知人からの質問です。

そのほとんどの患者が胆石などにより胆汁は閉塞されている。よって胆嚢壁内への移行性が重要であるとのことだそうです。また起炎菌は多種多様なので最近の抗生剤が良いとのことです。

この意見にどうですか?と言った質問です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

胆管、胆嚢にいると言われる常在菌クレブシアラが


肝のう胞の1つに入り込みCRP36という値に侵されました。
10,11月の2ヶ月近く入院していました。
現在CRP0.7にまで回復しました。
ビクリンという抗生物質が効果ありました。

参考URL:http://www1.ocn.ne.jp/~pointe7/

この回答への補足

etoile様の補足お借りします。知人の代替質問は止めておきます。自分自身で判断できませんので欲求不満になる為です。

補足日時:2001/12/12 19:53
    • good
    • 0
この回答へのお礼

知人の質問なので伝えるのに時間がかかりまして....とりあえず回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/08 18:23

内科は専門でないのですが(知ってるかあ(笑))、


>胆道が閉塞しているから、胆嚢壁内に移行性の良いもの・・・
これは矛盾しませんが、通常閉塞しているのが胆石によってでしたら、オペで取るでしょう。危険だもの。
腫瘍によるもので手術が無意味なら考えないでもないですね(泌尿器でも尿路で同じ論理を使います。)

>起因菌は多種多様(←情報を持ちません)『最近の抗生剤』がよい。これはウソでしょう…最近だろうが昔だろうが、抗菌スペクトル(つまり起因菌と細菌の相性)が問題なだけです。昔の薬は総じて安いですけどね(?)。

この回答への補足

>通常閉塞しているのが胆石によっ....
閉塞気味とまちがいとのことだそうです。

>起因菌は多種多様(←情報を持ちません)
グラム陰性桿菌がほとんどで昔の薬は耐性化が進んでいる。よって最近の抗生物質
が良いとのこと

(涙)全然わかんない!もうこりごり。以上知人意見でした。

補足日時:2001/12/08 18:26
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ウ○先生回答ありがとうございます。もう知人の質問の肩代わりは止めます。かなりのストレス感じます。削除されませんように。

お礼日時:2001/12/08 18:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q胆管癌の術式って?

1ヶ月前身内の者が胆管癌と診断されました。
ようやく検査が済んだようで説明を受けたのですが、
「場所は胆嚢の出口(入り口?)に約1.5センチの腫瘍。肝動脈と門脈、他臓器への転移の様子はみられない。手術は膵頭十二指腸切除術」と、言われたのですが、全胃幽門輪温存膵頭十二指腸切除というのがあると説明を受けた後に知りました。
この2つの術式ってなにがどう違うのでしょうか?
「全胃幽門輪温存膵頭十二指腸切除術でお願いします」と先生にお願いできることなのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

胆嚢癌・膵頭部癌では根治的治療として膵頭十二指腸切除術(PD)が行われてきました。この術式は胃の下3分の1の所から十二指腸と膵頭部を含んで小腸の一部まで一塊に切除し胃と小腸や胆管、膵管を再建する方法です。しかしこの手術法では手術後の消化管機能が大きく損なわれる事がありこれを改善しようと、切除範囲が小さくて良い症例に対して、胃および胃の出口である幽門輪を温存する幽門輪温存膵頭十二指腸切除術(PpPD)が考案されました。この方法だと胃全部と胃を支配する神経を温存するため手術後の消化管機能が大幅に改善されるといわれています。

Q親が結核菌保菌だと子供のBCGはどうなりますか?

先日、生後4ヶ月の子供のBCGの予防接種に出かけました。
その問診で、私が4~5年前に勤めていた会社のツベルクリン検査で保菌していると言われたことを伝えると、大きな病院の小児科で子供を見てもらって、BCGを打ってもいいか確認してください、と言われました。
私は、子供の頃の集団検診の時から、ツベルクリンを打っても、BCGは打ったことはありません。
これって、昔から菌を持っていたということですか?
また、妊娠前に数年勤めていた会社ではレントゲン検査が年に2回ありましたが、そこでは何も言われませんでした。
うろ覚えなのですが、以前の勤め先での産業医(?)さんが、予防のお薬を飲みますか?と聞かれたのですが、予防のためなので、どちらでもいいと言われ、半年も飲むと聞いたので、断った記憶があります。
もし、本当に保菌しているなら、排菌してなくても子供にうつったりすることはあるのですか?
また、そうなら、今からお薬を飲んでも子供へうつさない効果はありますか?
病院には近々連れて行く予定ですが、ご存知の方がいらっしゃれば、教えていただけませんでしょうか。

