床暖房パネルとパネルヒーターとどちらが効率良いですか。玄関のあがり間が二畳ほどありそこに床暖パネルかパネルヒーターどちらがよいか。同じく風呂の脱衣室(洗面台あり三畳くらい、それとトイレです。床暖機能付きの石油ストーブを購入して、それぞれの部屋を暖めたいのですがどちらが暖かいでしょうか。新築で無いので配管は床下をはわすつもりです。そして、床暖にするとすればそれぞれの部屋を全面床暖でなく、一部だけにしたいです。しかも夏ははずしたいのですが・・・電気代のあまりかからない電気シートみたいな物は無いでしょうか。それだと工事も簡単ですよね。すいません。北国です。

A 回答 (1件)

床暖と床置きタイプの暖房機の違いは「体感温度」です。


室温が同じとすれば、体感温度は3~5℃、床暖の方が暖かく感じます。
ただし、このメリットを感じるためにはある程度の時間その場に静止している姿勢でいなければなりません。
活動的な状態ではメリットを感じられません。感じないといってしまうといいすぎかもしれませんね。メリットが少なくなるといっておきましょう。
まず始めに、玄関の上がりでは、静止していることはまずありません。
この場合は壁掛け型のふく射暖房が良いと思います。
壁掛けタイプの遠赤外線ヒーターが床での場所を取らずに邪魔にならないと思います。
遠赤外線の照射方向を玄関の土間に向けておけば、玄関に入った瞬間に暖かさを感じることができます。
次に、脱衣室ですが「濡れる」ということを前提に選定した方が良いでしょう。
三畳ほどの空間ですのでわざわざ床暖機能つきの石油ストーブを使うほどの暖房負荷はありません。
せいぜい1000kcal/h(1kw強)の加熱能力があれば足りると思います。
ここの場合は足元から暖めたいので床置きタイプの遠赤外線ヒーターで十分だと思います。
常時暖房しておくならば石油ストーブを併用した方が電気代の節約になります。
数時間単位なら遠赤外線ヒーター単独、半日以上の連続暖房なら石油ストーブ併用といったところでしょう。
トイレも脱衣室同様ですが、能力は400wもあれば十分です。
いずれの場合にしても冬季限定で設置できます。
最近はやりの扇風機型のハロゲンヒーターは場所を取るので今回の件ではお薦めしません。
薄型のものを選んでください。家電量販店にカタログが置いてあります。
簡単に設置できる床用の電気シートは「ホットカーペット」が該当すると思います。
しかし、質問にある場所はいずれも不向きです。脱衣室は特に水気があるのでやめたほうが良いでしょう。
遠赤外線ヒータを使う時の注意点として、人を中心とするのでっはなく足元の床を含めて照射範囲とするように設置してください。
床から二次的に遠赤外線が発せられて、暖房効果が増加しますので。
脱衣室も足元の暖房効果を増強したい場合は、床置きよりも壁掛けにして床に照射したほうが効果が上がります。
室温重視か、足元重視かで、使い分けてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく、ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/10 13:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q液中ヒーターの絶縁測定について質問

液中ヒーターのELBがトリップした際のメガテスタの測定方法について質問です。
構成として、ELB→マグネット→SSR→端子台→コンセント→(コンセント接続タイプ)ヒーター となっておりますが、この場合ヒーターをコンセントから抜いた状態で測定して良いものなのでしょうか?
それとも、コンセントには繋いだまま端子台(もちろん端子は外した状態で)で測定した方がよいのでしょうか?

というのも、実際にはコンセントから外した状態でヒーター(液に入れたまま)UVW端子をメガで測定し、いずれも0.02MΩ程度だったことから地落していると判断したのですが、この時何に対して地落しているのか分からなくなったためです。
液の槽は絶縁物で出来ているのでアースに落ちているとは考え辛いですし…
不勉強でお恥ずかしいですが、ご教授のほどよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

