で何冊か読んだことがあるのですが、たまに英語っぽい現表(1Q84ではあるキャラクターが酔っぱらって「バスにひかれた」って言ったのは例として)な程度ですけど、日本人は皆どう思うかが気になって質問したくなりました。

村上春樹は確かに欧米の文化(特に音楽)が大好きなようですけど、彼の作風は本当に英語っぽいのでしょうか?

誰かに教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

今NHKのラジオ講座で「英語で読む村上春樹」という講座が放送されています。

随所で村上春樹の日本語は英語っぽいという説明が出てきます。
日本語と英語が対訳になっていますし、英語だけでなく各国語に翻訳した方がゲストとして出演されることもあり、とても興味深いです。

「像の消滅」はもう終わり、今は「かえるくん、東京を救う」を読んでいます。

テキストを読むだけでも面白いのでおすすめです。

http://www3.nhk.or.jp/netradio/
https://cgi2.nhk.or.jp/gogaku/english/yomu/

Q村上春樹さんの作品

私は最近、村上春樹さんの作品を読みたいなと思っているのですが、作品数が多くて、どの作品から読めばいいのか迷っています。
そこで、村上春樹さんの作品でオススメのものがありましたら、ぜひ教えてください。
ちなみに私は現在、高校三年生で性別は男で、就職が決まっています。
読書は全くといってよいほどしたことがなく、ロックばかり聴いていました。
こんな私に合う作品を御存知の方、ぜひお願いいたします。

Aベストアンサー

代表作といわれているのは、
「羊をめぐる冒険」「ノルウェイの森」
「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」
「ねじまき鳥クロニクル」
あたりでしょうか。

「羊をめぐる冒険」と「世界の終わりと・・・」は
ちょっとしたサスペンス仕立てになっているので、
これらのなかでも特に読みやすいと思います。

「ノルウェイの森」は恋愛小説で、これも読みやすいですね。
おそらく村上春樹の作品のなかで一番売れているのではないでしょうか。
主人公が質問者さんと同年代なので、感情移入しやすいかもしれません。

「ねじまき鳥クロニクル」は、量も内容もなかなかヘビーな作品です。
あるていど村上春樹作品の世界に慣れていないと、とっつきにくいかもしれません。

とりあえず、前3者を読んでみてはいかがでしょう?

Q村上春樹は日本のドフトエフスキーか?

ある友人から、村上春樹の切り口がドフトエフスキーのそれと似てきたといわれました。とっさのこと返事しかねましたが、あとで考えてもよくわかりません。
 後日、どういうことなのか友人に問いただしてみようと思うのですが、皆さんは現在の村上春樹からドフトエフスキーを感じますか?

 現在私は村上春樹の「炎天雨天」「辺境・近境」「村上朝日堂の逆襲」などの紀行文にはまっています。小田実の「なんでもみてやろう」と相通じるものを感じて、楽しんでいます。

Aベストアンサー

個人的なレベルですが、私は2人に共通するものを感じたことはありません。異質だと思います。でも、通じるものがあると思う人がいても、それはその人の感じ方であって、それはそれで構わないと思います。

Q村上春樹の作品ですきな小説

題名のとおりです。

村上春樹の作品を皆様で共有したいです

ちなみに僕の好きな作品は「ノルウェィの森」です

Aベストアンサー

今年こそノーベル賞取れるといいですね!
ノルウェイの森もいいですね。あの文体がいいんですよねー。男性は、永沢さんに憧れるみたいですね。頭脳明晰で、声かけた女の子皆頂いちゃうという(^_^;) なんとなく、ここの常連さんの某氏に似ているような。。
私は、スプートニクの恋人がバイブルです。アウトローな登場人物が自分とかぶるし、家族関係の悩みも自分とかぶるし、恋心の描写も秀逸で、そうなのよー!と膝を叩きたくなる文章が多々あって、たくさん線を入れました。どんなにこの本に救われ癒されたかわかりません。
ちなみに、村上春樹さんとは、ネット上で交信した事があるのが自慢であり宝物ですw

Q「村上春樹」って?

「村上春樹」の小説には全く無知です。文学は純文学で夏目漱石・芥川龍之介・川端康成・三島由紀夫あたりで止まっています。

現代作家で特に「村上春樹」の名はよく聞きますが、最初「角川春樹」と勘違いしていました。「村上春樹」の小説の位置づけと申しますか、文学史ではどのような位置にあるのでしょうか?まず、彼は純文学の小説家ですか?

自分で調べろと言われそうですが、そこまでのエネルギーがありませんので、お教え願いませんでしょうか?