先日、生後4ヶ月の子供のBCGの予防接種に出かけました。
その問診で、私が4~5年前に勤めていた会社のツベルクリン検査で保菌していると言われたことを伝えると、大きな病院の小児科で子供を見てもらって、BCGを打ってもいいか確認してください、と言われました。
私は、子供の頃の集団検診の時から、ツベルクリンを打っても、BCGは打ったことはありません。
これって、昔から菌を持っていたということですか?
また、妊娠前に数年勤めていた会社ではレントゲン検査が年に2回ありましたが、そこで...続きを読む

Aベストアンサー

ツ反の径はどのくらいだったのでしょうか?
今まで、ツ反をしてからBCGを打っていたので、ツ反陽性でBCGをうたなかった学童が3.6%程度います。しかし、実際にはこんなに結核に感染している訳ではなく偽陽性者であったとされ、BCG接種が必要だったにもかかわらず、BCG接種する機会を逃してしまったという反省があり、よって、最近のツ反なしのBCG接種となりました。
よって、BCGを打っていないから結核に感染していたというのは正しくはありません(していないともいえませんが、これまで発病していないのなら感染していなかった可能性が高いと思います)。
また、60歳以上の人は5割以上が既感染ですが、これらの人が孫に接触して感染させていたら大変な事になりますがそうはなっていません。この事から分かるように既感染だからといって感染性がある訳ではありません。定期的なレントゲン検診で十分かと思います。QFTという採血検査もありますが、当初、森先生が発表されたよりも感度、特異度が低いと分かってきたのであまりあてにならないと感じています。

また、万が一、赤ちゃんが感染していたとしてもBCGを打つことでコッホ現象がおこるだけでコッホ現象は普通は重症化しませんからBCG禁忌でないと思います。むしろ、感染が早期に分かったという事で発病を抑えるチャンスかと思います。もちろん、ツベルクリンをしてからBCGという選択もあるとは思います。

ツ反の径はどのくらいだったのでしょうか?
今まで、ツ反をしてからBCGを打っていたので、ツ反陽性でBCGをうたなかった学童が3.6%程度います。しかし、実際にはこんなに結核に感染している訳ではなく偽陽性者であったとされ、BCG接種が必要だったにもかかわらず、BCG接種する機会を逃してしまったという反省があり、よって、最近のツ反なしのBCG接種となりました。
よって、BCGを打っていないから結核に感染していたというのは正しくはありません(していないともいえませんが、これまで発病...続きを読む

Qすい臓がん患者への胆管炎治療について

私はすい臓がんを患っている50歳男性です。
私の悩みは食事ができないことです。ずっと絶食で、24時間の点滴を続けています。
原因は食事をすると必ず、胆管炎が起こるからです。がん腫瘍が胆管を閉塞しているためだそうです。主治医の話では「胆管にステントを入れてもそれがもとで詰まったり、その場所に細菌が繁殖する危険があるから、何も手は打てない。」ということです。私は素人考えですが、胆管を中から広げなくても、腫瘍から閉塞されないように胆管自体を保護するようなチューブを付けられないかと思っていますが、無理なのでしょうか?可能性があるとするばどこの病院でできるかも分かればお教え下さい。このまま、一生食事が出来ないし、身動きが取れないのはとっても苦痛です。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、状況が良く分りません。

膵臓がんとのことですが、手術はされたのでしょうか?
それとも、手術不能で、膵頭部がんなのでしょうか?
などなど、状況がまったくわかりません。

「腫瘍が胆管を閉塞している」
というのも、腫瘍が外部から胆管を圧迫している状態なのでしょうか?
それとも、すでに胆管に転移している状況なのでしょうか?