絶縁測定の実施方法が違っているようです。
一般的にはヒータの構造は発熱体と充填材(砂のような絶縁物)と
外管(保護管)の3つの構造からなっています。
「ヒータの絶縁抵抗」はこのヒータ発熱体の
端子部分と外管との絶縁抵抗を測ります。
ヒータを単体で(コンセントから抜いて)U相、V相、W相をまとめて
一括してメガーの赤線(プラス側)につなぎ、接地側(黒のクリップ側)を
外管に当てて測定します。装置の接地端子との間を計ることは
する必要がありません。正常なら1MΩ以上の絶縁抵抗があると思います。
とりあえずこの方法で絶縁抵抗を測定してみてください。

Q部屋の広さとパネルヒーター(大きさ)の関係について

現在、新築一戸建ての建築に向けて、詳細打ち合わせを進めている者です。
先日、洗面所内のパネルヒーターについてHMから以下のような話がありました。

『洗面所内のドアが、3つ(玄関側、台所側、浴室側)とも引き戸になっているため、
パネルヒーター(壁面設置タイプ)を設置するのが難しい。(スペース(壁)が足りない。)
一箇所だけ設置できそうなスペースがあるが、若干狭いため設置出来ないかも知れない。
もし設置できなければ、1箇所の引き戸を戸袋にして、そこに設置したい。
戸袋内のホコリ等の掃除をするときは、引き戸を取り外してください。』と。

ここで気になったのですが、やや狭いなりにスペースがあるのだから、
そのスペースに設置出来る大きさ(長さ)のパネルヒーターを選べば良いのでは?と。

平面図上の寸法ですが、7~8割くらいの大きさ(長さ)のパネルヒーターなら設置できそうなのですが、
それでは能力不足になってしまうのでしょうか。

Aベストアンサー

パネルヒーターの能力的には1.0kwは欲しいですね。
ずいぶん窓が大きいですね。ベストなのは窓下にパネルヒーターを
付けることです。複層ガラスとはいえ、それなりのコールドドラフトを
感じると思います。ガラスの高さが1730ミリだとすると窓下には
つきそうもないですね。
肝心なことを聞くの忘れていたのですが、パネルヒーターは電気式
でしょうか、温水式でしょうか?電気ならあまりサイズのバリエーションが無いんです。
温水ならダブルとかトリプルにすればワイド寸法を小さく押さえることが出来ます。
蛇足ですが、洗面化粧台有りますよね?
給水管を外壁沿いに這わせないように注意してください。
凍結しますよ。どうしても外壁がわに洗面化粧台がある場合
凍結防止用のテープヒーターを巻いて保温してください。

私なら、窓をもっと小さくします。洗面所でFIXの窓なら採光のためですよね?
窓のH寸法を小さくして下部スペースを空けてそこにパネルヒーターを
置くことがベストだと思います。大きい窓は光熱費がかかりますよ。

QSSRという無接点リレーについて教えてください。 SSRはどのようなところで使用するものなのでしょ

SSRという無接点リレーについて教えてください。

SSRはどのようなところで使用するものなのでしょうか?
詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

SSRは開閉頻度が多い所に使います。
普通のリレーは機械式接点なので1分間に数回程度の頻度でしか使えません。開閉の度に出る火花のために寿命が短いのです。開閉の回数に限度があります。
SSRは半導体スイッチなので火花は出ず、高頻度での開閉が可能です。交流電源の半サイクルごとに開閉ができます。すなわち50Hzの交流では毎秒100回、60Hzでは120回が可能です。開閉回数に限度はありません。
直流回路用と交流回路用があり間違えると正しく働きません。
また導通した際に1ボルト程度の損失があるため普通のリレーより損失が多く大電力のものは少ないです。
用途としては工業用の温度調節器などに使われます。

Q床暖・高気密、高断熱住宅

高気密、高断熱住宅の3F建てで、延床面積60坪(約20坪/各階)です。
滋賀県在住です。長府DBF-155の床暖、石油です。床暖は1Fの和室6畳とバス以外(リビング、キッチン、洗面所、トイレは床暖有り)は床暖です。
設定65度、床が28度に設定しているのですが、1Fは暖かいのですが、2,3Fはあまり暖かくなりません。どうやったら、家全体が暖かくなるのか、教えて下さい。
高気密・高断熱住宅なので、24時間換気(室内の空気の暖かさを外に逃がしにくい)をしております。
また、上手な床暖の利用方法等を教えて下さい。よろしく、お願い致します。

