「春白昼ここの港に寄りもせず岬を過ぎて行く船のあり」わたしは高校2年生なのですが、学校の授業で若山牧水さんの歌の調べをしています。そんななかで、どの本をさがしても訳、解説がみつからない歌がありました。上に上げたのがそれです。どなたか、訳、解説の出来る方、いらっしゃいませんか?おねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

下の続きです。

参考書が見つかりました。
「若き牧水、愛と故郷の歌」伊藤一彦著 鉱脈者 によれば場所は三浦半島です。
「別離」の一千首の最後にこの歌が掲載されているので牧水は一切の自分の過去を去り行く船に込めた(象徴させた)のだろうと解説しています。

この歌を味わい理解するためには、「別離」収容の他の歌をよく鑑賞する必要がありそうです。添付URLも参考になるでしょう。

参考URL:http://comet.tamacc.chuo-u.ac.jp/bungakusanpo/bo …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!すぐにお返事を送っていただいてうれしいです。まったく手がかりになる物がみつからなかったので、助かりました。色々と参考にさせていただきます。また何か情報がありましたらよろしくおねがいしますね☆

お礼日時:2001/12/07 22:50

若山牧水は旅の歌人として有名ですね。


「幾山河越えさり行かば寂しさのはてなむくにぞけふも旅ゆく」は御存知でしょう。「春まひる・・・」の歌は歌集「別離」下巻に収められています。今、時間がなく場所まで調べられませんが、旅先の小さな港の旅籠(はたご)の窓から(多分)港外をゆく船を見て、のどかな春の真昼だというのに、この港にも寄らずあの船はいったいどこへゆくのだろうか・・と自問した歌だと思います。旅の空にある者は常に自分の行く末(人生の目的地)を想って感慨にふけるのでしょう。牧水は人生を寂しいものと考え、たくさんの歌を残しています。私の好きなのは「幾山河」と「ふるさとの尾鈴の山のかなしさよ 秋もかすみのたなびきてをり」です。

牧水の歌でどうしても疑問が残れば下記へ電話すれば教えてくれるかも知れません。

牧水記念館
宮崎県東臼杵郡東郷町大字坪谷3番地
電話:0982-69-7722

記念館の横に牧水の生家が保存されています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q若山牧水 短歌 

若山牧水の歌に
「幾山河越えさり行かば寂しさの終てなむ国ぞ今日も旅ゆく」
というのがありますが、この歌を作った時の背景と単語の意味を教えてください

Aベストアンサー

詳しい解説はできませんが
故郷を遠く離れて旅をしている時の寂しさ(ホームシックのような感じ)を歌った歌ではないかと思います。

Q若山牧水 白鳥は・・の訳について

白鳥は「哀しからずや」の「哀しからずや」はどう訳せば良いのでしょうか。
できれば、入試問題的な解答をいただきたいのですが。

Aベストアンサー

 
  牧水の元の歌はひらがなだたような気もするのですが、漢字で「哀」を使っていたなら、それは「悲」の場合の「かなしからずや」とはニュアンスが違います。そもそも、同じ「かなし」が、何故、「哀し・悲し・愛し(かなし)」に漢字で書き分けるかと言うと、元の言葉に複数の意味・ニュアンスがあって、それを表現するための工夫で、自覚的に文章を書いている人は、それぞれに意味やニュアンスを区別して使っているはずです。
 
  「悲哀」は、「かなしみ」ですが、「悲痛+哀切」というような感じで、決して、「かなしい+かなしい」の二重重ねではないはずです。(悲哀、悲痛、哀切で、人によって把握が違うかも知れませんが、明らかにニュアンスが違っています。みな、同じ「かなしい」ことだと言えば、乱暴でしょう)。
 
  しらとりはかなしからずや → 白い鳥は、悲痛ではないのだろうか
  しらとりはかなしからずや → 白い鳥は、哀切ではないのだろうか
 
  これは、意味やニュアンスが違っています。「悲痛」というと、しらとりを見て、心が、どういう理由か「痛む」という感じで、かなり感情で辛いものがあります。「哀切」というと、心に痛みがあるかも知れませんが、それを詩的に受け止めるというか、ある程度客観化し、距離を置いた感じがわたしにはします。(悲痛は、「私が悲痛」で、哀切は、「何かが哀切」です。大ざっぱですが)。
 