(Q)腫瘍から閉塞されないように胆管自体を保護するようなチューブを
付けられないかと思っていますが、無理なのでしょうか?
(A)これは、無理です。
内部から広げるしか、方法はありません。

文面からは、何もわからないのですが……
胆管の閉塞している部分が、乳頭部周囲である。
胆嚢、その他の胆管は、正常である。
手術に耐えるだけの体力があり、問題はない。
という条件付で、胆道ドレナージという方法があります。
これは、閉塞している胆道の上の部分にチューブを入れて、
余分な胆汁を体外に出すという方法です。

しかし、言うまでもないことですが……
胆汁は食物の消化に重要な酵素が含まれています。
胆汁を外に出して、食事をさせる……というのは、
良策とは思えません。
膵臓がダメージを受けているならば、
食事をすること自体が問題である場合もあります。
などなど、様々な問題もあるので、
胆汁を外に出せば、問題解決とはなりません。

現状では、黄疸も出ていないようですから、余分なことはしない
という方針なのだと思います。
つまり、一つ間違えば、すぐに命に関わる可能性があるという
状況なのだとおもいます。
大学病院ならば、当然、このようなこと色々と考えて、
「打つ手なし」と判断したのだと、私は思っています。

膵臓がんがどのような状況にあるのかわかりませんが、
状況が改善すれば、ステント留置も可能だと思います。

不明な点は、医師に相談をするべきです。

まず、状況が良く分りません。

膵臓がんとのことですが、手術はされたのでしょうか?
それとも、手術不能で、膵頭部がんなのでしょうか?
などなど、状況がまったくわかりません。

「腫瘍が胆管を閉塞している」
というのも、腫瘍が外部から胆管を圧迫している状態なのでしょうか?
それとも、すでに胆管に転移している状況なのでしょうか?

(Q)腫瘍から閉塞されないように胆管自体を保護するようなチューブを
付けられないかと思っていますが、無理なのでしょうか?
(A)これは、無理です。
内部から広げ...続きを読む

Q保険会社が患者の健康状態や、患者の症状を照会したい場合はどのようにする

保険会社が患者の健康状態や、患者の症状を照会したい場合はどのようにするのでしょうか?

個人情報保護の観点から病院は保険会社から問合せがあったとしても
回答できませんよね?

保険会社としては、保険に加入しようとする患者の健康状態を確認したり、
損害保険金の支払のために患者の症状を知りたいと思います。

この場合は、どのようにしてこの情報を手に入れるのでしょうか?

もしご存知でしたら教えて頂けませんか?
ぜひよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

保険会社が被保険者の個人情報を調べるのは、保険金や給付金の
支払の申請があったときです。
それ以外で、調べる事はありません。

この支払い申請書と個人情報開示の同意書が一体となっています。
つまり、保険金・給付金の支払いを申請するなら、個人情報開示に
同意してください……ということです。

被保険者の同意があるので、堂々と病院のカルテなどを調べます。

Q胆管炎と免疫力について

現在親が胆管癌で、抗がん剤治療をしています。
PTCDという処置をしており、お腹にチューブを繋いでいます。

【1】
管が詰まって感染症を起こすと、胆管炎などを起こし、それが危ないらしいのですが・・・
胆管炎などは、白血球が下がっているとなりやすかったりするのでしょうか?
白血球や免疫力は関係無しに、詰まった場合は胆管炎になるのですか?

【2】
管が詰まったりした場合、その判断方法は胆汁が出なくなったりする以外になにかありますか?

【3】
最近出る量が少し減ったらしいのですが、担当医からは正常に流れるようになったら、出る量も減ると言われたらしいですが、減った=詰まりではないのでしょうか?