Aベストアンサー

現状ではいくら1階のほとんどの部屋に床暖房が設置されていても
それから放射される熱では家の中を暖める事ができません。
床暖房のコンセプト自体、元々は足元が冷たくないだけ
と言ったのが本当の所です。

一般的に高断熱、高気密の住宅はセンターからの
暖房により家中を暖める事が可能です。
暖房として一番人気があるシステムの中に
セントラルヒーティングと言うものがあります。
一ヶ所に蓄熱機の本体を置いて管を使って各部屋のパネルなどに
熱を伝えるものです。
新築の時に設置するのが一般的ですが、既存の建物に使えるものもあります。
セントラルヒーティングだと家中の気温差がほぼなくなり
快適に過ごせると思います。
例としてURLを上げましたが同じようなシステムは他でもありますので
色々検討して見て下さい。

参考URL:http://www02.so-net.ne.jp/~paj-hkd/prd/p-warm-semi.html

QSSRとフォトカプラの違いについて。

SSRとフォトカプラの違いについて。

電子工作の初心者です。
最近、フォトカプラとトライアックを組み合わせたSSRというものがあることを知りました。
使用例としては、PICからSSRをスイッチングし、AC100Vを駆動しています。
フォトカプラとトライアックを組み合わせると、フォトカプラだけ使う場合とは何が違うんでしょうか?

Aベストアンサー

最大の違いは、接続できる負荷の大きさです。SSRは負荷の開閉用にOn/Off制御用とは別の素子を使っているので、この素子次第で大きな負荷を開閉できるものが自由に作れます。これの大型のものはソリッドステートコンタクタなどと呼ばれ、産業用のモーターをぶら下げても平気です。

例えばこんなもの(定格電圧200~480Vで最大負荷容量18.5KW)
http://www.fa.omron.co.jp/product/family/1718/index_p.html

一方のフォトカプラは、On/Off制御のフォトトランジスタに直接負荷がつながるため、そんなに大きなものは作れません。普通は信号用です。なので、負荷は小型のリレー程度が限界です。その代わりというのも何ですが、応答時間の短いもの(高速なもの)を見つけやすいという違いがあります。ソリッドステートコンタクタくらい大きなものになると、大きい負荷はそもそも応答時間が長いので、応答時間が100ms以上でもさほど問題視されませんが、信号用フォトカプラでそんなにかかったのでは使い物になりません。ということで使い分けになります。

最大の違いは、接続できる負荷の大きさです。SSRは負荷の開閉用にOn/Off制御用とは別の素子を使っているので、この素子次第で大きな負荷を開閉できるものが自由に作れます。これの大型のものはソリッドステートコンタクタなどと呼ばれ、産業用のモーターをぶら下げても平気です。

例えばこんなもの(定格電圧200~480Vで最大負荷容量18.5KW)
http://www.fa.omron.co.jp/product/family/1718/index_p.html

一方のフォトカプラは、On/Off制御のフォトトランジスタに直接負荷がつながるため、そんなに大きなものは...続きを読む

Q8畳にも広い8畳と狭い8畳がある?

8畳の賃貸アパートを借りているのですがどうも狭いと思って部屋を測ってみたところ12m2弱しかありませんでした。
調べてみると8畳は中京間では13.2496m2だそうです。
果たして自分の部屋は8畳といえるのでしょうか?
畳のサイズは地方によって差があるとはいえこの差は大きすぎる気がします。
騙されたようで非常に悔しいので文句を言いたいのですがそもそも1畳あたり何m2というのは決まっていないのでしょうか?
それとも8畳というのは居住スペースではなくて壁等も入れて8畳なのでしょうか?

Aベストアンサー

皆さん回答されているように、畳のサイズは様々あります。
築が古いと一畳が大きいケースが多いようですが、最近一番使われているのは、団地間170×85ですので、deadmeal様の家も計算すると11.56m2になるので多分そうではないでしょうか。
やはり不動産や仲介業も6畳の表記より、当然8畳の表記の方が人気が出ますから、違反ではないので大きい表記のほうを使いたがります。
地方にお住まいで、特に戸建てからマンションへ引越しされる方は、新築マンションの8畳は古い戸建ての6畳程度と考えたほうが無難です。
基本的に壁は含みません。騙していたのではないと思われますし、不動産業者は文句は何度かいわれた事もあるでしょうから、旨い言い訳は準備してあるものと思われます。畳一畳のサイズを法律で決めて欲しいものですね。