  白き鳥よ、あなたは何と哀切なことか、空はこんなに青く、海はあんなに青いのに、空からも海からも離れ、ひとり孤独に漂っていることか。

  (そのように、わたしの心も、哀切のなか、漂泊の思いに満たされる……)。
 
  これは、わたしの解釈ですが。
 

 
  牧水の元の歌はひらがなだたような気もするのですが、漢字で「哀」を使っていたなら、それは「悲」の場合の「かなしからずや」とはニュアンスが違います。そもそも、同じ「かなし」が、何故、「哀し・悲し・愛し(かなし)」に漢字で書き分けるかと言うと、元の言葉に複数の意味・ニュアンスがあって、それを表現するための工夫で、自覚的に文章を書いている人は、それぞれに意味やニュアンスを区別して使っているはずです。
 
  「悲哀」は、「かなしみ」ですが、「悲痛+哀切」というような感じで...続きを読む

Q若山牧水の短歌の解釈について

若山牧水の、
「海底に 眼のなき魚の 棲むといふ 眼の無き魚の 恋しかりけり」
と言う短歌ですが、
「海の底には目がない魚がすんでいるという。自分にも目がなければどれだけ気楽な生活を送っているだろうか。目がない魚が恋しい。」
という解釈で正しいのでしょうか。
どなたかご存知の方、いらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は次のように感じ取りました。正しい解釈というわけではありません。

深い海の底には光が射し込まないから、そこには眼が退化してしまった何もものが見えない魚が棲んでいるそうだ。その魚は、外見でものごとを判断せず、心で真実を感じ取るのだろう。ああ、眼の無い魚のように、外見でものごとを判断せず、心で真実を感じ取る人に出会いたいものだ。

Q数学わからない問題がでてきて、黄色チャートにもどっても解説がわかりにくいです。解説が詳しい調べる用参考書ないですか?

数学問題集やって解説読んでも分からない部分があります。チャートにもどっても解説がわかりにくいですいい調べる用参考書ないですか?

Aベストアンサー

問題集や参考書の解説を自力で理解するためには、ある程度の実力が必要です。
他の参考書を買っても、状況はあまり変わらないと思います。
今はまず、学校の先生や数学が得意な友人などから「解説の解説」をしてもらってください。
それを繰り返してあなた自身の実力がある程度高まってくれば、問題集等の解説をだんだん理解できるようになっていくと思います。

Q若山牧水の短歌の訳を教えてください

若山牧水の

『幾山河越えさり行かば寂しさの終てなむ国ぞ今日も旅ゆく』

の訳を教えていただきたいです(´>ω<`)


明日までには知りたいのでお願いします(¨ )

Aベストアンサー

ご参考まで。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1345502798

Q歌う男と歌わない男

僕は中学3年生です。
もう少しで合唱コンクールなんですが
僕のクラスは優勝候補として挙げられています。でも、この間、学年練習があって他クラスの友達に
「俺らのクラスの歌どうだった?」と聞くと
お前の声しか聞こえねえよ(笑)と言われました・・・
別に質問してない奴からも
「おまえの声ハンパねえな」とたくさんの人から言われます。別に一、二年の時から結構声を出しているので、別に驚きませんでしたが・・・
そこで質問です。

今の女子は歌う男と歌わない男どっちのほうが好感度があるのでしょうか?

女友達に聞くと、歌っている方がいいに決まってんじゃんwww
と言われますが、僕をきずかっているように思えます。
おきずかいは必要はありません
正直にお願いします。

Aベストアンサー

わたしは中学生ではないのですが、合唱なのに歌わない男子って、
なんかかっこわるいと思います。
さぼってるのがカッコイイと思ってるのかな? とか。

わたしも合唱では一生懸命歌ってましたが、
合唱で歌わない女子は、歌わない男子の方が好きかもしれませんね。


個人的には、歌のうまい人や、音感に優れている人が好きです。

社会人ぐらいの年になると、
男性は、見た目よりも、声のいい人がもてます。声のいい男性は、性格もいい人が多いです。

Q若山牧水の短歌の訳について

『瀬々走るやまめうぐひのうろくづの美しき春の山ざくら花』の解釈を教えていただきたいのです。
明日までに調べなくてはいけないものだったのですが、図書館に行く暇がなかなかできなくて調べれなかったのです。
俳諧に詳しい方、どうか教えてください。

Aベストアンサー

 
  わたしは短歌にそれほど詳しくありませんし、どういう状況か、また、このうたの出てくる背景も分かりませんので、あくまで、参考と考えて下さい。(お困りのようなので、少なくとも、歌のなかの言葉で分からないものはないので、解釈します)。
 
  「やまめ」とか「うぐひ」は、淡水・渓流に住む魚の名前です(うぐひは、淡水魚は間違いないですが、渓流かどうか確信ありませんが)。「うろくず」というのは、魚の「うろこ・鱗」のことです。ですから、
 