わかる範囲で答えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

24年前に総胆管複合手術を行ったのですが、開腹手術でした8時間かかりました。
その後径行食は2か月後になりました。 原因は胆管と膵管の合流点が近くて膵液が胆管へ流れて、その逆もあり
その結合されている十二指腸を取って他の場所に付け替える手術です。
非常にわかりにくく膵臓炎にもなり痛みはお産よりひどい脊椎とみぞおちに激辛の液を流したようなねじれる様な痛みがありました。結果胆管が悪いということは十二指腸も膵臓もおかしいとみてよいのかもしれません。
余談が多かったと思いますが、私の場合だいたい1っか月ほどで二つ出ていた透明の主膵管から流れる液、と少しダークグリーンの胆液は少なくなり、徐々に出てる場所の穴が痛くなくなる頃によくなりました。
次に少しづつ流動食も出始めると思いますが、
管が取れても無理はだめで、本当に唾液とよく混ぜるようにお食事をとり、消化に負担をかけないようよく噛んで、
できるだけ少ない量で過ごしたほうが早く治ります。
周り(TV番組、家族などの差し入れ、雑誌などの食事)の誘惑に耐え、傷が早く治るようあちこち徘徊してください。
糖質、動物性たんぱく、油脂、はX。

1)胆管炎になってる場合、白血球は炎症を抑えるため上がる。
2)管が詰まってる時は痛みがでます、むくみも出ます。すぐ病院。
3)治ってきたら流れるようになったという意味です。あせると治りません。

癌は、薬ではよくなりません。お食事もどうされてるかは解らないですが、なるべくスムージーなど
野菜を中心にとられることをお勧めします。
太ると肝臓や他の機能の負担になるので痩せてる方が楽なのは確かです。
私の場合、胆管と膵管のトラブルのせいで腸に癒着がひどく黄疸になるなど大変な時を過ごしましたが
断食など食事療法や皆様のお蔭で今はその病気とは縁が切れました。

http://www.cherryterrace.co.jp/campaign/smoothie.html
栄養をよく取ってよく休んでください。

24年前に総胆管複合手術を行ったのですが、開腹手術でした8時間かかりました。
その後径行食は2か月後になりました。 原因は胆管と膵管の合流点が近くて膵液が胆管へ流れて、その逆もあり
その結合されている十二指腸を取って他の場所に付け替える手術です。
非常にわかりにくく膵臓炎にもなり痛みはお産よりひどい脊椎とみぞおちに激辛の液を流したようなねじれる様な痛みがありました。結果胆管が悪いということは十二指腸も膵臓もおかしいとみてよいのかもしれません。
余談が多かったと思いますが、私の場合...続きを読む

Q胆石の治療

親類の者が胆石で悩んでいます。手術をしたくないようなのですが、この病気は手術しなくて治るものなのでしょうか? 詳しい方アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

 石の種類や大きさによっても違うと思いますので、直接実際に何人かのお医者さんに相談なさるのがよろしいかと思います。

 私みたいに、「石が大きいからそのままにしておいても胆管に詰まる事は無いだろう」と思って放置していたら、胆嚢の出口にすっぽりはまり込んで胆嚢炎になってしまい、緊急手術になってしまう場合もありますので(しかも、炎症が酷くて通常の3倍以上の時間がかかってしまいました)、個人的には状態のなるべく良いうちに、手術をしてしまった方が楽なのでは?とも思います。

 以上、先ずはご参考まで。

Q胆管がつまった時のタール便

つかぬことをお尋ねします。
胆管や胆細管がつまった時、肝臓の細胞が壊されると思うのですが、この壊された細胞が、胆管に流れて、消化管からの出血と間違われるようなタール便になる、ってことはあるんでしょうか?

Aベストアンサー

胆管が詰まったり、胆嚢炎、肝炎などになると
白っぽい便になることがあります。
タール便にはならないでしょう。

Q腸閉塞の手術について

10年ほど前、胃がん手術を行って以来、慢性的に腸閉塞を繰り返しています。毎年4.5回のペースで、その度にイレウスチューブで直ぐに回復するため、入院しても3日ほどで退院しているような状況です。今年2月に発症し、今回また再発で現在イレウスチューブを投入しているのですが、家族からはこの際手術したらどうかを言われています。しかし腸閉塞の手術については、いろいろなリスクも聞いており判断に迷っています。
どなたか詳しい方のアドバイスを願いします。

Aベストアンサー

消化器内科医です。
お困りの事と存じます。それだけ繰り返されていると、手術も考慮された方がよいかと考えます。
おそらく、小腸の癒着により腸がループ状に固定されてしまっていたり、極端に狭くなっている部分があるのだと思います。これの改善には外科的な処置が必要です。
ただし、癒着の解除とはいえ、再度手術を行いますので、別の癒着が生じる可能性は否定できません。
ただ、繰り返しますが、現在の状況では手術も選択肢として、十分に考慮されるべきだと思います。

Q膵胆管合流異常の手術方法について

40代の女性です。胆嚢壁肥厚があり、胆管肥大をともわない膵胆管合流異常と診断受け癌になりやすいと言うことで手術が必要と診断うけました。(内科)。
どのような手術なのでしょうか?入院期間は?手術後の後遺症は?