Q電源ラインに繋いだSSRが壊れる原因

AC200V電源ラインを直にSSRの入力に繋ぎこんで、電源の監視を
しているのですが、この電源に大型のファンモータが繋がれることがあり、
どうもそのときにSSRがかなり激しく壊れてしまう(焼けている?)ようです。
これは、ファンモータの起動時などに、電源ラインになんらかの異常電圧?が
発生して、それによって壊れているのでしょうか?
考えられる原因を教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大型のファンモータはSSRの負荷よりもずっと大容量で、SSR入力側電源に並列に電磁接触器:MCで投入遮断されているのですね。

モータは投入時に定格電流の5-6倍程度の起動電流が流れます。
更に最初の1cycleの間は投入位相、モータの磁気回路の飽和状態等から起動電流の更に2-3倍?の突入電流が数msの短い間ですが流れます。
またMCは機械的に安定した接触状態になるまでの数十msの間、チャタリング:バウンドを繰返します。

この突入電流/起動電流は、MCのチャタリングで切断されようとする時、電源側トランスやモータのリアクタンス分で流れ続けようとして、高圧のスパーク:電源電圧の2-3倍?を発生させます。
このスパーク電圧にSSRが耐えられない場合、SSRに大電流が分流して流れる事になりエネルギーが大きい為SSRを焼損する事になると考えられます。
トランスの一次側からも雷サージ電圧等がトランス二次側に巻線等のコンデンサ分を通したりして誘起されます。

これらの大電圧大電流のスパーク電圧等を必要であれば低減させた上、その電圧に対応した耐電圧のSSRとする必要があります。
SSRには普通保護用のサージアブゾーバ:バリスタ等が含まれている筈ですが、SSRの定格負荷に対応している程度でしょう。
バリスタの電流容量が小さい場合、大きな電流が流れ込もうとする時はSSRの耐圧を越した制限電圧にしかならず、相変わらず焼損が発生するでしょう。

以上のような現象が発生しているものと考えられます。

これらに対応して、ファンモータ対応の電流容量を持ったCR保護回路、バリスタ等をSSRと並列に追加する必要があります。
先ず 以下のような項目について、サーチ条件を考えながら調べて下さい。
(電気の一般的な知識のみで、具体的な大容量バリスタのメーカ等については分りませんのですみません)

SSR サージ電圧 保護
SSR 過電圧 保護 説明 OR 解説

SSR サージ電圧 保護 バリスタ
SSR サージ電圧 保護 大容量バリスタ モータ負荷
SSR サージ電圧 保護 CR保護回路 モータ負荷

大容量バリスタ メーカ カタログ ...等

次にSSRメーカに状況を説明して問い合わされるなり、
適用出来そうな保護回路や装置が分ったらそれらを購入するなどして対応してください。

或いは別の考え方として、AC200Vラインに電圧が来ているかどうかの確認だけでしたら、AC200V用リレーを設け、接点入力として制御側に取り込むのが一番簡単でサージ電圧での破壊等を気にしなくて済みそうです。

或いは絶縁用の小型トランスと簡単な整流平滑回路を通してDC5V(3-12V?)を発生させて取り込む事も出来そうです。

或いはSSRと直列に抵抗(SSRの等価負荷抵抗の1-3%程度?)を挿入した後にSSR対応のサージアブゾーバを追加する(SSR内のサージアブゾーバのみで良いかも知れませんが)事でも対応出来そうです。

大型のファンモータはSSRの負荷よりもずっと大容量で、SSR入力側電源に並列に電磁接触器:MCで投入遮断されているのですね。

モータは投入時に定格電流の5-6倍程度の起動電流が流れます。
更に最初の1cycleの間は投入位相、モータの磁気回路の飽和状態等から起動電流の更に2-3倍?の突入電流が数msの短い間ですが流れます。
またMCは機械的に安定した接触状態になるまでの数十msの間、チャタリング:バウンドを繰返します。