  > 渓流の(流れの速い)瀬を(素早く、元気に)泳ぐヤマメやウグヒの鱗が、(光に反射してか?)美しく(光って?)見えるこの春に、山桜が花咲いている。
 
  これでは単なる情景描写ですが、どういう心境が投影されているのか、詠んだ時の状況で、解釈できることがあります。
 
  山桜の花も、里よりも寒い山では、時期が遅いですし、また山は、かなりまだ寒いはずです。その寒い、冷たい水の急流のなかで、やまめやうぐひが、素早く鱗を美しく煌めかせながら生き生きと泳いでいる、やはり春であり山桜も花咲いている……(心境推測:世のなかの寂しさや厳しさのなかでも、生き生きとした人生もあり、花開くものもある……希望もあるのであろう……とふと心も幾らか明るくなる思いがする)。
 
  以上は、語句の上からのわたしの勝手な解釈です。また「心境推測」は、まったく見当違いの可能性が大きいです。自分で読む参考にしてください。
   

 
  わたしは短歌にそれほど詳しくありませんし、どういう状況か、また、このうたの出てくる背景も分かりませんので、あくまで、参考と考えて下さい。(お困りのようなので、少なくとも、歌のなかの言葉で分からないものはないので、解釈します)。
 
  「やまめ」とか「うぐひ」は、淡水・渓流に住む魚の名前です(うぐひは、淡水魚は間違いないですが、渓流かどうか確信ありませんが)。「うろくず」というのは、魚の「うろこ・鱗」のことです。ですから、
 
  > 渓流の(流れの速い)瀬を(素早...続きを読む

Q古文の文を訳すとき接頭語は訳さなくていいんですか? あと、接頭語をできるだけ教えてください

古文の文を訳すとき接頭語は訳さなくていいんですか?

あと、接頭語をできるだけ教えてください

Aベストアンサー

古典の教科書か副読本の後の方に、品詞の一覧と活用表が載っています。もし見た事が無いならあなたはすでに落ちこぼれています。私達の古典の最初の二ヶ月は全ての品詞と活用「だけ」しか習いませんでした。定型活用をする物以外のすべてをおぼえるのです「あり、をり、はべり、いまそかり」「が、の、を、に、へ、と、より、にて、から、して」といまでも覚えていますよ。これをすべて覚えると文法が要らないのです。

Q若山牧水の「心の鉦」とは

若山牧水の「けふもまたこころの鉦をうち鳴らしうち鳴らしつつあくがれてゆく」の歌ですが、「心の鉦」とはどのような鉦なのでしょうか。「心臓が早鐘のように鳴る」という言葉がありますが、そのように「わくわくするような心」のことなのでしょうか。牧水は、また、どんな鉦を頭に描いて詠んだのでしょうか。

Aベストアンサー

昔の人が旅をすることは現在と同じ観光とは別に修行のための旅もありました。修行にはお遍路さんも含めていいと思います。お遍路さんは携帯用のちいさな鉦を打ち振り、ご詠歌を歌いながら寺から寺へと巡礼を続けました。

旅が好きだった牧水は、お遍路さんのように鉦も鳴らさずご詠歌もあげないけれど、心の内では同じような真摯な気持ちで旅をしていた(単に観光旅行ではなく)ということを表しています。牧水の旅は目的地に到着するためではなく、旅そのものが目的で彼が如何に人生に悩みを抱いていたかが分かります。

Q桑野 隆訳[マルクス主義と言語哲学] 北岡誠司訳[言語と文化の記号論]の英題は何というのか教えてください。

私は現在イギリスに住む者です。「言語論の観点からミハイル・バフチンの本を読むなら桑野 隆訳[マルクス主義と言語哲学] 北岡誠司訳[言語と文化の記号論]がいい。」と他の書物から知りました。イギリスでこれらの英訳版を探したいと思っていますが、どれが上の本に当たるのかがわかりません。もし上記のいずれかを持っておられる方いましたら、原題もしくは英題を教えていただけないでしょうか?よろしく御願い致します。

Aベストアンサー

この本はV. N. Volosinov の著作です。
ヴォロシノフ名義だが、バフチンの著作であるとされてきたので、日本ではバフチンの名前で翻訳されました。
英訳タイトルは
Marxism and the Philosophy of Language
Amazonなら、£18.00ですね。


#念のため。
北岡誠司訳『言語と文化の記号論:マルクス主義と言語の哲学』(「ミハイル・バフチン著作集」第4巻)

桑野隆訳『マルクス主義と言語哲学:言語学における社会学的方法の基本的問題』
は、原文は同じです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報