Aベストアンサー

 中学生の息子が、6月の下旬に腹腔鏡による胆嚢摘出手術をしました。胆石による急性膵炎で入院し、検査の結果、胆管肥大をともなわない非拡張型の膵胆管合流異常もあると診断されました。拡張型の場合は、開腹手術で胆管切除をしなければならないが、非拡張型の場合は、お医者様のなかでも意見が分かれるそうで、息子の場合、今回は胆嚢摘出だけで、胆管のほうは毎年胃カメラで経過観察することになりました。でも、成人したら胆管の手術をしたほうが望ましい。とも言われました。
 入院期間ですが、息子は膵炎まで併発していましたので1ヶ月近くかかってしまいましたが、腹腔鏡による胆嚢摘出だけなら5日くらいの入院ですむと思います。日帰り手術をしてくれる病院もあるようです。開腹で胆管まで手術するともう少し長くかかると思います。
 後遺症ですが、特にありません。インターネットで調べたら下痢に悩まされている方もいらっしゃるようで心配したのですが、息子の場合は油っぽいものを食べてても、なんともありません。
 気づくのが遅く、お役にたてるかわかりませんが、ひとごととは思えず投稿しました。

Q胆のう炎(胆石)について教えてください

現在32歳で7月に子どもを産んだところ(一人目)なのですが、
妊娠中からみぞおちの辺りが時々痛んでいて、
出産後も痛みが時々起こるので病院へ行ったところ
胆のう炎と分かりました。

そこで胆のう炎になった事のある方や
詳しく知っておられる方に教えていただきたいのですが
(1)手術をされましたか?そのまま薬で散らす方法にしましたか?

私は後者の薬で散らす方法をとりました。
でも毎日の食事がいつも不安でいつ痛みが襲ってくるのか心配で、
手術をすればこんなに悩まなくてすむのかも知れないと考えています。
現在石の大きさは大きい石で3mm、後はかすの様な石が少しあるそうです。石の種類はコレステロール結晶で服用中の薬はウルソです。

私が手術をためらっている理由は
(1)まだ胆のうを取るには早い年齢ではないか?
(2)まだ子供も欲しいし、赤ちゃんも小さいし手術となると入院しないといけないから
(3)大腸ガンになる確率が高いと聞いた事がある

それと薬で無事散らす事ができた方へ
(1)気をつけたことや効果があったことがあったら教えてください
(2)どれくらいかかりましたか?

私は今、極力動物性たんぱく質(バターや油物)をひかえています。

現在32歳で7月に子どもを産んだところ(一人目)なのですが、
妊娠中からみぞおちの辺りが時々痛んでいて、
出産後も痛みが時々起こるので病院へ行ったところ
胆のう炎と分かりました。

そこで胆のう炎になった事のある方や
詳しく知っておられる方に教えていただきたいのですが
(1)手術をされましたか?そのまま薬で散らす方法にしましたか?

私は後者の薬で散らす方法をとりました。
でも毎日の食事がいつも不安でいつ痛みが襲ってくるのか心配で、
手術をすればこんなに悩まなくてすむのかも知...続きを読む

Aベストアンサー

治療方針に関しては情報不足で回答不能ですが、手術をためらう理由の(3)は何かの間違いだと思いますね。以前は、むしろ胆嚢胆石症、慢性胆嚢炎のひとには大腸癌がやや多いという意見がありました。その理由としてきたない感染胆汁が腸管のほうに流れ込んで腸管粘膜に対し発ガン促進の方向に働くのではという意見でした。ただし、最近の大腸癌のリスクを分析したいくつかの論文を呼んだところでは胆石に関してはまったく触れられていないので大腸癌に関しては、胆石は手術してもしなくても影響しないと考えてよいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報