この突入電流/起動電流は、MCのチャタリングで切断されようとする時、電源側トランスやモ...続きを読む

Q床暖用不凍液タンクが破裂

灯油ボイラーの床暖房用の補助タンクが、ふた冬続けて破裂しました。
一度目は爆発といってもいいくらいの大音響でした。
寒冷地でもあり凍結によるものかとも思いましたが2度も同じ事が起こり施工業者にも問いただしたのですが「もっと寒いところでもそんな事例がほとんどない」といってただ樹脂製タンクを取り替えるだけなのです。減圧弁や空気弁も正常だとは言うのですが不安で困ってます。その時の状況は 冷え込んだ夜の10時頃(お風呂にお湯を張って30~1時間経過後)と思われます。ボイラーはロケットボイラー給湯・暖房Wボイラーで暖房は4回路、3回路はそれほど長くはないのですが1回路だけ100mを超える配管だそうです。どなたか思い当たることがあったらアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

補助タンクが爆裂するとは、たいそう物騒な設備ですね。
それが二度も起こっていると言うことは、設備の不良が疑われます。
施工業者ではなく、別の設備業者に診断してもらいましょう。
できれば、メーカーに直接出向いてもらうのが良いでしょう。
お話の範囲から推測すると、
100mある回路の断熱不足と圧力弁(安全弁)の動作不良が考えられます。
配管内が凍結温度まで低下すると、管内の流れが遮断されます。
流れなくなった管路の不凍液が局所的に加熱されることにより気化し、爆発したと考えられます。
通常は、安全弁から気化したものを逃がすのですが、安全弁の不良もしくは容量不足により機能していないのでしょう。
どちらにしてもこのまま使い続けるのは危険です。
「事故」後の対応から見て、施工業者の信頼性は低いでしょう。
ということは、現状の設備そのものの信頼性が、低いということになります。
街の設備屋さんにもいろいろあって、
設備設計が出来るところと、設備の取り付けだけ出来るところとあります。
おそらく今回のケースは後者の施工業者でしょう。
設計が出来ないということは不具合の対処の設計も出来ないので、見限ったほうが良いでしょう。
他の設備業者の診断の結果、施工不良があれば、施工業者に保証を求めることも可能と思われます。
ユーザーの運用で対応できるケースではないと思われますので、専門業者(施工業者との係わり合いの薄いことが望ましい)に早急に相談することをお薦めします。

補助タンクが爆裂するとは、たいそう物騒な設備ですね。
それが二度も起こっていると言うことは、設備の不良が疑われます。
施工業者ではなく、別の設備業者に診断してもらいましょう。
できれば、メーカーに直接出向いてもらうのが良いでしょう。
お話の範囲から推測すると、
100mある回路の断熱不足と圧力弁(安全弁)の動作不良が考えられます。
配管内が凍結温度まで低下すると、管内の流れが遮断されます。
流れなくなった管路の不凍液が局所的に加熱されることにより気化し、爆発したと考えられ...続きを読む

Qソリッドステイトリレー(SSR)とは

ソリッドステイトリレー(SSR)って何でしょうか?

Aベストアンサー

無接点型のリレーです。
接点部は半導体素子なので電磁型リレーのようにカチカチ音がしません。

Q床暖ストーブのガラスのよごれ

取り付けてから8年になりますが今年になって朝ストーブをつけたら円筒径のガラスがすすで真っ黒になり整備をしないとならないなと思ってます お金が無いので自分でしようと思ってますがどなたか原因と整備の仕方を教えてください 今までこのような状況にはなりませんでした

Aベストアンサー

考えられることは二つあります。

ひとつは排気筒のつまりです。煙突式なら煤が溜まったか、FF式なら排気筒の真中の筒の出口が詰まっていないか確認してください。

もうひとつは通気ファンの羽に綿ぼこりが付いたことです。ご自分で通気ファンを確認することができるならメッシュ網のほこりを取り除き、さらに網を外してファンの掃除をしてください。

さらに、ストーブの燃焼筒内部に煤が溜まっていると思いますのできれいに掃除してください。煙突式なら煙突の付根部分にも相当溜まると思います。

これらが簡単にできる構造ならよし、でなければプロに整備を頼んだ方がいいでしょう。
最近のストーブは素人が簡単に分解できないような構造になっているものもあります。

ファンの掃除は毎年1回以上はやるべきです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報