Aベストアンサー

どうもNO.1です。
返信ありがとうございます。

ノーベル賞候補ですが、ノーベル文学賞は日本人として過去に川端康成氏が受賞しました。
この時は、作品の叙情的な美しさも勿論ですが、主に日本的であり、オリエンタルなところが、ヨーロッパの方から見て、新しいもの(新感覚)として評価されたのでしょう。
大江健三郎さんの作品にも、この日本らしさが感じられます。
村上春樹さんの作品には、とりわけつよく日本的なものを私は感じませんが、世界的にみて普遍的なもの、あらゆる文化や民族に関係なく、人間に共通したテーマを分かりやすく共感しやすく書いているので、世界的に評価されているのではないでしょうか?
このあたりも個人的な感想です。

もう一つの質問の現代の作家達の文学的才能ですが、むつかしいところで、私には判断できません。
明治から始まった日本の近代文学で、数多くの素晴らしい作家が生まれ、幾多の優秀な作品が残されました。
このときに、不変的であり、普遍的なテーマの殆どが描き尽くされてしまったのではないかと私は感じています。
そのために、現代の作家が同じテーマで作品を作ったときに、過去の同じテーマの作品を超えるものを作らないと評価されず、下手をするとパクり作品といわれかねません。これを避けるために現代の作家は、少々特異なテーマを選んで作品を書いているような気がします。
中上健次氏あたりから、その傾向が強くなってきたような気もしますが、現在では、それすらもありふれたものになって行きつつあるような気がします。
あらゆるテーマがありふれたものになりつつある中で、新しいものを作っていくのは相当難しいことで、現代の作家はそれに悩んでいるのではないかと勝手に感じています。
作品数は多作の方もいらっしゃいますし、寡作の方もいらっしゃいますので一概には言えませんが、長編作品が増えてきているのではないかと思います。
長編作品は、ある意味、読み手(消費者)から見ればコストパフォーマンスが良いので好まれているのではないでしょうか。これだと短編作品集を出すよりは長編一本を書いたほうが本にしやすく、出版社の方もそれを望んでいるので、必然的に数より量といったような流れで進んできているような気がします。

最期に、先の投稿で村上春樹さんの作品を『風の音を聴け』と書いてますが、『風の歌を聴け』の間違いですね。偉そうに書いておいて、ちょっと恥ずかしい間違いをしてしまいました。しかも、見える範囲にその文庫本が置いてあるにもかかわらずです。ほんと‥。

どうもNO.1です。
返信ありがとうございます。

ノーベル賞候補ですが、ノーベル文学賞は日本人として過去に川端康成氏が受賞しました。
この時は、作品の叙情的な美しさも勿論ですが、主に日本的であり、オリエンタルなところが、ヨーロッパの方から見て、新しいもの(新感覚)として評価されたのでしょう。
大江健三郎さんの作品にも、この日本らしさが感じられます。
村上春樹さんの作品には、とりわけつよく日本的なものを私は感じませんが、世界的にみて普遍的なもの、あらゆる文化や民族に関係なく、人間に...続きを読む

Q村上春樹の作品で…

恋愛や官能要素が少ない、又は無い作品を教えて頂きたいです!

最近、村上春樹の作品を読みはじめて(レキシントンの幽霊など)、その世界観に魅了された私なんですが…
次に読んだ「ノルウェイの森」で、この世界観はなんか違うっ、と途中で放棄してしまいました…;;

サッパリしてて単調な感じが合ってるのかなー、と思います。

こんな私にオススメの村上春樹を教えてください★

Aベストアンサー

ノルウェイの森以前の作品はすべて、官能要素はゼロと言っていいでしょう。
多少の恋愛要素、官能要素はありますが、どれも乾いたものなので、
あなたが嫌うような恋愛要素ではないと思います。

比較的単調なものであれば、デビュー作「風の歌を聴け」とか、
「1973年のピンボール」などでしょうか。
(劇的な展開がない、というような意味です)

「羊をめぐる冒険」以後は、ストーリーテリングが非常に上手になったので、
それなりに展開する作品が多いです。
しかし、洗練されたドライなトーンは残っているので、
ノルウェイの森以前であれば、どれもがオススメできます。

初期の作品で具体的にいえば、
長編では、
「風の歌を聴け」
「1973年のピンボール」
「羊をめぐる冒険」
(これらは三部作といわれています。上から順番に読んでください)
「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」
短編では、
「中国行きのスロウボート」
などがオススメできます。

Q村上春樹著『青が消える』について

村上春樹著『青が消える』について

学校の授業で村上春樹の『青が消える』という小説が出てきました。
5~6回読み直してみたのですが、私にはさっぱりで作品の本質がはっきりしません。
教師にも何を意味しているのかなどを聞いてみたのですがよく分かりません。

・何故筆者は『青』を消えるものにしたのか。
・筆者は読者に何を語りかけているのか。

回答者様の一考察で宜しいので、どうか回答おねがいしますm(_ _)m

Aベストアンサー

「青が消える」はフランスのル・モンド紙に発表された作品です。ぼくは未読ですが、
この事実が内容を理解する鍵になっているような気がします。

フランスと青で最初に思いつくのが、青・赤・白のフランス国旗です。この中で青は
自由を表わしています。ちなみに白は平等、赤は博愛(友愛)です。もしかするとこの
作品でも、青は自由を表わしているのではないでしょうか?

全くの憶測ですので、見当違いだったら、お許しください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報